2015年03月31日

第40回しもたか大さくら祭り

 昨年も参加してみた「しもたか大さくら祭り」ですが、
2014.3.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/393100212.html
今年も行ってみました。
 オーツは、3月29日(日)に孫たちと一緒に会場に向かいました。
 12時近くに会場に着くと、桜の木の下でさっそくシートを広げて、まずは腹ごしらえです。持参した弁当に加えて、会場で焼き鳥やたこ焼きなどを購入して、みんなで食べました。
 それから、会場内をあちこち行ってみました。
 2歳の孫にはアンパンマンのお面を買ってやりましたが、大満足のようすでした。
http://ameblo.jp/wakanakana111/image-12008211027-13260921768.html
 今年は起震車が来ていました。

simotaka3.JPG

 見ていると、ずいぶん激しくゆれます。
 孫たちは恐がって、乗ろうとしませんでした。こういう経験は、なかなかできないものなので、こんな機会を利用して経験しておくことも悪くないと思うのですがねえ。恐いっていっても、実際に大地震が来たら、恐いも何もなく、否応なく、いきなりこんなゆれが始まるのですから、幼児のうちに体験しておくべきだと思います、はい。
 今年も猿回しが来ていました。

simotaka4.JPG

 ほんとに曲芸です。見ていて楽しいです。こんな狭い場所で、しかも人混みの中で、芸を見せるというのはすごいことです。

simotaka5.JPG

 ステージでは、フラダンスを踊っていました。会場の人をステージに上げて一緒に踊ってしまおうということで、かなりの年齢の人も腕を引っ張られていました。
 この日の天気は曇りで、夕方から雨が予想されていました。フラダンスのダンサーは半袖姿でしたが、ちょっと寒そうでした。イスに座っている観客の方は、半袖姿の人はいませんでした。もちろん、ダンサーたちは笑顔で踊っていましたが、……。
 肝心の桜ですが、ほぼ満開に近いと思います。きれいに咲き誇っていました。

simotaka6.JPG

 午後3時ころには、ぽつりぽつりと雨が降ってきましたので、オーツたちは帰宅することにしました。
 いいお花見でした。
 でも、孫たちは、お花見よりも会場近くの広場で追いかけっこなどをしながら遊んでいました。こういう体を使う遊びもいいものです。たくさん食べて、たくさん遊ぶと、立派な大人になれますよ。
posted by オーツ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

三四郎@江古田南口で煮干し中華そばを食べる

 オーツは、先日、江古田南口にある三四郎というラーメン屋に行きました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13151775/
 オーツが江古田のラーメン店めぐりを始めたころ、この店の前に並んでいる人をよく見かけました。並んでも食べたいほどのものなのか、しかし、混んでいたら食べるまでに時間がかかるし、ということで、躊躇していました。
 しかし、何事も経験してみなければわからないものです。食べてみることにしました。
 オーツは 11:30 の開店時刻よりも5分ほど早くお店に着きました。店の外に3人組が並んでいましたが、これなら待ち時間は大したことなさそうです。
 お店が開店し、店の中に入ると、券売機がありました。煮干し中華そば(並)690 円の食券を買いました。
 お店はカウンター6席だけの小さなものでした。オーツのあとから2人が入ってきましたので、これで満席となったわけです。店内ではマスターが一人でがんばっていました。
 店内の棚には大量の煮干しが袋に入って置いてあります。今日は「あご(飛魚)の煮干しと片口イワシ」と書いてありました。煮干し度が「6」なんだそうです。毎日、使う煮干しを変えたりして、味を変えているという話です。
 さて、待つことしばし。中華そばが出てきました。
 食べてみると、とろりとしたスープがとてもおいしく、これは並んでも食べたいという人がいることがわかります。ラーメンのキモはスープです。
 細いストレート麺のゆで方もちょうどよい感じです。
 では、オーツの行きつけの店になるか。それはちょっと違うような気がします。
 第1に、チャーシューを炙って乗せてくれますが、これが脂身がやや多く、オーツの好みではなかった点があります。
 第2に、チャーシューを炙ると、煙が出ますが、換気が悪いのか、煙が店内に充満している感じです。店内がちょっとかすむといえばいいでしょうか。店が狭いためにこうなるのかもしれません。オーツは、こういうのがあまり好きではありません。もっとも、換気をよくすると、今度は店内が寒くなってしまいますから、冬は大変です。
 第3に、具として野菜類が少ないということです。オーツの好みとしては、もう少し野菜を食べたいと思います。
 というわけで、再訪はしてもしなくてもいいですが、食べログの 3.60 という高評価はわかる気がします。
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

冨山和彦(2014.6)『なぜローカル経済から日本は甦るのか』(PHP新書)株式会社PHP研究所

 オーツが読んだ本です。「GとLの経済成長戦略」という副題が付いています。
 日本経済を見るときに、G(グローバル企業)とL(ローカル企業)を別々に見ようという話です。これは、大企業vs.中小企業などということと異なります。企業規模ではなくて、G企業があります。世界の企業を相手に戦いながら成長していく企業のことです。一方では、サービス業を中心にたくさんのL企業があります。これは、サービスが必要とされるその場でサービスを提供する性格を持っています。ですから、世界との競争なんてありえません。
 このような二分法はとても説得力があり、冨山氏の考え方には共感できるところがいろいろありました。
 オーツが一番気になったのは、p.179 の図24です。労働生産性を大企業と中規模企業と小規模事業者に区分して比較しています。労働生産性の単位は「万円/人」です。たとえば、製造業の大企業でいうと、上位10%の労働生産性は 1,587(万円/人)で、下位10%の労働生産性は 519(万円/人)です。で、問題はその下にある「倍率」です。注4にあるように、「倍率=上位10%の労働生産性/下位10%の労働生産性」で計算されます。そこに「3」とあります。1,587/519=3.06 ですから丸めて3倍でもいいでしょう。問題は、そこに「単位:%」とあることです。単位は「%」ではありません。「倍」(より正確には「なし」)です。
 この図は、財務省のものを再編加工したものだそうですから、元の財務省のものが間違っているのかもしれません。しかし、それを引用しているのは著者ですから、著者の責任といえば著者の責任です。
 さらに問題は、この図24に対応する p.178 の本文です。次のような記述があります。
 特に注目していただきたい数字は、生産性格差を表す倍率だ。製造業の大企業では3パーセント、小規模事業者では18パーセントとなっている。大企業の3パーセントという数字は、ほとんど生産性格差がないことを意味する。一方の非製造業では、大企業は5パーセントと製造業と遜色ない数字が出ているが、小規模事業者は31パーセントという数字になっている。

 これらの「パーセント」はすべて「倍」が正しいのです。3%の格差というと、100万円と103万円の違いのように聞こえますが、実際は、100万円と300万円の違いであり、生産性格差がないどころか、3倍もの大きな格差があるのです。非製造業の小規模事業者は31倍というとんでもなく大きな生産性格差があるというわけです。
 ここは本文です。本文に書かれたことはすべて著者の責任です。
 オーツは愕然としました。
 著者がこのような誤解をしていることを知って、オーツはこの著者のことが心配になりました。この方は、経歴などを見ても、とても優秀な方のように見受けられますが、本当に大丈夫なんでしょうか。
 「いらぬ心配、するが心配」なのでしょうか。


posted by オーツ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

美志満@桜台で塩らぁ麺を食べる

 オーツは、ちょっと足を伸ばして、桜台にある美志満(みしま)に行きました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13140848/
 食べログでは、3.72 の高評価で、TOP 5000 にも選ばれているという店です。
 2012年5月8日開店とのことで、比較的新しい店なのでした。
 入り口を入ってすぐ右側に券売機があります。オーツは塩らぁ麺 750 円の券を買いました。
 マスターが一人でがんばっている店です。
 カウンターに座って、テレビを見ながら待つことしばし。
 塩らぁ麺が出てきました。メンマがたくさん入っています。そして、レンゲでスープを飲んでみると、スープがおいしいです。なるほど、みんなに好まれているラーメンだということがわかります。
 オーツは、スープを全部飲んでしまいましたが、最後の方になると、ちょっと甘さやくどさを感じてしまいました。
 全般においしいので、誰にでもおすすめできる店だとは思いますが、オーツにとって再訪があるかと考えてみると、ちょっと自宅から遠いこともあって、微妙です。
 それにしても、おいしいラーメンとはどんなものかを考える上では貴重な存在だと思います。
 遠くまで出かけてみてよかったと思いました。

 店主がブログを書いています。
http://ameblo.jp/mishima-sakuradai/
 さらには、フェイスブックも始めたようです。
https://www.facebook.com/ramen.mishima
 食べログ以外のサイトや各種ブログなどを見てみても、とても評判のいい店です。
http://ramendb.supleks.jp/s/56591.html
http://www.ramenbank.com/shop35213/
http://ramenjiyuku.web.fc2.com/m.nerima.mishima.html
http://www.ramenbuzz.jp/shop/5127/
https://ja.foursquare.com/v/%E6%A1%9C%E5%8F%B0-%E3%82%89%E3%81%81%E9%BA%BA-%E7%BE%8E%E5%BF%97%E6%BA%80/4fb87e47e4b06b008d2a1d1c
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

千代飯店@中立売通り@京都で一人飲み

 オーツは、京都で夕食をとることになり、千代飯店
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26011781/
に行きました。
 八宝菜 700 円、餃子 300 円を注文し、飲み物は生ビールと日本酒(燗酒)×2にしました。
 八宝菜のような、いろいろな材料が混在している料理は、一人で食べるには特に向いていると思います。
 これくらい飲むと、十分な感じがします。
 会計してみると、最初 1,600 円と言われました。それは安すぎる、再度計算してと言ったら、2,300 円と言われました。たぶん、生ビール 500 円、日本酒 400 円なのでしょう。最初の計算では、八宝菜分が入っていなかったのかもしれません。
 何はともあれ、オーツはこんな程度で十分満足しました。おいしく食べられて、お酒も飲めて、それで十分ではないでしょうか。
 ホテルでも、夕食は食べられますが、和食が会席料理で 4,158 円からですし、洋食は 3,200 円からありましたが、これに飲み物をつけたら、プラス 1,500-2,000 円になりそうです。それでもいいですが、オーツは、こういう庶民的な店も好きです。

 オーツが飲み食いしている途中で、外国人の(白人の)カップルがお店に入ってきました。日本語がまったくだめで、英語だけが通じます。お店の人に「Chinese or Japanese?」などと聞いていましたから、たぶん旅行者でしょう。日本に住んでいるような人ならば、この店に入る前に、一見して chinese だとわかりますからねえ。
 何とはなしにカップルを観察してると、男性はまったく飲んでいませんでしたが、女性が生ビールなどを飲んでいました。2人で話している言語は英語ではありませんでした。何語なんでしょうか。
 京都は、こんなふうに、日常生活の中に外国人が存在するのですね。店員さんは、あまり英語が上手ではなさそうでしたが、ともかく、コミュニケーションはできていました。カップルは、鶏の唐揚げとライスを各2人前頼んでいました。そうなんです。日本では、こういう店で食べるようにすると、おいしくて、しかも安い場合が多いのです。ぜひ日本を楽しんでください。表通りの日本もよいけれど、こういう裏通りの日本に触れると、また興味がわくと思います。普通の観光旅行とは別のものが見られると思います。
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

順菜@百万遍@京都でランチ

 オーツが京都の百万遍付近でランチを食べようと思って入った店が「順菜」でした。
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26006802/
 12:20 くらいだったでしょうか。お店まで行くと、店の外に2人の客が並んでいました。なるほど、行列ができる人気店ということのようです。オーツは2人組のあとに並んで待つことにしました。
 そのうち、お店の主人から声をかけられました。店先にメニューがあるので、それを見て、先に注文を決めてほしいというのです。その分、店としても調理が早く始められるというわけです。オーツは、サンマの塩焼き定食 755 円にしました。
 12:25 にめでたく入店ということになりました。オーツは一人だったので、カウンター席に案内されました。6人掛けカウンターに1人分だけ空きがありました。あとはテーブルがいくつかありましたが満席でした。
 オーツは、出されたほうじ茶を飲みながら、待っていました。この店は、夜は居酒屋になるようです。そういう店のランチはおいしいことが多いものです。
 さて、待つことしばし。いや、しばしというよりもしばらくでしょう。カウンターのオーツ以外の5人は、食べ終わって順次出て行きました。テーブル席のほうでも、事情は同様です。12:30 ころになると、お店がすいてきました。オーツは最悪のタイミングでお店に入ったようです。
 この店は、ご夫婦とおぼしき二人が切り盛りしていました。あれこれ動き方を見ていると本当に忙しそうです。
 12:40 になってやっと注文品が出てきました。主人がカウンターの向こうから「お待たせしてしまってすみませんでした」などといいながらお盆を手渡してくれましたので、時間がかかったという意識はあるようです。
 サンマの他に、ご飯、みそ汁、漬け物、ナスのおひたし、そして蒸し鶏がのった汁なしうどんでした。けっこうな量がありました。うどんまで食べることになろうとは思ってもみませんでした。
 食べたものはそれぞれおいしく、これで 755 円は安いと思います。あ、オーツ的にはみそ汁はもう少し熱くてもよかったように思います。そして、提供までの時間がもう少し早ければ言うことなしなんですが、……。
posted by オーツ at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

燦燦@江古田北口でらーめんを食べる

 この店の名前はかなりむずかしいです。「さんさん」と読みます。
 練馬東税務署の近くにあります。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13124205/
 オーツは、この店にも行ってみました。
 お店に入ると、カウンターが1列だけありました。ご夫婦らしき2人で切り盛りしていました。
 オーツは、一番普通の「らーめん」550 円を注文しました。
 待つことしばし。
 出てきたラーメンは、ちょっとどろりとしたスープに入っていました。
 さて、味はどうだったでしょうか。結論から言うと、オーツの口には合いませんでした。
 麺のゆで方はいいですし、メンマなどの具もちゃんとおいしいのですが、ラーメンの命はスープです。ここがイマイチの感じでした。
 550 円というのは安いと思います。がんばっていると思います。でも、やっぱり自分の口に合わないと再訪はないと思われます。
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

朝ドラ「あまちゃん」

 オーツは、NHK の朝ドラ「あまちゃん」はほとんど見ていないのですが、妻が当時毎朝見ていたため、たまに一緒に見ました。
 しかし、何かと話題に上がることが多かったので、どんなドラマなのか、一通り見てみたいようにも思いました。39時間(!)は長すぎますが、毎日少しずつ見ていくようなことができれば、それはそれで可能かもしれません。
 そんなおりに、あまちゃんが再放送されるということがわかりました。
http://www6.nhk.or.jp/drama/reruns/index.html
によれば、以下のように書いてあります。
「あまちゃん」(全156回) …BSプレミアム
2015年4月6日(月)より 毎週月曜日から土曜日 午前7時15分から
            毎週土曜日 午後6時から 1週間分まとめて

 録画して見てみましょうか。
 ちなみに、あまちゃんのヒットというか、熱狂ぶりに関しては、齋藤健作他(2014.3)「朝ドラ『あまちゃん』はどう見られたか――4つの調査を通して探る視聴の広がりと視聴熱――」放送研究と調査 Vol.64, No.3
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2014_03/20140302.pdf
が詳しいと思います。丁寧にデータが分析されています。あまちゃんの視聴率は、他の朝ドラと比べて必ずしも高くなかったのだけれど、一部に熱狂的なマニアがいて、話題性があったといったところでしょうか。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

宮崎とんこつ 神楽@江古田南口でラーメンを食べる

 オーツは、江古田南口にある「宮崎とんこつ 神楽」にも行ってみました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13033623/
 お店に入ると、左側に券売機があるので、普通のラーメン 650 円の食券を買いました。押しボタンのところに「とんこつ醤油味」と書いてありました。この店で一番普通のラーメンといったところでしょう。
 細長いカウンターが入り口から奥まで1列ずうっと続いています。オーツはそこの一つのイスに座って、食券を出して待ちました。
 ご夫婦らしきお二人でお店を切り盛りしていました。
 さて、待つことしばし。
 ラーメンが出てきました。スープがちょっとこってりした感じです。
 で、食べてみると、スープの味がイマイチのように思いました。決してまずくはないのですが、この店にまた来ようと思えるようなインパクトはないように思います。
 麺はやや固かったでしょうか。食べ終わるころにはちょうどいい感じになりました。
 メンマがたくさん入っていましたが、これはおいしく食べられました。もやしはチャーシューと合っておいしく食べられました。
 しかし、食べているうちに、チャーシューがちょっと油っぽく感じられるようになってきました。
 というようなことで、全体として、オーツの口にはちょっとあわなかったように思います。
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

インターネットの乗換案内

 インターネットの乗換案内にはいろいろありますが、オーツは Yahoo! 路線情報
http://transit.loco.yahoo.co.jp/
を愛用しています。
 まあ、それで失敗することもあるわけですが、……。
2015.3.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/414896640.html
 ところで、乗換案内としてどんなサイトが使われることが多いか、調べた結果があります。
http://internetcom.jp/research/20150320/daily-research-on-train-application.html
利用したことのある「乗り換え案内アプリ」を聞いたところ、「Yahoo! 乗り換え案内」が最も多く238人(48.5%)。また一番気に入っている/気に入っていたアプリでも「Yahoo! 乗り換え案内」が157人(32.0%)と、最も多い結果となった。

 まあ、よく使うから気に入っているのでしょうし、気に入っているからよく使うのでしょうから、両方が同じ傾向を示すのは理解できます。
 第2位は、ジョルダンの乗換案内
http://www.jorudan.co.jp/norikae/
なんですね。
 オーツは、その昔、乗換案内のサイトをいろいろ調べて、以下のようなものをリストアップしたことがあります。(その中の一部は現在使えなくなっているので、それを省いて表示します。)

Yahoo!路線情報(駅すぱあと) http://transit.loco.yahoo.co.jp/
ジョルダン 乗換案内 http://www.jorudan.co.jp/norikae/
駅前探検倶楽部 http://ekitan.com/
駅から時刻表 http://ekikara.jp/
ハイパーダイア http://www.hyperdia.com/

 これらの中で、何が一番いいのか、わからなかったので、いろいろ検索してみて、一番妥当な結果を返してくる Yahoo! 乗換案内をもっぱら使うようにしてきました。
 しかし、そんなことを自分で調べるまでもなく、シェア一番を調べれば、それでいいのですね。
 こういう考え方は、長いものに巻かれろ的な発想で、オーツは必ずしも好きではないのですが、自分の時間を割いて、ベストなサイトを探すよりも、みんながどこを利用しているかを知る方が圧倒的に早くて、そこそこマシなところを探し当てることができるわけです。「集合知」ということですね。
posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

一心軒@江古田南口でらあめんを食べる

 オーツは江古田南口にある一心軒にも行ってみました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13025325/
 この店は 11:30 開店です。オーツが行ったときは 11:40 くらいでしたが、まだ開いていませんでした。店の前にいる学生風の二人連れ男性に聞いたところ、店の人から 11:45 くらいに開店するという話があったとのことでした。そこで、ちょっと待ちました。
 やがてガラガラとシャッターが開きました。店に入ると、右手に券売機がありました。オーツはらあめん(豚骨醤油)650 円の食券を買いました。
 小さなテーブルと、カウンターがありました。「大盛無料」と書いてあったので、大盛と並のそれぞれの麺の量を聞きました。大盛は並の 1.5 倍だそうですが、カウンターのところの説明書きでは並が 150g、大盛が 225g と表示されていました。マスターは 250g と言っていました。オーツは、大盛でもいいとは思いましたが、ちょっと食べ過ぎの感じもします。オーツが迷っていると、お店の人が「中盛りにしますか」と聞いてきました。並と大盛の中間があるのですね。これは好都合です。というわけで、らあめん(中盛り)を食べることになりました。
 さて、待つことしばし。
 らあめんが出てきました。食べてみると、かなりいけます。スープがオーツの好みに合います。トッピングもおいしかったし、麺自体の味がよく、食感もよかったです。
 食べ終わってみると、ちょっとスープが油っぽかったように思いました。
 全体として合格点でしょう。近くの丸福 大勝軒と同じレベルです。オーツとしては、再訪があるかもしれません。
 そういえば、以前オーツがこの店を目指したときも食べ逃しましたが、11:30 過ぎでも開いていなかったので別の店に行ったのでした。おおやけに表明している開店時刻と実際の開店時刻がずれているのはよくないことです。お客の時間を奪うことになる場合があります。お客を逃がすことにもなります。開店時刻だけは守ってほしいものだと思いました。
 メニューを見ていると、「ピリ辛らあめん」のところに「無料で中辛・激辛に変更できます。」と書いてあります。激辛ラーメンもオーツの好みです。次回はそちらを試してみたいと思いました。
続きを読む
posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

フィリップスのヘッドホン SHE9710

 オーツは、ヘッドホンを買いました。
 一人で音楽を聴いたり、映画を見たりしたい場合もあるということです。
 フィリップスの SHE9710 という機種にしました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%BC%8F-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-SHE9710/dp/B00EVINCIE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1425674514&sr=8-1&keywords=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9+SHE9710
 最近ずっとヘッドホンを使っていなかったので、どんなものかなと思ったくらいです。Amazon では 1,706 円で売られています。安いです。昔オーツがヘッドホンを買ったときはもっとずっと高いものだったように思います。万を超える金額だったでしょうか。とても立派なものでもありました。
 しかし、このヘッドホンは、まるでイヤホンで、耳に突っ込んで使う簡便な形をしています。
 さて、聞いてみてどうだったか。いやはや、驚きました。とても音質がいいのです。最近の技術の進歩を感じました。こんな小さなヘッドホンで、高音から低音まできちんと再生してくれます。パソコン内蔵のスピーカーなんかよりもずっといい音質で聞こえてきます。にもかかわらず、軽くて、使用感がなく、とても快適です。
 これからは、こういうのも愛用したいものです。
 電車の中などで見かけますが、若者の多くがスマホ+ヘッドホンで音楽を聴いています。(ホントは何を聞いているのかわかりませんが、たぶん音楽でしょう。)その気持ちが少しわかるような気がしました。



posted by オーツ at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

らーめん破顔おおびる@江古田南口でらーめん(並)を食べる

 とある昼時、オーツは江古田南口にある「らーめん破顔おおびる」
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13116720/
に行きました。食べログで 3.52 の高評価の店です。
 お店の前に券売機があります。オーツはらーめん(並)200g 650 円の食券を買いました。ちなみに、らーめん(中)は麺が 300g あるそうです。普通の意味では「大盛り」です。こちらも同じく 650 円です。オーツは1回目で麺 300g を試す勇気はありませんでした。
 店の中に入ると、カウンターのみの6席で、だいぶ狭い感じがします。
 お店は若い男性(お兄さんという感じ)が一人で切り盛りしていました。
 オーツが食券を渡すと「にんにく入れますか」と聞かれたので、お願いしました。
 オーツが店に入ったとき、カウンターには先客が一人いました。オーツがラーメンを待っていると、次々と客が入ってきて、満席になってしまいました。6席というのは小さい店だということです。
 カウンターの上にカードがあって「野菜多め、少なめ注文できます」とか何とか書いてありました。あとからいわれても、気づいたときにはもう調理に入ってるし。ま、食べ慣れた人は食券を渡すときにこういうのを指定するのでしょう。
 さて、待つことしばし。らーめん(並)が出てきました。野菜が丼から盛り上がっています。なるほど、二郎系の店だったのですね。
 食べてみてどうだったか。オーツの口には少し合いませんでした。
 スープ(醤油味)はいい味でしたが、ちょっとしょっぱかったです。それに、最後まで飲むと、油っぽさを感じました。
 麺は固くて、ゆで方不足のように思いました。もう少し柔らかめがオーツの好みです。それにしても太めでしっかりした麺でした。
 炙りチャーシュー(厨房で炙って丼に入れています)は少し油っぽかったです。脂身がそのまま入っている場合もありました。チャーシューの量も半端でなく多かったです。切り方が薄切りでなく、角切りでした。
 野菜がたくさん乗っているのはいいですが、もやしがほとんどで、味が淡泊でした。
 というわけで、全体においしいのですが、少しずつオーツの好みとずれている感じです。
 再訪があるかといわれると、「なし」です。オーツの好みとちょっと違うので、わざわざこの店に足を運ぶ意味がありません。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

クルマから見た自転車の危険な運転

 自転車が乱暴な運転をするのはよく見かける光景ですが、ある晩、オーツは2回も驚いてしまいました。
 1回目は踏切の中のことでした。オーツはクルマの列の先頭で、踏切の安全バーが上がるのを待っていました。やがて電車が通過して、安全バーが上がったので、クルマも自転車も歩行者も一斉に踏切を渡り始めました。オーツは、ゆっくり発進して、徐行して踏切の中に入りました。歩行者や自転車がいるので、スピードを上げることはできません。
 そのときです。
 オーツのクルマの右前にいた自転車が左側によろけるような動きをしました。オーツのクルマの前に倒れ込むような感じです。オーツは驚いてブレーキを踏んで止まりました。クルマから見ていると、あわや接触しそうな感じでしたが、自転車側から見ると、十分な距離があったのかもしれません。
 オーツはひやっとしました。

 2回目は、クルマで自宅の近くまで来たときに起こりました。
 オーツは、とある交差点を通過しようとしました。オーツの進行方向は往復2車線のやや狭い車道です。クロスしているのは歩道の付いた往復4車線の太い道路です。オーツの進行方向の信号機が青になっていました。タイミングよく交差点を通過できそうです。
 ところが、オーツのクルマが交差点の中に入ったとき、交差点の先の歩道(太い道路に沿っている)を左側から自転車が走ってきて、そのままオーツのクルマの前に飛び出し、横断歩道の白いゼブラマークを横切っていったのです。自転車は、その先の歩道を走っていきました。
 オーツは驚いて急ブレーキしました。
 オーツの側の信号が青だったので、この自転車の進行方向の信号は赤信号だったに違いありません。しかし、自転車に乗っている人は左右を見ることもなく、そのまま直進してきたのです。左右を見れば、クルマが近づいているのが見えて、自転車としては停止するはずです。
 事故にはならなかったので、ホッとしました。しかし、夜に自転車がクルマの前を横切る形になると、実に見えにくいということがわかりました。向こうから自転車がやってくるときは自転車のライトでわかります。自転車を追い越すときも、自転車の後ろに反射材などが付いているので、かなりわかります。ところが、横から自転車が来るときには、そういったものが一切ないので、よく見えないのです。
 そんな状態で、赤信号を無視して、走ってくるクルマの前に飛び出す自転車というのは、一体何なのでしょうか。自転車に乗っている人は、左右を見ることさえしないのです。こういう状態で事故になったとしても、感覚的には自転車の責任が大部分で、クルマの責任はほとんどないように思えます。しかし、実際に事故になれば、クルマ側の責任が大半を占め、自転車はほとんど責任なしと判断されるでしょう。
 自転車の横暴ぶりには本当に頭にきます。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

長崎亭@江古田南口で長崎ちゃんぽんを食べる

 以前、オーツが江古田でちゃんぽんを食べておいしかったと思ったとき、
2015.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/413243393.html
そういえば、千川通り沿いにちゃんぽんの店があったなあと思いました。
 オーツは長崎亭に行ったことがあったのです。
2014.3.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/390635451.html
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13040096/
 今回、江古田のラーメンの食べ歩きを始めてから、長崎亭のちゃんぽんはどんなだろうと思いました。
 食べログの評価は 3.25 でやや高めですし、クチコミが8件あり、それなりの人気があります。
 思い立ったが吉日。さっそく行ってみました。
 お店に着いて、長崎ちゃんぽん 850 円を注文しました。
 待つことしばし。ちゃんぽんが出てきました。
 さて、味はどうだったか。
 まあまあおいしいと思いました。白濁したスープがおいしいです。野菜や魚介類の具もたくさん入っています。ただ、ちょっと麺が柔らかめだったように感じました。食べている途中でちょっと麺が伸びてしまったような感覚になりました。
 長崎亭のちゃんぽんを継続的に食べるか考えてみると、ちょっと微妙なところがあります。何かがちょっと足りない感じです。しかし、一般的にはおすすめできる味と値段だと思います。
続きを読む
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

レトルトパウチの AEON のキャットフード

 オーツの自宅で飼っているネコは「匠」のネコ缶が大好きだったのですが、去年、このネコ缶が製造終了になりました。
2014.10.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/408049368.html
その後、いくつかの店で何種類かのネコ缶を買ってきて、ネコに食べさせてみたのですが、どうもイマイチのようで、食べ残したりします。
 最近、気が付いたのですが、ちょっと遠くではありますが、ウェルシアというお店で売っている「AEON かつお&まぐろ」というレトルトパウチのウェットタイプのエサが我が家のネコに大変お気に入りのようです。
 オーツが封を切るときには、ネコがニャーニャー鳴いてオーツの足に体をすり寄せます。
 70g 入りの袋を3〜4回に分けてやりますが、食べはじめると、そのままぺろりと平らげる場合が多く、いかにも猫の好みに合っていることがわかります。
 ウェルシアでは、税込み1個 58 円で売っていますので、10個とかをまとめ買いしています。
 実際には、4種類があります。
  キャットフード かつお&まぐろ
https://www.aeonshop.com/shop/g/g010500000590204902121103591/
  キャットフード かつお&まぐろ えび入り
https://www.aeonshop.com/shop/g/g010500000590204902121103638/
  キャットフード かつお&まぐろ しらす入り
https://www.aeonshop.com/shop/g/g010500000590204902121103614/
  キャットフード かつお&まぐろ チキン入り
https://www.aeonshop.com/shop/g/g010500000590204902121103607/
ネコはどれもよく食べます。
 レトルトパウチなので、ゴミも少なく、捨てるときに手間いらずです。
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

天下一品@江古田南口でラーメンのこってり並を食べる

 オーツは、武蔵大学の近くにある天下一品
http://www.tenkaippin.co.jp/
にも行ってみました。
 天下一品はチェーン店で、日本中に(海外にも)出店しています。オーツが行ったのは江古田店
http://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?id=18
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13002405/
ということになります。
 ここは、食べログで 3.55 という高評価です。口コミでも、なかなかいいことが書いてありました。
 J-CAST ニュースによる読者アンケートでもダントツの1位
http://www.j-cast.com/2013/02/19165792.html
ということですので、期待は高まります。
 先日、オーツは実際に行って食べてみました。こういうのは自分で食べてみないとわかりませんからね。
 お店に入ると、「お水はセルフサービスで」とあちこちに書いてありました。水くらい店員さんがサービスしてもよさそうなものだと思います。
 一番普通で天下一品らしいものということで、ラーメンのこってり並を注文しました。720 円です。
 ランチタイムだったので、小ライスが無料で付くという話でしたが、オーツは遠慮しました。
 さて、待つことしばし。
 出てきました。なるほど、こってりというよりはどろりとしたスープです。スープの出来不出来でラーメンの味がまったく変わってしまいます。
 では、スープの味はどうだったか。
 残念ながら、オーツの舌には合いませんでした。
 スープは特徴的な味だと思いますし、おいしいと思う人もいるでしょう。しかし、オーツは何かイマイチのように感じました。期待が高かっただけに、少々残念な結果になってしまいました。
 麺や具には特に問題がないと思います。このスープの味を受け入れるか否かということだと思います。オーツの好みではないというだけの話です。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

下関市長が下関市立大「修士論文」不合格

 オーツは iza という産経新聞のサイトで知りました。
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/150310/plt15031022160031-n1.html
 下関市長・中尾友昭氏が下関市立大学に提出した「修士論文」が不合格になったという話です。中尾氏は、情報公開請求をするそうですが、オーツは、中尾氏がいよいよ恥ずかしい(恥知らずな)行為をしているように思います。
 オーツが驚いたことはいくつかあります。
 第1に、「研究科の教授らで構成する委員会に諮られたが、合格に必要とされる出席者の3分の2以上の賛同が得られず、今月5日に「不合格」が伝えられたという。」という点です。博士論文ではそういうこともあるでしょうが、たかが(といっては恐縮ですが)修士論文で、委員会全体で審議しているのですね。それは必要ないと思います。大事なことは、教員がきちんと修士論文を読む(そして評価する)ことで、そういうのは、2人か3人が読めば十分です。合格レベルか不合格レベルかはわかるものです。実際に読んだ数人の評価が一致するなら、その評価は妥当なものです。審議の場に何十人もの参加者がいたとしても、その大半が現物を読んでいないのですから、あとは現物を読んだ教員の評価を信頼するしかないのです。
 第2に、中尾氏の言い分です。「実務者としての経験や人生論を盛り込み、(大学の)先生方には今までに見たことがなく、奇異に映ったのかもしれない。」と言っています。この言い方で、中尾氏は研究論文としての修士論文をはき違えていることがわかります。実務経験や人生論を盛り込まれても、それは評価の対象になりません。経済学研究科であれば、経済学に関して学問的に意味のある論文(何か新しい知見がある論文)になったか否かがポイントであって、それ以外は蛇足でしかありません。中尾氏は論文に書くべきことを勘違いしているのです。そんなのをA4判約550ページも読まされる教員がかわいそうです。
 第3に、修士論文はいきなり大学に提出して合否を判断するものではなく、1〜2年をかけて指導教員と相談しつつ書き上げるものです。その過程で教員からの指導が受けられます。こういうテーマでいいか、こういう調べ方でいいか、こういう考え方でいいか、こういう結論でいいか、などなど、さまざまな点でチェックされると思います。中尾氏はこういう論文指導を受けなかったのでしょうか。受けなかったとすれば、その時点で、独善的な「修士論文」を出しても、通るはずがないのです。受けたとすれば、自分が修士論文を書けるか否か、自分で判断できると思います。
 第4に、不合格になったあとで、大学側は本人に不合格の理由を説明しなかったのでしょうか。オーツの勝手な推測では、おそらく勘違いのトンデモ論文が提出されたものと思いますが、なぜこういうのでは修士論文に値しないかを指導教員が丁寧に説明する必要があります。このことは指導教員の一番大事な仕事です。この段階で中尾氏が納得すれば、「情報公開請求」などという話にはなりません。
 このようなことを考えてくると、中尾氏が情報公開請求をするということは、自分自身が学問の意味がわかっていないということをおおやけに宣言するに等しい行為です。だから、オーツは「恥ずかしい」「恥知らずな」行為だと思えるわけです。
 大学側には十分な指導ができなかったという面もあるかもしれませんが、それは問題になりません。中尾氏が指導を求めても大学側がそれに応じないならば、そういう話も成立しますが、そういうことはなかったと思います。おそらく中尾氏から指導を申し込まなかったのだろうと推測します。世の中には、そういう唯我独尊的な大学院生もいるものです。
posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

らーめん 太陽@江古田南口でらーめんと餃子を食べる

 オーツは、江古田駅の南口にある「らーめん 太陽」に行ってみました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13023147/
食べログでは 3.52 とかなり高い評価になっています。
 オーツが江古田に住むようになって16年です。この店の前は何回通ったことでしょう。しかし、実際に店に入るのははじめてです。
 オーツが店に入ったのは11時ちょっとすぎだったので、開店してあまり時間が経っていないときでした。先客は一人だけでした。数人の店員がいましたが、中国人のようです。
 注文するのはらーめん 480 円にしようかと思いましたが、あまりに安すぎます。夕方まで時間もあるので、お腹が空くかもしれません。そこで、Bセット(らーめん、ジャンボ餃子3個、味付け玉子半分)780 円を注文することにしました。
 待つことしばし。
 味玉の入ったラーメンが出てきました。
 麺のゆで方もよく、メンマもチャーシューもおいしかったです。スープがこの店の一番のこだわりのようで、煮干しが入っているということです。しかし、オーツの感覚では、やや平凡な味のように思いました。決してまずくはないのですが、おいしいと手放しでほめるようなものではないという感じでした。
 メニューによれば味玉は1個 100 円だそうなので、50 円分がセットになっているわけです。これも適度な固さでおいしくいただきました。
 意外な掘り出し物は、ジャンボ餃子でした。ラーメンを食べている途中に運ばれてきました。3個とはいえ、文字通りジャンボで、具がしっかり詰まっています。これがとてもおいしいと思いました。メニューによればジャンボ餃子は1個 120 円で、2個以上で注文できるそうです。オーツは3個で十分満足できました。
 Bセットは、ラーメンの他に 300 円で 410 円分のサイドメニューが付いてくるような感じです。総合すると、780 円は決して高くないと思います。
 しかし、オーツの行きつけの店になるかと言えば、そこまでは行かないように思います。
posted by オーツ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

ネコが戸棚の上から落ちた

 最近は日が長くなり、温かい日差しが降り注ぐようになってきました。(まだまだ気温が低い日もありますが。)
 オーツの自宅ではネコを飼っています。
 ネコは高いところが好きで、よく戸棚の上に登ります。先日も、そんな場所で丸くなって眠っていました。
 オーツがちょっと目を離していると、ネコがいたあたりでガリガリと音がします。オーツが見上げると、ネコが戸棚から落ちそうになっており、前足は戸棚の上でガリガリやっているのですが、体のかなりの部分と後ろ足は戸棚から落ちかかっていました。爪を立てようにも、戸棚は固くて、爪が立ちません。
 ちょっともがく感じになっていましたが、そのうち、ネコは戸棚から落ちてしまいました。
 まあ、ネコにしてみれば、自分の目で見て飛び降りる場所を探す感じでしたし、落ちたというよりも飛び降りたというべきかもしれませんが、数分前には戸棚の上で居眠りをしていたわけですから、やっぱり落ちたというべきでしょう。
 しかし、ネコにはケガもなく、普通に床におりました。
 なぜそんなことになったのか、よくわかりません。同じ姿勢を続けているのがイヤになって、ちょっと体の向きを変えようとしたのかもしれません。のびをしたのかもしれません。
 ともあれ、ネコが戸棚から落ちたのは事実です。
 「猿も木から落ちる」といいますが、ネコも落ちるのですね。オーツはそのシーンを目撃して、思わず苦笑してしまいました。
ラベル:ネコ 戸棚
posted by オーツ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

福しん@江古田南口で野菜タンメンを食べる

 オーツは、江古田南口にある「福しん」にも行ってみました。
http://www.fukushin.info/
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13095905/
 オーツがこの地域に住むようになったときからずっと営業しているお店です。
 野菜タンメン 490 円を注文しました。たった 490 円とはずいぶん安いと思いました。
 ネット上のメニュー
http://www.fukushin.info/menu/index.html
を見ると、野菜タンメンは「只今のおすすめ」で、期間限定のように読めます。それとは別に「特製タンメン」490 円があります。両者がどう違うのか、わかりません。
 オーツがお店に入ったときは、野菜タンメンしかなく、特製タンメンは、店先のサンプルにも、テーブル上のメニューにもありませんでした。お客さんは「タンメン」と注文していました。
 さて、待つことしばし。野菜タンメンが出てきました。食べてみました。おいしい! 何といってもスープがおいしいです。そして野菜がたっぷり入っています。肉もそれなりにしっかり入っています。麺のゆで方もちょうどいいです。
 これは絶品です。オーツは全部食べましたが、再訪しようと思いました。
 お客を観察していると、オーツの後から入ってきた客は、かなりの割合でタンメンを注文していました。7割くらいでしょうか。この店はタンメンの評判がいいようです。
 女性客も多かったです。普通、ラーメン屋は男性客が多いものですが、……。
 オーツは、こういうタンメンに出会えて幸せを感じました。(ちょっと大げさですかね。)また、この店が長続きしていることにも納得しました。
 オーツは、つくばにあった珍来という店のタンメンを思い出しました。味と雰囲気がよく似ています。
ラベル:福しん タンメン
posted by オーツ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

郵便ポストに手紙を投函しようとして

 オーツの自宅から一番近くにある郵便ポストが撤去されました。ある日、忽然と消えてしまったのです。
 クルマで出かける途中で手紙を出そうと思っていたオーツは、しかたがないので、手紙をクルマの中に置いたまま、しばらく走りました。途中で別の郵便ポストを発見したので、そこで投函することができました。
 さて、数日後、買物ついでに手紙を投函しようと思って、オーツはいつものポストのところに歩いて行きました。ところがポストの場所まで行ってから気が付きました。ポストはすでに撤去されていたのでした。
 数日前に自分で直接経験してわかっていたことなのに、そのことをすっかり忘れて、再度ポストのところまで行ってしまったことがショックでした。
 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。

 今後は、今まで利用していた郵便ポストとは反対方向に出向くことになりそうです。なんだか、ぐっと不便になったような気がしています。
 今までのポストだと、新江古田駅まで歩いて行く途中にある形だったので、駅から地下鉄に乗るときについでに出すようなこともできたのですが、自宅から最短距離の今度のポストは、駅とは無関係な方向なので、「ついで」にはなりません。なお、中野北郵便局に問い合わせてみると、撤去されたポストは、新江古田駅のある江原町2丁目交差点のところに移設されたとのことです。ということは、新江古田駅を利用するときには「ついで」に利用できるということになるわけです。
 ともあれ、郵便ポストが不便だと、いよいよ電子メールで済ませることが多くなりそうです。そういえば、最近、あまり切手を買っていないことに気が付きました。ハガキや手紙を出すことが少なくなってきているように思います。電子メールの影響なんでしょうか。
ラベル:郵便ポスト 手紙
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

五十三家@江古田北口でらーめんを食べる

 江古田北口にある五十三家は「いそみや」と読みます。
 食べログでもかなり評価が高いラーメン店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13116164/
 オーツはさっそく行ってみました。
 店に入ると、らーめん(中)750 円の券を買いました。L字型のカウンターだけの店です。2人の男性が調理と配膳をやっていました。
 麺のかたさは「かため、ふつう、やわらかめ」から選べます。味の濃さは「こいめ、ふつう、うすめ」から選べます。そして、油の量は「多め、ふつう、少なめ」から選べます。オーツは、やわらかめ、こいめ、少なめにしました。
 ライスも無料で付いてくるという話でしたが、「中」というのは麺が 240g で 1.5 玉分あります。これだけで十分そうです。
 さて、待つことしばし。
 客層は若い人ばかりで、オーツは一人で浮いている存在でした。ま、そんなものかもしれません。
 そのうち、らーめんが出てきました。食べてみた結果は、ちょっとゆですぎでしょっぱかったです。注文時は、麺のかたさ=ふつう、味の濃さ=ふつう にするほうがよかったようです。この点は失敗でした。
 しかし、全般においしくいただきました。特にチャーシューがおいしかったと思います。スープもしっかりした味で、満足レベルといえます。しかも、3つの点で客の好みに合わせてくれるので、一般には自分好みになるという点で納得できるサービスです。
 とはいえ、再訪があるかといわれれば、ないような気がします。ほうれん草などは入っていましたが、オーツはもう少し野菜がほしいように感じました。この点は、キャベツらーめん 860 円にすればよかったかもしれません。
 「中」は、麺の量がかなり多めでした。「並」160g が普通の1玉だそうなので、これで十分ともいえます。
 オーツは、満腹で店を出ました。

参考記事:
http://www2.ttcn.ne.jp/isomiya/
http://rocketnews24.com/2015/01/23/535528/
http://rocketnews24.com/2014/07/30/471355/
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

新語でも死語

 死語といえば、一般に二つの意味があります。
 一つは「語=言語」で、話し手のいなくなってしまった言語(たとえばヒッタイト語)を指します。
 もう一つは「語=単語」で、使われなくなった単語を指します。
 後者は、古語などにたくさんあって、現代まで命がつながらなかったことがわかります。
 しかし、最近は、新語でも死語になる(というか死語と呼ばれる)ことがあるようです。
 オーツは日経新聞の記事で見かけました。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82912100W5A200C1000000/
最近は、死語をわざと使って楽しむような使い方が広がっているということです。ツイッターなどで死語と呼ばれている例を記事で取り上げています。
 記事中には、2000年代以降の流行語というのがあり、
http://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXZZO8291213006022015000000&bf=0&dc=1&ng=DGXMZO82912100W5A200C1000000&z=20150305
こういうのが死語なのだそうです。「なう、あげぽよ、キュン死に、てへぺろ、さげぽよ、ダメよ〜ダメダメ、禿同、おこ、推しメン、リア充」
 「ダメよ〜ダメダメ」は日本エレキテル連合のネタで、2014年度新語・流行語大賞を受賞したものです。そういうのが今や死語と呼ばれるのですから、流行語は流行するのも早いけれど廃れるのも早いといえるでしょう。オーツなどは「おこ」なんて知りませんでした。知ったときにはすでに死語とは、オーツが世の中の動きについていってないことを物語っています。
 オーツがちょっと驚いた記事でした。
ラベル:死語
posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

丸福 大勝軒@江古田南口でラーメンを食べる

 江古田の南口にある丸福 大勝軒
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13044010/
はラーメンの専門店で、各種雑誌にも取り上げられる有名店です。食べログでは 3.56 という高評価です。
 ANUT さんの推薦するラーメン店でもあります。
2015.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/414349917.html
 オーツは、先日、この店に行ってみました。
 お店に入ると、すぐ左手に券売機があり、ここで食券を買うことになります。寒い時期は、店に入ったとたんに湯気で眼鏡が曇ります。券売機の文字が読めません。しかたがないので、メガネを外して顔を券売機に近づけて文字を読みました。
 券売機には「野菜もり」などという表記もありましたが、サンプルがあるわけでもないので、どんなものか、わかりません。そこで、まずは一番普通のラーメン 700 円を食べてみることにしました。
 この店も、若い人がたくさんいました。お昼が近かったので、テーブル二つとカウンターは満席になってしまいました。繁盛している店のようです。
 さて、待つことしばし。ラーメンが出てきました。
 レンゲでスープを飲んでみると、かなりおいしいです。ちょっとどろりとした感じがあります。いい味を出しています。麺はストレートですが、ゆで方もぴったりで、おいしいと思います。チャーシューもおいしかったです。
 というわけで、再訪してもいいかもと思いました。
 もしも、これで野菜たっぷりのメニューがあれば、はまってしまいそうです。
 見ていると、おばさんが運ぶものの中でつけ麺が最多です。つけ麺を注文している人が多いということです。オーツはおそらくつけ麺を食べたことがないし、今後もたぶん一生食べないままになりそうです。
続きを読む
posted by オーツ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

宇都宮がギョーザ日本一でなくなる

 オーツは朝日新聞の記事で知りました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11629394.html
 「「ギョーザのまち」で知られる宇都宮市が、昨年の世帯当たり購入額で浜松市に王座を奪われた。「1位へのこだわりはもうやめる」という。」とありました。
 記事にはグラフも掲載され、宇都宮がずっと一番であったことが示されていました。
 ま、町おこしにギョーザというのもおもしろい話です。
 しかし、一方で気になる記述もありました。この調査は総務省の家計調査が基になっているということです。ギョーザが調査品目に入ったので、消費量を都市単位で比べることができるようになったというわけです。だから、「家計調査の対象は小売店で売られるギョーザのみ。餃子店での食事や持ち帰り、冷凍食品も含まれない。」ということです。これではギョーザの消費量の調査としてはずいぶん偏っていることになります。金額的には、外食時のギョーザの方がスーパーで売っているものよりも高いので、それを除外していたら、ギョーザにかける金額の多少はわからないということにもなりかねません。
 オーツの場合は、スーパーで冷蔵のギョーザを買ってきて、自宅で焼いて食べたりしていますので、こういうのが調査の対象になるわけですね。ずっと前、中国にいたときは、冷凍の餃子をスーパーの量り売りで買ってきて、数個ずつ食べていたことがありました。インスタントラーメンに凍ったままの餃子を放り込んで煮て食べるのもおいしいです。しかし、こういう消費は調査の対象にならないというわけです。両者は何が違うのでしょうか。
 そんなわけで、家計調査に基づくランキングでは、ギョーザの消費量を正確に把握することはできないということでした。
 日本一かどうかなどにこだわることはありません。オーツは、宇都宮でギョーザを食べたことはないけれど、ギョーザで有名になったことは悪いことではありません。宇都宮の皆さん、これからもずっとギョーザをたくさん食べ続けてください。その継続の中から、より一層おいしいギョーザが生まれてくるものと思います。
posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

ラハメン ヤマン@江古田北口で「塩らは」を食べる

 オーツは、江古田ラーメンランキング
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/R1435/rstLst/MC010101/
で 3.65 と非常に評価が高いラハメン ヤマン
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13023438/
に行きました。練馬東税務署の真ん前にあります。
 お店に入ると、L字型のカウンターで9人までしか入れません。店主と女性の二人で切り盛りしていました。オーツは「塩らは」を注文しました。750 円です。周りを見ると、若い男性ばかりがカウンターに並んでいる感じです。
 待つことしばし。いや、しばしというよりもしばらくでしょう。かなり待ちました。オーツが店に入るタイミングが悪かったのでしょうか。それともこの店は一般に注文品が出てくるまでに時間がかかるのでしょうか。
 さて、出てきた「塩らは」ですが、残念ながらオーツの口には合いませんでした。スープがおいしくありません。こうなると、麺がどうこうとかトッピングがどうこうという問題ではありません。
 もっとも、食べログでは、この塩らはを「うまい!!」と評価している人もいます
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13023438/dtlrvwlst/4888012/
ので、単にオーツの好みに合わなかったというだけの話です。
 注文する人が多かった(ように思う)醤油味の「らはめん」も試してみたいような気がしていますが、さて、どうでしょうか。
posted by オーツ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

サイレントチェンジ

 オーツが日経新聞の記事
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83607810U5A220C1000000/
で見かけたことばです。
 「サイレントチェンジ」とは、メーカーの知らぬ間に、取引先の素材メーカーなどに材料の組成を変えられてしまうことを指すのだそうです。たとえば、メーカーは日本企業であっても、発注先は台湾企業、素材メーカーは中国企業だったりするわけですが、素材メーカーが勝手に素材を変更してしまうことがあるというのです。それで、あるはずのない異常加熱が起こったりするというのですから恐い話です。
 事故が起これば、責任はメーカーにあると考えられます。素材メーカーが日本企業であれば、こんなひどいことは起こらないはずですが、中国企業であったりすると、コスト削減で勝手に材料を変えてしまうことくらいはありうると思われます。しかし、結果的に大きな損失を被るのは日本企業ということになります。
 日本企業としては、安心して外国企業に任せるのでなく、自分たちで定期的に検査しつつ、サイレントチェンジが行われていないか、確認するようにしなければなりません。
 まあ、それにしても、そんなことをする中国企業とは、一体、製造者の責任というものをどう考えているのでしょうか。安易に中国企業に発注するのも問題ですが、そうはいっても圧倒的なコスト削減が可能ならば、中国企業を利用するのも悪いことではありません。中国企業はサイレントチェンジがあるものだということを想定しながらビジネスを継続するしかないのかもしれません。
 それにしても、こういうことばがあるなんて、中国は「恥ずかしい」と思わないのでしょうか。思わないのでしょうね。思っていればこんなことはしないはずですから。
 そういう現象が現実にあるから、それに命名する必要があったのであり、サイレントチェンジといわれるようになったわけです。まさにことばは現実を映し出すものだといえます。
posted by オーツ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

麺や金時@江古田北口で塩らぁ麺を食べる

 というようなわけで、オーツは江古田のラーメン店巡りを始めたわけですが、
2015.3.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/414840395.html
食べログ点数で第1位(3.66)に位置づけられた麺や金時
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13139195/
の話をしましょう。
 オーツがこの店に行ったのは日曜日の12時ころでした。お店の前には一人の男性が座っていました。お店の中が満席だと、外で待つことになるのでした。まあしかたがありません。
 オーツは2人目でしたので、まもなく中に呼ばれました。
 券売機で「塩らぁ麺」720 円の券を買いました。一番普通の売れ筋商品のようです。
 麺や金時は、カウンター7席だけの小さな店です。マスター一人でがんばっていました。
 待つことしばし。
 塩らぁ麺が出てきました。
 さて、どうだったか。残念ながらオーツの口には合いませんでした。麺は細麺でしたが、ちょっとゆですぎのように思われました。スープはおいしく、チャーシューなどの具もおいしかったのですが、肝心の麺がこういうことだとオーツには向きません。
 食べログで1位の点数の店だけに、オーツの期待値が高くなっていたのかもしれませんが、わざわざ自宅から遠いところまでいく価値はないと思います。
 しかし、人によっては柔らかめの麺が好きな人もいるでしょう。そういう人にはぴったりかもしれません。
posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

「Yahoo! 路線情報」では、新幹線自由席特急券が標準

 オーツは、先日、勤務先に3月の京都への出張の手続きをしました。
 年度末が近くなったので、出張費の計算法が普通と違っていました。普通は、出張後に領収書を添えて請求する形になるのですが、今回は出張前に必要な金額が渡される形になりました。事後の精算はできません。
 交通費を計算するために、オーツはいつも「Yahoo! 路線情報」
http://transit.loco.yahoo.co.jp/
を利用しています。まあ、似たようなサイトはいろいろあるので、多くの人がそれで計算していることでしょう。
 さて、「Yahoo! 路線情報」で京都までの新幹線の値段を調べると、13,080 円と表示されます。そこで、オーツはこの金額で出張の書類を書きました。
 先日、新幹線の切符を予約しました。すると、13,910 円と表示されました。おや、「Yahoo! 路線情報」の金額と違います。
 確認してみると、「Yahoo! 路線情報」は、自由席の特急券で計算していました。オーツが申し込んだのは指定席なので、その差額が上乗せされたのでした。
 オーツは新幹線の自由席に乗ることはほとんどありません。たいてい指定席を利用しています。そんなわけで、「Yahoo! 路線情報」の計算法は不便です。
 サイトをよく見ると、経路情報のところに「自由席」とか「指定席」とか書いてあるのですが、それをうっかりしました。以前はこんなことはなかったので、「指定席」が標準だったのに、最近「自由席」を標準にするように変わったのではないでしょうか。
 「Yahoo! 路線情報」のサイトでは、新幹線の席を自由席で計算するか指定席で計算するかが選べます。しかし、デフォルトが自由席になっています。クッキーを使って、個人ごとにどちらをデフォルトにするか決めておく手もあると思うのですが、そうはなっていません。
 やれやれ、こんなことで、オーツは (13,910-13,080)×2=1,660 円を自己負担するはめになってしまいました。まあ大した金額ではありませんし、今回の「痛い目」で、「Yahoo! 路線情報」の仕組みをしっかりと記憶しましたので、勉強代だと思うことにします。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

江古田のラーメンランキング

 オーツは、冬の時期だけでも、ラーメン店巡りをやってみてもいいかもしれないと思いました。
2015.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/413243393.html
 ちょっとラーメン店を回り始めたら、ANUT さんからコメントがあり、
2015.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/414349917.html
江古田の特定のラーメン店を推薦するというコメントでした。
 とはいえ、オーツ流の考え方では、自分で食べてみなければ、自分好みのラーメンはわかりません。ということで、実際に江古田のラーメン店巡りを行おうかと思い立ちました。
 参考にしようと思ったのは食べログでした。江古田のラーメンランキングがあります。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/R1435/rstLst/MC010101/
 ここに載っているラーメン店を、食べログ点数の高い順に巡っていくのがよさそうです。
 それに加えて、オーツが今まで行ったところを加えて表にしておきましょう。
お店の名前食べロ
グ点数
口コミ
件数
麺や金時3.66 61件
ラハメンヤマン3.65116件
三四郎3.60 32件
丸福大勝軒3.56 70件
天下一品3.55 93件
五十三家3.52 47件
らーめん破顔おおびる3.52 36件
らーめん太陽3.52 62件
白龍トマト館3.50 41件
一心軒3.40 50件
長崎亭3.25  8件
麺工房あさか3.18 48件
野郎ラーメン3.15 15件
むつみ3.08  4件
らーめん大3.03  9件
宮崎とんこつ神楽2.99 28件
福しんなし  3件

 表を見ると、食べログ点数が高い店は、口コミの件数も多いという傾向があります。おいしかったら、つい何か一言言いたくなるのでしょうか。
 注意しなければならないのは、この食べログ点数はお店全体の評価点であり、必ずしもラーメンの評価点ではないことです。いろいろな料理を総合して評価点が付いているものと思われます。ただし、ラーメンの専門店の場合は、それがそのままラーメンの評価ということになります。
 ANUT さんのおすすめの丸福 大勝軒は、3.56で4位につけています。期待できそうです。
 さて、オーツにとって江古田で行うべきことが一つ増えました。これからは、これらの店を順次回ってみることにしましょう。
続きを読む
posted by オーツ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする