2014年05月04日

ワイシャツは2年しか持たない?

 オーツは、ワイシャツを自分で洗濯することはせずに、いつもクリーニング屋さんに出しています。
 まあ、自分の手間を省きたいという不精者です。
 20枚くらいのワイシャツをローテーションで着ていて、ワイシャツが適宜クリーニング屋さんと自宅とを行ったり来たりしています。
 先日、クリーニング屋さんから聞いたのですが、ワイシャツは2年しか持たないという話です。あまり着なくても、生地があちこち傷んできてしまうので、目安として、2年以上のものはいつでも捨てていいというような感覚なのだそうです。
 オーツは、それを聞いて驚きました。自分のワイシャツは、5年くらいは着ているように思います。そもそも年数なんて気にしていないので、もっと長いかもしれません。年々少しずつ太ってくるので、だんだん首回りがきつく感じられるようになります。お腹周りがきつくなってきたという経験もあります。ワイシャツがぴったり首やお腹にくっつくようになると、そろそろ着られなくなったかなといった感じで捨てるようにしていますが、2年ということはありません。
 あ、そういえば、何かをこぼして汚れが落ちなくなって捨てたということもありました。
 今着ているワイシャツは、もしかして、10年くらい着ているかもしれません。まったく意識していないので、何年着ているのか、わからないのです。体型が変わらなければ、20年でも30年でも着ているでしょう。今まで、ワイシャツが傷んできた(袖や襟がすり切れてきた)ので捨てたという経験がありません。
 もしかして、そういう「捨てる」行為をオーツが覚えていないだけかもしれませんが……。

参考記事:
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2060312.html
ラベル:ワイシャツ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする