2015年11月19日

違うバス路線に乗ってしまった

 オーツは、目白警察署前からバスに乗って自宅に帰ろうと思いました。過去にも何回か利用しているバス停です。
 このバス停から「白61」練馬車庫前行きのバスに乗ります。
2012.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/257524318.html
 で、オーツがバス停まで歩いて行くと、「練馬車庫前」行きのバスがちょうど向こうからやってくるところでした。オーツは、ちょっと走って、バスに向かって手を振り、バス停に止まったバスに乗りました。やれやれ、ちょうど間に合ってよかった!  ところが、次のバス停・目白駅前でバスがいつもと違う場所に止まりました。ここでオーツは気がつきました。違うバスに乗ってしまったのです。このバスは「池65」練馬車庫前行きだったのです。これは、最終的な行き先は「練馬車庫前」で同じですが、オーツの自宅とはだいぶ遠いところを通るバスです。
 「白61」と「池65」は、練馬車庫前から出発するバスの場合は簡単に区別できます。「白61」は「新宿西口」行きですし、「池65」は「池袋駅東口」行きで、まったく違います。しかし、反対方向になると、両方とも「練馬車庫前」行きになり、区別がむずかしくなるのです。路線番号が「白61」と「池65」で全然違うのですが、これを一瞬で見分けることはむずかしいです。「池65」は「江古田2丁目経由」と書いてあるのでわかります。しかし、やってきたバスに飛び乗るときは、バスのおでこの部分の表示をきちんと確かめることがむずかしいのです。
 違ったバスに乗ってしまったオーツは、車内でバス路線を確認しました。すると、地下鉄・落合南長崎駅のバス停まで、同じ路線を走り、そこから「池65」と「白61」が二つに分かれることがわかりました。そこで、落合南長崎駅前のバス停でバスを降りました。「白61」のバスの時刻表を確認し、地下鉄の時刻表を確認し、結局地下鉄で帰ることにしました。
 あわてるといいことはないですね。バス停で待っていれば、二つの路線の違いを見分けたはずなのですが、急いでいたので、つい違った路線に乗ってしまったのでした。
 まあ、早めに気がついたので、よしとしましょう。終点まで行ってしまったら、また反対方向行きのバスに乗って帰ってこなければならなかったのですから、それよりはマシだったということです。(地下鉄の分の少しだけ交通費が余分にかかったのですが、……。)
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする