2016年03月21日

Google グループをメーリングリストとして活用するときの注意

 オーツは、Google グループをメーリングリストとして利用しています。何種類かのメーリングリストを管理しています。
 ところが、最近、気がついたのですが、MLあてに送信したメールが配信されないエラーがたまに発生するようです。
 オーツは、以前から egroups や Yahoogroups をMLとして利用してきましたが、それらの経験によれば、そういうことはほとんどなかったように思います。
 エラーは、オーツが送信したメールが自分宛に返ってこないという形で表面化しました。そのトラブルを経験したのとは別のMLのメンバーからも、メールが届いていないという苦情を聞いたことがあります。
 メールは重要なコミュニケーション手段になっています。特に、「自分から送信した」ことが確実にわかる形は、相互の信頼性のために重要です。
 オーツは、自分が送信するすべてのメールを自分宛に Bcc: で送るようにしています。自分宛にメールが返されていれば、「送信サーバから送信された」ことの確認ができます。後日、メールを送った、送らないというトラブルが起きたとき、自分に届いたメールが証拠になります。しかし、オーツが加わっているMLは例外としてこの処理をしていません。したがって、今回のような不都合が発生すると迷惑を感じるのです。
 もしかしたら、メーリングリストのためには、Google グループでない別のシステムを利用するほうがいいのかもしれません。
 悩ましい問題です。
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする