2015年09月04日

めがね橋とアプトの道の散歩

 オーツは、用事があって軽井沢に行きました。
 そのとき、ちょっと空き時間があったので、知り合いを誘ってめがね橋を見に行きました。軽井沢は長野県側ですが、めがね橋は群馬県側で、県境の碓氷峠を越えて見に行く形になりました。クルマで行ったので、簡単にいくことができました。
 軽井沢からは旧道の国道18号線で行きます。旧道は、カーブが180個もあるので、クルマに酔いやすい人は大変でしょう。
 オーツたちは、めがね橋に行く前に、熊ノ平駅にも寄りました。駐車場からちょっと階段を上ったところにあります。昔の信越線の信号所だったところです。信越線は横川〜軽井沢間で単線だったので、途中で列車が行き違う場所が必要だったということです。
 駅に隣接して変電所もありました。今は動いていませんが、けっこう立派な建物だったことがわかります。
 昭和25年に山崩れがあり、何十人もの国鉄職員とその家族が亡くなったことがあるそうです。その人たちの鎮魂のための神社がありました。
 それからめがね橋に行きました。
 めがね橋の駐車場に隣接して新しくてきれいなトイレがあります。観光客のことが考えられています。
 めがね橋は、昔の信越線の廃線跡です。

megane.JPG

 大きくて立派な煉瓦造りの橋でした。今でも十分に迫力があります。昔の人は、よくこんなものを作ったなあと思えます。
 ここは、アプト式の鉄道が通っていたところです。めがね橋のちょっと北側には新しい信越線の鉄橋が見えました。こちらも、新幹線が開通したときに廃線になってしまった路線です。アプト式鉄道は旧信越線で使われていたわけです。
 この地域の鉄道は、旧信越線、新信越線、北陸(長野)新幹線と3本の変遷があったわけですね。歴史を感じさせます。
 めがね橋からアプトの道を歩いて横川駅まで行くことができます。オーツはトンネル1個分だけ歩いてみました。トンネルの中は照明があって、危険を感じることなく歩いて行けます。
 トンネルの途中には、行き止まりの穴が数十メートルおきにありました。

ana.JPG

これは何でしょう。数人で考えたのですが、わかりませんでした。鉄路の脇にいろいろなケーブル類が走っていますが、この穴のあるところでは、ケーブル類が穴の上を通るようになっています。
 オーツは、保線用具を入れておく倉庫みたいなものかと思いました。木製の扉が付いていたのに、それがなくなってしまったと想像してみました。

 めがね橋に関しては、ネットでもいろいろ情報が見られます。
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/megane.html
 めがね橋の案内です。
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/megane_aputo.html
 めがね橋からアプトの道への行き方です。まあ、こんなものを見なくても行けます、当然ですが。
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/megane_hiking.html
 横川駅から熊ノ平駅まで約6kmを往復すると、計13kmで4時間かかるという話です。
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/files/touge1.pdf
 アプトの道の地図付きの案内です。ただし、地図は正確な縮尺ではないので、要注意です。
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/files/touge2.pdf
 アプトの道の解説です。
http://www.annaka-city.com/history/pam_apt.pdf
 上の2枚をまとめたものです。
http://www.annaka-city.com/history/01.htm
 碓氷峠関連の案内です。
http://www.jalan.net/kankou/spt_10401ae2180022200/
 めがね橋の案内とクチコミがあります。

 ふと気がつくと、めがね橋のところにバス停がありました。とはいえ、バス便は、11:23 発軽井沢駅行きと、13:22 横川駅行きの2本しかありません。横川駅からバスでやってきて、めがね橋に11:23 に着き、2時間ほどいて、横川駅行きのバスで帰るということでしょうか。まあ、こんなところにバスで来る人なんてほとんどいないのでしょうけれどね。
posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする