2014年11月24日

鉄道博物館

 日曜日、大宮のちょっと先にある鉄道博物館(てっぱく)
http://www.railway-museum.jp/
に息子と孫2人と一緒に行ってきました。
 「博物館」ということで古い列車の現物なども置いてあるのですが、テーマパーク的な遊びも随所にあり、小さな子どもから大人まで楽しめるようになっています。
 大宮からニューシャトルに乗り換えて一駅で鉄道博物館に着きます。
 入場料も SUICA で支払えます。これは便利です。
 入場したら、まず「ミニ運転列車」の整理券をもらいます。早くしないとなくなってしまうのです。
 オーツが入場したのは 10:45 でしたが(領収書に明記されています)、この段階で、15:30-16:00 の整理券を配布していました。16:00 までというのは、もしかすると、最後のグループだったかもしれません。
 小さな子どもに人気だったのは、南側の「てっぱくひろば」に設置されたミニ新幹線でした。「ミニ新幹線「はやぶさ」運行」というイベントで、11月30日までで終了のようです。

teppaku1.JPG

 またがって乗って、ぐるっと一周するタイプですが、なかなか気持ちよかったです。1歳の孫は、もう一度乗るといって、出口から出てすぐ入口の列に並びました。
 この広場には、新幹線型の滑り台
http://www.railway-museum.jp/zone/tfield.html
もありました。4歳ともなると、こういうのが楽しそうです。
 エントランスゾーンでは、大規模なジオラマがあって、

teppaku2.JPG

10分ほど各種列車が走るのですが、小さな子どももじっとながめていました。
 3階に上がると、ビューデッキがあって、本物の新幹線とニューシャトルがそばを走ります。迫力がありました。
 ジオラマの隣にキッズスペースがあり、靴を脱いで入室します。プラレールがたくさん置いてあって、これで自由に遊べます。孫二人はここに結構長くいました。プラレールがお気に入りなのでしょう。
 お昼はレストランTDで生姜焼き定食などを食べましたが、支払は SUICA が使えます。子供用にメロンパンなども買いましたが、何から何まで SUICA で支払えるようになっているのは便利です。お子さまランチもありました。
 食後には、ラーニングゾーンなど、あちこちに行きました。
 そして、ミニシャトルに乗りました。1両に4人が乗るとけっこう一杯になる大きさでした。ゆっくり走るので、危険はまったくありません。

teppaku3.JPG

 最後の乗り物として、ミニ運転列車に乗りました。小学生以上が自分で運転できる車両です。息子が運転しました。1台で大人2人、子ども2人が乗れました。1台 200 円ですが、これも SUICA で払えます。自分で運転できると、本物の運転手になった感覚です。4歳の孫は、あと3年で小学生ですから、そのころに来れば自分で運転できます。
 帰りがけに、お土産として、ミュージアムショップで1歳の孫にプラレールの新幹線・はやぶさを買ってあげました。大喜びしていました。
 帰りがけには孫が二人とも眠ってしまいました。朝から夕方まで遊んだので、疲れたのでしょう。
 けっこう楽しい1日になりました。
posted by オーツ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする