2015年12月31日

孫の誕生会とケーキ

 オーツの孫の一人が2歳の誕生日を迎えるので、親戚が集まって、誕生会を行いました。大人8人と子ども3人(本人を含む)が参加しました。
 オーツは息子に頼まれて、予約してあった不二家の誕生日ケーキを取りに行き、息子の家まで届けました。
https://www.fujiya-peko.co.jp/cake/item/10129.html
 丸い形のチョコレートケーキですが、上にはアンパンマン、ジャムおじさんなどの人形が乗っていました。また、大きな文字で孫の名前が書いてあるネームプレートも乗っていました。そこには「たんじょうびおめでとう」とも書いてありましたが、2歳では全然読めません。これらも砂糖菓子ですから食べられます。
 2本のローソクを立て、孫が吹き消しましたが、それがけっこう大変でした。ローソクに強く息を吹きかけることがむずかしいのですね。2歳というのはそんなものなのでしょう。一生懸命吹き消そうとするそのようすがまたかわいいわけです。
 それから、みんなでケーキを切り分けて食べました。
 上に乗っていたアンパンマンの人形など、誰が食べるかが問題になりましたが、小さい子が誕生日を迎えた孫以外に2人いたため、3人で分けてちょうどぴったりでした。
 とはいえ、2歳の孫は、固めの人形だとのどに詰まらせる可能性があるということで、大部分は息子がぱくっと食べてしまい、孫はほんのひとかけだけを食べました。
 今回の誕生会では、みんなでケーキを切り分けると1人分が少なくなりました。でも、こういうケーキは少し食べればいいわけですし、10人で分けても、子どもが食べるには十分と思います。子どもにとっては、年に一度のお祝いですから、甘くておいしいケーキを食べるのもいい話です。息子たちの方針で、普段はケーキなどを食べさせないようにしているようです。それはそれで望ましいことでしょう。年に一度の誕生会がいよいよ待ち遠しくなります。いや、3人の孫がそれぞれ誕生会をすると、年3回あることになります。
 2歳の孫は、そろそろいろいろな言葉を話し始めています。他の子どもと言葉のやりとりができることで、普段の生活がいっそう楽しくなります。健やかに育ってほしいものです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

従軍慰安婦問題への違和感

 ツイッターで流れたことですが、従軍慰安婦問題でなぜ違和感があるのか、見事にひとことで言い表しています。
長田達治 @osada_tatsuji
韓国の元慰安婦の騒ぎに違和感を隠せないのは、日本人だった人に補償するのだが、今でも日本人である人は補償しないという誰でも分かる「差別」が行われるからだ。家が貧しく親に売られて慰安婦になった多くの日本人は日陰で誰にも言えずに泣き暮らして死んで行き、騒いだ元日本人だけいい目を見ると。

 韓国の元慰安婦に対してこんなに金を出すとなると、台湾や中国もだまっていないでしょうね。他の国にも同じ問題があるでしょうし、そもそも日本人の元慰安婦が朝鮮半島出身者よりもたくさんいたわけですから、それらの人をどう扱うのでしょうか。単に無視していていいのでしょうか。

 今回も、日本政府は、決着とはとてもいえない決着をしたようですが、これでまた日韓の火種がくすぶり続けるように思います。日本の外交というのは、なぜ、こんなにもヘタなんでしょうか。アメリカから言われたので、しかたないのでしょうか。まったく情けない話です。
 韓国との間では 1965 年の日韓基本条約で決着しているのですから、それ以上何もしないという方針で行かないと、いくらでも問題を引きずります。ま、結果的に日本がいろいろやってきたので引きずっているわけですが。
 ソウルの日本大使館前の慰安婦像なんて、こういう像を建てるほど韓国人は非常識(別名バカ)なのだということを物語っているだけですから、日本が要請して撤去しなくてもいいと思います。韓国人が自主的に撤去して初めて解決する問題であり、そうなるまで「なぜ慰安婦像の設置がおかしいのか」を説明するべきです。説明してもわからないから非常識と言われるわけでしょうね。
 韓国人は、こういう慰安婦像を国際的な(韓国の)恥だと思わないのでしょうか。思わないのでしょうね。やっぱり、そういう意味で非常識なのではないでしょうか。
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

渋谷の三漁洞で軽く飲む

 オーツは第9のコンサート
2015.12.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/431775561.html
の後、渋谷にある三漁洞(さんぎょどう)という店に行きました。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007243/
 コンサートは妻といったので、コンサートの後、そのまま帰宅するのも能がないと思って、渋谷の町でちょっと飲もうと思ったのでした。事前に食べログなどで調べて、中年の和服の女性がお運びさんをつとめている老舗の小料理屋ということから、静かな店かと思って予約した次第です。
 渋谷駅のそばの荻野ビルの地下1階にあります。なかなか見つけにくかったです。
 実際に行ってみると、予想とずいぶん違った店でした。ちょっとアンバランスなように思います。
 まず、テーブルがものすごく小さいのです。2人で飲み食いするには最低限の大きさでしょう。刺身の盛り皿を置くと、それだけでもういっぱいな感じです。妻が刺身用のしょうゆの小皿を手に取ろうとして、ハンドバッグの上にしょうゆをこぼしてしまいました。必ずしもテーブルが狭いためではありませんが、テーブルの影響なしとは思えません。
 テーブルに合わせて、イスも背もたれのないストゥール式のものでした。
 店内はかなり狭いので、通路などを十分確保することができず、お運びさんも皿などを運ぶのに苦労していました。その状態でも、ほぼ満席に近い状態でした。
 次に、客の中に若い人がたくさんいたことです。数人の若者のグループなどがいて、大きな声で話したりして、実に騒がしいのです。オーツの年齢では、こういう喧噪を避けたいと感じてしまいます。渋谷は若者の街ですが、若い人はこんなにもうるさいのでしょうか。
 隣のテーブルとも距離がなく、隣で話す声が直接こちらに聞こえてくる感じでした。
 オーツたちが飲み食いしたのは、以下のようなものです。生ビール 500 円、梅サワー 600 円、突き出し2種 700円×2、ぶり大根 1200 円、あさりの酒蒸し 800 円、刺身盛り合わせ 2500 円、日本酒(三漁洞純米吟醸)300ml 1,200 円で、合計 8,200 円、消費税込みで 8,856 円となりました。
 食べた中でも、ぶり大根がとてもおいしかったと思います。大きな大根の切り身2個とブリ、それに小松菜が添えられていました。これは絶品です。大根がよく煮えています。スプーンが付いてきますので、それで大根を切り分けて二人で食べましたが、たっぷりしていて汁の味がしみこんで、傑作だと思いました。
 刺身の盛り合わせもなかなか味がよかったです。
 あさりの酒蒸しにも期待したのですが、これはイマイチでした。
 そして、何より、肝心の日本酒がおいしくありません。店の名前を使ったオリジナルブランドの酒です。300ml で 1200 円というのは、そんなものでしょう。しかし、純米吟醸のはずですが、吟醸の香りはあまりなく、単なる辛口の冷酒でした。
 オーツが日本酒を注文したとき、お運びさんが注文を忘れてしまったのはいかがなものでしょうか。
 オーツたちは、1時間ほどいて、この店の雰囲気が合わず、逃げ出すように店を出ました。
 この店は、ちょっと高めの価格設定のように思いますが、それにしては若い人がたくさん集まっているのはなぜなのでしょう。渋谷に集まる若者は、ある程度裕福なのでしょうか。クリスマスの日の例外日だったのでしょうか。
 オーツとしては、再訪なしです。もう少し静かな店で、ゆっくり話がしたいものです。渋谷・新宿・池袋あたりではそういう店はあまりないですかねえ。
 いい勉強になりました。飲み屋の類は実際に行ってみないと何ともわからないものですね。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

NHK交響楽団ベートーヴェン「第9」演奏会

 オーツは、NHKホールで開催された NHK交響楽団ベートーヴェン「第9」演奏会
http://www.nhkso.or.jp/concert/concert_detail.php?id=511
を聞きに行きました。
 第9をホールで聞くのは何回目でしょうか。もうわからなくなりました。
 18:00 開場、19:00 開演でした。オーツは 18:30 に入りました。最初、客の入りが少な目かと思っていましたが、結局開始時刻には満席になりました。なぜこんなにたくさんの人が来るのか、オーツにはわかりませんでした。S席は 15,000 円もするのです。ずいぶんと高いものです。そして、座席表を見ると、会場のかなりの部分がS席です。
http://www.nhkso.or.jp/data/image/hall/nhk/nhk_no9.gif
オーツは2階席のL9−23でしたが、80分ほどのコンサートで 15,000 円というと、ちょっと高いと感じます。
 多くの第9のコンサートでは、最初にベートーヴェンの小作品(たとえば、序曲レオノーレ第3番)を演奏することが多いように思います。これは、遅刻してきた人への配慮ということもあるのでしょう。しかし、今回は、遅刻は厳禁です。途中休憩なしということで、入場したらトイレにも行けず、途中出場は再入場できないということでした。
 定刻になって、まず合唱団がステージの後方に並びました。その前に4人のソリストが並びました。合唱団とソリストは、第1楽章から第3楽章までは、特にすることもなく、オーケストラの演奏を聴くだけです。そこで、第4楽章の前に合唱団とソリストが入場する形式もあります。
 今回は、合唱団の先頭にソリスト4人が並ぶ形でしたが、オーツの感じでは、ソリストの声が聞き取りにくいと思いました。ソリストは、指揮者のそばにいる方が(口元が見えるということも影響しているのでしょうが)聞き取りやすくなります。
 第3楽章が終わってからすぐに第4楽章に入りました。なるほど、途中での合唱団などの入場がなければ、こんなことも可能なわけです。
 演奏会は、もちろんとても充実したものでした。コーラスもよく響きましたし、オーケストラは一流ですし、満足できます。
 パーヴォ・ヤルヴィの指揮でしたが、ちょっと動作が大げさかもしれません。まあ、悪いことではありませんが。
 普段、オーツはクルマの中でカーナビを通してCDを聞いています。それに比べると、大違いです。
 音がしないときに、本当の静寂が感じられます。低い音(コントラバスなど)がよく聞こえます。クルマのスピーカーではこれは再生できません。
 一方、今回は、高い音が聞こえにくいと思いました。以前、オーツはN響の定期会員だったので、何十回もN響を聞いてきました。それと比べると、音が違います。だいぶ柔らかい感じに聞こえます。
 もしかして、オーツが歳をとって、耳が悪くなったのかもしれません。高い音は高年になると聞こえにくくなるという話です。オーツの場合もそれが当てはまるかもしれません。15,000 Hz くらいの音になると、直接耳で聞こえるというよりも、雰囲気のような感じに聞こえてくるものです。弦楽器の響きなどが違って聞こえたのは高音域が耳に届かなくなったと考えればつじつまが合います。
posted by オーツ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)

 オーツは、スター・ウォーズ/フォースの覚醒を映画館で見ました。IMAX 3D 方式による上映でした。めがねをかけて見る方式ですが、自然な3Dだと感じました。
 オーツは、スター・ウォーズシリーズは第2作のエピソード5「帝国の逆襲」からリアルタイムで見てきました。熱心なファンではありませんが、それなりに好きなシリーズです。そのようなオーツの目で見て、今回のエピソード7は、おもしろいと思いました。
 何がおもしろいかといって、一番はエピソード4〜6につながっているところでしょう。ハン・ソロやレイア・オーガナが出てきます。エピソード4〜6が作られたころから考えると、実年齢で30年以上経っているので、俳優たちにもそれなりに貫禄が付いています。それだけでも感動ものです。ミレニアム・ファルコンも、エピソード4〜6のように画面の中を飛び回ります。Xウィングや TIE ファイターも活躍します。いかにもスター・ウォーズの世界です。
 エピソード4「新たなる希望」と、今回のフォースの覚醒はストーリーの点で似ている面があります。とはいえ、一応は別の話ですし、むしろ関連があった方がオールドファンにも受けがよく、これでいいのではないでしょうか。
 オーツは、早くエピソード8が見たくなりました。次はルークが(ある程度)活躍するのでしょうね。そして、最後の最後のエピソード9はどうなるのでしょうか。
 2時間半は長いです。途中で目が疲れて、涙が出てきました。
posted by オーツ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

手帳をもらう

 オーツが関係している某所から来年のカレンダーと手帳をもらいました。
 カレンダーは、きれいな写真が付いているタイプで、1ヶ月ごとに景色が変わっていくような感じでもあり、部屋に貼って使うことにしました。
 問題は手帳です。
 オーツ流の手帳については、このブログでも書いたことがあります。
2009.5.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/118702292.html
2009.5.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/118371682.html
2009.5.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/118371583.html
 同じことを今も続けています。もう30年も続けています。変更する気はありません。変更すると、今まで行ってきた30年を否定するような気分になります。オーツの人生の半分はここに記載されているわけですから、これこそ大事にしておきたいものです。電子的なファイルに過ぎませんが。
 さて、もらった手帳ですが、実は2冊ありました。同じ手帳です。はさんである住所録・電話帳などは、某所の関連機関のものだったりするのですが、それを取り外すと、普通の手帳として使えます。
 結局、手帳はオーツの知り合いにあげることにしました。息子さんが喜んで使ってくれるそうです。ごみ箱に直行するよりはずっと健全です。無駄が少しは減らせました。
 それにしても、こういう手帳を使おうとする人がいるんですねえ。だから某所は毎年手帳を印刷して配るのでしょう。時代遅れのような気がします。
 そういえば、昔、オーツが国家公務員だったころ、毎年今くらいになると手帳が配られていました。無駄な経費をかけているなあと思っていたのですが、そのうち、配られなくなり、せいせいとした気分になったことを思い出しました。
タグ:手帳
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

最近の桜上水〜下高井戸での昼食パターン

 以前にも書いたのですが、
2014.11.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/408221456.html
オーツの最近の桜上水〜下高井戸の昼食パターンを書いておきます。

・カレー
(1) 日本式・CoCo壱番屋@下高井戸
(2) インド式・ミラン@下高井戸
(3) インド式・家帝 YETI@桜上水
・中華料理・匯香苑@桜上水
・イタリア料理・サイゼリヤ@下高井戸
・牛丼・すき家@桜上水
・洋定食・Rico de Kitchen@桜上水
・和定食・ピエロ@桜上水

 1年前と比べると、行かなくなったところとして、以下の2店があります。
・寿司・スシロー 烏山店
2015.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/421699102.html
・韓国料理・肝心屋
2015.7.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/421863914.html
 行かなくなったのには、それぞれ理由があるわけです。
 一方、新たに通うようになった店は、以下の3店です。
・牛丼「すき家」
2015.11.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/429389759.html
・洋定食・Rico de Kitchen
2015.11.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/429514368.html
・和定食・ピエロ
2015.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/427197721.html
 行くようになったのにも、それぞれ理由があるわけです。
 こうして、時代とともに、食事事情が変化し、オーツの味の好みも変化して、だんだん食べる店も変わっていくわけですね。
 ブログに記録しておくことで、それが個人史にもなることがわかります。
続きを読む
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

レジ袋が1枚2円とすると

 オーツの近所のスーパー「みらべる」では、500円以上買物をしたときに、レジ袋をもらわないようにすると、レジで2円引いてくれます。購入金額が500円未満だと引いてくれない(自動的にレジ袋が付いてきてしまう)ので、レジ袋が1枚2円というのとは少し違うのですが、たいていの買物で、500円を超えてしまうので、まあ1枚2円のようなものと考えることにしています。
 で、こういう制度なので、オーツが「みらべる」に買物に行くときは、前回もらったレジ袋をたたんでポケットに入れていき、会計するときにレジ袋不要と言って2円引いてもらいます。
 さて、こんなことをしているとき、同じレジ袋が何回繰り返して使えるでしょうか。
 きちんと数えたことはないのですが、10〜20回くらい使えるようです。大根など大きくて重いものを入れて運ぶと、袋がちょっと裂けそうになります。また、角がとがっているようなもの(豆腐のパックとか)を運ぶと、袋に穴が開いたりします。しかし、そういう場合は多くないので、10回以上同じレジ袋を使っています。
 この結果、ゴミの量が減りました。
 オーツの自宅では、レジ袋はゴミ袋として転用していますが、いつもストックとしてレジ袋が数十枚たまっています。そのストックがかなり減ってきました。
 1枚2円でも、節約効果は大きなものがあるようです。
タグ:レジ袋
posted by オーツ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ZEBRA のボールペン SARASA の替え芯を買う

 オーツは ZEBRA のボールペン SARASA の赤を愛用しています。
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa/index.html

2014.10.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/407199501.html
2012.11.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/301573045.html
 最後まで使い切ったボールペンがたまってきたので、替え芯を買いました。
 RJF5-R ボール径 0.5mm というものです。10本が箱入りですが、使い切ったボールペンが12本あったので、12本分の替え芯を買いました。12本で888円でした。1本あたり 74 円ということになります。
 ふと、Amazon を見ると、ボールペンそのものを(最安で)1本 68 円で売っています。
 オーツはちょっと複雑な気分になりました。
 まあ無駄をしないで、エコな生活を心がける意味では替え芯を買って、交換して、古いボールペンを再利用するのが正しい態度だと思いますが、そのほうがかえって高くつくのです。しかも、替え芯が到着してから、12本の替え芯の袋を破り、12本のボールペンの芯を外して交換してまた締めるという操作を繰り返すのです。かなり手間がかかります。
 こんなことをするくらいなら、新しいボールペンを12本買う方がよかったのかもしれません。
 エコな生活は大変な生活でもあるのです。ちょっと心が揺らぎました。
posted by オーツ at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

風邪の治りが遅い

 オーツは風邪を引きました。
 鼻水が出る、のどが痛い、咳が出る、痰が出るといった症状です。熱はありません。
 おくすり手帳を見ると、11月20日に咳止めの薬をもらっています。オーツの場合、この数日前から調子が悪く、たまたま内科の先生のところに定期的に行く日だったので、咳止めの薬を処方してもらったのでした。それから約1ヶ月。先日、調子が悪くて、再度、別の内科を受診し、薬を4種類ほど処方してもらいました。
 1週間ほど薬を飲み続けて、今度は何とか大丈夫な感じです。
 それにしても、今回の風邪は治りが遅いと思います。医者がそんなことを言っていましたが、オーツの今までの経験では、こういう風邪はなかったように思います。1ヶ月もぐしゅぐしゅしていては調子が出ません。のどが痛いと話をするのも大変です。
 今年の風邪は要注意かも入れません。いやまあ注意していても風邪を引けば同じことですが。
 今も、完全に治った状態ではありませんが、まあ以前ほどはひどくないので、何とかおとなしくしていれば大丈夫かなと思います。
タグ:風邪
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

平祐奈さんがかわいい

 オーツがふと見かけた JR SKISKI のCMですが、
http://jr-skiski.com/assets/img/download/data/b0t/ski_wall_b0t_1920_1080_pc.jpg
この女の子がとてもかわいいと思います。1枚の写真ですから、「修正」が加わっていると思いますが。
 名前は平祐奈さんというようです。
 今は、ネット時代ですから、名前がわかると、「検索」でいろいろなことがわかるようになっています。
 つい、いろいろとネット内を検索して楽しんでしまいました。ミーハーチックな話でした。
タグ:平祐奈
posted by オーツ at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

三上と川上

 ある人がオーツ宛ての電話を受けて、オーツの机の上に手書きのメモを残してくれました。川上さんに電話してください、というような内容でした。
 翌日、その人と直接会って話をしたとき、その人がオーツに「昨日メモを置いておきましたが、三上さんに電話しましたか」と聞きました。「三上さんではなくて、川上さんですね。」といったら、3本線が縦か横かのちがいですねといわれて、気がつきました。確かに漢字の形がそっくりです。
 その人は、メモを書いたので、3本線というのが印象に残っていたのでしょう。1拍目の「み」は3拍目の「み」と同じで、全体として何となく「三上」(みかみ)という音が「川上」(かわかみ)と似ていることも影響しているように思います。
 こんな連想が働くというところが新鮮な驚きでした。
タグ:漢字
posted by オーツ at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

Rico de Kitchen@桜上水北口で忘年会

 桜上水の北口にある Rico de Kitchen は、オーツがランチで利用した店です。
2015.11.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/429514368.html
 この店は「Cafe & Beer」と名乗っているので、ディナーはどうなんだろうと思ってある晩に3人で入ってみました。19:00-21:28 まで2時間半いました。
 はじめは、けっこう空いている感じでしたが、だんだん混んできて、店を出るころには満席に近かったと思います。
 さて、我々が飲んだものは、ビンタンビール 540 円、タイガービール 540 円、生搾りレモンサワー 432 円、フルーティミオ 540 円×2、ウィスキー(竹鶴)626 円×3、澪 540 円、ロイヤルミルクティー 540 円、レモンミントティー 540 円でした。
 ビールは、メニューに47種類が掲載されていました。いろいろな国のビールがありました。日本の地ビールもありました。オーツは、シンガポールのタイガービールを注文したのですが、330ml の瓶で出てきました。ところが驚いたことに、コップは付いてこないのです。オーツは瓶から口飲みしましたが、日本では普通こんなことはしないでしょうに。2人でシェアすることもできませんでした。
 フルーティミオというのは日本酒でしたが、何とアルコール度数が5%で、炭酸入りです。グラスにドライフルーツのようなものが入っていて、それに注いで飲むと、フルーツの味がするという仕組みです。オーツは直接「澪」だけを飲みましたが、炭酸入り日本酒はイマイチだと思います。
 ウィスキーは、1杯目は水割りにしてもらったのですが、薄すぎて、全然味がしないものでした。そこで、2杯目からはロックにしました。これでやっとウィスキーらしい味を味わうことができました。
 食べたものは以下の通りです:オムレツサラダ 670 円、ところてん豆腐ヘルシーサラダ 626 円、ベトナム風春巻き 518 円、シャンハイ焼ソバ 702 円、プリプリエビのスイートチリマヨ 734 円、ラム肉と野菜の鉄板焼き 734 円、ベジタリアンピザ 950 円。
 それぞれを3人で取り分けて食べました。
 全体に、エスニック料理を食べた感じでした。ベトナム風春巻きは、生春巻きかと思っていたところ、揚げ春巻きが出てきました。こうなると何がベトナム風か、よくわかりません。メニューには変わったものがたくさん書いてあり、何を頼むべきか、迷いました。まあ、出てきたものを(場合によっては変わった味付けで)楽しむと考えればいいでしょう。
 全部で 11,020 円となりました。そう高くないですが、再訪があるかというと、微妙な感じです。女性向けの店だと思います。
posted by オーツ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

寒い時期にも夏物のスーツを着ていた

 オーツは夏物のスーツを着ている間は、夏物何着かを着回しています。そして、冬になるころ、冬物のスーツに交換し、冬物何着かを着回すことにします。クリーニング屋には秋と春の2回スーツを何着かずつ出します。
 最近は、冬物のスーツを洋服入れに入れておいて、それらから適宜1着を選んで(というほどのことはなく、単純に順番通り引っ張り出すだけなのですが)着ています。
 ふと気がつくと、冬物のスーツのはずなのに、夏物が1着混じっていました。いやに軽くて、薄くて、見てすぐにわかりました。
 しかし、考えてみると、ここに夏物のスーツがあるということは、冬物を着る時期になってから少なくとも一度は着ているのです。もしも初回ならば、クリーニング屋の袋状のカバーが掛かっているはずです。そうでなかったということは、一度は袖を通したということです。もしかすると2回か3回は着たかもしれません。そのときに夏物だと気がつかなかったのですね。
 さらに考えてみると、夏物を冬に着ていても特に寒いということはなく、普通に着られるのかもしれません。外に出るときにコートを着るようにすれば、普段は暖房の効いた場所にいるので、夏物でもいいかもしれません。もしもそうだとすると、1年中、同じスーツ(群)を着回すことができるわけで、これはこれで便利なように思います。冬物スーツは一切買わず、1年中夏物スーツで過ごすというやり方です。
posted by オーツ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

充電式乾電池、エネループを積極的に利用しよう

 オーツは、充電式乾電池、エネループを使ってきました。
2010.7.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/154989160.html
 とはいいつつも、シェーバーなどで、消費電力が大きく、乾電池を頻繁に交換するものにもっぱらエネループを使ってきました。いつも、自宅には単3や単4の乾電池の予備が何本か(場合によっては10本以上)置いてあるので、多くの場合、適宜それで交換しつつ普通のアルカリ乾電池を利用してきました。
 しかし、エネループに使い慣れると、これはこれで便利です。普通の乾電池よりも少し高いのが難点ですが、充電式ということを考えれば、しかたがありません。
 そこで、自宅内で乾電池を使っているものを考えてみると、時計や、テレビやエアコンのリモコンなどが思い当たりました。しかし、けっこう少ないようにも思います。これらにセットされている乾電池も、切れるたびにエネループに置き換えていこうと思いました。
 リモコンなど、なかなか電池がなくならないので、何年もかかるように思いますが、10年くらいすれば、我が家で使っているアルカリ乾電池(もちろんマンガン乾電池も)が全部エネループに置き換わりそうです。そうなったら、2本くらい予備を用意し、セットした電池の残量がなくなったらすぐに交換し、残量のなくなった電池を充電して予備電池置き場にしまっておくということを繰り返せばいいわけです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

銚子丸・豊玉南店で誕生日割引 525 円を使う

 オーツは回転寿司・銚子丸のモバイル会員になっています。毎週金曜日には、200 円の割引券がケータイに送られてきます。それに加えて、誕生日には、誕生日割引券(クーポンというべきか)525 円分が送られてきます。言うまでもなく、年1回のことですが。
 というわけで、先日、オーツの誕生日に銚子丸に行ってこれを使いました。
 寿司を11貫食べ、無料のあら汁を3杯も食べてしまいました。満腹になりました。
 以前と違った点といえば、レーンにわさびの容器が流れていなかったことです。握っている職人さんに言ってわさびをもらえばいいのですが、ちょっと少な目にしかもらえませんでした。2回目にもらうのが気が引けました。レーンに流れていれば、気後れせずに手が出せます。
 それにしても、525 円の割引というのは大きいです。それに加えて、会計する店員さんに「誕生日、おめでとうございます。」などと言ってもらえます。
 まあ、一人で食べにいったので、普段と変わらない食べ方になりましたが、……。
 オーツが疑問に思ったことですが、誕生日割引は、なぜ 525 円という中途半端な金額なのでしょうか。消費税 5% 時代の名残なのでしょうか。ケータイに送ってくるのですから、8% 時代に合わせて 540 円にすることも簡単にできるはずですが、……。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

16ビットソフトと64ビットOSと Opt-Tech sort

 オーツが現在使っているパソコンは64ビット版の Windows 8.1 が動いています。
 オーツが昔から使ってきたたいていのソフトは64ビット版でも動くので、特に問題はないと思っていました。
 ところが、先日、Opt-Tech sort を使おうとして気がつきました。このソフトは DOS 時代から(たぶん 1989 年ころから?)愛用してきたもので、オーツのパソコンに入っているもののタイムスタンプは 1995.3.3 になっています。DOS 用ということで、16ビットコードで書かれているようで、64ビットのOSでは使えないのです。
2010.6.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/152473473.html
 困りました。
 オーツはソートを使うとき、DOS の(Windows ではコマンドプロンプトの)sort コマンドを使う場合が多いのですが、それでは扱いきれないような大きな(数万レコード以上の)データとか、ソートキーとして数値や文字が混じっている複雑なものになったりしたときなど、Opt-Tech sort を使ってきました。スタンドアローンで使えるので、DOS 時代のものをずっと使い続けてきたのでした。
 さて、今後どうしましょうか。
 オーツの場合、大きなファイルのソートなどの需要は(今後は)必ずしも多くないし、Windows の sort コマンド、テキストエディタ MIFES に付属する sort、Excel のソートなどを使えば間に合いそうな気もしていますが、さて、どうしたものでしょうかね。
 そういえば、オーツは、Opt-Tech Sort for Windows 1.8b などというのをずっと前に購入したことを思い出しました。これを使ってみましょうか。動けばそれでいいし、動かなければ、そのときに再度考えればいいように思います。
 ネットを調べると、今でも Opttech Sort for Windows ということで売られているのですね。
http://www.agtech.co.jp/products/opt-sort/
お値段は 48,000 円とずいぶんお高いですが、それなりのスピードで動く価値あるソフトだと思っています。
続きを読む
posted by オーツ at 04:52| Comment(3) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

妻がアジとホッケを間違える

 オーツの自宅に息子が孫と来て、夕食を食べることになりました。
 で、妻がいろいろ用意したのですが、その中に魚の干物がありました。焼いてテーブルの上に出したのですが、息子が何の魚かと尋ねたわけです。オーツは、見た感じで、サバかなと思いました。一応、妻に確認しようということで、尋ねてみると、妻はアジだというのです。
 いや、どう見てもアジには見えません。再度確認すると、やっぱりアジだというのです。
 たまたま冷蔵庫にアジの干物(開き)もあったので、オーツは妻にそれを見せて、これがアジだ、焼いたものはこれとはまったく違う、サバではないかと言いました。そうしたら、妻がやっと前言を変更して、アジではなくホッケだといいました。
 それにしても、アジとホッケを間違えるとは、いったいどうしたことでしょう。
 妻もボケ始めたのかもしれません。
 夫婦そろって、注意しながら日常生活を送るようにしないといけません。
タグ:アジ ホッケ
posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

無線LANから有線LANへ

 オーツのオフィスでは、パソコン数台とカラーレーザープリンタ LBP 5500
2013.11.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/380923598.html
を使っているため、無線LANを導入していました。勤務先のコンピュータに関わるセクションからIPアドレスを一つ割り当ててもらい、それを親機にセットします。すると、パソコンとプリンタには、ローカルなIPアドレスが自動的に割り当てられ、全部がつながって、快適な無線LAN環境が構築されていました。
 ところが、無線LANは、しばしばトラブルを起こすことがわかってきました。親機とパソコンの接続が突然切れたりするのです。親機の電源を切って入れ直したりすると復活するので、まあだましだまし使っていたのですが、どうにも調子が悪く、だんだんトラブルの頻度が高くなってきたので、無線LANを止めて、有線LANにするようになってきました。無線LANの親機には、LANケーブルを差し込むコンセントが4個(それと壁の情報コンセントとつなぐのが1個)あり、それとパソコンをLANケーブルでつないだわけです。これでトラブルもなくなり、また快適な環境になりました。
 さて、先日、オフィスで使うために、プリンタを1台買いました。LBP 3410 です。それまで使っていた LBP 5500 がイマイチ調子が悪く、トラブルが起こるので、モノクロプリンタを導入したというわけです。実は自宅で使っているのと同じ機種で、とてもタフだと思います。
2009.2.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/114669491.html
 このプリンタをケーブルで無線LANの親機に接続しようとして、はたと困りました。親機のLANケーブルのコンセントがすでにいっぱいだったのです。無線LANから実質的な有線LANにしてしまったための悪影響です。
 そこで、オフィス内のあちこちを探すと、LANケーブルが16本もつなげるハブが出てきました。
 というわけで、無線LANの親機をはずして、ハブに置き換えました。
 すると、パソコンがインターネットにつながらなくなってしまいました。
 その段階で、以前の設定を思い出しました。無線LANの親機を通じてネットに接続すると、IPアドレスは1個で済んでしまい、各パソコンにはローカルなIPアドレスが割り当てられます。しかし、ハブを使うと、全部のパソコンがネットに直接つながる形になるので、IPアドレスを接続機種の数だけ割り当ててもらわなければなりません。この形でも運用は可能ですが、オーツのオフィス内のプリンタが、他のユーザにも丸見えになってしまい、もしかして、勝手にプリンタが使われたりするかもしれません。マル秘情報がプリンタから吐き出されたりすると問題になります。
 というわけで、無線LANの親機は引退させず、今まで通りに使うことにし、親機にハブを接続して、親機の4個のコンセント中の1個だけを使う形にし、全部のパソコンとプリンタ2台をハブに接続するようにしました。その後、試してみると、この形の接続で各パソコンからどちらのプリンタにも出力できますし、全部のパソコンがネットにつながることが確認できました。
 いやはや、ネット接続などは一度できあがってしまえば何年でもそのままにして使うことになりそうです。すると、どうやって接続したかなどは忘れてしまいます。オーツは、以前はIPアドレスを何個か割り当ててもらっていたのでした。各パソコンにそれぞれのIPアドレスをセットしていました。その後、無線LANを導入したときに、使うIPアドレスを1個だけにして、あとは返却したのでした。そんなことも忘却の彼方でした。
 こうやってブログに書いておくと、次回、同様の(類似の)問題が起きたときに解決しやすくなるように思います。
posted by オーツ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

わたみん家 江古田店で、孫と一緒に夕食

 オーツが自宅にいるとき、息子が電話してきて、一緒に夕食を食べようということになりました。
 孫が保育園にいて、今から息子が迎えに行くという話で、江古田駅で 19:00 に待ち合わせました。
 19:00 といえば、ほぼ2歳の子供としては、ちょっと遅い時間帯で、すぐにも夕食を食べさせなければなりません。
 息子がわたみん家に行きたいというので、3人で入りました。
 メニューを見て、小さな子供でも食べられるものを注文しようと思いました。二色おにぎり 299 円、ももねぎま串3本 130×3=390 円、きゅうり浅漬け 299 円、フライドポテト 249 円、コーンバター 299 円、ホッケ炙り焼き 499 円などを頼みました。
 店員さんが、小さな子供用にプラスチックの取り皿ととんがっていないフォークとスプーンを持ってきてくれました。
 結果的に、孫がよく食べました。二色おにぎりというのは、具が2種類入っている二個のおにぎりのようですが、自分で手に持って(かなりこぼしながらでしたが)よく食べました。ももねぎまは、ネギの部分は食べずに、肉の部分を食べました。きゅうりの浅漬けは、ちょっとしょっぱいかもと思いましたが、普通に食べていました。カラシをつけなければ、味付きのキュウリといった感じでした。フライドポテトは、かなりの量を食べました。付いてきたケチャップをフライドポテトにつけてなめることも楽しんでいたようでした。コーンバターは、オーツがスプーンで口に運んだのですが、何回も食べました。孫の大好物のようでした。ホッケも適当に身を崩しながらスプーンで口に運んでやると、いくらでも食べる感じでした。こうして、いろいろ食べてくれると、大人としてもうれしいものです。
 2歳くらいになると、自分から食べたいもの、食べたくないものを示すことができます。何が好きか、簡単にわかります。
 最後には、いわれなくても、孫が自分で手を伸ばしてカップに入った水を飲みました。ところが、それがうまくできず、自分のシャツの胸の部分をかなり濡らしてしまいました。ありゃりゃ。
 この季節なので、寒くなってはいけません。孫には、上からジャンバーを着せて、寒くないようにして、自宅まで送り届けました。孫はすぐにお風呂に入ったようです。
 わたみん家では詳細を明記したレシートをくれます。それに基づいて、他に飲み食いしたものを書いておきましょう。お通し 299×2=598 円、レタス巻き串 299 円、つくね串2本 299 円、冷やしトマト 299 円ということでした。これらは大人が(つまり、オーツと息子が)食べたものです。
 飲んだものは、オーツが中生ビール 299 円×2と獺祭 699 円、息子が白ハイボール 299 円×3でした。
 合計金額 6,024 円×1.08=6,505 円ということで、安いものですが、十分楽しめました。
 2歳くらいの子供はかわいいものです。スプーンで食べさせると次々に食べてくれます。こういう食べ方をすること自体、かわいいものです。こんなことができるのは、2歳前後の一時期でしかありません。まもなく、自分一人で食べるようになり、あれがおいしくない、これは冷たくていやだと言い出します。そうなる前の時期、2歳くらいが一番かわいいものです。
posted by オーツ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

こちらへ

 オーツが経験した不思議な現象です。
 Yahoo! JAPAN あるいは Google の検索エンジンで「こちらへ」を検索します。"こちらへ" と二重引用符をつけてフレーズ検索してもいいでしょう。フレーズ検索をしなくても以下の現象が起きますが。
 たくさんのページ(数千万件)が検索されますが、それぞれのページを開いても、そこに「こちらへ」という言い方が出てこない場合が多いのです。だいたいの感覚で言うと、半分から7割くらいのページで「こちらへ」を含まないのです。
 こういうページが高い優先順位を与えられて検索の上位に並ぶというのはどういうわけなのでしょうか。
 今の段階では、こういう現象が起きるのは「こちらへ」という言い方だけです。本当はもっとたくさんあるのに、オーツが気がついていないだけでしょう。
 「からこちらへ」などを検索すると、こういう問題は起こりません。
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

玄品ふぐ 練馬の関(3回目)

 以前にも、行った店ですが、
2012.12.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/310102514.html
12月になったので、またみんなで玄品ふぐ 練馬の関に行くことにしました。
 今回は、大人5人分で天楽コース
http://www.tettiri.com/shina/course.html
を注文しました。コース内容は全7品で、
・ 湯引き
・ てっさ または ぶつ刺し
・ 唐揚げ
・ 焼きふぐ
・ てっちり
・ 雑炊
・ デザート
がセットになっていました。6,100 円(税込 6,588 円)ということで、まあこんなものでしょう。
 飲み物は、生ビールが 600 円で、以前と同じでしたが、ひれ酒が 830 円、つぎ酒が 530 円と、前回よりは少し値上げになっていました。
 オーツが心配したことは、小さな子供にふぐが食べられるかということでした。
 3人の孫の年齢は、5歳、2歳、1歳ですが、2歳と1歳の二人はまもなく誕生日ですので、約3歳と約2歳に該当します。
 さて、小さな子供にふぐ料理は大丈夫でしょうか。結論から言うと、大丈夫でした。嫁がおせんべいなどを持参して、少しごまかす部分もあったのですが、早めにご飯(茶碗1杯分)を3個注文し、てっさやふぐの唐揚げなどと一緒にご飯を食べると、小さな子供でもそれなりにおなかがふくれるようで、問題はなかったと思います。大人の分を少し分けてあげる程度で十分でした。ただし、ふぐは骨が多いので、それをより分けるのに手間がかかったようです。
 オーツとしては、孫がそれなりに食べられたことで、安心しました。
 終わりが近づいて、雑炊が出てきたころなどは、孫たちは席で遊び始める始末で、雑炊はあまり食べなかったように思います。それまでに食べた分で十分だったということでしょう。
 デザートはシャーベットでしたから、子供たちに評判がよかったです。
 店を出てから、店先の路上で「カゴメ、カゴメ」などをして遊びました。周りから見たら変な人たちに見えたことでしょう。いや、小さな子供がいるグループだったから、当然視されたですかね。
続きを読む
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

自動ドアの前で手を振ったら「挨拶」と間違われる

 オーツの勤務先では、いくつかのドアが自動ドアになっていて、上の方に人感センサーが付いています。人間が近くに来るとセンサーが検知してドアが開く仕組みです。ドアはガラスで透明です。
 先日、オーツがここを通ろうとしたら、ドアが開きませんでした。人感センサーの感度があまりよくないようです。そこでオーツは片手を高くあげて振りました。ドアは開いたのですが、ドアの向こう側をオーツの知人が歩いていて、その人がオーツに向かって腰を曲げて挨拶しました。
 オーツの場合、知人への挨拶なら、手を上げて振るようなことはせず、会釈の動作をします。手を振るのはちょっと失礼な感じです。
 ということで、知人も、たぶん、オーツの動作は挨拶ではなく自動ドアへの対応だとわかっていて、あえてそういう動作をしたのかもしれません。
 透明なガラスのドア越しに手を振る動作が挨拶でないというのも、状況を見ているだけでは意味がわからないかもしれません。なかなか微妙なコミュニケーションでした。
posted by オーツ at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

学生時代のうちにやっておくべき7つのこと

 JBPRESS で安田修氏が、学生時代のうちにやっておくべき7つのことを述べています。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45396
【1】何かに夢中になる
【2】海外を経験する
【3】難関資格を1つ、取得する
【4】会社を作って、潰す
【5】お酒と異性の経験を積む
【6】ギャンブルを経験する
【7】人間のクズのような生活をする

 あわせて「就活対策なら1〜3で十分です。むしろ1だけでも良いくらいです。4以降は、人生をトータルで豊かにするために学生時代にやっておくべきだと私が考えることです。」と述べています。
 オーツの学生時代を振り返ると、(40年以上前ということもありますが)全然当てはまりませんでした。
 何かに夢中になったといえば、オーツの場合、プログラミングだったように思います。当時は FORTRAN でしたが。
 海外は、学生時代に行くことはありませんでした。
 難関資格も全然取得しませんでした。
 会社を作るようなこともありませんでした。
 お酒と異性経験はしました。
 ギャンブル(麻雀)は経験しました。
 「人間のクズのような生活」は、少しはしたでしょうか。大学時代の寮生活は、他人からはよくこんなところに住めるなあなどと言われるようなところに住んでいました。
 というわけで、安田氏の意見はオーツにはあまり当てはまりません。

 学生諸君は、他人の意見を気にしないで、自分の思うように生きていくのがいいように思います。それでは指針がないから困るでしょうか。指針が必要だと考える人は、まさに自分で考えて自分の指針を作るべきです。他人に指針を示されないと動けないのでしょうか。指針がなくても、自分なりの学生生活を送るうちに、結果的にこれこれのことをやったなあということになるわけです。それでいいと思います。就活のために学生生活を送るわけではないですから。
posted by オーツ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

仙台の地下鉄東西線が開通

 12月6日、仙台の地下鉄東西線が開通したというニュースがありました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK06H04_W5A201C1000000/
http://www.kotsu.city.sendai.jp/touzaisen/pdf/panfu11.pdf
 オーツは上記の日経新聞で記事を読んだのですが、「車両と駅ホームの間はわずか3センチメートルしかなく、車いすなどもそのまま乗り降りできる。」という点がユニークだと思いました。ということは、ホームにかかる部分の線路にカーブがないということです。推測するに、往復の2本の線路の中央に島状のホームというケースはないということでしょうね。とすると、2方向のホームが線路をはさむ形になるのでしょうから、間違ったホームに出てしまうと、反対方向のホームに行くまで手間がかかるということになりそうです。このあたり、仙台の地下鉄に実際に乗って確かめたいところです。

 仙台では南北線がすでに営業していますが、東西線が開通したことで便利になったように思います。仙台市内の主だったところは地下鉄で行けるようになります。
http://www.mapion.co.jp/station/ROP090001/
 仙台のホテルは、地下鉄の駅でいうと、青葉通一丁目から広瀬通くらいに分布しているのが多いですから、仙台近辺に用事がある場合も、ホテルまで簡単にいけることになります。
 東北大学に行く場合も、今まではバスを使っていましたが、これからは地下鉄を使うことになりそうです。やはり、バスよりも地下鉄のほうが早くて安心感があって、利用者から見たら便利です。
 そういえば、オーツは来年3月に仙台で用事があるので、そのときに仙台の地下鉄の初乗りを経験することになります。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

女性議員の育児休業

 オーツは朝日新聞の記事で見かけました。
http://www.asahi.com/articles/ASHCS6KHBHCSUPQJ00Y.html
女性議員が育児休業することの是非を問うものでした。
 女性が出産することは当然のことであり、その後は育児休業が必要なことも当然です。議員であっても例外ではありません。
 しかし、一方では、議員は任期が数年しかなく(地方議員であれば4年)、選挙で選ばれて議員になるということは、その期間は人々の代表として働くことが期待されているわけで、育児を理由に議会を欠席するようなことは問題だという見方も理解できます。
 問題は、議員だけでなく、一人しかおらずに代理が効かないような職業の場合に当てはまりそうです。
 総理大臣などはどうでしょうか。女性の(しかも若い)総理大臣というのはハードルが高いですが、仮にそういうケースがあったとしましょう。その総理大臣が妊娠・出産したら、育児休業ということで総理大臣の職務を休んでいいでしょうか。総理大臣が男性であっても、奥さんが若ければ、出産の可能性があるわけで、そんなとき育児休業ということも考えられるかもしれません。
 都道府県知事や市区町村長、会社の社長や団体の理事長などはどうでしょうか。そんな大げさでなくとも、部長・課長・係長レベルでも、ある範囲の組織のトップともなれば事情は似たようなものでしょう。
 組織というものは、個人がどうなっても代わりの人がいるものです。そうでなければ組織ではありません。ということでは、育児休業は立場や職業を越えて取得可能なものでなければならないという話になります。
 組織の長ではないけれど、代理が効かない個人的職業というと、歌手や俳優などの芸能人、プロスポーツ選手(大相撲の横綱、ゴルフの◯◯さん)、将棋の名人、アスリート(職業ではないかも)などが考えられます。一人でやっていく自営業なども該当します。
 これらは、代理が効かないといいつつも、当該の人が交通事故で半年間入院などということがありえます。それでも世の中は何とかなっていくものです。つまりは、一人でやっているように見えても、実際は社会の中で活動しているので、他人が代理をすることができるようになっているということです。
 そんなことを考えてみると、個人が育児休業などで欠けても仕事や社会は何とかなるということです。すべての仕事は代理の人が行うことができると思います。
 もっとも、「親」という立場(職業ではないでしょうね)も代理が可能だ(適当な保育者に任せられる)ということになりますから、親と職業のどちらを代理人に任せるかは考えなければなりませんし、最終的には本人が決めることです。どちらか一方にせよとか、当然こちらだなどと主張するべきではないと思います。
 というわけで、オーツは、議員が育休を取ることに賛成します。これは、育休を取るべきだと主張するものではなく、本人が育休を取ると判断したら、周りの人はそれを受け入れるべきだということです。
posted by オーツ at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

シシトウ

 先日、妻がシシトウを買ってきました。冷蔵庫の野菜室に入れてあるのを見つけました。1袋に30本くらい入っていました。
 オーツは、実は辛いものが好きです。カレーは激辛を食べる主義です。
 で、シシトウも辛いものがあると思い、朝食の野菜スープの中に入れて食べることにしました。
 1食あたり2本ずつ食べるので、15回くらい食べることになります。しかし、今まで食べてきて、残りが少なくなってきましたが、全然辛くないのです。
 ネットを見てみると、辛くないシシトウと辛いシシトウが混ざっており、たまに「当たり」になるということが書かれていました。
http://cookpad.com/articles/2249
http://matome.naver.jp/odai/2138024865253733401
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/001/022.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211885642
http://xn--59jtb317n5pap61gg67d.com/archives/7231.html
http://okwave.jp/qa/q4283625.html
 記事によれば、3割は辛いとか、10本に1本は辛いとか書いてあります。
 しかし、オーツの経験では、20本以上食べましたが、全部辛くないのです。たまに辛いものを食べてみたいと思っていましたが、最近は、辛いシシトウは売られていないのでしょうか。
 ちょっと期待外れでした。
タグ:シシトウ
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

ネコのおやつ・ドリーミーズの味が変わった?

 オーツの自宅にはネコがいます。そして、ドリーミーズというおやつが大好きです。
2015.5.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/419038161.html
毎朝、10粒くらいを目安に皿に入れてやります。すると、ネコがあっという間に食べ尽くします。今までずっと与えてきましたが、ネコはいつも同じ反応を示していました。
 さて、先日オーツはペットショップでドリーミーズを2袋買ってきて、そのうちの1袋を食べさせています。ところが、今回購入したものは、ネコが大好きではないようです。皿に入れてやっても、その場で食べ尽くすという感じではなく、においをかいで、ふいと他の場所に行ってしまうような場合がほとんどです。
 ただし、まったく食べないわけではなく、1日もすると、いつも皿がきれいになっていますから、いつかどこかでこっそりとネコがドリーミーズを食べていることは明らかです。
 これはどうもおかしいと思い、もう1袋のドリーミーズを開封して試してみましたが、同様の反応です。
 考えられることは、ネコが成長したり、好みが変わったり、食べ飽きたりして、ドリーミーズを食べなくなったのかもしれません。あるいは、ドリーミーズの味が変わったか、何かが混入されたかなどということがあるかもしれません。
 そういえば、先日購入したとき、ドリーミーズの試供品の小さい袋をもらいました。これはネコがよく食べました。もう一度試供品の小袋をもらってきて、ネコに試してみてもいいかもしれません。試供品をよく食べ、製品版をあまり食べないとすれば、製品版は試供品と何かが違っているということになります。
続きを読む
posted by オーツ at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

公園のボール遊び

 日経ビジネスの記者さんでしょうか、林英樹氏が、「「公園のボール遊び」は本当にダメなのか 担当者に確認して分かった法的根拠の曖昧さ」という記事をお書きです。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/110600099/
 公園でボール遊びを禁止している例が多いけれど、その根拠は曖昧であるという趣旨です。
 ボール遊びといっても、中高生がサッカーボールや野球の硬球でゲームをしているような場合と、幼児が柔らかいボールを親と投げ合っている場合を同じように考えていいか、はなはだ疑問です。
 とはいえ、では、いったいどこに線引きをすればいいかと考えてみると、これはけっこうな難問です。「常識で考える」では解決になりません。遊びたい、遊ばせたい側の気持ちもわかるけれど、一方では、現実に我が子がボールでけがをさせられたりするケースもあるわけです。
 ボール遊び一律禁止というやり方によって、利用者が萎縮してしまうこともあります。
 考えてみると、これは意外に難しい問題です。
 公園だけではなく、ちょっとした芝生広場などでも、管理者がボール遊び禁止としている例があります。オーツの身近にもあります。
 規制を止めてあとは個人間の争い(訴訟を含む)に任せるか、やや広い範囲を管理者として禁止するかのどちらかしかなさそうです。
 この問題に関して、オーツは、明確な解決策を持っているわけではありません。ただ、悩んでいるだけです。オーツが悩んでも意味はないようにも思いますが、……。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

三輪車

 オーツは、かわいい孫のために三輪車を買ってあげることにしました。
 楽天市場でいろいろな三輪車を見比べた上で、一番シンプルなものにしました。
http://item.rakuten.co.jp/babyanela/yn00004?scid=af_pc_etc&sc2id=208736982
 選んだときのポイントは二つです。
 一つは、親が後ろから押すための棒が付いていないことです。最近は、このタイプが多いのですが、これは三輪車の楽しみを奪うものだと信じています。子供にとって、自分(の意思)で動けることが何よりも楽しいはずです。押し棒が付いていると、ベビーカー(バギー)と同じで、親がすべてをコントロールすることになり、子供に自由がありません。子供にとってはつまらないものでしょう。
 もう一つは、二つの後輪の間に平らな横板が付いていることです。ちょっと大きな子供用ですが、ここに片足を乗せて、もう片足で地面を蹴る乗り方ができるのです。こうすると、三輪車といってもかなりスピードが出るし、ちょっと大きくなっても十分に遊べます。小学生でも遊べると思います。
 この二つは連動しています。押し棒が付いているようでは片足蹴り乗りはできません。
 というわけで、このようなシンプルな三輪車がいいと思った次第です。

 さて、3人の孫たちはどんなふうに三輪車遊びをするでしょうか。主として2歳の孫用に買ったのですが、3人が近くに住んでいることもあって、たぶんみんなが三輪車で遊ぶことになりそうです。
タグ:三輪車
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

テキストエディタ MIFES の体験版

 オーツはテキストエディタとして MIFES を愛用しています。当然、正規版のユーザーであり、ユーザー登録もしています。
 ちょっと気になるところがあって、新しいパソコンで「体験版」
https://www.megasoft.co.jp/cgi-bin/try/mifes10/cgi/form.pl
を使ってみることにしました。
 メガソフトのサイトには、次のような記載があります。
・インストール後30日間、機能制限なしでご試用いただけます。期限を過ぎるとファイル保存ができなくなります。
・メガソフトショップでライセンスキーをご購入いただくと、引き続き製品版としてご利用いただけます。

 テキストエディタは、テキストファイルをいろいろ編集するソフトですから、ファイルの「保存」ができないと一番肝心のキモができなくなるわけで、事実上使い物になりません。とはいえ、それ以外の機能が使えるならば、いろいろとできることがあるので、ちょっと試用してみたいと思ったわけです。
 MIFES 10 をインストールして、使い始めました。実際どうなったか。
 第1に、30日後、ファイルへの保存ができなくなるはずですが、そんなことはなく、普通に保存できていました。
 第2に、30日後、エディタのキーのカスタマイズをしていましたが、それが消えました。エディタは、すべてのキーに対して機能を割り当てることができます。オーツは「ESC+英字」や「F1」を押したときのメニュー、さらにはいくつかの「Ctrl+キー」に自分なりの機能を割り当てて使っていましたが、それらが全部初期状態に戻ってしまいました。
 第3に、45日ほど経ったところ、ファイルへの保存ができなくなってしまいました。公表している期間よりも実際にはちょっと長めに「試用」できるようになっているということです。
 第4に、60日ほど経ってから、キーカスタマイズが再度消えてしまいました。

 現在までに経験していることは以上のようなことです。
 ファイル保存ができなくなる点は、体験版の仕様として公表されていますので、(期間が少しずれますが)問題はないと思います。
 一方では、キーカスタマイズのリセットというのは公表されておらず、オーツは、突然これが起こることに大いに不安を抱いています。(公表されていない問題点があるということは、他にも体験版には非公開の隠された機能が入っている可能性があります。)
 とはいえ、体験版のユーザーは、苦情を言うこともできません。上記のサイトには、以下のような1文が書いてあります。「・体験版の使用方法についてのお問い合わせにはお答えしておりません。」体験版の利用者であり、同時に正規版の利用者であっても、体験版を使っている限り、体験版の問い合わせができないということでしょう。
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする