2016年03月19日

ネコがおかずの魚を食べようとした

 オーツの家にはネコがいます。このネコは、小さいころからいますが、普段、もっぱらキャットフードを食べており、それ以外は食べません。たまに家の中でクモなどの虫を追いかけたりもしますが、捕まえても食べることはしません。
 さて、先日、オーツが自宅での夕食時に魚の干物を焼きました。おいしく食べたのですが、魚の骨と皮が残りました。皮は食べてしまってもよかったのですが、何となく残った感じでした。
 食後に、食器をテーブルの上に置いたまま、オーツがテレビを見ていると、うっかり眠ってしまいました。30分くらい経ったでしょうか、目が覚めました。すると、魚の骨と皮がのっていた皿から、骨と皮が引っ張り出され、皿の外に落ちていました。
 こんなことをするのはネコ以外に考えられません。オーツが眠っている間に猫がちょっかいを出したのでしょう。ネコは、骨と皮で遊んだものの、食べてはいないようでした。
 ということは、オーツの飼っているネコは、キャットフード以外のものでも食べられるということに気がついたのかもしれません。
 オーツは少しだけ心配になりました。
 今まで、スーパーで刺身のパックなどを買ってきて、食事のときにそのまま食べるようなことをしてきました。食べている途中に、冷蔵庫のところまで行き、缶ビールを持ってきたりしていました。そんなとき、テーブル上の刺身を何かでカバーすることはなく、テーブルの上にそのまま出しっぱなしでした。そばにネコがいても気にしませんでした。ネコは、刺身などにはまったく興味がないようで、手出しはありませんでした。
 しかし、今回のように干物の焼いたものにネコが手を出したとなると、刺身はもっと手出しをしそうです。
 オーツとしてはそこが心配なのです。
 ネコは、ずっとキャットフードだけを食べ続けるほうがいいと思います。「総合栄養食」という名前の通り、各種の栄養素が適度に含まれ、これだけを食べていれば大丈夫なように作られているわけですから、安心です。それ以外も食べるとなると、バランスなどが心配です。
 ネコがもともと持っている野生の本能が少し現れると、人間が食べているものを猫も食べるようになるかもしれません。ネコにとっては、キャットフード以外の新しい世界が広がるわけです。それは、ネコにとって幸せな世界か、そうでないか、見方はいろいろ可能ですが、ともあれ、ネコが新しい生活に踏み出したことになります。ネコと一緒に刺身を食べるのが人間にとっていいことなのかそうでないのか、これまた難しい問題のように思います。
ラベル:ネコ 刺身
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする