2014年02月19日

たった1枚のファーストクラス航空券で1年間タダ飯を食べ続けた男

 オーツが驚いたニュースがありました。
http://www.gizmodo.jp/2014/01/11_18.html
1枚の航空券を利用して、VIP専用ラウンジで食事をし、その上で翌日に予約を変更し、毎日これを続けて1年間という話です。
 ある意味で、この仕組みに気づいた人は頭がいいのでしょう。
 しかし、航空会社も航空会社で、こういうことに1年間も気がつかないのでしょうかね。
 オーツが、以前、成田空港で大韓航空のラウンジを利用したとき、
2013.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/377923006.html
いろいろな飲み物や食べ物がありました。とはいえ、毎日これを食べ続けるなんて、とてもじゃないけれど苦痛だと思います。だって、メニューが毎日変わるわけではないのですから。
 同じものを毎日食べ続けても大丈夫という人だけが実践できる方法でしょう。でも、飲んべえだと、けっこう同じもの(たとえば生ビール)を飲み続けてもいいという人が多いかもしれません。
 最後にチケットをキャンセルすれば、完全に無料になるわけです。
 一人、こういう人が見つかれば、航空会社は対策を練るはずですね。
 これを思いついて実行した人が中国人だという話ですが、オーツはさもありなんと思いました。これはオーツの偏見でしょうかね。
posted by オーツ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする