2015年12月30日

従軍慰安婦問題への違和感

 ツイッターで流れたことですが、従軍慰安婦問題でなぜ違和感があるのか、見事にひとことで言い表しています。
長田達治 @osada_tatsuji
韓国の元慰安婦の騒ぎに違和感を隠せないのは、日本人だった人に補償するのだが、今でも日本人である人は補償しないという誰でも分かる「差別」が行われるからだ。家が貧しく親に売られて慰安婦になった多くの日本人は日陰で誰にも言えずに泣き暮らして死んで行き、騒いだ元日本人だけいい目を見ると。

 韓国の元慰安婦に対してこんなに金を出すとなると、台湾や中国もだまっていないでしょうね。他の国にも同じ問題があるでしょうし、そもそも日本人の元慰安婦が朝鮮半島出身者よりもたくさんいたわけですから、それらの人をどう扱うのでしょうか。単に無視していていいのでしょうか。

 今回も、日本政府は、決着とはとてもいえない決着をしたようですが、これでまた日韓の火種がくすぶり続けるように思います。日本の外交というのは、なぜ、こんなにもヘタなんでしょうか。アメリカから言われたので、しかたないのでしょうか。まったく情けない話です。
 韓国との間では 1965 年の日韓基本条約で決着しているのですから、それ以上何もしないという方針で行かないと、いくらでも問題を引きずります。ま、結果的に日本がいろいろやってきたので引きずっているわけですが。
 ソウルの日本大使館前の慰安婦像なんて、こういう像を建てるほど韓国人は非常識(別名バカ)なのだということを物語っているだけですから、日本が要請して撤去しなくてもいいと思います。韓国人が自主的に撤去して初めて解決する問題であり、そうなるまで「なぜ慰安婦像の設置がおかしいのか」を説明するべきです。説明してもわからないから非常識と言われるわけでしょうね。
 韓国人は、こういう慰安婦像を国際的な(韓国の)恥だと思わないのでしょうか。思わないのでしょうね。やっぱり、そういう意味で非常識なのではないでしょうか。
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする