2015年12月31日

孫の誕生会とケーキ

 オーツの孫の一人が2歳の誕生日を迎えるので、親戚が集まって、誕生会を行いました。大人8人と子ども3人(本人を含む)が参加しました。
 オーツは息子に頼まれて、予約してあった不二家の誕生日ケーキを取りに行き、息子の家まで届けました。
https://www.fujiya-peko.co.jp/cake/item/10129.html
 丸い形のチョコレートケーキですが、上にはアンパンマン、ジャムおじさんなどの人形が乗っていました。また、大きな文字で孫の名前が書いてあるネームプレートも乗っていました。そこには「たんじょうびおめでとう」とも書いてありましたが、2歳では全然読めません。これらも砂糖菓子ですから食べられます。
 2本のローソクを立て、孫が吹き消しましたが、それがけっこう大変でした。ローソクに強く息を吹きかけることがむずかしいのですね。2歳というのはそんなものなのでしょう。一生懸命吹き消そうとするそのようすがまたかわいいわけです。
 それから、みんなでケーキを切り分けて食べました。
 上に乗っていたアンパンマンの人形など、誰が食べるかが問題になりましたが、小さい子が誕生日を迎えた孫以外に2人いたため、3人で分けてちょうどぴったりでした。
 とはいえ、2歳の孫は、固めの人形だとのどに詰まらせる可能性があるということで、大部分は息子がぱくっと食べてしまい、孫はほんのひとかけだけを食べました。
 今回の誕生会では、みんなでケーキを切り分けると1人分が少なくなりました。でも、こういうケーキは少し食べればいいわけですし、10人で分けても、子どもが食べるには十分と思います。子どもにとっては、年に一度のお祝いですから、甘くておいしいケーキを食べるのもいい話です。息子たちの方針で、普段はケーキなどを食べさせないようにしているようです。それはそれで望ましいことでしょう。年に一度の誕生会がいよいよ待ち遠しくなります。いや、3人の孫がそれぞれ誕生会をすると、年3回あることになります。
 2歳の孫は、そろそろいろいろな言葉を話し始めています。他の子どもと言葉のやりとりができることで、普段の生活がいっそう楽しくなります。健やかに育ってほしいものです。
ラベル:誕生会 ケーキ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする