2013年06月14日

とんかつ かつ村@ホテルアバン宿毛

 オーツは、ホテルアバン宿毛に泊まって、
2013.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/366155425.html
夕食をどうしようかと思いました。結果的に同じ敷地内にある「とんかつ かつ村」
http://www.avan-sukumo.com/restaurant.php
http://tabelog.com/kochi/A3904/A390403/39000614/
にいきました。エレベータ内の掲示で、宿泊客は 10% 引きと書いてあったので、ちょっといく気になったわけです。
 飲んだのは、生ビール中 480 円と日本酒(土佐鶴:熱燗)1合 400 円でした。
 食べたのは、揚げ出し豆腐 380 円と、釜めし御膳 1,280 円でした。
 とんかつ屋に行きながら、とんかつは全然食べませんでした(笑)。オーツは肉も揚げ物も苦手なのです。
 合計で 2,540 円ですが、10% 引きで、2,286 円となりました。
 これでも大いに満足しました。
 釜めし御膳は、これだけでも夕食として十分だと思います。
 釜めしは、茶碗3杯分くらいありました。すでに炊きあがったものが釜に入って出てくるのですが、店員さんがテーブルの上で固形燃料を使って温めてくれます。オーツのように酒を飲んだりして、釜めしを食べるまでにちょっと時間がかかると、お焦げができます。実はこれがいいのです。このかりかりした食感が絶妙です。ホーロー引きの釜なので、ご飯が釜にこびりつくわけでもなく、茶碗に簡単によそうことができます。ただし、間違って釜に触ると熱くてやけどします。
 そのほかに、天ぷらの盛り合わせ(えび、カボチャ、しいたけ、シソの葉、さつまいもでしたかね)、漬け物、味噌汁か豚汁、茶碗蒸し、前菜2種類、ごま団子がつきます。みんなおいしくいただきました。温かいお酒とよく合います。
 店員さんはこれらをお盆2枚で持ってきてくれました。
 その内容から考えて、こんな値段で提供していいのでしょうか。
 このあたりは、こんな価格の店が普通なのでしょうか。
 オーツが日本のあちこちで食べた感覚で判断すると、安すぎる感じです。まあ、客側からすればありがたいわけですが。
 店内の一角に、「無料おかわり」のために、ご飯、味噌汁、キャベツの千切りが置いてありました。とんかつ関係を食べる人は、こういうのをいくら食べても大丈夫というわけです。
 まさか、ここで食べるためにヨソからわざわざ来るほどのことはないですが、とにかく、オーツは驚きました。
posted by オーツ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする