2014年01月26日

ベトナム料理・ヘム@江古田南口でランチ

 オーツは、江古田でベトナム料理が食べられると聞き、ちょっとランチに立ち寄ってみました。
 それが「ヘム」というお店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13153387/
http://hem.ecoda.jp/
 「屋台」をイメージした三つの「箱」がお店です。カウンターに椅子が並んでいます。
 屋外にも小さなテーブルと椅子が2脚のセットがいくつか並んでいましたが、さすがに今の季節ではここで食べるのは寒いでしょうね。
 ランチは土日と祝日だけで、12:00-15:00 にやっています。出されたメニューにはいろいろ並んでいましたが、見ても、どんなものが出てくるのか、見当が付きません。オーツは「かきのおかゆ」850 円
http://hem.ecoda.jp/shopnews/2014/01/68/
を注文しました。この写真にあるようなおかゆでした。それとは別に1皿が付き、ゴマ、唐辛子、香菜などがのっていました。これをおかゆにのせて食べるということです。
 せんべいみたいな揚げ菓子が2枚出てきました。これも砕いておかゆにのせて食べるのだそうですが、直接指でつまんで割ると、指が油で汚れるので、砕かずに、そのままスナック菓子として食べるほうがいいかもしれません。
 オーツはスプーンでおかゆを食べはじめたのですが、けっこう熱くて、「火気」のおかゆなんだろうかと思いました。「牡蠣」のおかゆにしては、牡蠣がありません。小皿にのっている千切りの干物がもしかして「柿」なのか(だから「柿のおかゆ」なのか)と心配しましたが、食べていくと、おかゆの中に牡蠣が何個か入っていることを発見しました。やっぱり「牡蠣のおかゆ」でした。安心しました(何が安心なんだか)。
 さて、食べ終わってどうだったか。やはり、味付けが変わっていて、江古田にいながらベトナムを味わっているような気がしました。しかし、江古田は江古田で、都内ですし、駅から数分の場所ですから、ベトナムのような価格は付けられないでしょう。850 円は、そんなものかと思いますが、しかし、内容から考えると、やや高いような気もします。
 再訪があるかということで考えてみると、微妙です。エスニック料理の変わった味を楽しむという意味では合格点ですが、850 円も出せば、(江古田なら)もっとおいしい料理をたっぷり食べることができるように思います。というわけで、話のネタにここで食べるのはありですが、行きつけの店として足繁く通うほどのことはないように思いました。
 おかゆ1杯だけでそこまで判断していいものか、ちょっと言い過ぎかなとは思いつつ、オーツの感想を書きました。
posted by オーツ at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする