2013年06月13日

ホテルアバン宿毛@高知県宿毛市

 高知県宿毛市宿毛(すくも)という、へんぴな田舎にあるホテルです。とはいえ、国道から 200 メートル入ったところにあるわけで、「へんぴな田舎」と言ってはいけないのかもしれません。一応、市街地のまっただ中にあるホテルです。
 国道56号線は、実際走ってみると、信号はほとんどなく、何十キロも走り続けますし、制限速度60キロを越えて走るクルマが大部分で、そういうことが可能なのは、やっぱりクルマが少なくて、道行く人なんて皆無という現状があるからです。
 それはともかく、このホテルは、オーツの気に入りました。といっても、特に目立った特徴はありません。トイレはウォシュレットですし、空の冷蔵庫があって、持ち込み品が冷やせます。浴衣、バスタオル、歯ブラシなどのアメニティグッズも、必要最小限がそろっていて、エアコンもよく効くし、ベッドはセミダブルサイズでゆっくり眠れます。無線LANが部屋で使えます。快適です。などと書きましたが、ホテルとしては、ごくごく当たり前のことです。
 部屋には、UCC のコーヒーセット(フリーズドライのインスタントものですが)が置いてありました。パンフレットによると、カップ麺が無料だそうです。(オーツは食べませんでしたが。)電子レンジも無料で使えます。洗濯機・乾燥機も無料で使えます(洗剤も無料です)。このあたりは、なかなかマネできないかもしれません。缶ビール(スーパードライ)の自動販売機を見ると、500cc が 300 円、350cc が 230 円で、ホテル独自の「大幅な上乗せ」がありません。(オーツは結果的に買いませんでしたが。)
 そして、何といっても、驚きは宿泊価格です。オーツは 2,400 円で泊まりました。食事なしの価格です。
 ホテルのホームページ
http://www.avan-sukumo.com/
から申し込むと、(現金決済に限定されますが)2,400 円なのです。この金額を考えたら、「普通のサービス」がどれほどありがたいか、わかるでしょう。
 どこの田舎(失礼!)でもいいですが、2,400 円で、普通のビジネスホテルのサービスが提供されるでしょうか。オーツは寡聞にして知りません。
 もしも、またこのあたりにきたら、ここに泊まってみたいと思います。2,400 円ですよ、2,400 円。
 オーツの価格感覚が打ちのめされるような気がしました。
 普通のビジネスホテルでは、食事なしで 5,000 円から 6,000 円くらいではないでしょうか。それから考えたら半額でしかありません。
 ちなみに、朝食は 600 円で和定食か洋定食が選べます。オーツは和定食にしましたが、十分おいしくいただきました。
 朝になってから気がつきました。部屋の冷蔵庫は初めは電源が切れているのですが、自分で冷蔵庫内のスイッチを操作して電源を入れます。そのスイッチが温度設定を兼ねているようで、結果的に一番強くしたため(これは意識していませんでした)、冷蔵庫に入れたペットボトルが凍ってしまい、冷たい水を飲もうとしても、ペットボトルからうまく水が出てきませんでした。これはオーツの失敗ではありますが、ホテル側も少し注意してくれてもよさそうなものでした。
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする