2014年08月31日

パクツイ

 オーツは、朝日新聞で「パクツイ」ということばを知りました。
http://digital.asahi.com/articles/ASG521PCHG52UCVL001.html
蔓延する「パクツイ」「コピペ」背景は?
神庭亮介2014年5月6日00時40分

 上記の記事がいつまで残っているか、疑問に思うので、重要部分を以下に引用しておきます。
 ツイッター上には、他人の文章を丸写ししたパクリツイート(パクツイ)があふれ、論文のコピペ(切り張り)も問題化している。お手軽な盗作行為が蔓延(まんえん)する背景事情を探った。
■「評価されたい」手軽に実現
 ツイッターで1万人超のフォロワーを持つ男子大学生(18)は、高校時代からパクツイに手を染めてきた。ツイッターには発言者を明示して転載するリツイート機能もあるが、それは使わない。人気の出そうな投稿を見つけては、あたかも自分の発言のようにつぶやくのだという。
 「フォロワーが増え、たくさんリツイートされると優越感が得られる。受験勉強のいい憂さ晴らしだった。最初は罪悪感もあったけど、みんなやってるし、徐々にマヒしていった」
 ボタン一つでパクツイできるスマートフォン用のアプリを使い、1日平均300回、多い時には700回パクツイしたこともある。
【中略】
 パクツイをするユーザーの間には、元投稿を「お気に入り」登録するという最低限のマナーがある。パクリがカジュアル化した時代の、カジュアルな倫理の萌芽(ほうが)。この芽が、創作に対する真の敬意へと育つことはあるのだろうか。(神庭亮介)

 なぜパクツイをするのかを追及した記事もあり、参考になります。
http://special.smartguide.yahoo.co.jp/kawanagare/20130604.html
 どうにも困った事件です。パクツイは、余計な情報を増やしているだけで、何も新しいことを増やしていません。資源の無駄遣いであり、ぱくった相手を傷つける行為です。こういうのが名前をつけられるくらいに(そして、検索エンジンで数十万件も見つかるくらいに)一般化してしまったというのが現実です。
 日本は病んでいますね。
 オーツはツイッターをやらないのですが、こんなこともツイッターをやらない理由の一部かもしれません。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

Google map のリアルタイム道案内は便利か

 オーツは、あるとき、パソコンを使って、自宅から某所までクルマで行くのにどれくらい時間がかかるか、調べようと思いました。カーナビと同様に使えるサイトとしては、いくつかのサイトがありますが、Google map もその一つです。で、クルマで行くルートなのですが、とても変なルートを推奨してきたのです。おかしなこともあるものだと思っていたのですが、別の機会に同じルートを検索したところ、違うルートが推奨されてきたので、はたと思い当たりました。
 Google map では、現在の道路の混み具合(渋滞情報)を利用して、一番時間がかからないルートを推奨してくるようになっているのです。
 リアルタイム道案内は、Google map をカーナビ代わりに使おうとする人には便利かもしれません。しかし、いつも現在時間での最短時間で行くルートを探したいという要求ばかりではありません。1ヶ月先の旅行の予定を決めるため、ここからあそこまでかかるだいたいの時間を知りたいという場合だってあるでしょう。時間が決まってからどこでお昼を食べるかとか、何をするかとかを決めるということです。Google map はそういう要求には向いていません。
 サイト内をあれこれ見てみましたが、スイッチで切り替えるようにもなっていないようです。リアルタイム道案内はちょっと余計なお節介という感じがしました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

醤油なしで寿司を食べる

 オーツは回転寿司が好きで、月に数回は食べます。いつもガリとわさびをたっぷりもらい、醤油をつけて食べています。
 あるとき、ふと思いました。醤油をつけると塩分取り過ぎになる可能性があるのではないでしょうか。
 チョンとつける程度ならば、塩分取り過ぎにはなりませんが、そんなにわずかしかつけないならば、付けても付けなくても同じようなものでしょう。
 どうせ、ガリとわさびでちょっと強い味が付いているわけですから、醤油はなくてもいいかもと思ったわけです。
 実際に試してみると、醤油なしでもとてもおいしいし、これで十分です。
 これからは、醤油をつけないで食べることにしようと思いました。
タグ:醤油 寿司
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

ナレーターがじゃま

 オーツが Windows 8.1 のパソコンを使っていたときのことです。パソコン内のどこか(何かのキー?)を触ってしまったらしく、「ナレーター」が起動しました。表示してあるウィンドウに書かれている文字をいちいち読み上げるのです。
 こんなのは不要です。うるさくてじゃまなだけです。これをオフにしたいと思いました。ところがその方法がわかりません。直感的に操作できないというのはいらいらします。Windows 8.1 は、とても不便なパソコンに思えます。
 しかたがないので、Windows 7 のパソコンでネットに接続し、ネット内を検索して「ナレーター」というソフトであることを突き止め、それをオフにするやり方を探しました。
 Windows 7 からは「スタート」ですべてのプログラムが起動できるのですが、Windows 8.1 はどうしたらいいのでしょうか。スタートキーがないのです。Windows update を起動したいと思っても、起動できません。
 こんなOSに慣れろといっても、それは無茶なことです。
 ああ、DOS のころがなつかしい。わからなければ、バッチファイルにいろいろコメントを書き込みながら操作手順を記述し、それを保存しておけば、自己流のヘルプファイルができ、必要に応じてあとで参照すれば、以前の操作が思い出せました。今は、そんなことすらできなくなっています。そもそも変な図形をクリックするなんて操作はどう「記述」できるのでしょうか。
 ブツクサ、ブツクサ、……。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

日本性科学会セクシュアリティ研究会(2002.2)『カラダと気持ち ミドル・シニア版』三五館

 オーツが読んだ本です。「40〜70代セクシュアリティ1000人調査」という副題が付いています。
 小林照幸(2004)『熟年恋愛講座』(文春新書)文藝春秋
2014.8.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/404016932.html
を読んだときに、原データを記載しているこの本を読みたいと思ったのでした。
 本書は、1020 人のアンケート調査の結果をまとめたものです。実にいろいろな質問項目があって、こうして見ることで調査の全貌を知ることができます。40代から70代の人が知りたいと思うようなことが網羅的に質問されていると思います。逆に言うと、その年代の人がこの本を読むと、セクシュアリティに関して知りたいことがずらりと載っているということになります。
 当然のことですが、こういう多人数アンケートの結果というのは、多くの人の傾向、平均的回答が把握できますから、自分の場合と比較することで、自分が世の中の平均や一般からずれているのかどうかを知ることができます。
 オーツの場合は、だいたい世の中の人の傾向と合致するようです。この本を読んでいて、驚くような結果はなかったです。多くの人はそのような読後感を持つでしょう。それでいいのです。
 調査の主体になった日本性科学会セクシュアリティ研究会というのは、医者を中心に、カウンセラーや大学教授などが集まって作った組織のようで、まじめな学術的調査です。
 本書にも、医者ならではの臨床例が具体的に書かれているところがあります。アンケートの結果と絡めて見ていくことで、アンケートによる質問−回答とは別の現実感があります。
 1冊読み終えると、なんだか自分の人生(の一部)が書かれているような錯覚を覚えました。
 とても有意義な本だと思いました。妻にも読ませたいところですが、なかなか読もうとはしないでしょう。人から薦められた本を読むということはあまりないもののようです。
 オーツは、この本を図書館で借りて読みました。1冊買って手元に置いておいてもいいかなと思ったくらいです。というわけで、図書館に本を返すとともに、Amazon で買いました。


posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

肛門鏡は大きい

 オーツは切れ痔の治療をしています。
2014.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/400892000.html
 病院に行くと、たまにですが、医者に肛門の内部を診てもらうことがあります。
 最初、医者が指を肛門に挿入して、肛門を広げ、次にカメラを挿入するわけです。
 先日も、そんなことでテレビを通じて自分の肛門を見ていました。終わってから、ベッドを降りて、医者と話していたときのことです。医者が肛門の中に挿入するカメラを見せてくれました。それはかなり大きい(というか太い)ものでした。
 写真はないのですが、ネット内で「肛門鏡」を探すと、同じようなものが見つかりました。
http://arakawaseisakujo.com/product.html#tab7
http://www.koujin.jp/I-net06/HEMO-13.HTM
これらはカメラが付いているのでなく、直接目で見るタイプのもののようですが、大きさは同じようなものです。
 オーツは、ベッドに横になっていて、自分では見えないので、たぶんボールペンくらいの太さかなと想像していたのですが、全然違います。親指よりも太いのです。
 えっ。こんな太いものが挿入されていたのかと驚きました。
 まあ、出てくる大便の太さを考えれば、そんなものかもしれませんが。
 挿入時に、看護師さんなどが「緊張しないでゆっくり息を吸ってください」などという理由の一部が理解できました。こんな太いものを挿入するのだから、それは大変です。
 カメラの映像を見ていると、切れ痔が裂けて血がにじみ出ているところがわかりました。いやはや、こんな太いのを挿入したら、それだけで肛門が裂けてしまいそうです。う〜ん。
posted by オーツ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

カレーの匠@軽井沢でランチ

 オーツは食べログ
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20006249/
で知りました。軽井沢にカレーの専門店があるというのです。「カレーの匠(たくみ)」という店です。
 ただし、営業日・営業時間がかなり限定されています。営業日は金曜日と日曜日だけです。営業時間は昼間(11:00-15:00)だけです。これはなかなか予定を合わせるのがむずかしいと思われます。
 ある金曜日、オーツは 11:00 を目指してこの店まで行きました。
 クルマのカーナビにこの店の位置をセットして出発しました。しかし、実は、前日のうちに、午後に行く軽井沢の某所(最終目的地)をカーナビの「目的地」にセットし、この店を「立寄地」にセットしたのでした。走り出すときには、そのことを忘れてしまい、11:00 到着ということで走って行きました。実はそれは「目的地」の到着時刻だったのですね。店に着いたら 10:25 くらいでした。着いてしまってから、「ん?」となって、考えてみたら、立寄地としてセットしたことを思い出したのでした。
 到着が早すぎたので、駐車場にクルマを止めて、クルマの中で本を読んだりして時間つぶしをすることにしました。すると、お店の女性(奥様?)が通りかかりましたので、オーツが事情を説明して、開店時までクルマを駐車場に止めておくことを伝えました。しかし、お店の女性は「早めに店を開けますから」というのです。オーツは恐縮しました。11:00 まで待つのが当然と思っていたのです。
 さて、10:35 ころにはお店の男性(ご主人?)がクルマのところに来て、「コーヒーを入れますからどうぞ」といいました。オーツは、早めに店に入ることができ、ありがたいと思いました。
 入り口で靴を脱いで上がります。オーツはカウンターに通されました。カウンターの横には、スパイス類の小瓶が100個置いてありました。
http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/18375/18375858.jpg
これは料理に使うものではなく、客に見せる飾り物という位置づけです。
 さて、コーヒーを飲みながら、お店の男性とちょっと話をしていると、ご飯を炊いたりはすでに終わっているのだけれど、揚げ物などの仕事が残っているので、あと2〜3分待ってほしいということでした。もちろん、待ちます、はいはい。
 メニューを見ると、何種類かのカレーライスがあります。お店の男性によれば、辛口が好きな人はスパイシーカレーが辛さをよく感じられるので、おすすめだそうです。オーツは、スパイシーカレー(チキン)750 円にしました。
 この店は、カレーの辛さが選べます。甘口1から始まって、辛口が5です。6辛が辛口の2倍の辛さ、7辛が辛口の3倍の辛さで、これが最高の辛さだそうです。オーツは激辛が好みです。お店の女性に尋ねると、6辛や7辛を注文する人も多いとのこと。だったら、7辛でもそんなに辛くないのだろうということで、一番辛い7辛を注文しました。
 少し待っていると、カレーが出てきました。ちょっと深めの大きな皿にカレーとライスが入っています。スパイスの香りがぷ〜んとただよいます。いい感じです。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/736/74/N000/000/001/kareno5.JPG
 ルーはさらっとした感じでした。その中に丸いチキンの肉が3個ゴロリと入っていました。ご飯は黄色いターメリックライスでした。
 食べてみると、いやあおいしい! 十分な辛さです。しかし、辛すぎません。オーツの好みではもう少し辛くてもいいのですが、まあこれくらいでも十分でしょう。単に辛いだけでなく、辛さの中にスパイスの香りが感じられます。さまざまなスパイスが使われているようです。そうです。これがおいしいカレーというのです。とてもけっこうでした。
 ちょっとした揚げ物も付いていましたが、これもルーに浸して食べました。こちらもけっこうでした。
 オーツがカレーを食べていると、お店の男性が小皿に「フォン・ド・ボー」のカレールーを入れて(牛肉も1個サービスしてくれて)オーツに味見させてくれました。一口食べて、こちらもびっくり。赤ワインの味と香りが活きています。深い味です。独特のカレーであり、これはこれでいけます。お店の男性によると、3時間も煮込むのだそうです。いやはや手間がかかっています。「匠(たくみ)」を名乗るだけのことはあります。ただし、辛さはほとんどなかったので、この点ではオーツの満足感はありませんでした。実際注文するときは、7辛でお願いすればいいのでしょうが。
 どちらかというと、オーツの好みはスパイシーカレーでした。
 カレーを食べ終わり、サラダも食べ終わりました。すると、お店の男性がコーヒーをさらに1杯サービスしてくれました。ありがたい話です。
 あ、そういえば、漬け物(ピクルス)などもサービスで出されたのでした。カレーに夢中で、取るのを忘れてしまいましたが。
 11:00 になると、他のお客さんが入ってきました。本格的な営業開始です。
 オーツは、11時ちょっと過ぎにはお店を出ました。750 円を請求されましたが、おつり 250 円をチップ代わりに置いてきました。満足したので、チップを渡したということです。コーヒー代ですかね。

 この店には、各地からファンが押し寄せるのだそうです。わかります、その気持ち。
 軽井沢に行く機会があったら、そして、それが金曜日か日曜日だったら、ぜひまたこの店に寄りたいものです。次は「スパイシーカレー ポーチドエッグ&野菜の素揚げ」750 円を食べてみたいです。
 軽井沢の中心地からはかなり離れていて、クルマで30分くらいかかりますから、クルマでないと行きにくいと思います。住宅地の一角にありますから、位置をカーナビにセットして行かないと(オーツのように)通り過ぎてしまうと思います。

参考記事:
http://retty.me/area/PRE20/ARE227/SUB22702/100000743348/
http://okusan.blog30.fc2.com/blog-entry-1467.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-939.html
http://woodeight.at.webry.info/200808/article_4.html
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

マウスがおかしい?

 最近、オーツが使っているパソコンで気がついたのですが、マウスが変な動作をします。
 エディタで文章を書いているときに気がつく場合が多いのですが、特にマウスに触ってもいないときに、マウスを左クリックしたようになってしまうのです。
 エディタ画面で、入力中のところでない場所にマウスカーソルがある場合、文章を書いている途中に、突然カーソルが飛んで、とんでもないところに文章を追加していくということになります。これは大変困ります。元のファイル(に書いてあった文字列)を壊してしまうことにつながります。
 マウスカーソルがエディタのウィンドウから外れているときは、突然別のウィンドウがアクティブになるわけで(マウスカーソルがデスクトップのどこかにあるときはエディタ画面がアクティブでなくなり)、突然、エディタへの文章入力ができなくなるわけです。ということは、せっかく入力した文章が消えてしまいますから、これも不便です。
 マウスを触ってもいないのですから、マウスが原因ではないかもしれません。しかし、マウスを触っているときにも同じ現象が起こるので、感覚的にはマウスが原因のように思います。
 これが起こる頻度は、1日に数回といった感じでしょうか。まあ許せる範囲ではあるのですが、こんなことで、意図しない場所でクリックしたことになってしまうと、場合によっては大変な事故につながる場合もあるかもしれません。「これこれを購入しますか?」とか聞かれて、マウスカーソルを「はい」において、しかし、迷ってしまって、もう少し調べてからにしようとしたら、勝手に「クリック」されて「はい」になるかもしれません。まあ、たいていは最終確認画面で取り消すことができるようになっているわけですが……。
 オーツは、気になったので、マウスを替えてみました。頻度が下がりましたが、それでも同じ現象が起こります。ということは、マウスが原因ではなく、USB の端子とか、パソコン内部の処理がおかしいということでしょう。
 もしかすると、今のメインのパソコンを使わなくするしかないのかもしれません。
 嫌な経験です。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

はみ肉

 オーツは、朝日新聞の「天声人語」欄で「はみ肉」ということばを知りました。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11303445.html
体からはみだし加減な肉、つまり贅肉(ぜいにく)をいうそうです。
 普通なら「はみだし肉」とか言いそうですが、日本語では4拍の単語が言いやすいので、一部省略して「はみ肉」になったのでしょう。
 新語だと思います。
 そこで、Yahoo! の検索エンジンで "はみ肉" を検索してみると、195 万件もありました。新語というよりは一般語といえるレベルかもしれません。
 「はみ肉」がそんなに一般化していたのかと愕然としました。そんなに一般化するまでオーツが気がつかなかったというのがショックでした。自分が世の中の動きに取り残されている感覚です。
タグ:はみ肉
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

香典の金額

 オーツは60代ですが、自分の年齢が高くなるに従って、回りに不祝儀が増えてきた印象があります。
 不祝儀があると、香典の金額には悩みます。多すぎても少なすぎても変です。しかも、たいていの場合、不祝儀は突然やってきますから、考える余裕もありません。
 そんなとき、参考になるのがネットです。
http://lifeplan.rokin.net/nfp/life/manichi/koden.html
http://homepage3.nifty.com/pkaya/rougo/rougo-kouden.htm
http://www.jp-guide.net/manner/ka/kouden_kingaku.html
http://www.best-manner.com/manner/sougi/kouden_souba.html
最初のサイトは、地域別、年代別になっているので、かなり実態に近いもののようです。
 なるほど、香典の金額というのはそんなものなのですねえ。
タグ:香典 金額
posted by オーツ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

和興楼@江古田駅南口でランチ(3回目)

 オーツは、江古田近辺では、和興楼のランチが気に入っています。安くておいしいと思います。
 前回ブログ記事
2014.1.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/385456519.html
に書いたあとも、記事にはしなかったけれど、何回か行っています。玉子と長葱の炒め定食 600 円とか、ニラと豚肉のレバーの炒め定食 650 円などを食べました。
 さて、先日、和興楼にランチに行ったところ、日替わり定食の一つに「甜酢魚」というのがありました。
 読み方がわかりません。テンサクギョとでも読むのでしょうか。中国語ではティエンツーユーと読むようです。お店の人に聞くと、酢豚のようなもので、豚肉の代わりに魚が使ってあるとのことでした。
 さっそくこれを注文しました。
 出てきたものを食べると、確かに酢豚と同じ調理法でした。文字通り、甘くて酸っぱい魚です。
 肉が苦手な人間には、これは本当にいけます。魚肉ですが、骨は完全に取り除いてあるので、そのままさくさく食べられます。ご飯、スープ、サラダ、春巻1個、それに冷ややっこがついて 650 円とは信じがたい値段です。
 再度、食べてみたいところですが、日替わり定食の3品のうちの1品になっていましたから、いつでも希望のときに食べられるわけではありません。この点は残念です。
 この店は、こういう掘り出し物があるので、「日替わり定食」に注意しておく必要があります。
 和興楼バンザイといった気分です。
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

小林照幸(2004)『熟年恋愛講座』(文春新書)文藝春秋

 オーツが読んだ本です。「高齢社会の性を考える」という副題が付いています。
 文字通り、高齢者の性を正面から取り上げた本です。
 とはいえ、著者はノンフィクション作家ですから、自分で何かを調べて書いたというよりは、いろいろな人にインタビューをしてまとめ上げたという記述になっています。
 一読して、高齢になっても性に関してがんばっている人もいるのだなあと感心しました。特に、老人ホームをめぐる恋愛事情は新鮮な論点でした。何歳になっても枯れないものだと痛感します。
 オーツは、第4章「アンチエイジングへの模索」が一番おもしろかったと思います。この著者の仕事ではなく、1999-2000 年に配偶者のいる男女を対象にした「夫婦の性」の実態学術調査が行われ、その結果が引用されていたからです。40代から70代の男女 1020 人から有効回答を集めたアンケート調査ということですから、これは興味深いものです。
 ぜひ、元の報告書を読んでみたいものです。


続きを読む
posted by オーツ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

南湖@江古田北口で飲む

 あるとき、江古田の北口でちょっと飲もうという話になり、二人で入った店が「南湖」です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13132039/
食べログのポイントでは、3.53 という高評価です。
 カウンターが9席続きますが、奥に座敷があって4人掛けテーブルが二つ、2人掛けテーブルが二つありました。
 ここは餃子がメインの居酒屋です、はい。
 オーツが飲んだのは、生ビール中 500 円と麦焼酎・中々(なかなか)550 円を2杯でした。
 焼酎は、最初、水割りの濃いめで注文したのですが、かなり薄めてあったように思ったので、2杯目はロックにしました。お店の人がチェイサーを持ってきてくれました。
 相方が飲んだのは、生ビール中 500 円、 ウィスキーハイボール 500 円×2でした。
 食べたものは、お通しとして、キャベツのお新香(大葉・ニンニク風味)300 円×2、手造り餃子(5ヶ)420 円、水餃子(5ヶ)500 円(ポン酢)、カリカリ餃子の皮と山芋のサラダ 580 円、自家製 牛もつ煮込 650 円、北海道 ポテトサラダ(生ハム生野菜添え)650 円でした。
 合計で 6500 円ほどでした。
 キャベツのお新香はメニューにもありますが、風味がよく、これだけでビールが進みました。けっこうでした。
 そして、何といっても、餃子がおいしかったです。特に、ポン酢で食べる水餃子が気に入りました。二人で食べると量的にもちょうどいいです。水餃子には、ゆでたもやしが付いていましたが、こちらもよかったです。
 焼き餃子もおいしくて、普通に焼いたものを普通に食べただけですが、餡がいいのでしょうかねえ。
 ポテトサラダを頼んだら、プリッツが刺さって出てきました。
http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/24566/24566165.jpg
不思議な感覚でした。
 飲んで食べて思ったことは、この店は餃子がメインの居酒屋だということです、はい。
続きを読む
posted by オーツ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

エアコンの「ドライ」も温度設定が有効

 オーツの自宅で使っているエアコンは、みんな古いものです。今の家に引っ越してきたときに購入したのが最新式ですが、それも15年前の機種です。
 さて、最近、気がついたことですが、エアコンを「ドライ」で使うときにも温度設定が有効なようです。
 ふとしたことから、エアコンの温度設定を24℃にしたのです。その温度でドライにしていると、室温が下がっているようで、ちょっと冷えすぎになります。ドライは弱い冷房だと思っていましたが、冷えすぎは困ります。そこで、もしかしてと思って、温度設定を28℃にしたら、冷房が弱くなり、ちょうど快適になりました。ドライは、温度設定とは無関係と思っていましたが、実はそうではなく、ドライでも温度設定によってはエアコンが強くがんばったり、ちょっと力を抜いて動作したりするようです。
 しばらく使っている割には、エアコンについて、こんなことも知らないままに過ごしてきたのですね。
posted by オーツ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

はま寿司 122号羽生店

 オーツは割とはま寿司が好きで、あちこちの店に行ったことがあります。
 先日、「122号羽生店」に行ったのですが、失敗をやってしまいました。タッチパネルで注文したところ、すぐに注文品が出てきたと思って、取って食べたら、同じ注文品が出てきて、オーツの席でアナウンスが流れたのでした。
 特に店員から「注文の仕方」について説明がありませんでした。各自に手渡される座席の割り当て表の裏面に明記してあるのですが、特に言われることもないと、スキップしてしまいます。
 というようなことで、このブログ記事を書きながら思い出しました。以前、オーツは同じことを経験したことがあります。ブログ記事を検索してみると、同じ話が書いてありました。何とたった2ヶ月半前の話です。
2014.6.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/398559443.html
同じ間違いを再度するということは、オーツが忘れやすいというよりも、はま寿司のやり方の欠陥なのではないかと思いました。
 金色の皿1貫で 150 円がありました。「贅沢一貫」という名前です。「長崎とらふぐ」です。
http://www.hamazushi.com/hamazushi/menu/images/fair/img_fair.jpg
こんなのを食べました。おいしかったです。
 それ以外に、ツブ貝、まぐろはらみ、えんがわ、わさびえんがわ、うに、真いか、ひらめ(一貫)を食べました。
 ちょっと切り方が雑なところがありましたが、味はかなりよかったと思います。
 お昼ころだったこともあって、店内は混雑していました。大いにけっこうです。がんばってください。
 でも、同じ間違いを2回やる人間がいることもご注意ください。ああ、再度訪問すると、またやってしまいそうです。
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

体重と腹囲の変動

 最近、オーツは自分の体重をはかり始めました。毎日はかって、パソコンに数値を打ち込んで記録しています。
 たいていは朝、風呂上がりのタイミングで素っ裸のまま体重計(実は体組成計)
2014.7.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/401037863.html
にのります。
 毎日体重を記録していて気がついたのですが、朝食前と朝食後では体重が違います。約1キロの差です。朝食として食べているものが1キロもあるとは思いにくいのですが、数値はそう示しています。
 オーツは、毎食後に薬を飲みますが、そのとき、水も飲みます。コップ1杯くらいでしょうか。これだけで 200g くらいは違ってくるわけです。
 そう考えると、1食あたりでは水分も含めて1キロくらい摂取しているようです。
 さて、こうなると、体重の変動を毎日記録するには、朝食前か朝食後かを一定にしなければなりません。普段は、そんなことを気にせずに体重計にのっていましたが、ということは、正しい体重をはかったことにはならないようです。
 ま、1キロの差というのがわかりましたから、オーツの場合は、体重の記録とともに、朝食前か朝食後かも記録することにしました。

 体重とともに、腹囲(へそ回りの長さ)も記録しています。メジャーはいつも同じものを使っています。こちらの数値はもっと不安定です。だって、ちょっときつくすれば2センチくらい値が小さくなってしまうし、計測場所をちょっと上下にずらしても(メジャーが身体に斜めにあたるので)値が大きくなったりするのです。にもかかわらず、朝食前でも朝食後でもだいたい同じくらいの値を示します。食べたらそれがすぐに腹囲に現れるというものではないでしょうが、それにしても、この値はあまり信じられません。
 こんなことを記録して、果たして意味があるのかどうか、わかりませんが、ともかく、半年くらいは記録してみようと思っています。
タグ:体重 腹囲 変動
posted by オーツ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

アサヒのビール系飲料を飲んでみて

 先日、気がついたようなことで、
2014.8.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/403103660.html
アサヒにはさまざまなビール系飲料があります。それぞれがどんな味か、飲んでみたくなりました。
 近所の酒屋・コンビニ・スーパーを回ってみたところ、買えるのは以下の4種類でした。

スタイルフリー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/stylefree/
オフ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/off/
アクアゼロ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/aquazero/
STRONG OFF http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/strongoff/

 以下の2種類は、どこでも売られていませんでした。

本生アクアブルー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/hon-nama_aquablue/
ブルーラベル http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/bluelabel/

 近所の店で売っていないものは、これからもちょいと気軽に買うことはできないでしょうから、今試飲してみてもしかたがないと思いました。少し遠くの大きな酒屋さんにいけば売っているかもしれないけれど、そんなことまでして入手する価値はなかろうということです。
 350ml の缶入りのものを1個ずつ買ってきました。
 さて、4種類を飲み比べてどうだったか。
 オーツの好みでは、「スタイルフリー」と「オフ」はイマイチだと感じました。1個飲んで、それ以上飲む気にはなりませんでした。また、「アクアゼロ」と「STRONG OFF」がおいしいように思いました。それぞれ3個ずつ飲んでみました。どちらかというと「STRONG OFF」のほうがおいしいようです。
 さて、オーツはせっかくビールをやめたのですが、ここでまた「STRONG OFF」に戻るのか。今ストックがあるウィスキーや焼酎を飲み終わるころに再度考えてみたいと思います。
posted by オーツ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

アリババダイニング@江古田南口でランチ

 オーツはふと気がつきました。江古田駅南口にインドカレーなどの店ができました。アリババダイニングといいます。2014年4月12日(土)開店とのことです。
http://s-nerima.jp/wp/35692
 さっそくランチに行ってみました。店内は明るくて清潔そのものです。新しい店は雰囲気がいいですね。
 ランチメニューを見て、オーツはAセット 780 円にしました。カレー1種類、サラダ、ソフトドリンク(ラッシーにしました)、ナン、小ライスが付きます。カレーは8種類の中から選べます。オーツは野菜カレーにしました。
 辛さが調整できるという話なので、お店の人になるべく辛くしてくれるように頼んだのですが、彼が厨房のほうに行って調理人に「辛口」というのが聞こえました。普通の辛口のようです。
 インドの映画(のダンスシーン)を流しているテレビを見ていると、注文したものが出てきました。
 ラッシーはたっぷりです。ただし、氷をたくさん入れたグラスにぬるいラッシーを入れたので、最初の一口を飲んだらあまり冷たくなくてがっかりでした。時間が経てば問題はないのですが。
 サラダもたっぷりしていました。ドレッシングもたっぷりかかっていました。
 さて、肝心の野菜カレーはどうでしょうか。ルーの中にいろいろな野菜がごろごろ入っています。こういうのはオーツの好みです。食べてみると、……あまり辛くありませんでした。
 というわけで、再度の訪問時には、「前回、辛口にしたけれど、あまり辛くなかったので、激辛で」と頼みました。今回は、十分に辛くてよかったと思います。しかし、うまさがちょっと欠けます。カレーは、何といっても辛さが一番重要ですが、その辛さの中においしさが隠れているようなものがベストです。この店のカレーは、おいしさの点でイマイチのように思いました。
 江古田では、ロクシーカレーボックス
2013.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/376531148.html
で激辛カレーが食べられるので、激辛好みの人にはこちらがいいでしょう。(現在休業中で、9月1日リニューアルオープンです。)
 ちなみに、アリババダイニングではタイ式のランチも食べられます。メニューには、タイチャーハン、タイラーメン、トムヤムメンなどが並んでいます。ちょっと変わったものが食べたいときには便利かもしれません。
 オーツはタイ式のランチは食べたことがありません。どんな味なのか、試してみたいものです。
続きを読む
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

婚活の問題点

 「婚活」という言葉を最初に聞いたとき、オーツは驚きました。
2008.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/89511329.html
 それとともに、以前からの日本社会での結婚の仕組みを考えると、ちょっと違和感がありました。
 どんな違和感なのか、説明がむずかしかったのですが、長岡享氏の「「婚活」ブームの危険な正体」
http://agora-web.jp/archives/1606027.html
を読んで、腑に落ちました。
 恋愛結婚至上主義が生まれ、肥大化した時代にあって、それではダメだという考え方が「婚活」という言葉を生み出したわけです。
 オーツの場合は、二人の息子がそれぞれ結婚したので、当面は悩むこともなくなりましたが、それぞれに孫がいるので、あと20年もすれば、また孫の結婚でやきもきするかもしれません。しかし、祖父としては、やきもきしてもしかたがなく、息子たちの世代に任せればいいだけです。
タグ:婚活
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

トマト餃子房@水道橋でランチ

 オーツは、和さび
2014.8.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/403535879.html
に行ったときに、道路の向かい側に中華料理の店があることに気がつきました。「トマト餃子房」という変わった名前です。
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13155834/
店の名物料理に「トマト餃子」があることから名付けられたようです。2013年4月の開店です。
 翌日、こちらの店にランチを食べに行きました。
 まずは冷たいジャスミン茶がジョッキで出てきました。たっぷりです。オーツは冷水が好きなのですが、まあこれも中華料理店らしくていいでしょう。
 ランチメニューはいろいろありましたが、オーツは四川風麻婆豆腐 650 円にしました。
 注文してまもなく、料理が出てきました。ご飯、スープ、サラダ、杏仁豆腐、漬け物(ただし、もやしの和え物)がセットになっていました。
 食べてみたら、全部おいしかったです。スープはとろみがあって味も香りもよく、これから食べるものを期待させました。
 そして、麻婆豆腐ですが、花椒の味が効いていて、とてもおいしいと思いました。四川風とはいえ、そんなに辛くありません。食べやすい味だと思います。
 これで 650 円というのは安いです。オーツの勤務先の近くにこういう店があったら、常連になってしまうでしょう。おしぼりは付きませんが、この値段では許せます。
 夜は、300 円居酒屋になります。全部の料理が 300 円だそうで、オーツが食べた麻婆豆腐も(単品が)300 円で食べられるのですね。飲み物も一律 300 円です。夜にも来てみたいと思いました。
 それにしても、水道橋から神保町のあたりは、飲食店の激戦区ですね。安くておいしい店がずらりとあります。
posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

和さび@水道橋でランチ(2回目)

 オーツは、2年ほど前に水道橋にある「和さび」でランチを食べたことがありました。
2012.8.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/286519906.html
 ご飯がおいしくなかったので、その旨を書いたところ、和さびのオーナーからメールをもらったのでした。
2012.10.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/298777957.html
 その後、この店がどうなのか、気になっていました。あっという間の2年でしたが、先日、再度この店にいってみました。以前と同じように営業していました。
 一人で行ったので、カウンターに通されました。この席は、相変わらず照明が暗めで、料理がよく見えない点が気になりました。料理は口(と鼻)で味わうだけでなく、目で見るものでもあるのです。
 さて、メニューを見ると、おさかな御膳 880 円が何種類かありました。そこで、No.1 つぼ鯛仙台みそ焼を注文しました。今、オーツが書いた2年前のブログ記事を見てみると、同じものを食べています。同じ人間なので、好みが同じで、同じものを選んだのかもしれません。
 それと、とろろ 100 円も注文しました。実は、オーツは隠れたとろろファンなのです。
 ちょっと待っていると、注文品が出てきました。
 今日の刺身ということで「ぶりの焼き浸し」が付いていました。他に、たらことサーモンの刺身(ただし1切れだけですが)、冷ややっこなどがありました。こんなにいろいろ食べられるのは幸せです。
 今回は、すべておいしかったです。ご飯とみそ汁をお代わり(無料)して、2杯ずつ食べました。
 980 円でこんなものが食べられたら満足です。
 次回はカウンター以外で食べたいものですが、いつも一人で食べに行くので、これはなかなかむずかしいと思います。
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13028553/
posted by オーツ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

パンチマハル@神保町でランチ

 パンチマハルは、神保町で辛いカレーということで、有名な店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13026681/
 オーツは、辛いカレーが好きなので、さっそくランチ時に試してみることにしました。
 野菜カレー5辛 880 円+ラッシ 120 円を注文しました。
 5辛よりもっと辛いものを注文したほうがいいと思うのですが、メニュー
http://www.ac.auone-net.jp/~panch-m/newpage1.html
(お店にあったメニューにも同じ文面が書かれていました)には「6〜15辛まで対応いたしますが、辛いのが好きな常連さんの為のメニューです。初めての方、一見様は5辛までの注文になります(厳守 例外なし)罰ゲームやマナーの悪いマニアの方のご利用が相次いだ時期があり、勝手ながらこのようなルールを決めさせていただきました。ご理解下さい。」とあります。まあ、「厳守 例外なし」と書かれていては、それを破ってもいけないと思い、5辛にしたわけです。
 野菜カレーはスープカレーでした。さらさらとしたルーとご飯です。いろいろな野菜がごろごろと入っています。けっこう辛いと思います。オーツは、翌朝おしりが辛さを感じましたので、本物だと思います。しかし、主観的にはもう少し辛くてもいいかなと感じました。
 次回は、インドカレーを試してみたいと思いました。
 そうそう、ラッシはどろりとしていてとても濃く感じました。これはこれでおいしいと思います。
 ところで、お店の側が客の食べるものに注文をつける(初めての客には5辛までしか出さない)というのはいかがなものでしょうか。客は、自分の食べたいものに金を払って食べるわけですから、店側がそれを制限するのはおかしいと思います。とはいえ、お店として、ムダに辛口を注文する人が増えるのも困るということなら、やはり、ここは、辛いカレーほど値段を高くするしかないと思います。それでも10辛とかを食べたい一見客には、……やはり10辛を出すべきでしょう。
 CoCo壱番屋のように1辛あたり20円でもいいですが、1辛あたり50円でもいいでしょう。6辛ならば300円の追加ということになります。これなら、いたずらに(食べないくせに)10辛とかを注文することを少しは減らすでしょう。常連客にはもっと安くしたいということであれば、それはそれで別の手段を考えれば済むことです。

 お店のHP
http://www.ac.auone-net.jp/~panch-m/
には、「注意とお願い」
http://www.ac.auone-net.jp/~panch-m/newpage2.html
が書いてありました。以下のようなものです。
写真や投稿など
インターネットへの無責任な投稿や書き込みで非常に嫌な思いをした事や雑誌に無断掲載された経験などから、料理、、店内、看板等の写真を勝手に撮影される事が苦痛になりました。
あなたが悪意のある撮影者でないのでしたら一言撮影前にお断りしていただけると無用な警戒、誤解を避ける事ができます。また、匿名で人のやってる事に点数をつける様な口コミサイトがありますが、はっきり言って好きではありません。

しかし、オーツはこの記載はいかがなものかと思います。
 こういうサイトを見て来店する客もいます。オーツはその一人です。そういう客はけっこう多いと思います。その存在を無視しています。
 人の噂話は避けられません。止めようとしてもムダです。受け入れるしかありません。それを大規模にしたのが口コミサイトです。これは防げません。やめさせることはできないのです。
 お店の HP で、苦情を書くくらいなら、クチコミでもっと高い評価を得るように努力する方が望ましいと思います。無料でお店の宣伝をしてくれる強力な助っ人なのですよ。
 逆に言うと、HP にこういうことを書くことで、お店の品位を汚しているように思います。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

まるっきりお肉ミンチタイプ 130g

 あるとき、オーツは嫁から「まるっきりお肉ミンチタイプ」
http://www.maisen.co.jp/shopping/oniku/oniku.html
というのをもらいました。
 袋に入っていて、フリーズドライされています。大豆と玄米だけでできていて、味や食感が肉そっくりというものです。保存料・添加物不使用で、ノンフライで、しかも賞味期限が長く(約2年)不精者にはとても便利です。
 数ヶ月かけて1袋全部を食べきってしまいました。
 オーツが食べた限りでは、確かに肉みたいな外観と食感です。味は、少し肉とは違う感じでしたが、挽肉を使う料理でそれなりの味付けをすると、肉と勘違いして食べる人がいても不思議ではありません。
 日本人らしい丁寧な作り込みがされていると思います。おもしろい食材です。
 ただし、オーツはもともと肉を食べたいと思わないので、こういう「代用品」は、あまり必要性を感じません。


タグ: 大豆 玄米
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

レストラン・グレイン@箱根町でランチ

 箱根でランチを食べようと思って、入ったのがグレインというレストランでした。
http://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14002236/
http://homepage2.nifty.com/~heidihof/hakone1.htm
http://edelweiss8.exblog.jp/9151673/
 この店は、箱根湿生花園の入り口の脇にあります。
 オーツは、シーフード ドリア 1,100 円を注文しました。妻は、海老と野菜のカレー(バターライス) 1,400 円にしました。オムレツ 1,050 円を注文した人もいました。それに、生野菜サラダ 850 円も注文しました。メニューには「約2〜3人分あります」と書いてありましたが、4人で食べても十分でした。
 シーフードドリアは、イカ、ホタテ、エビなどが入っていて、熱くておいしかったです。一見すると、量的に少ないようですが、食べてみると実はけっこうあります。

grain.JPG

 妻からカレーも少し分けてもらって食べました。あまり辛口ではなかったけれど、独特のスパイスが利いていて、なかなかいい味を出していました。
 注文してから現物が出てくるまでにちょっと時間がかかりすぎでしょうか。初めに出してくれた冷たい水も、(氷がグラスに入っていないために)時間が経つとぬるくなってしまいました。
 ランチはもう少しさっさと出してくれた方がありがたいように思います。しかし、まあ、その分ゆっくり休むことができてよかったとも言えます。
 この店では、冷房がなく、各テーブルにうちわが置いてありました。日陰では、そんなに暑くないので、いいかもしれませんが、やっぱり、冷房が効いているところの方がありがたいような日でした。屋外にもテーブルやイスがあり、ここで食べても気分がよさそうです。(箱根は、ちょっと標高があるので、平地で最高気温が35℃のような日でも、そんなに暑くはないのです。)
 食後にアイスコーヒーなどを頼もうかと思ったのですが、結局やめました。
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

箱根旅行(3)箱根湿生花園

 箱根で1泊したあとは、箱根湿生花園
http://www.kyokai.hakone.or.jp/hakoneshissei/
を見に行きました。
 この日は日差しが強かったですが、日陰は涼しいし、少し風もあって、けっこう気持ちがよかったです。1時間以上もかけて園内を一周しました。まあ散歩を楽しんだといったところでしょうか。
 ハギの花がたくさん咲いていてきれいでした。しかし、花園という割にはそんなに花がたくさん咲いているわけでもなく、ちょっと期待しすぎだったかもしれません。来園の時期によってずいぶん印象が違ってくるでしょうね。
 園内にはたくさんの札があって、それぞれの植物の名前や特徴が書かれており、花が咲いたときの花の形なども記されていました。これはかなり徹底していて、相当担当者ががんばっていることをうかがわせました。
 オーツたちが行ったときは、入り口の近くで世界の食虫植物の展示をしていました。世界中から運んできた現物をあれこれびっしりと並べていました。
 その中に大きなウツボカズラがありました。オーツが補虫器の中をのぞいてみたら、実際に虫がいました。

hakone11.JPG

 園内がけっこう広く、1時間でも2時間でもいられるような感じでした。それでも全部見た気がしません。とっても広いところです。
 一通り見たあとに、冷房の効いた無料休憩所に入って、自販機で買ってきた冷たいお茶などを飲むと、天にも昇る思いでした。
posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

箱根旅行(2)小田急箱根レイクホテル

 オーツたちが箱根で宿泊したのは桃源台にある小田急箱根レイクホテルでした。
http://www.hakone-lakehotel.com/
 最近、リニューアルしたばかりとのことで、室内が明るく、きれいで、快適でした。
 お風呂も、露天風呂を含めて感じよく使えました。
 夕食は、半分バイキング式でした。

hakone8.JPG

hakone9.JPG

当日の「お品書き」を以下に書き写しておきましょう。

前菜    ピンチョス3種
      ・焼き茄子の生ハム巻き
      ・ビンチョウたたき ゆず
      ・揚げチーズ ラタトゥーユ添え
お造り   鮪 カンパチ 烏賊
焼物    鶏の山椒風味焼き 香味おろし
蒸し物   茶碗蒸し
小鍋    野菜のデミソース煮
洋皿    サーモンの香草揚げ 枝豆のクリームソースがけ
☆ご飯   白米(御殿場産コシヒカリ)
      鶏十目ごはん
☆椀物   豚汁
☆香の物  柴漬け 高菜漬け
☆サラダ  サラダバイキング
☆デザート 桃ゼリー レアチーズムース

 これらのうち、☆マークのないものは個人ごとにテーブルに配膳され、☆マークのあるものはレストランの一角にまとめておかれ、自由に取ってきて食べるというスタイルでした。
 刺身(特にマグロ)があまりおいしくなかった点が問題でしょうか。
 他は、十分食べられました。
 オーツは生ビールと日本酒を飲みながら食べていましたが、豚汁が一番おいしかったように思います。おかわりして食べました。

 朝食は完全バイキング式でした。

hakone10.JPG

 オーツは、和食を中心に取りました。サラダもたくさん食べるようにしました。
 味噌汁がイマイチでしたかね。おかわりする気は起きませんでした。しかし、全体においしく食べられました。
 息子は、パンがおいしいといって何個もおかわりしていました。オーツもクロワッサンを1個食べましたが、食べているうちにバター味がしみ出してくるようで、なかなかいけます。このホテルで焼きたてのパンだそうです。これはおすすめです。
続きを読む
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

箱根旅行(1)大涌谷と芦ノ湖遊覧船

 ランチを食べたあと、みんなで大涌谷に行きました。

hakone6.JPG

http://www.owakudani.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B6%8C%E8%B0%B7
http://www.kanagawa-park.or.jp/owakudani/
 駐車場は、満車でしたが、数台分待つ程度で入れました。駐車場にクルマを止めて、階段や通路などを歩いていきました。多くの観光客とすれ違いましたが、中国語、韓国語、スペイン語、それにオーツが聞いてもわからない言語など、たくさんの言葉が聞こえてきました。外国人比率が相当に高そうです。
 中には、ヒールの高い靴を履いて登ってきた若い女性もいたりして、手すりにつかまりながら、よちよちと歩いていました。岩だらけの坂道とは思わなかった、つまり勘違いした人なのでしょうね。
 日差しが強くて、帽子などをかぶっている人が多かったように思います。オーツは荷物をなるべく減らそうと思ったので、帽子も持参しなかったのですが、ハンカチで汗を拭きつつ歩いていると、ハンカチがぐっしょりになってしまいました。
 硫黄のにおいがかなり強く、噴煙の近くにいて立ち止まっていると、風の方向にもよりますが、においで吐き気を催します。すごいところです。火山が活きていることを実感します。
 大涌谷には1時間くらいいました。

 それから、クルマを箱根園の駐車場に止めて、芦ノ湖遊覧船に乗りました。

hakone7.JPG

http://www.izuhakone.co.jp/yuransen/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A6%E3%83%8E%E6%B9%96%E9%81%8A%E8%A6%A7%E8%88%B9
 双胴船で、大きなゆれが生じにくく、安定しています。
 遊覧船は芦ノ湖内を行き来するわけですが、けっこうスピードが出ます。オーツは一番上の展望デッキにいましたが、船が走り始めると、けっこう風が吹き、涼しくて気持ちがよかったです。汗が引っ込んでしまいました。
 箱根園から駒ヶ岳ロープウェイに乗ることも考えたのですが、受付のところに「山頂の気温19℃」と書いてあったので、やめました。半袖程度の夏の服装では、きっと寒いだろうと思います。意外でした。
 さらに、箱根神社に寄ってお参りをして、半日の旅行は終わりです。
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

田むら銀かつ亭@箱根町強羅で豆腐かつ煮御膳を食べる

 田むら銀かつ亭
http://ginkatsutei.jp/ginkatsutei-shopinfo/
は箱根町強羅で有名な店です。いつ行っても混んでいます。
 オーツたちは、大人4人+乳児(0歳児)でランチに行きました。平日の 11:00 より前に到着したのですが、もうお店の前には人だかりができていました。11:00 から開店なのですが、その前に、店の玄関の前にある予約機で順番待ちをすることになります。お客さんたちは予約を済ませて開店を待っている状態でした。
 オーツたちは、乳児がいるので、「座敷」を希望したところ、10番の番号札になりました。番号札には「4人」と明記されていました。
 開店してからほどなくして、座敷に通されました。そのとき、お店の人が乳児を見て「5人ですね」と言いました。オーツたちが人数を詐称したようなニュアンスを感じました。まあ5人と言えば5人だけれど、乳児は離乳食も始まっておらず、おっぱいを飲むだけで、水すら飲まない状態です。したがって、子供用の取り皿やスプーンをもらうわけでもなく、4人用のテーブルのところにいるだけです。ハイハイもまだできません。それでも1人なんでしょうか。予約機で「5人」と申告するべきだったのでしょうか。ちょっと常識とずれているように感じました。
 メニューを見て、迷いながらも、4人とも豆腐かつ煮御膳 2,050 円を頼みました。
 出てくるまでにちょっと時間がかかります。

tamura.JPG

豆腐の中に挽肉が入っています。それにカツ用の衣をつけて揚げて、さらにそれを煮たものです。調理場で煮立ててきたものをテーブルで固形燃料を使って温めながら食べます。
 豆腐が主原料だから、ヘルシーだし、味はいいのですが、材料費を考えると、2,050 円はしないだろうと思われます。まあ観光地だからやっていけるのでしょうね。
 サラダ、味噌汁、ご飯、漬け物、それに酢の物がついていました。サラダはキャベツなどがギッシリと入っていました。
 順番に子供をだっこしたりしながら、4人とも食べ終わって、12:15 にはお店を出ました。オーツたちが食べている間に、隣のテーブルなどは2組の客が入れ替わり、3組目が入ってきたところでした。客がどんどん入れ替わって次々と食べて出て行くといったところでしょうか。中国人の家族も来ていました。外国のガイドブックにもこの店が紹介されているのでしょうね。

参考記事:
http://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14001492/
http://r.gnavi.co.jp/pd2016h30000/
http://www.jalan.net/kankou/140000/141600/spt_14382fc3560064473/
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g298171-d3751896-Reviews-Tamura_Ginkatutei-Hakone_machi_Ashigarashimo_gun_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html
http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/gora/restaurant/10159773/
posted by オーツ at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

アサヒ STRONG OFF(ストロングオフ)がおいしい

 オーツがとあるコンビニに行ったとき、アサヒ STRONG OFF(ストロングオフ)
http://www.asahibeer.co.jp/strongoff/
を売っていました。いわゆる第3のビールです。
 アルコール分 7% とビールよりもやや強めで、しかも糖質 60% オフということですから、カラダにもよさそうです。缶のデザインがいかにもおいしそうだったので、1個買ってきて、飲んでみました。
 おいしかったです。
 オーツはもともとアサヒのビール(スーパードライ)を長年(30年くらい?)にわたって飲み続けてきましたが、1年ほど前に自宅で飲むのをやめてしまったのでした。
2013.7.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/370707197.html
 何となく、身体がその味を覚えていたのかもしれません。似た系列のように感じました。けっこういけそうです。
 アサヒビールのサイト
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/
を見てみると、「ビール・発泡酒・新ジャンル」ということでたくさんの商品が並んでいます。こんなにたくさんの種類の商品が売られていたとは気がつきませんでした。
 中でも、以下のものは糖質が少ないことをうたい文句にしています。
スタイルフリー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/stylefree/
本生アクアブルー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/hon-nama_aquablue/
オフ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/off/
アクアゼロ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/aquazero/
ブルーラベル http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/bluelabel/
STRONG OFF http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/strongoff/
 それぞれがどんな味なのか、ちょっと興味が出てきました。
続きを読む
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

こんな服、誰が着るのだろう

 オーツがあちこちネットで見ているときに、何となく広告をクリックすることがあります。すると、それが記録されて、何回も同じ広告が表示されることがあります。同じものを何回も見ていると、いよいよ気になることがあります。
 最近、女性用のドレスの広告を見かけました。

http://t2.gstatic.com/shopping?q=tbn:ANd9GcQEU6oQyZCpMATnK8B_Nfpn9sNgsLm_zfA1Oqr_HTglPz9_z2EyFEb7xQPh2yQ
http://t1.gstatic.com/shopping?q=tbn:ANd9GcQlLkdrr3X2ADUf2Gblq9Q3oofzbDpB_4Yg7j0uwyR1RwvcpQZIQYTy0rmPtsM
http://t1.gstatic.com/shopping?q=tbn:ANd9GcSsKPf57GINCJbCTSwlZ-pBiezk6xOPn8bjrO1dAHNnTzeNUpbcZHvJ0PerYy8

 いずれも超ミニのボディコンワンピースドレスで、非常にセクシーな服です。かわいいといえばかわいいけれど、さて、こんな服が着られる人がどれだけいるでしょうか。
 写真では、モデルさんが着ていますが、モデルさんはさすがにプロですから、顔がきれいなだけでなく、身体もほっそりしていて、こういう派手な服が似合います。
 しかし、一般人はなかなかこうはいきません。平均的な顔で、身体もやや太っていたりします。そんな人がこういう服を着ていたら、見ていられません。
 考えてみると、美人がこういう服を着ると見栄えがしますが、不美人がこういう服を着ても目を背けたくなるだけです。美人がださいかっこうをしているのも残念な話ですが、不美人がださいかっこうをしている例は回りにたくさんあります。ということは、かわいくて派手なセクシードレスはそれを着る人を選ぶ(美人が着ることを要求する)ということになります。自分の顔と身体に相当な自信がある人でないと、こんな服は着られないということになりそうです。
 こういう服が似合う「場面」も想像できません。どんな場所で着るのでしょうか。一般の女性がこんなドレスを着ていく場所なんてあるのでしょうか。もしかして、クラブ勤めのホステスさんが着るのでしょうか。
 こんなドレスの広告で、いろいろ考えさせられました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

スシローの北海道直送生ほたて、上いくらもおいしい

 先日、スシローの生うに 180 円がおいしいという話をしましたが、
2014.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/402371935.html
 その次にスシローに行ったときに、生ほたて、上いくら各1貫 180 円も食べてみました。こちらもおいしかったです。
 ほたては身が大きく、一口で食べると口の中であふれそうです。
 上いくらは、海苔に乗って出てきました。ちょっと手巻き寿司ふうの感覚で食べました。
 他の寿司も食べたので、結果的にちょっと食べ過ぎ(金額的に 1,000 円を越えて、量も多め)になってしまいました。
 おいしいのはうれしいけれど、食べ過ぎになりやすいのは問題です。まあ、自制(self control)はそれくらいむずかしいということです。
 こうしてみると、スシローは 100 円寿司を少し逸脱して、高価格・高級路線にも取り組みつつあるようです。
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする