2014年07月11日

軽自動車のキャンピングカー

 オーツが朝日新聞で見かけた記事です。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11233621.html
 「車内で寝泊まりできるキャンピングカーのうち、軽自動車を改造したものがじわり増えている。」ということで、軽自動車のキャンピングカーは 200 万円くらいで買えるという話です。
 オーツは、プリウスαに乗っていますが、このままで車内で寝るにはかなり問題があり、平らな場所がなく、足を伸ばせないのです。多くのクルマでそうなっていると思います。まあ、こんなことが書けるのは車内で寝た経験があるからなのですが。
 オーツの場合、クルマを運転していて眠くなると、しばしばクルマを止めて30分から1時間くらい眠ります。(そのために、普段から目覚まし時計を車内に置いています。)眠った後は、眠気が取れて、頭がすっきりし、運転が楽になります。とても快適です。しかし、実は十分足が伸ばせないので、イマイチの感があります。
 キャンピングカーならば、平らなベッド付きです。これは便利です。
 500万円クラスのものは、親子を含む家族用ということで、それはそれで利用価値があるでしょう。しかし、子供が大きくなると、家族での外出も少なくなり、大型車はもてあまします。
 夫婦二人なら、こんな小さなものでも十分でしょう。写真
http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20140710000352.html
を見ると、このベッドサイズでは、2人が寝るにはかなり狭い感じですが、夫婦なら、まあ仲良く寝られそうです。
 記事には「日本RV協会の調査では、購入者の6割は50〜60代。その約半分が「夫婦2人で旅行するために買った」とあり、こんなスタイルの旅行が増えていることをうかがわせます。
 もっとも、オーツの場合、妻がそういう旅行につきあってくれる可能性は低いので、一人で旅行し、寝ることになりそうですが、それも快適でしょう。
 こんなキャンピングカーで、海岸線沿いに日本一周旅行くらいやってみてもよさそうです。もっとも、仕事を持っていると、そんなことは無理ですが、退職したらやってみてもいいかもしれません。
 そんなとき、軽のキャンピングカーは選択肢の一つになります。あちこちの旅館を泊まり歩くのもいいですが、毎日そんなことをしていると太りそうだし、お金もかかります。キャンピングカーで自由気ままに移動するのもおもしろそうです。クルマなので、自分の好きなところに行けます。
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする