2014年09月11日

インド旅行(9)3日目:アグラの観光

 3日目は、クルマで移動し、まずファテープル・シクリというお城を見学しました。

india13.JPG

 大きな石造りのお城でした。まあ石造りだったから今まで残っているのでしょうが。
 こういう場所に住んでいた王様の居心地がよかったのかどうか、よくわかりません。今だったら、冷房の効いたホテルのほうがずっと快適だろうと思います。
 お城の中には、あちこちに細い溝がありました。降った雨をためるのだそうです。飲み水が不足していたんですね。
 お城の一部には、溜池がありました。

india14.JPG

藻が繁殖して汚かったです。王様の居城として使っていたときは、溜池の掃除をどうしていたのでしょうか。こんなのを濾過するなりして飲んだのでしょうか。
 また、たくさんの人が暮らしているときは、排泄物の処理はどうしていたのでしょうか。昔の人の暮らし方はよくわからないことだらけです。
 観光途中で雨が降ってきました。ものすごい降り方です。急いでクルマに待避しました。
 でも、クルマで5分も走ると、雨は止んできました。熱帯性気候なので、降るときは急でも、止むのも急です。

 昼食は、13:40-14:30 という時間帯でした。インド式昼食時間です。この日はインド風中華料理ということで、おいしくいただきました。まあ、中華料理といえば、世界中どこに行っても、どこで食べても、当たり外れは少ないものですが。
 ビール大瓶1本が 400 ルピー(約 800 円)しました。そんなものでしょう。

india15.JPG

 午後は、アグラ城に見学に行きました。大変大きくて立派な城ですが、詳細は省略します。
 それにしても暑いです。ガイドさんは、長袖のシャツを着ていてもほとんど汗をかかないのですが、オーツは汗まみれで、ハンカチタオルがすぐぐっしょりしてしまいます。
 アグラ城だけではありませんが、インドの観光地に行くと、入場料を支払う前の場所で、たくさんの人がたむろしているのが普通です。そういう人たちは、一体何をしているのでしょうか。なぜ彼らはそこにいるのでしょうか。平日の日中なのに、働き口がない人たちなのでしょうか。
 そういう人たちは、皮膚の色が黒く、目つきが鋭い人たちが多いので、所在なげにみんなで一緒にいるだけで、ちょっと怖い感じがします。
 歌を歌っている人とかもいましたが、これは理解できます。一種の物乞いでしょうし、仮にそうでなくても、自分自身で歌うことで、何かしらの安心感を得ているのだろうと思います。
 インドは人口が多いということでしょうね。
posted by オーツ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする