2015年04月05日

吉多屋@新江古田で野菜炒めそばを食べる

 オーツは、吉多屋にも行ってみました。
http://www.e-ekoda.net/t-yosidaya.htm
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13062809/
 江古田南口にあるというよりも、近い駅で言えば新江古田ということになるでしょう。
 この店は町の中華屋さんといった風情です。テレビがかかっています。各テーブルの下にはマンガや新聞が置いてあります。いかにも年季の入った大衆的なテーブルとイスが並んでいます。
 オーツは、壁に掛かっている短冊のメニューを見て、タンメンか野菜炒めそばにしようと思いました。両方とも 530 円です。どちらが野菜が多いかお店の人に聞いてみると、野菜炒めそばだというので、そちらを注文することにしました。
 待つことしばし。
 小さなお盆に載って野菜炒めそばが出てきました。確かに野菜炒めがかなり入っています。ラーメン二郎ほどの盛り上げ方ではないですが、まあ十分でしょう。
 食べてみると、なかなかいけます。スープは、あまり特徴はないけれど、シンプルな醤油味で、いかにも昔のラーメンを思い起こさせます。野菜炒めは、炒めてあるだけで味がよくなるのでしょうか、おいしくて食べやすかったです。
 オーツの好みから言うと、ちょっと麺がやわらかすぎの感じでしたかね。
 でも、全体としてまあまあの味とは思いました。
 あとから入ってきた客が隣のテーブルでいきなりタバコを吸い始めたので、まいりました。せっかくの味と香りがタバコでかき消されてしまうのです。
 もしもまた来るなら、タンメンかチャンポンを食べてみようと思います。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする