2014年03月07日

NHK コズミック・フロント

 最近、オーツが見始めたテレビ番組で、NHK の「コズミック・フロント」というのがあります。
http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html
 先日は「コズミック・ラダー」をやっていました。
http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic_140227.html
 2月27日に放送されたものですが、オーツは3月3日の再放送のほうを見ました。
 今回は、どうやって地球から遠い星までの距離を測るかというテーマでした。
 近い星は年周視差で測るけれども、年周視差で測れないくらい遠い星は、セファイド変光星を利用します。そして、それよりさらに遠い星に対して、超新星爆発を利用する方法があるという話でした。さらに、最近はガンマー線バーストを利用する方法が研究されているという話で、なかなかおもしろかったです。
 オーツの知識はあいまいだったので、宇宙の果てまでの距離とかの議論は赤方偏移によるのかと思っていましたが、そうではないのですね。
 昔、オーツは「ニュートン」という雑誌を定期購読していました。カラーのきれいなイラストが大変わかりやすく、新しい時代のビジュアルな雑誌だと思っていました。しかし、今はテレビ番組で(ネットの動画配信サイトでも?)動画の形で提供されるようになってきたというわけです。動画を見ると、その情報量の豊かさに驚きます。もう紙の雑誌には戻れなくなりそうです。
 というわけで、何回か、コズミック・フロントを見てみようと思いました。
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする