2013年06月19日

桃山亭@香川県観音寺市

 オーツが香川県に行ったときの話です。
 一度は本場の讃岐うどんを食べてみたいと思っていました。夕方になってから香川県に入ったのですが、16時を過ぎると、うどん屋さんは閉店している場合が多く、うどんはやっぱり昼の食べ物かと思いました。
 道路をクルマで走りながら見た感じでは、感覚的に16時過ぎで開いている店は2割程度でしょうか。クルマで走りながら、開いているうどん屋を見つけて入るというのは、実はかなりむずかしいことです。入ろうとすると、のれんが店内に引き込まれていて「閉店」だったりするわけです。
 しかし、一つの店がやっていました。それが桃山亭(ももやまてい)です。
http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370301/37001509/
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/277
 セルフ式のうどん屋さんでした。セルフ式というのは、セルフサービスということのようです。
 オーツは、お盆をとり、窓口で「わかめうどん(中)」360 円を注文しました。うどんには、大、中、小がありました。うどん玉の数が、3,2,1玉という違いです。よくわからないので、真ん中にしておきました。
 数分で温かいうどんが出てきました。たっぷりのわかめが入っていました。
 それをレジに持って行き、お金を払うと、隣のテーブルの上に天かすとわけぎが置いてありました。それらをドンブリに適当量入れて、近くのテーブルに運んで食べてみました。
 うどんは柔らかめで、オーツの好みではありません。しかし、汁はおいしかったです。まあ、温かいうどんの場合は、うどん自体が柔らかめでも、それはそれで食べやすいですから、いいのかもしれません。
 360 円ですから、大きな期待はしませんが、せっかく香川県まで来たので、感慨をもって食べました。
 記念に写真を撮っておけばよかったとも思いましたが、何といっても、普通のうどんですからねえ。うどんはやっぱりうどんです。わざわざ写真を撮るほどのこともないとも思います。
posted by オーツ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする