2013年06月30日

トイレの電球

 オーツの自宅では、LED 電球を4個買って、あちこちの白熱電球を交換したわけですが、
2013.6.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/367807983.html
トイレの電球は、白熱電球だったのを、ネオボールという電球型蛍光灯にしました。
 白熱電球は、消費電力が多く、つまり、夏になるとトイレが暑くなるのです。(トイレには冷房が付いていません。)トイレが暑いのは、白熱電球のためだけではありません(壁や天井からじわりと熱が伝わってくるわけです)が、トイレに白熱電球を使っていることも理由の一つでしょう。
 ところが、電球型蛍光灯は、スイッチをオンにしても、すぐに明るくならず、
2008.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/109156395.html
ちょっと暗い状態が続き、数分たってから明るくなります。
 オーツは、(それに妻も)トイレで読書するタイプなので、トイレに入ってすぐに明るくならないと、ちょっと不満です。いまさら白熱電球に戻るのも気分が悪いですし、……。
 さらに LED 電球を追加して買うべきでしょうか。
 電球型蛍光灯は、白熱電球よりも長持ちするという話なので、かえって困ります。すぐ切れてくれれば、LED 電球に交換する気になるのですが、まだ使えるものを捨ててまで LED 電球に交換するのももったいないと感じてしまうのです。

参考記事:
http://allabout.co.jp/gm/gc/28925/
posted by オーツ at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

LED 電球

 オーツの自宅の浴室で使っている白熱電球が1個切れました。浴室内は照明がペアになっていて(電球2個で照らす形です)、1個が切れてももう1個で風呂が使えるようになっています。
 オーツは、この際だから、白熱電球から LED 電球に替えようと思いました。
 以前にも、LED 電球で 485lm(ルーメン)のものを買いました。
2012.3.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/258526744.html
 これでもいいかと思いましたが、今回はもう少し明るいものを試そうかということで、近所の店で白熱電球 60W 相当の明るいものを探すと、LED 電球では 810lm のものを 1980 円で売っていました。
 オーツは、ちょっと高いなあと思い、買うのをあきらめ、ネットで探しました。
 KEIAN という知らないメーカーの KLED-S1H26L [電球色] でしたが、1280 円で売っていました。
http://kakaku.com/item/K0000443348/
 これを4個買うと 5,000 円を越えるので、送料無料になります。
 これで十分でしょう。どうせ4万時間もつのだから、オーツにとっては、もう死ぬまで使えるという意味です。
 注文したら、宅配便で2日後には配達されました。早いものです。
 LED 電球には「MADE IN CHINA」と書いてありました。以前買った東芝製の LED 電球だって、電球に「MADE IN CHINA」と書いてあったのですから、同じレベルなのでしょう。中国製であることは当然のように思いました。
 浴室に取り付けると、かなり明るくて、驚きました。
 浴室の切れた電球だけでなく、切れていないもう1個の電球、それに自宅で使っていた他の2個を LED 電球に交換し、古い白熱電球3個は、他の白熱電球が切れたときの予備として保存することにしました。オーツの自宅では、まだまだ白熱電球が何個も使われているのです。
タグ:LED電球
posted by オーツ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

瀬戸内すし市場しーじゃっく 練馬北町店

 以前、「おたる寿し 練馬北町店」
2009.6.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/121596016.html
があったところが、「瀬戸内すし市場しーじゃっく 練馬北町店」
http://www.marinepolis.co.jp/shop_info/shop_sea.htm
に変わっていました。
 どんな店なのでしょう。先日、行ってみました。
 オーツは 13:30 に入店しました。
 レーンにはあまり寿司が流れていなかったので、全部注文して作ってもらいました。まあ、お昼のピークを過ぎた時間帯なので、こんなことなのでしょう。注文はタッチパネル方式になっていました。
 食べたのは、うに、ほうぼう、赤エビ(1貫)、ひらめ(1貫)、鉄火巻、湯つぶ貝、ほたて貝ひもねぎ塩軍艦、石垣貝の8皿でした。(事後に書き出しても全部記憶していました。ふう。)
 赤エビは、頭の唐揚げが付いていました。こちらはカリカリしていてなかなかいけます。プラスアルファのサービスで、お得感があります。
 ひらめは、わかめとレモンが付いていました。ちゃんとしています。
 鉄火巻は巻き方がへたでした。しかし、味はよかったです。
 全体においしくいただきました。
 わさびなしとわさび付きは、皿の色が違うことで見分けるのですが、事前に店員さんからその説明がありませんでした。また、客の目に触れるところにこれに関する説明も書いてありませんでした。
 ちょっと駐車場が狭い(1台ごとのスペースが小さい)のが難点ですが、クルマを止められないわけでもないので、都内でこんな不満を言ってもしかたがないでしょう。
 全体として、105 円の回転寿司ならば、まあこんなものではないでしょうか。トータルで見て、合格点だと思います。また来店してもいいと思います。
 食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13143112/
を見てみると、クチコミの中でいくつか悪評が書かれています。しかし、オーツはこういうことは経験しませんでした。
 オーツにとっては、回転寿司の選択肢が一つ増えてありがたいといったところです。

参考記事:
http://aoicome.exblog.jp/17782081
http://machida-road.seesaa.net/article/273200468.html
posted by オーツ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

保活(ほかつ)

 婚活(こんかつ)ということばは、すでに一般化しましたが、これは5年ほど前に作られたことばです。
2008.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/89511329.html
 このたび、オーツが気がついたのが「保活」(ほかつ)です。子供を保育園に入れるための親の活動・行動を指すようです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130611/249479/
 今でも、子供を保育園に入れるのは大変なんですね。
 どの保育園がいいかということよりも、そもそも保育園に入れるかどうかが重要です。
 オーツは、その昔、引っ越しをするに当たって、妻とあちこちの保育園を回って、どこがいいか、調べたりしたことを思い出しました。
 それにしても、保活は、具体的には何をすることなんでしょうか。普通に役所に申請すれば(保育に欠ける子供の場合は)保育園に入れるように思いますが、……。
タグ:保活
posted by オーツ at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

下高井戸スタンプに有効期限が付く

 オーツは、下高井戸での買物で、下高井戸スタンプ
http://www.shimotaka.or.jp/activity/stamp
をもらうことがあります。
2011.6.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/211173793.html
 また、スタンプ帳1冊をランチ券に替えて、下高井戸でランチを食べたこともあります。
2011.7.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/212684359.html
 最近も、ランチ券に替えて、みつの家(みつ乃家)の「みつのや定食」1100 円相当を食べることができました。なかなか使い勝手がいいスタンプです。
 ところが、最近、このスタンプに有効期限が付くようになってしまいました。
 現在配布されているのは、2017年3月まで有効というものです。
 あるお店の人に聞いたら、税務署からスタンプの問題を指摘されたとのことです。無期限有効のスタンプでは、しこたまためる客がいて、スタンプの発行と回収の数字が合わず、カネの動きが把握できないから問題だということのようでした。
 まあ、それはそれでわかるものの、みんながみんな、たくさん買い物をする人ばかりではありません。オーツのように、お昼ごはんを食べるときくらいしか集めない人もいるのです。
 台帳1冊には、360 枚のスタンプを貼ることができます。ということは、有効期限内に集めるために、4年間に 36,000 円の食事をすることが必要だということです。これはホントに可能でしょうか。
 月1回食べに行くとすると、4年間で48回ですから、1回 800 円の食事をすればいいという計算です。
 さて、どうしたものか、迷います。当面、台帳に貼りながら、4年間でどこまで集められるか、見極める必要がありそうです。
 下高井戸に住む知人にプレゼントすることも視野に入れておかなければなりません。
posted by オーツ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

CoCo壱番屋で麻辣豆腐カレーを食べる

 オーツはCoCo壱番屋のカレーが好きです。安くておいしいと思います。
 先日、CoCo壱番屋に行ったら、7月末までという期間限定で「麻辣豆腐カレー」がありました。
https://www.ichibanya.co.jp/menu/detail.html?id=266
「“旨さ”と“辛さ”にこだわった逸品です。花椒(ホアジァオ)の舌が痺れるような辛さ「麻味(マーウェイ)」と唐辛子の舌がヒリヒリするような辛さ「辣味(ラーウェイ)」の二種類の異なった“辛さ”が特徴の四川料理。」とあります。
 珍しいし、麻辣豆腐というのがいかにも辛そうで、これは食べてみるしかないなと思いました。
 例によって6辛で注文しました。
 さて、出てきたものはいかにも辛そうです。さっそくそれを食べてみると、……そんなに辛くないのです。6辛のカレールーのほうがよほど辛く感じます。テーブルの上に置いてある説明文を信じてしまったオーツが悪かったのです。
 カレーは、まず辛くなければなりません。その上で、「旨み」が感じられなければなりません。見た目ほど辛くなければ、オーツにとって、その時点で失格といってもいいでしょう。
 そんなわけで、850円(6辛だったので+100円)はちょっと高いと思います。
 これからは(今まで通り)、CoCo壱番屋では、野菜カレーの6辛(たまに7辛)を中心に食べようと思います。

参考記事:
http://ameblo.jp/u-kun-win/entry-11525206118.html
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=5394&p=202746
http://blogs.yahoo.co.jp/innitialf230/53740654.html
http://torororo.exblog.jp/20416969
http://kara-shin-curry.livedoor.biz/archives/26507276.html
http://950000.com/
http://currybu.com/items/334
http://blog.goo.ne.jp/momonga_tomo3/e/d1dda6c7616a9e3e0b6e28a3fb3134d7
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13040479/dtlrvwlst/5221323/?smp=2&rvw_part=all&lc=0&srt=dt&PG=5&use_type=2&sby=D
https://plus.google.com/104068614394681097391/posts/LWyKKPyQqQt
http://smartcity.blog.fc2.com/blog-entry-75.html
http://usak03.blog42.fc2.com/blog-entry-344.html
http://brog1.spike-kotobuki.com/?eid=1511528
posted by オーツ at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

インド料理ミラン(MILAN)@下高井戸(11回目)

 オーツは、またまたミランでカレーを食べました。
 前回のブログ記事
2012.6.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/272917183.html
から約1年ですが、今回も、15回ハンコがたまったので、1000 円分の割引になるのでした。
 ミランには約1年で15回通ったということです。平均すると、オーツがミランでカレーを食べるのは月1回強のペースなんですね。もっと多いと思っていましたが意外でした。
 今回は、野菜カレー 699 円とクラブジャムン 350 円にしました。
 クラブジャムンというのは、牛乳から作った甘いデザートだそうです。オーツは初めて食べました。どうやって牛乳から作るのか、見当が付きませんが、デザートとしてはおいしく食べられます。
 Gulab Jamun と書いてありましたが、読み方は「グラブ……」ではなくて「クラブ……」のようです。カタカナではそう書いてありました。
 普段は、オーツがこういうデザートを注文することはありませんが、せっかく 1000 円分が無料になるのですから、こういうときには食べてみるべきでしょう。
 会計時には、ハンコの押されたカードに 49 円をプラスして払いました。
 こうして、1000 円を 1000 円として活かすことができました。
 さあ、また1年後を目指してハンコを集めましょう。
posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

Google Reader からの RSS リーダーの移行

 7月1日から Google Reader が使えなくなります。
2013.3.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/347123886.html
 そこで、そろそろ RSS リーダーとして何を使うか、検討する時期になってきました。
 ネットを検索すると、Feedly が利用者を集めているようです。
http://appllio.com/column/20130606-3688-feedlys-7-attraction
 Feedly が使いやすいという声はいろいろあります。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/146/146704/
http://blogs.itmedia.co.jp/ten/2013/04/google1feedly-8fa7.html
http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/2013/05/google-reader-feedly.html
 Feedly への移行の方法や使い方の説明もあります。
http://i-i-news.com/2013/06/google-reader-to-feedly8/
http://websae.net/feedly-20130604/
http://rentalhomepage.com/webservice/feedly/
 というわけで、Feedly が一番候補でしょう。
 第2候補としては、My Yahoo! も考えられるかもしれません。
http://japan.internet.com/webtech/20130319/1.html
 何といっても、日本語で使えますからねえ。
 というわけで、Feedly と My Yahoo! で、それぞれ Google Reader のデータをインポートしてみました。
 ちょっと触ってみた感じでは、Feedly のほうが使いやすそうです。
 My Yahoo! は、それぞれのサイトで未読記事を11本までしか表示しないようです。たいていはそれでいいでしょうが、何日かネットにアクセスしない日があると、数十本の記事が未読のままたまってしまうこともあります。そんなときはどうなるのでしょうか。ちょっとだけ使いにくそうでした。
 まあ、いずれにせよ、6月いっぱいは三つを並行して使ってみて、最終的にどうするかを決めればいいと思います。
 といいつつ、使ってみると、Feedly が実際一番よさそうで、Google Reader との相性もいいので、ついついこれを使うことになってしまいました。
posted by オーツ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

かっぱ寿司・練馬店

 かっぱ寿司では、いつも練馬貫井店に行くことが多い(自宅から近い)のですが、あるとき、ここが休みだったときがありました。そこで、入り口で案内された練馬店に行きました。
 この店では、1皿 88 円、税込み 92 円という割引セールをしていました。6月28日までだそうです。(今、ネットで調べて見ると、かっぱ寿司は関東のすべての店で平日88円です。)
 100 円系列の回転寿司は、たまに期間限定・店舗限定で割引セールをすることがあります。割引をして客の行動を知ろうということでしょう。
 それにしても、1皿 88 円というのは安いと思います。今まで見たこともない値段です。回転寿司業界の競争があるのでしょうねえ。(他の外食業者との競争もあるでしょうし。)
 オーツは7皿食べましたが、644 円にしかならないのです。安くてありがたい話です。よくこんな値段で提供できるものだと思いました。
posted by オーツ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

鳴門の渦潮

 オーツは、四国の各地をめぐったのですが、その中で一番おもしろいと思ったのは、鳴門の渦潮(特に渦潮を船から見ること)でした。
 渦潮を見る船は、大型船と小型船、それに水中からガラス越しに見るアクアエディの3種類があります。
 オーツは、渦潮をそばで見ることができるということで、小型船にしました。
 ということは、「うずしお汽船」
http://www.uzushio-kisen.com/
を利用するということです。
 潮見表
http://www.uzushio-kisen.com/shiomi/index.html
で大潮の時刻を確認しておくといいでしょう。オーツが行ったときは、北流が大潮で、そのピークが 16:30 でした。その前後2時間くらいが渦潮の見頃ということになります。前後1時間半くらいがいいという情報もありました。そこで、15:00 出航の船に乗ることにしました。(ホントは 14:30 発に乗ろうと思えば乗れたのですが。)
 小型船は高速艇でもあります。渦潮までの往復も、スピードが出て、まるで風が吹いているようで、快適でした。
 船はさっさと大鳴門橋の下に移動して、あちこちにできる渦潮をねらって近づきます。すぐそばで渦潮が見られて、大迫力でした。渦潮というのはあちこちに何十個もできるものなのですね。

uzusio.JPG

 近くには(別の会社の)大型船も来ていました。でも、やはり、小型船のほうが渦潮までの距離が近いので、よく見えて迫力があると思います。船はかなりゆれます。そして、ちょっと波しぶきを浴びます。オーツのメガネには、後で見ると、細かい塩のツブがいっぱい付いていました。きっと髪の毛や顔にも塩が付いているはずです。
 その後、船は出発地に戻りますが、時間は全部で 20 分くらいだったでしょうか。オーツは大いに満足しました。
 船に乗る前に「渦の道」
http://www.uzunomichi.jp/
(大鳴門橋の一部を利用して、橋から海面を眺める施設)にも行きましたが、ちょっと海面から遠くて、渦潮はよく見えません。(時間的に、やや早すぎたということもあると思いますが。)残念ながら、往復の通路で風が強かったという印象くらいしか残っていません。
 渦潮を見るには、やはり船が一番です。
posted by オーツ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

車線を逆走する

 オーツが坂出北インターチェンジ
http://www.jb-honshi.co.jp/use/sakaidekita.html
http://map.mapple.net/map/map.aspx?q=_pid-416@001879
から高速道路に乗ろうとしたときのことです。
 入り口の北側からインターチェンジに入ろうと思いました。南に向かって走っていき、右折して西を向いてインターに乗る形になります。
 あたりはだいぶ暗くなってきていました。
 交差点で右折レーンに入り、右手のほうを見ると、車線がいくつもに分かれています。左の方に3本くらいの車線が見えます。その右側(中央寄り)には、2車線の道路が見えます。3車線と2車線の間には壁があります。なるほど、3車線がインターに入らないで直進する道路のようです。すると、2車線分がインターに接続しています。たぶん、この2車線のうちの左側の車線が入り口の車線で、右側の車線が出口の(向こうから走ってくる)車線です。
 そこで、信号が青になったときに、右折して、中央寄りの2車線のうちの左側を走って行きました。
 すると、どうしたことでしょう。向こうから、2車線ともに対向車が走ってくるではありませんか。
 オーツはびっくりして、一瞬、事情がわからなくなりました。
 考えてみると、反対車線を逆走しているようです。対向車が次々とやってきます。
 まずは、ブレーキをかけて停止し、ハザードランプを点けました。ヘッドライトは消しませんでした。対向車は、1車線に合流するようにして、オーツのクルマの右側を流れていきました。
 しばらくすると、クルマの流れが途切れたので、2車線の幅を利用して、何回か切り返しをして、車体を転回し、東向きになって、ここから遠ざかるようにしました。(後から考えると、バックしてもよかったわけですが、数十メートルバックするよりは、転回するほうがいいように思います。)
 いやはや、怖かったです。
 クルマを運転して何十年かになりますが、こういう逆走は初めての経験でした。(もちろん、二度と経験したくありませんが。)
 オーツにとって、初めて利用するインターだったこと、暗かったこと、2車線とも交差点で停止している(向こうからやってくる)クルマがいなかったことなど、いくつかの原因が複合してこんなことになったようです。
posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

桃山亭@香川県観音寺市

 オーツが香川県に行ったときの話です。
 一度は本場の讃岐うどんを食べてみたいと思っていました。夕方になってから香川県に入ったのですが、16時を過ぎると、うどん屋さんは閉店している場合が多く、うどんはやっぱり昼の食べ物かと思いました。
 道路をクルマで走りながら見た感じでは、感覚的に16時過ぎで開いている店は2割程度でしょうか。クルマで走りながら、開いているうどん屋を見つけて入るというのは、実はかなりむずかしいことです。入ろうとすると、のれんが店内に引き込まれていて「閉店」だったりするわけです。
 しかし、一つの店がやっていました。それが桃山亭(ももやまてい)です。
http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370301/37001509/
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/277
 セルフ式のうどん屋さんでした。セルフ式というのは、セルフサービスということのようです。
 オーツは、お盆をとり、窓口で「わかめうどん(中)」360 円を注文しました。うどんには、大、中、小がありました。うどん玉の数が、3,2,1玉という違いです。よくわからないので、真ん中にしておきました。
 数分で温かいうどんが出てきました。たっぷりのわかめが入っていました。
 それをレジに持って行き、お金を払うと、隣のテーブルの上に天かすとわけぎが置いてありました。それらをドンブリに適当量入れて、近くのテーブルに運んで食べてみました。
 うどんは柔らかめで、オーツの好みではありません。しかし、汁はおいしかったです。まあ、温かいうどんの場合は、うどん自体が柔らかめでも、それはそれで食べやすいですから、いいのかもしれません。
 360 円ですから、大きな期待はしませんが、せっかく香川県まで来たので、感慨をもって食べました。
 記念に写真を撮っておけばよかったとも思いましたが、何といっても、普通のうどんですからねえ。うどんはやっぱりうどんです。わざわざ写真を撮るほどのこともないとも思います。
posted by オーツ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

三々亭@美馬市

 オーツが美馬市に宿泊したときに、一人で食べに行った店です。
http://tabelog.com/tokushima/A3603/A360302/36003687/
二人で切り盛りしている小さな店で、「和食の店」をうたっています。
 一人でしたので、カウンターに通されましたが、このカウンターがちょっと狭いような感じでした。
 突き出しは、「カツオのたたき」だそうで、お店の人から突き出しを出すかどうかを聞かれました。良心的です。注文しないで勝手に出されて、値段ほどの価値がないのは、実際頭にきます。
 オーツは突き出しを頼みました。すると、「300 円〜」だそうですが、本格的なカツオのたたきが出てきて、これで 300 円なら安いものだと思いました。大きなカツオが4切れくらい入っていました。小さな容器があふれんばかりでした。
 飲んだものは、生ビール2杯と日本酒(芳水、本醸造)1合でした。日本酒は燗してもらいました。お店の人は冷やを勧めてくれましたが、1杯飲んだところ、冷やで飲む酒ではないように思いましたので、熱燗にしてもらいました。お銚子をお湯に浸ける伝統的な燗のやり方ですが、出てきたときは、ちょうどぴったりの燗で、さすがに飲み屋です。
 食べたものは、刺身盛り合わせ(1人盛り)1000 円〜、岩ガキ(生)600 円、揚げ出し豆腐(小)350 円でした。
 オーツが一番気に入ったのは、岩ガキでした。生と天ぷらが選べるのですが、オーツは「生」にしました。殻をむいたカキですが、実に身が大きく、一口で食べきれないほどでした。そして、口の中にほおばると、カキのうまみがじわーっと出てきて、実においしかったのでした。
 刺身は、コチ、イサキ、カレイ、タコの4種盛りで、それぞれに3切れ〜4切れくらいありましたから、もうこれだけで満腹になります。鮮度抜群で、全部おいしくいただきました。コチが特においしく思いました。
 揚げ出し豆腐は、もちろんおいしくいただきましたが、魚に比べると、特徴はないように思います。
 なるほど、この店は魚のお店です。
 最後に会計してもらうと、3650 円ということでした。いやはや、オーツは満腹で、もう食べられない感じになっていました。それでも、この金額で済んでしまうのですね。
 生ビールや日本酒の値段がいくらなのか、わかりません。でも、そんな細かいことは気にしなくてもいいでしょう。おいしい飲み物と食べ物があり、全部平らげておなかいっぱいになり、会計してみたら安かったということであれば、もう大満足ではないでしょうか。
posted by オーツ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

ビジネスホテルマツカ@徳島県美馬市脇町

 オーツが泊まったビジネスホテルです。
http://www.hotel-matsuka.com/
 特に特徴はないと言ってもいいでしょう。ビジネスホテルは、普通に1泊できれば、それ以上は求めないものです。
 このホテルは、最近リニューアルしたようです。
 オーツが経験したものとして、珍しかったのは、居室のドアを開けると、半畳分くらいの「玄関」があり、そこに靴を脱いで、フローリングの床に(スリッパで)上がる形になっていたことです。
 ビジネスホテルで(シティホテルでも)こんな形式は経験がありません。
 実は、オーツは普通のホテルでも、居室内では靴を脱いで生活しています。カーペットの上を素足で行き来します。部屋から外に出るときは靴を履きますが、それ以外は靴なしの生活です。どうせ、カーペットの上は毎日掃除しているのでしょうから、全然汚れはないのです。スリッパなどを履く必要もなく、素足が一番いいと思います。
 このホテルは、ベッドルーム兼居間がフローリングですから、冬はスリッパを履かないと寒いでしょうね。しかし、それ以外の季節では、スリッパも履かない生活をしていても、特に気にならないのではないでしょうか。
 このホテルでは、有線LANが使えましたが、本当に何も不要の簡単接続で、しかも高速でした。パソコンを持参すると、快適に使えました。
 1泊朝食付きで 5,250 円というわけで、ちょっと安めの価格設定だと思います。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

びんび家@鳴門市

 オーツが鳴門近辺に行ったときに食べた店です。
http://tabelog.com/tokushima/A3601/A360102/36000021/
 オーツが行ったのは、平日の 11:30 ころでした。ところが、その時間でもすでに駐車場が満杯に近く、数台分の空きがあったので、オーツはそこにクルマを止めたのでした。
 店内に入ったら、平日なのに、お客さんであふれていました。ほぼテーブルが満席の状態でした。
 店員さんが、やかんと湯飲み茶碗を持ってきて、注文をとりました。
 オーツは、刺盛定食 1800 円を注文しました。
 さて、待つことしばし。出てきた刺盛定食は、たっぷりと刺身が盛られていました。そして、これがまたおいしいのです。

binbiya.JPG

 一切れが厚みがあって大きいのです。
 さすがに、看板に「活魚料理」をうたうだけのことはあります。1800 円で、刺身を堪能しました。
 味噌汁は大きなドンブリみたいな汁椀に入っており、わかめがこれでもかと言うくらいにたっぷり入っています。これもおいしかったです。
 あとは、ご飯と漬け物と茎わかめのおひたしでした。
 シンプルと言えばシンプルですが、いやはや、たっぷりとおいしい刺身が食べられて、言うことなしでした。
 鳴門近辺に来ることがあったら、ぜひ、この店に寄ってみたいと思います。オーツは、一度寄っただけでトリコになってしまいました。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

足摺黒潮市場@土佐清水市

 足摺黒潮市場は、土佐清水さかなセンターの一角にある店です。
http://www.ashizuri.jp/
http://tabelog.com/kochi/A3904/A390404/39000120/
 お土産物などを売っているのですが、その中にレストランがあります。
 この店では、サバの刺身がいいと聞いていたのですが、オーツが行ったときには、あいにくサバがなくて、食べられませんでした。行った時間が遅かったですかね。
 しかたがないので、第2候補のかつおのタタキ定食 1,500 円にしました。

asizuri.JPG

 写真を見ると、かつおのタタキは、肝心のかつおが全然見えません。実は、タマネギやニンニク、わかめに隠れているのです。ほじくり出してみると、かつおのタタキが何切れも入っているのでした。かつおのタタキをたっぷり堪能しました。
 6月ころのカツオは旬だろうと思います。いい時期に行きました。
 他にもいろいろなものが付いていて、これで 1,500 円は安いものです。
 サバが食べられなくても、オーツは満足しました。いかにも高知県のはしっこまで来たなあという感慨がありました。
posted by オーツ at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

とんかつ かつ村@ホテルアバン宿毛

 オーツは、ホテルアバン宿毛に泊まって、
2013.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/366155425.html
夕食をどうしようかと思いました。結果的に同じ敷地内にある「とんかつ かつ村」
http://www.avan-sukumo.com/restaurant.php
http://tabelog.com/kochi/A3904/A390403/39000614/
にいきました。エレベータ内の掲示で、宿泊客は 10% 引きと書いてあったので、ちょっといく気になったわけです。
 飲んだのは、生ビール中 480 円と日本酒(土佐鶴:熱燗)1合 400 円でした。
 食べたのは、揚げ出し豆腐 380 円と、釜めし御膳 1,280 円でした。
 とんかつ屋に行きながら、とんかつは全然食べませんでした(笑)。オーツは肉も揚げ物も苦手なのです。
 合計で 2,540 円ですが、10% 引きで、2,286 円となりました。
 これでも大いに満足しました。
 釜めし御膳は、これだけでも夕食として十分だと思います。
 釜めしは、茶碗3杯分くらいありました。すでに炊きあがったものが釜に入って出てくるのですが、店員さんがテーブルの上で固形燃料を使って温めてくれます。オーツのように酒を飲んだりして、釜めしを食べるまでにちょっと時間がかかると、お焦げができます。実はこれがいいのです。このかりかりした食感が絶妙です。ホーロー引きの釜なので、ご飯が釜にこびりつくわけでもなく、茶碗に簡単によそうことができます。ただし、間違って釜に触ると熱くてやけどします。
 そのほかに、天ぷらの盛り合わせ(えび、カボチャ、しいたけ、シソの葉、さつまいもでしたかね)、漬け物、味噌汁か豚汁、茶碗蒸し、前菜2種類、ごま団子がつきます。みんなおいしくいただきました。温かいお酒とよく合います。
 店員さんはこれらをお盆2枚で持ってきてくれました。
 その内容から考えて、こんな値段で提供していいのでしょうか。
 このあたりは、こんな価格の店が普通なのでしょうか。
 オーツが日本のあちこちで食べた感覚で判断すると、安すぎる感じです。まあ、客側からすればありがたいわけですが。
 店内の一角に、「無料おかわり」のために、ご飯、味噌汁、キャベツの千切りが置いてありました。とんかつ関係を食べる人は、こういうのをいくら食べても大丈夫というわけです。
 まさか、ここで食べるためにヨソからわざわざ来るほどのことはないですが、とにかく、オーツは驚きました。
posted by オーツ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

ホテルアバン宿毛@高知県宿毛市

 高知県宿毛市宿毛(すくも)という、へんぴな田舎にあるホテルです。とはいえ、国道から 200 メートル入ったところにあるわけで、「へんぴな田舎」と言ってはいけないのかもしれません。一応、市街地のまっただ中にあるホテルです。
 国道56号線は、実際走ってみると、信号はほとんどなく、何十キロも走り続けますし、制限速度60キロを越えて走るクルマが大部分で、そういうことが可能なのは、やっぱりクルマが少なくて、道行く人なんて皆無という現状があるからです。
 それはともかく、このホテルは、オーツの気に入りました。といっても、特に目立った特徴はありません。トイレはウォシュレットですし、空の冷蔵庫があって、持ち込み品が冷やせます。浴衣、バスタオル、歯ブラシなどのアメニティグッズも、必要最小限がそろっていて、エアコンもよく効くし、ベッドはセミダブルサイズでゆっくり眠れます。無線LANが部屋で使えます。快適です。などと書きましたが、ホテルとしては、ごくごく当たり前のことです。
 部屋には、UCC のコーヒーセット(フリーズドライのインスタントものですが)が置いてありました。パンフレットによると、カップ麺が無料だそうです。(オーツは食べませんでしたが。)電子レンジも無料で使えます。洗濯機・乾燥機も無料で使えます(洗剤も無料です)。このあたりは、なかなかマネできないかもしれません。缶ビール(スーパードライ)の自動販売機を見ると、500cc が 300 円、350cc が 230 円で、ホテル独自の「大幅な上乗せ」がありません。(オーツは結果的に買いませんでしたが。)
 そして、何といっても、驚きは宿泊価格です。オーツは 2,400 円で泊まりました。食事なしの価格です。
 ホテルのホームページ
http://www.avan-sukumo.com/
から申し込むと、(現金決済に限定されますが)2,400 円なのです。この金額を考えたら、「普通のサービス」がどれほどありがたいか、わかるでしょう。
 どこの田舎(失礼!)でもいいですが、2,400 円で、普通のビジネスホテルのサービスが提供されるでしょうか。オーツは寡聞にして知りません。
 もしも、またこのあたりにきたら、ここに泊まってみたいと思います。2,400 円ですよ、2,400 円。
 オーツの価格感覚が打ちのめされるような気がしました。
 普通のビジネスホテルでは、食事なしで 5,000 円から 6,000 円くらいではないでしょうか。それから考えたら半額でしかありません。
 ちなみに、朝食は 600 円で和定食か洋定食が選べます。オーツは和定食にしましたが、十分おいしくいただきました。
 朝になってから気がつきました。部屋の冷蔵庫は初めは電源が切れているのですが、自分で冷蔵庫内のスイッチを操作して電源を入れます。そのスイッチが温度設定を兼ねているようで、結果的に一番強くしたため(これは意識していませんでした)、冷蔵庫に入れたペットボトルが凍ってしまい、冷たい水を飲もうとしても、ペットボトルからうまく水が出てきませんでした。これはオーツの失敗ではありますが、ホテル側も少し注意してくれてもよさそうなものでした。
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

ボンズ 新大阪店

 オーツがある晩にひとりで飲みに行った店です。
http://www.bonds.co.jp/
http://tabelog.com/osaka/A2703/A270301/27016420/
 とはいえ、最近は、アルコールに弱くなったので、飲みに行ったのか、食べに行ったのか、わからなくなっています。
 大阪に行ったときに、ちょっと立ち寄った店です。
 この店は「和食レストラン」を名乗っています。もらったレシートには「団欒れすとらん」と書いてありました。
 食べたのは、ちゃんこ鍋1人前 523 円と、ボンズ風シーザーサラダ 523 円でした。
 飲んだのは、生ビール中 523 円と、日本酒(冷酒)で「菊水の辛口」300ml 838 円でした。
 ちゃんこ鍋は、野菜がたくさん入っており、その他に豆腐や薄揚げなどが見えました。それに、小さな皿に入った「鶏肉のミンチ」が付いてきます。テーブルの上でポータブルのガスコンロで加熱します。汁が沸騰してきたら、ミンチをスプーンですくって、汁の中に入れます。何と、これがおいしいのです。意外でした。
 WHITE PEPPER と白ごまが調味料として出てきます。煮えたものを取り皿にとった後は、この調味料を振りかけて食べます。この調味料、ごく普通のものですが、テーブルで、自分でゴリゴリとすり下ろして食べるようになっています。実に香りがいいのです。汁自体がおいしいのに加えて、この調味料の香りが効いて、オーツは幸せな気分になりました。(日本酒が効いたのかもしれませんが。)
 ちゃんこ鍋はこの店の得意料理らしいですね。
http://www.bonds.co.jp/menu.html
には、「ボンズ名物! ちゃんこ鍋」とうたっています。
 追加の具材として、えびや豆腐に加え、うどん、ちゃんぽん、もち、雑炊などもありました。こんなものも入れて食べたらおいしいでしょう、きっと。でも、オーツはそんなに食べられないのです。
 シーザーサラダも、たっぷりしていました。いろいろな材料が盛り込まれていました。一人で食べたら「もうけっこう」になってしまいました。
 ビールと日本酒を飲んで、オーツはいい気分になりました。
 もう少し料理を頼もうと思っていたのですが(実は餃子の写真がおいしそうでした)、とてもそこまではいきませんでした。
 最後にレジで会計してみると、合計で 2407 円ということで、じつに安いものでしたが、それでも、オーツは満足しました。また来たいと思いました。たぶん、また来るでしょう。新大阪に泊まったら、食べるのはここで決まりです。変な食事をするくらいなら、ここで鍋料理1人前とアルコールを楽しんだほうがいいに決まっています。
 「ボンズ」はチェーン店のようです。
http://www.bonds.co.jp/restaurant.html
関西のあちこちにお店があります。
 この店は、お通しがないのですが、大阪ではそれが普通なのでしょうか。(オーツは知りません。)明朗会計です。「お通し」は悪習です。止めるべきです(キッパリ)。
 後で、もらったレシートを見てみると、(上に書いた値段も、レシートを見て書いているわけですが)「★アルコール確認★ 0円」と書いてありました。これは何でしょうか。
 オーツが店にいたときに、店員と客の声が聞こえてきましたが、ある客がノンアルコールビールを注文したところ、店員が「おクルマですか」と聞いていました。年齢はどうか、クルマで来たのかどうかなどを店側としては確認しているのでしょう(当然ですが)。それがレシートに現れたものとみています。
 しかし、客に渡すレシートにわざわざ書くことはないでしょうね。
続きを読む
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

大阪ガーデンパレス@新大阪

 オーツが大阪に行ったときは、たいてい、大阪ガーデンパレスに宿泊します。
http://hotelgp-osaka.com/
 普通のビジネスホテルといった感じです。
 今回、3連泊しました。ちょっと気がついたことをメモしておきます。
 まず、いいところですが、シャワーヘッドが新しくなっていて、お湯のあたり方が柔らかく、それでいてお湯がまっすぐに飛び出てきます。とても快適なシャワーでした。今まであちこちのホテルでシャワーを使いましたが、ここのがベストだと思います。うれしい驚きでした。
 オーツがイマイチだと思ったのは、朝食でした。バイキング式で、自分で何でも自由にとることができるわけですが、味噌汁の味がイマイチでした。3日とも食べましたから、自信を持っていうことができます。もう少しダシを効かせるほうがオーツの好みです。イマイチと言いながら、3日とも食べているのがオーツの流儀です(笑)。
 次に、ご飯がおいしくないと思います。ジャーにたっぷり入っていますが、温泉玉子をかけて食べたり、カレーと一緒に食べたりしましたが、ご飯にちょっと固いところがあって、これもイマイチです。ただし、おかゆも提供されていて、こちらはおいしいです。ご飯の炊き方で固めのところがあったとしても、おかゆには無関係ですからね。というわけで、オーツとしては、ご飯でなくて、おかゆをおすすめします。近くに、細切りの漬け物や梅干しなどが置いてありますから、それらをおかゆにのせて(全体をかき混ぜてもいいですが)食べると、とろとろした食感があって、おなかにやさしく、とてもいい感じです。
 このホテルに宿泊していて、一つ不思議な現象がありました。
 部屋にあるバスタブにお湯を張ったときのことです。1日目も2日目も、透明なお湯が出て快適だったのですが、3日目は、お湯を張ったら、白濁していました。お湯の表面には細かい泡が浮かんでいます。清掃の不備なのかもしれません。そこで、バスタブにたまったお湯を捨て、ちょっとシャワーでバスタブを洗い、再度お湯を張り直しました。すると、今度は透明なお湯になりました。まあ、これくらいのトラブルはあまり気にしませんが、完璧なサービスを基準にすると、若干問題があるように思います。
 この件は、チェックアウト時にフロントに伝えておきました。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

すし銚子丸の「インターネット割引券サービス」の廃止

 オーツは、しばしばすし銚子丸に行きますが、たいてい、チラシかインターネット割引券を持参しています。割引券は、やっぱり効果が大きいですからね。
 しかし、今、インターネット割引券のページ
http://www.choushimaru.co.jp/coupon/index.html
を見ると、6月15日まででこれが廃止になるという話です。
 新サービスが導入されるという予告がありますが、さて、実際はどうなるのでしょうか。
 チラシのほうも、1枚200円の割引券だったのが、先月から150円の割引券になってしまいました。50円とはいえ、値上げされたも同然です。銚子丸に行きにくくなってしまいました。
続きを読む
posted by オーツ at 04:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

西友ネットスーパーがネットスーパー便と配送センター便に分かれる

 オーツは、たまに西友ネットスーパー
http://www.the-seiyu.com/
を利用してきました。
2012.8.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/289236145.html
2012.7.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/279161050.html
 最近、アクセスしたら、今までのシステムがネットスーパー便と配送センター便の二つに分かれていました。
 配送センター便は、ビールなどの重いものが該当するようで、宅配便で送ってくるというのです。ネットスーパー便は店舗から届くので、今まで通りのような感じです。
 さて、このような変更で困ったことは、ビールの配達時間が指定できなくなったことです。
 今までならば、2時間の幅で配達時間を指定すると、その時間に配達してくれました。
 しかし、宅配便では、それができません。それどころか、配達日時が3日の幅で示されるようになってしまいました。注文後に確認メールが来ましたが、それによれば「配送センター便は、宅配便にてご注文日から1日〜4日後にお届けします。」だそうです。これでは、必要なときにさっと注文するというような使い方ができません。
 長年ここを愛用してきたのですが、今後もここを使い続けるかどうか、大いに悩んでいます。
 やっぱり、こういうネットスーパーはコストがかかって営業を継続するのはむずかしいのでしょうかね。
posted by オーツ at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

パソコンが熱くなる

 オーツは、最近、Windows Xp から Windows 7 のノートパソコンに乗り換えました。
2013.5.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/358065936.html
 で、新しいパソコンを快適に使っているのですが、ふと気がつくと、このパソコン(DELL LATITUDE E6500)は、使っているうちに熱くなるのです。
http://www.jp.dell.com/jp/ja/premier/notebooks/laptop_latitude_e6500/pd.aspx?refid=laptop_latitude_e6500&cs=jppremier1&s=premier
 ノートパソコンは、だいたい、底面が放熱板を兼用しているので、下側が熱くなることが多く、ヒザの上で使ったりすると、その熱さを感じるわけですが、このパソコンは手が熱くなります。
 初めは、左右に付いているスピーカーのメッシュの隙間を伝わって熱い空気が流れ出るのかと思いましたが、そうではなくて、向かって左側の側面にある通気口から熱い空気が出てくるのです。内部でファンが回っている音がします。通気口から熱が伝わって、キーボードの左側のほうの全体が熱く感じられます。左側のスピーカーは、かなり熱くなりますが、右側はそんなことありません。
 冬は、温かくて気持ちいいでしょうが、夏は大変です。右手は、キーボードから離れてマウスに移動することもあるのですが、左手はキーボード上にあることが多く、そのたびに熱を感じることになります。
 涼しい(少なくとも熱くはない)パソコンがほしいと感じる今日この頃です。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

三角コーナーの中に落ちた豆腐は食べる気がしない

 オーツは豆腐を賽の目に切るとき、よく手のひらにのせて包丁で切ります。
 先日、いつものように切っていたら、ちょっとバランスを崩して、2×2×3=12個に切り分けたサイコロサイズの豆腐のうち、半分くらいが手から落ちて、流しにおいてあった三角コーナーの中に入ってしまいました。
 まあ、拾い上げて食べてもいいのだけれど、何となく汚いような気がして、食べるのがためらわれました。
 でも、考えてみると、変です。
 三角コーナーといったって、別に汚いものを入れておくものでもなく、入っているのは食材の切れっ端みたいなものです。全然汚いものではありません。しかし、中身は全部捨てる予定のものとみなされます。
 その中にポトンと落ちた豆腐は、「汚い」ものであるかのように意識されるのです。いや、そもそも「汚い」とはどういうことでしょうか。
 汚くないものであっても「汚い」とみなすというのは、差別意識と同じものです。
 手のひらの上にある豆腐と、三角コーナーの中にある豆腐と、同じ豆腐を切り分けただけです。何も変わりません。床に落ちてホコリがついた豆腐とはまったく意味がちがうのです。
 オーツは、自分の心の中に「差別」がしっかり根付いているような気がして、見たくもないものを見てしまった気分になりました。
 豆腐を落としただけで、大げさですかね。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

はま寿司の評判が悪い

 オーツがいろいろネットを見て回っていたら、「投書箱」に「はま寿司」の評判が載っていました。
http://toshobako.jp/restaurant/%E3%81%AF%E3%81%BE%E5%AF%BF%E5%8F%B8
 いくつかの店舗で、問題のある対応をしたようです。クレームの件数が膨大です。
 他にも、ブログなどで同様の声がありました。
http://ten-daisukiyanen.blog.so-net.ne.jp/2010-11-08
http://www.nandemo-best10.com/f_restrant-family/z140.html
 オーツが食べた限りでは、はま寿司でそんな問題視するほどのことはなかったのですがねえ。店舗数が多く、店員さんも多いと、クレームも多くなるのでしょうか。しかし、店舗数で割り算して考えても、クレームが多いということになります。
 こういう投書箱システムでは、おいしいと思った人・満足した人は、たいてい何も書かないでしょう。だまってまた来店するだけだと思います。だから、どうしてもクレームが多くなってしまうものです。
 ちなみに、他の100円系の回転寿司の投書箱も見てみました。
かっぱ寿司
http://toshobako.jp/restaurant/%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%B1%E5%AF%BF%E5%8F%B8
くら寿司
http://toshobako.jp/restaurant/%E3%81%8F%E3%82%89%E5%AF%BF%E5%8F%B8
スシロー
http://toshobako.jp/restaurant/%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%BC
ともに、まあまあです。
 「投書箱」という仕組みは、ちょっと怖いですね。
posted by オーツ at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

はま寿司 経堂店

 オーツの勤務先からはちょっと遠いのですが、「はま寿司 経堂店」ができました。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13138966/
2012年3月1日の開店です。
http://kaiten-heiten.com/hamazushi-kyodo/
 オーツの場合、はま寿司は、今までに、「フォレオ菖蒲店」
2012.8.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/287780490.html
それに「小野崎店」
2010.11.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/169548528.html
2008.11.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/110155418.html
2007.12.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/73394621.html
に行ったことがあります。
 普通においしく食べられた記憶があるので、経堂店にも行ってみました。クルマで行くのでないと、ちょっと遠いです。しかし、行く際には世田谷区の狭い道路をひやひやしながら15分ほど運転しなければなりません。カーナビ必須です。
 さて、この店は、平日は1皿90円(税込み94円)という価格です。とってもお得な価格設定です。
 オーツは、8皿ほど食べてしまいました。それでも、94円×8=752円ということで、ほぼ105円寿司の7皿分に該当します。
 ま、この値段で寿司が食べられたらいいのではないでしょうか。ちょっとシャリが小さいような気もしますが、90円で2貫が乗っていると思うと、納得できます。
 テーブルの上に醤油が何種類も並んでいました。そんなに並べられても、どれを選んだらいいか、わからないのですけどね。目で見る、気分だけのぜいたくと言ったところでしょう。
 帰りもまた複雑な道を通りました。カーナビが行きとは別の道を指示したのです。いやはや、世田谷区はホントに道路事情が悪いところです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

子供の使ったものを孫に使わせる

 オーツの自宅には、昔のものが残されています。
 オーツは、そういうのは今後数十年使わないと見込んだ時点で捨てる主義です(必要になればまた買えばいいと考えます)が、妻はそうでもなくて、何でもとっておく主義です。そんなわけで、オーツの自宅はゴミ置き場兼用です。
 最近、孫がオーツの自宅に遊びに来たとき、読んでやる絵本は、30年前の日付のものです。(30年分のほこりがたまっているのではないかなと心配です。)積み木も30年前のものです。こちらは段ボール箱入りですから、ほこりは付いていないようです。よくとってあるなあと感心します。
 先日は、子供が使っていた赤ちゃん服を孫のためにプレゼントということで、妻が用意していました。30年前のものを孫が着てくれるのか(子供が着させるのか)、心配です。着たとたんにビリビリと破れるとかいうことはないのでしょうか。
 妻は得意げですが、30年間の保管料を考えると、この衣類は馬鹿高いものになっているように思います。
 自宅はオーツと妻の所有物なので、保管料という意識は(妻には)ないのでしょうが、自宅といっても、もしも借りていれば家賃がかかるわけで、自己所有といっても家賃分を一括して先に払っているだけです。家賃相当額を自宅の体積で割って、衣類1枚あたりの30年分の保管料をちゃんと計算してみると、いったいいくらになるのでしょうか。
 ヒマがあれば、そういう計算もきちんとしてみたいところです。

参考記事:
http://suumo.jp/journal/2011/12/09/8103/
タグ:子供
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

藤沢数希(2012.9)『外資系金融の終わり』ダイヤモンド社

 オーツが読んだ本です。「年収5000万円トレーダーの悩ましき日々」という副題がついています。
 外資系金融機関がとんでもないことをしていて、それを内部に在籍していた人が告発調で明らかにしています。まあ端的に言うと業界の裏話の本といった感じです。
 読んでいくと、けっこう生々しい話が出てきて、おもしろいと思います。
 一例を挙げると、p.121 には、外資系投資銀行のセールス部隊が、顔のいい女子大生を多数社員として雇って、夜にファンドマネージャーを接待させることにしたという話が出てきます。社員とはいいつつ、20代の素人ホステスの誕生です。自分たちでキャバクラを始めたようなものだということです。そして、こういう営業がよく効くのだそうです。
 もう一つ、オーツが驚いたのは、p.137 に出てきますが、外資系投資銀行にある「人事部」の存在理由です。なんと、いかに特定社員を自主退職に追い込むかが仕事だというのです。もちろん、クビを切ろうと判断するのは上司なのですが、そう判断したあとの後始末は人事部が行うというわけです。
 こんな調子で、さまざまな話が明かされます。本という形ではうまく書けなかった部分もあるようで、p.60 と p.128 には伏せ字(黒く塗りつぶされた部分)が出てきます。いやはや、いやはや。こういう本で伏せ字が出てこようとは思いませんでした。
 ともあれ、業界ネタばらし本として、大変おもしろく読みました。
 一見華やかな外資系の金融機関ですが、いろいろな問題もあるということです。


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

涼しいシート(続)

 イスに座って使うファン付きのシートでは、amazon が充実していて、いろいろ売られています。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%A9%BA%E8%AA%BF+%E5%BA%A7%E5%B8%83%E5%9B%A3&tag=yahhyd-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=29206571035&ref=pd_sl_8lclhmu30t_b
「空調座布団」というキーワードで探すといいのかもしれませんね。
 「空調ざぶとん KZBS02 スタンダードタイプ」

あるいは西川産業の「エアロシート」

あたりがいいかなと思いました。カスタマーレビューも割と高評価です。
 いずれも電池式で、単3×4本で20時間稼働します。充電池+充電器と一緒に買うことになりそうです。
http://item.rakuten.co.jp/ec-orange/nk-2786437-1/

のほうが安いかもしれません。それにしても、充電池2セットと一緒ということでは、高いし、めんどくさいです。充電池1セットでは、充電の時間がかかるので、ちょっと実用的ではありませんし、……。
 やはり、AC電源で使える「空調ざぶとん AC電源対応 エアークールクッションACC140」

がいいように思いました。オーツは、えいやっということで、amazon で 6,150 円で買いました。
 実際使ってみると、座り心地がいいことに驚きました。スイッチを「H」にすると、風量が多めで、暑いときにはぴったりです。ファンの音がちょっとうるさいくらいです。スイッチを「L」にすると、風量が半分になりますが、静かです。これくらいでもいいかもしれません。問題は、静かすぎて、オンになっていることに気がつかず、席を立つときスイッチを切り忘れてしまうことです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

涼しいシート

 夏になると暑くなり、イスに座ると太もものところに汗をかいて不快です。
 そこで、数年前から「USBひんやりクッション」
2008.8.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/104025328.html
を使うようにしています。
 ところが、昨シーズン、これが壊れてしまい、「USB ひんやりクッション2」
http://www.thanko.jp/product/1667.html
というのを買いました。後継機で、値段が 1260 円と圧倒的に安いものです。「MADE IN CHINA」です。
 しかし、使ってみると、通気量が不足していて、あまり冷えない感じです。さらに、使い始めて1週間ほどでファンが壊れてしまいました。風が出てこないのです。というわけで、「USB ひんやりクッション2」は捨ててしまいました。
 今年も、そろそろこういうのを使い始める時期です。オーツは、どうしようかと思いました。同じものを買ってもなあということです。
 ふと気になって、amazon を見てみると、
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC-USBHCU02-USB%E3%81%B2%E3%82%93%E3%82%84%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%9AUSBHCU02/dp/B0057M0678/ref=pd_rhf_cr_p_t_2_H885
「USB ひんやりクッション2」に関して4件のカスタマーレビューがあり、みんながファンが弱いといっていました。コメントを見れば、みんな同じように感じているということですね。こういうのを確認してから買えば(いやそもそも買わなければ)よかったですね。
 今年は、クルマ用の「クールエアーカーシート」というのを書斎で使うことにしました。
2013.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/360962900.html
しかし、できたら、勤務先でも一つあるといいと思います。いや、むしろそちらの方が大事かと思います。オーツのオフィスは午後になると直射日光にさらされる位置にあるのです。しかも、節電ということで、中央コントロールで冷房が強制的に弱く(温度設定を高く)させられます。
 こういうシートの必要性は、暑い日中の大半を過ごすオフィスでこそ高いというわけです。
 さて、何にしましょうか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする