2013年05月31日

ヨネザワの乾燥カットねぎを味噌汁に入れる

 オーツは、お弁当タイムにインスタント味噌汁を作ることがあります。
 そのとき、いくつか具を追加することにしています。
2013.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/324045977.html
 今回、ヨネザワの乾燥カットねぎ
http://mognavi.jp/food/486307
を試してみました。20g 入りの袋が、スーパーで 105 円で売られていました。
 わかめ、麩、根昆布入りとろろに加えて、乾燥カットねぎも入れると、豪華な味噌汁になりました。
 自分でねぎを刻んでもいいですが、出先などでは、なかなかそうもできないので、これは重宝すると思います。
 味噌汁としては、4種類も具を入れなくても、2〜3種類でも十分なようです。であれば、どれかの具材を使い切って、ストックが切れてしまっても問題なくて、全部なくなってから(他の具材だけで味噌汁を作ることにして)次のものを買ってくればいいということになります。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

下駄箱の上に置いておいた電球が割れてしまう

 オーツは、ポーチのところの電球を交換しました。
2013.5.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/364145242.html
 で、切れた電球を下駄箱の上に置いておき、「帰ってきたら電球をしかるべきところにきちんと片付けよう」と思い、そのまま外出しました。和民に軽い夕食を食べに行ったわけですが。
2013.5.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/364263224.html
 さて、オーツがいい気持ちで自宅に帰ってくると、下駄箱の上に置いておいた電球が下に落ちており、当然のことながら、粉々に割れていました。破片は玄関内に散乱していました。
 風もない室内で? 電球が落ちる?
 そこで、はたと思い当たりました。ネコです。
 オーツの家で飼っているネコが、ひょいと下駄箱の上に登ったのでしょう。そこで見つけた不思議なもの(今までに見たことのない形のもの)にちょっかいを出して、落としてしまったのでしょう。
 粉々に割れた電球を拾い集めるのには、非常に緊張しました。以前、こういう作業をしたとき、割れたガラスで指を切ってしまったことがあったのです。意外にスパッと切れます。というわけで、慎重に破片を集め、最後には掃除機で吸い取りました。まあ、これで大丈夫でしょう。
 気がつかないうちに素足で歩いて足を切ったとかいうことにはならずにすみました。
 それにしても、いたずら好きなネコです。
 オーツは、電球を下駄箱の上に置いておくことが危険なことだとは思いもよりませんでした。
 ネコと暮らすということはこういうことなんですね。
ラベル:電球 ネコ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

和民 新江古田駅前店 で軽い夕食(4回目)

 以前にも、オーツは和民で軽い夕食をとったことがありました。
2012.12.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/305598022.html
 先日も、ちょっとこんなことにしようと思いました。一人での夕食です。
 頼んだのは、燗酒(大:2合)523 円と「野菜たっぷりあんかけそば」523 円でした。それに、頼んでもいませんが、三種の彩り前菜 367 円がついて、合計で 1,413 円でした。例によって、割引券
http://www.hotpepper.jp/strJ000141581/map/?vos=cphppallyaho110623021
を持参しましたので、53 円引いてくれて(食べ物だけの 10% 引きということなので、あんかけそば 523 円の 10% という計算でしょう、たぶん)、合計金額 1,360 円の安易な夕ご飯になりました。
 あんかけそばは、メニュー
http://www.watamifoodservice.jp/menus/pages/watami/grand/east/
にあるような、固焼きそばに具材がのっているのではなく、大皿に揚げたそばだけが出てきて、それとは別に、ピビンバなどを入れるような石焼きの鍋が木の板にのっていて、その中で具材がグツグツ煮えていました。スプーンで、揚げたそばの上に具材をのせて、箸で食べました。けっこうおいしく食べられました。
 燗酒も温かかったし、あんかけそばも温かく、全体にほわんとした雰囲気になりました。
 オーツとしては、こんなものでも十分満足しました。やはり、年齢とともに少食になってきているのかもしれません。
posted by オーツ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

再度、玄関外のランプが切れる

 玄関の外側のポーチに付いている照明器具の話です。
 1ヶ月前に、ランプの交換をしたばかりなのに、
2013.4.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/355116268.html
またランプが切れました。
 ついでにオーツの頭も切れました。
 たった1ヶ月しか持たないランプなんて、おかしいとしか思えません。ほとんど「不良品」といえそうです。100 円の製品についてあれこれいうことはしませんが……。「MADE IN CHINA」のせいではないかと疑ってしまいます。とにかく2回もこんなことがあったら、もうこのランプを使う気はしません。
 以前のブログ記事で書いたように、この際だから、LED 電球の E-17 タイプのミニクリプトン型を買おうと思いました。
 しかし、電器屋さんに行ったら、LED 電球には、調光機能に対応しているものと対応していないものがあるという話です。オーツの自宅のポーチに取り付けてあるのは、人が近づくと明るくなる(人感センサ付きの)ものですから、調光機能が働いています。ということは、それに対応した LED 電球を買うしかありません。
 電器屋さんでは 350lm のものを 2,980 円で売っていましたが、さて、ネットではどうなのでしょうか。
 kakaku.com で見ると、
http://kakaku.com/item/K0000098726/
シャープ DL-J40AN が 570 円で売られていました。310lm ですが、たぶん使えるでしょう。送料が 525 円と高いのですが、これもしかたがないでしょう。合計 1,095 円で買うことにしました。
 ネットショッピングであっという間に手続きが済んでしまいました。
 数日後、宅配便で送られてきたものを、照明器具のカバーを外して、内部に取り付けました。
 4.5 ワットですが、ずいぶん明るく見えました。
ラベル:電球 Led ランプ
posted by オーツ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

歯の被せものがとれる

 オーツが自宅で食事をしていたときのことです。
 突然、銀色の歯の被せものがとれてしまいました。
 食べている途中に、食べ物に石が混じったような感じでした。
 しかし、その固いものをよく見てみると、歯の被せものだったというわけです。
 歯医者さんに行って、とれてしまったものを、再度、つけてもらいました。接着剤を塗ってくっつけて終わりです。
 歯医者さんは、カルテを見てもこの被せものの記録がないので、数年以上前に別の歯医者がつけたものだろうという話でした。オーツも記憶がありません。そんなことをしましたかね。
 2007 年ころに、オーツが通う歯医者さんを代えました。
2008.5.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/95580796.html
 ですから、その前の歯医者さんか、そもそも現住所に引っ越してくる(1999年よりも)前の歯医者さんにつけてもらったものなのでしょう。
 しばらく様子見です。
ラベル:
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

プアハウス@江古田駅北口

 プアハウスは、知る人ぞ知る江古田の喫茶店です。この店で有名なのは極辛のカレーです。
 オーツは以前からこの店のことが気になっていました。江古田でカレーが有名な店で、辛さが選べず(一種類しかなく)、しかも極辛だけを提供するという信念は立派です。
 先日、時間ができたので、ランチに行ってきました。
 お店に入ると、古いメニューが出てきました。角がすり切れています。もう何十年も使い続けてきたという感じのメニューです。その間中、値上げはしてこなかったのでしょうか。いや、中身だけ書き換えたのでしょうね。
 ともあれ、カレーを注文して、待ちました。
 カレーはルーとライスが別になっているタイプです。それに、砕いたチーズとキュウリの薄切りが付いています。これらをご飯の上にのせて食べます。ご飯の上にはゴマがかかっています。
 カレーのルーはさらさらタイプで、中にはチキンが2個、ごろりと入っています。
 さて、実際にこのカレーを食べてどうだったか。
 まず、辛さですが、オーツの感覚では、もう少し辛いほうが好きです。一応、辛口だと思いますが、「極辛」というほどではありません。
 香辛料は何を使っているのでしょうか。ちょっと食べたことがない味です。それを味わうためにも、一度は食べてみる価値のあるカレーだと思います。
 とはいえ、「おいしいか」という点では、十分おいしいとは思いつつも、もう少しおいしさがほしいように思います。カレーとしては、辛さももう少しほしいということで、ほんのわずかですが、残念な気分でした。1000 円という値段はやや強気の価格設定です。有名店だし、これでいいと思いますが、オーツの感覚ではもう少し安くしてもいいかなと思いました。
 ともあれ、この店のカレーを食べたことはいい経験になりました。この店でしか食べられないオリジナルカレーです。カレー好きの人なら、一度は食べてみるべきでしょう。自分の舌で味わって、さて、どんな感じになるでしょうか。

参考記事:
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13009003/
http://www.ekodabiyori.com/?p=28
http://s-nerima.jp/wp/4459
http://ameblo.jp/ropefish/entry-10341656636.html
http://ccc-cc.cc/?p=13
http://yaplog.jp/soshoku/archive/1574
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/15857/
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

Google Chrome で nifty のメールボックスにアクセスできない

 オーツは、ブラウザとして Google Chrome を愛用しています。Internet Explorer よりも動作が速くて、便利だと思います。これでいろいろなサイトにアクセスしていました。
 ところが、先日、プロバイダの nifty にアクセスして、ウェブメールのメールボックスを見ようとしたところ、アクセスできなくなりました。以前から何十回も(何百回も?)Google Chrome でアクセスしてきて、全然トラブルがなかったのですが、……。メール画面で、IDとパスワードを入れてログインすると、ブラウザの表示が全面真っ白になってしまいます。他の画面や他のサイトはちゃんと見られます。また、Internet Explorer でアクセスすると、ちゃんと見られます。
 しかたがないので、nifty のサポートに電話して、尋ねました。すると、推奨ブラウザは Internet Explorer と Safari だけで、Google Chrome は不都合が起こることがあるといわれてしまいました。
 残念です。
 オーツにとっては、せっかくの快適な環境がぶちこわしになってしまった感じです。
 ブラウザのシェアを見てみると、
http://lhsp.s206.xrea.com/misc/browser-share.html
日本のブラウザでは、2013年5月段階で、Internet Explorer が約50%、Google Chrome が約24%、Firefox が約14%となっています。
 nifty は、第2位のシェアを持つ Google Chrome を無視して当然という態度であるわけですが、こういうことでは、オーツは、どうにも nifty が好きになれません。
 ちなみに、世界のブラウザについては、
http://blogos.com/article/53692/
に記事がありました。世界では、Google Chrome がトップなんですね。
posted by オーツ at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

プリウスαの短所

 プリウスαの長所については昨日の記事で触れました。
2013.5.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/363015857.html
 プリウスαの短所についても、オーツの感じたことを三つほどメモしておきましょう。
 まず、加速が悪いことです。アクセルをぐいっとかなり強く踏んで発進すればいいのですが、そうでないと周りのクルマに比べてちょっともたもたした感じになります。走行モードが(何も設定しなければ)「通常」モードになっていることも関係しているでしょう。「POWER」モードにすれば、加速がよくなります。しかし、オーツは燃費のほうを重視するタイプなので、「POWER」モードは避けたいと思います。「ECO」モードにすれば、さらに燃費がよくなるという話ですが、「通常」モードよりもさらに加速が悪くなるようなので、そこまではしたくありません。
 もう一つの短所ですが、これは今まで乗っていたウィッシュと比べた場合の話ではありますが、運転席周りの物入れが少ないと感じます。たとえば、ドアポケットが小さくて、A4の道路地図が入りません。オーツはよく旅行関連の情報をパソコンで調べて、プリンタに出して持参するのですが、そうするとA4になります。この紙の置き場にも困ります。二つ折りにすれば、もちろんドアポケットに入りますが、それでは(折った紙を広げる必要があって)不便です。また、ゴミ入れがないのも不便です。ウィッシュにもなかったのですが、コイン入れと飲み物置き場(ドリンクホルダー)を兼用する小さな引き出しをゴミ入れとして使っていました。ゴミのうち、一番困るものがガムのかみ終わったものです。紙に包んで捨てますが、さて、どこにどうすればいいのでしょうか。運転中にちょっと眠気を感じたときなど、ガムが活躍しますが、その後始末が大変そうです。やはり、電池の上の飲み物置き場をゴミ置き場として使うのでしょうかね。灰皿でもあれば、それをガム捨て場に転用するのですが、プリウスαには、最近の喫煙率の低下を反映してか、灰皿もありません。シガーライタはあるのですが……。
 それから、三つ目に、7人乗りのプリウスαに限った話ですが、運転席と助手席の間に設置されているリチウムイオン電池が邪魔です。電池はどんなときに邪魔と感じるでしょうか。
 第1に、運転席から後席まで車内を移動できません。車内のウォークスルーはダメということです。雨の日など、車外に出ずに後席に移動したい場合だってあるでしょう。でも相当に苦労します。まずできないと思います。
 第2に、駐車場によっては、ドライバーが助手席から乗り降りしたいこともあるでしょう。クルマをギリギリまで右の壁に寄せて駐車したいとかいうような場合です。これもきわめて困難です。
 第3に、助手席のシートに何か乗せておいて、(急なブレーキなどで)それが足元に落ちると、運転席に座りながら手を伸ばして拾い上げることができません。シートに肘掛けがついているタイプのクルマだと(前のウィッシュがそうでしたが)、肘掛けを跳ね上げれば、運転席から助手席の足元くらいまで何ということもなく手が伸ばせました。
 先日は、ちょっと風が吹いていて、窓を開けたら、助手席のシートに置いておいたレシートが風で飛ばされてしまいました。レシートは助手席の足元に落ちたのですが、これが拾いにくいのです。赤信号で止まったようなちょっとした時間では拾えません。オーツの場合は結局駐車するまでとれませんでした。意外な弱点でした。
続きを読む
posted by オーツ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

プリウスαの長所

 オーツは4月からトヨタのプリウスαに乗り始めました。
 2ヶ月弱ほど乗り回してみて、(走行距離は約1300キロで、まだ長距離ドライブは経験していませんが)一応の長所と短所がわかってきました。ちょっとここでオーツの感じたことをメモしておきましょう。
 プリウスαの長所ですが、まずは何といっても燃費の良さです。運転席から見えるメーターによれば、ガソリン1リットルで 18km から 20km 走ります。プリウスαのガソリンタンクの容量は 45 リットルですから、ガス欠になるまで走ると、計算上は(リッター18kmとして)18×45=810km も走ることになります。ほんとにこんなことが可能なのか、そのうち経験してみたいものです。(とはいえ、ガス欠はいろいろと面倒だし、危険なことなので、起こしたくないと思いますが。)
 2回だけですが、満タン法(前回満タンにしたときから次回満タン時までの走行キロと給油量から燃費を計算する方法)でも計算してみました。1回目は 507km 走って、29 リットルでした。割り算すると1リットルあたり 17.5km です。2回目は 707km 走って、36 リットルでした。1リットルあたり 19.6km でした。高速道路を使ったあとなので、燃費がよかったのかもしれません。いずれにしても、メーターの表示とあまり変わりません。
 プリウスαの燃費はすばらしいと思います。ウィッシュと比べて、ガソリンの給油量が4割ないし5割ほど減ったことになります。
 ただし、これからの季節はエアコンを使いますから、燃費は悪くなるはずです。どれくらい悪くなるかという問題もあります。
 もう一つの長所ですが、車内が静かなことです。ハイブリッド車は、ガソリンエンジンが回っていないときがあり、特に、交差点や信号などで止まったときでも、エンジンがストップしますから、きわめて静かです。SD カードに入れた音楽が車内にとてもよく響き渡ります。
 短所もあるのですが、それについては明日にしましょう。
ラベル:プリウスα
posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

買物をしたら地下鉄の網棚に置き忘れてしまった

 オーツが買物をして、白い紙袋を持ち歩いていたときのことです。
 カバンの他にもう1個荷物を持っている状態でした。夜になって、数人でちょっと飲んでから都営地下鉄大江戸線に乗って自宅付近の駅までやってきました。電車から降りて、改札口から出ようとして、紙袋を持っていないことに気がつきました。
 あ、そうだ。電車の網棚に置いたままだった!
 すぐに駅員に連絡しましたが、もう見つかりませんでした。
 翌日、忘れ物センターに電話すると、それらしい紙袋が光が丘駅で見つかっていて、今は練馬駅に届いているとのことでした。やれやれ。さっそく練馬駅まで取りに行きました。
 オーツは買物をしたわけですが、その品物は、丸1日かかって無事に手元に返ってきました。都営地下鉄の職員の皆さんには感謝しています。
 このような忘れ物の荷物をどこかの駅に届けるということは、ずいぶん人件費がかかっていることでしょう。乗客の場合は自分で勝手に電車に乗り降りしますが、荷物は人間が移動しなければなりませんからね。
 そんなことを考慮すると、忘れ物を発見したら、引き取り手数料を請求してもいいのではないでしょうか。たとえば、定額にして、1個あたり 2,000 円とかです。そうすれば、2,000 円(+自宅からその駅までの往復の運賃)以下の価値しかないものは、捨てる決心が付きます。傘なんかは地下鉄側が処分するケースが多くなりそうです。ホントに大事な(2,000 円を払ってもいいと考える)ものだけ、取りに行くことになります。
 今は、そんな手数料は取られませんから、ちょっとしたものでも、忘れ物を取りに行くし、駅員さんはゴミみたいなものでも、きちんと手続きをして保管しなければなりません。お互い、非効率なように思います。

 それにしても、酒を飲んだあとは、荷物を網棚に置かないようにしないと安心できません。
 オーツはちょっとした失敗をしてしまいました。今回の損失は、金額的には、練馬駅までの往復の交通費 340 円ですが、それ以外にオーツの時間がかかっています。これが痛いわけです。時給換算したら、……いや、そういうことは考えないようにしましょう。
posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

ファイルを USB メモリにコピーしたはずが、……

 オーツが京都まで出かけたときのことです。
 新幹線の中で、ちょっと仕事をしようと思いました。ちょっと急ぎの原稿訂正の仕事があったのです。
 普段使っているパソコンは大きくて重いので、京都まで持参するのは大変です。そこで、携帯型の小さくて軽いパソコンを持参することにしました。パワーポイントを使うときにこのパソコンを使うようにしています。
 今は新幹線の座席のところに 100V の電源が来ているので、電池の心配をせずに、パソコンが使えるのです。ありがたい時代になったものです。
 問題は、ファイル類です。メインマシンのパソコンのハードディスクに収まっているファイル類のうち、主要なものを USB メモリにコピーして持参する必要があります。
 そのために、オーツは、 Disk Mirroring Tool というソフトを使っています。本来はバックアップソフトです。そのソフトの中に、一つの設定として、「USB 持ち歩き」というプロジェクトが記述してあります。そこでは、30個ほどのフォルダーを USB メモリにコピーするように指定がしてあります。個々のフォルダごとに、サブフォルダを含めるのか含めないのかなどが指定できますし、ハードディスク側のほうが更新日付が新しい場合だけコピーしますし、しかも、そのタイムスタンプの比較時に何秒以下であれば無視するという設定ができるので、何らかの原因でちょっとタイムスタンプがずれてしまっても大丈夫ということで、このソフトを愛用しています。
 これでハードディスクから USB メモリに関連ファイルが数千個(?)コピーされるようになっています。日常的にはこのファイルだけで間に合うはずです。
 ところが、いざ、新幹線の中で書きかけの原稿をチェックしようとしたら、肝心の原稿ファイルがありません。何と、USB にコピーする指定をうっかりしていたのでした。
 いやはや、いやはや。せっかくの2時間(×往復)が使えなくなってしまいました。
 まあ、USB メモリに入っていた他のファイルで仕事をしましたので、時間的な損失はあまりなかったのですが、それにしても、急ぎの仕事だったのに、それができなかったのは残念でした。
 コピーするときに、ちゃんと確認すればよかったのですが、……。
 こういうのも、オーツのボケの始まりでしょうか。
posted by オーツ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

京都の地下鉄に SUICA で乗れる

 最近、交通系のカードが全国共通化されました。
 そういうことは、オーツも知ってはいたのですが、先日、京都に出かけたときは、つい、いつもの習慣で切符を買ってしまいました。目的地に着いてから、改札口を出るところではたと気がつきました。
 地下鉄の駅員に確認すると、確かに SUICA で乗れるようになったとのこと。
 帰りだけは、SUICA で乗りました。
 現金で切符を買うと、手間がかかるし、おつりの小銭がじゃまなんですよね。
 知ってはいても、なかなか実際には行えませんが、まあ、これからはだんだん慣れてくるでしょう。全国どこに行っても SUICA でピッのはずです。
ラベル:Suica 京都
posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

家帝 YETI@桜上水(8回目)

 前回、家帝にいったときは、以前と味が違ったと書きました。
2013.4.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/357101385.html
 1ヶ月ほどたって、再度、同じものを食べに行きました。
 確かに、以前と微妙に味が変わっていますが、それにしても、辛さが十分で、まだそのへんのインドカレーの店よりはおいしいと思います。というわけで、家帝に行かないことにするのではなく、これからも通い続けることにしました。でも、わずかに満足感は下がりました。
 これから暑い夏になりますが、この店は冷房をあまりつけない方針のようで、夏の間はあまり行きたくなくなってしまいます。やっぱり、涼しいところで熱いカレーを食べたいですよね?
続きを読む
ラベル:家帝
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

スミカリビング@みなかみ町

 オーツたちが、みなかみ町でお昼を食べる場所として選んだのがスミカリビング(SUMIKA LIVING)でした。
http://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10010627/
http://www.sumikaliving.com/
 ここは、カフェと自然食の店です。
 カーナビにお店の場所をセットして行ったのですが、お店が見つからず、前を行き過ぎてしまいました。その後、戻ってきて気がつきました。英語の看板が小さく出ているだけなので、気がつかない人も多そうです。
 テラスでも昼食が食べられるということで、そちらを選びました。利根川のそばで、ここも川の音が聞こえてくる場所です。テラスは竹林に接しています。ちょっと風があって、竹がこすれるザワザワ音も聞こえてきます。
 オーツは、日替わり玄米プレート 味噌汁付き 1,000 円にしました。妻は、根菜カレー スープ・サラダ付き 1,100 円にしました。
http://www.sumikaliving.com/menu30.html
 この店は、食事として 1,000 円以上食べると、食後にアイスコーヒーが 250 円、紅茶が 200 円に割引になるということでしたので、こちらも注文しました。
 日替わり玄米プレートは、玄米がのりに挟まって出てきます。おにぎりではなく、ただのりに挟まっているだけでした。のりがうまくかみ切れずに、ちょっと食べにくかったですが、玄米がしっかりした歯ごたえで、食べた気になりました。
 根菜カレーは、レンコンやゴボウなどがふんだんに入っており、こちらも歯ごたえがあって、いい味を出していました。
 食後には、水上駅の近くのSLを見に行きました。日曜祝日は高崎駅と水上駅の間をSLが往復しているのだそうです。鉄道ファンがたくさんいました。

minakami8.JPG

山の中で青い空を背景に大きなSLが煙を吐いているのは迫力がありました。
 さらに、スミカリビングのところから、利根川遊歩道に降り、川に沿って散歩しました。

minakami9.JPG

食後の運動に最適でした。けっこうでした。
続きを読む
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

ノルンみなかみフラワーガーデン「すいせん祭り」@みなかみ町

 「金盛館せゝらぎ」に宿泊したら、フロントの近くの情報コーナーに「ノルンみなかみフラワーガーデン「すいせん祭り」」のチラシが置いてあり、ちょっと見に行ってみようということになりました。
http://www.norn.co.jp/green/
 ここは、スキー場です。フラワーガーデンの営業期間は 2013年4月27日〜5月19日で、営業時間は 8:30〜16:00 ということです。春になってスキー場としては使えなくなった土地を活かして、すいせんの花を植えて、ちょっとはもうけようということでしょう。当然の話であり、こういう工夫はとてもいいことです。
 オーツたちは、9:47 に駐車場に入りました。
 入場料は 800 円です。しかし、オーツたちは「金盛館せゝらぎ」で地元の人用の無料券をもらいました。
 ガーデン内に入ると、水仙がたくさん咲き誇っていました。こんな感じです。

minakami7.JPG

 スキー場ですから、リフトもあって、それを利用して登っていき、帰りにスロープを下りながら水仙を見るというパターンの人が多かったようです。リフトは、片道 500 円です。
 しかし、オーツたちが入場したころには、リフト待ちの列が長くなっていて、炎天下にずっと待っているのもつらいかなと思ったので、スロープを歩いて登ることにしました。少しは腹ごなしに運動しないといけませんから。
 その途中で、なかなかいい景色を見ることができました。

minakami6.JPG

のように、遙か彼方には雪が残る山頂が見えます。いい天気でしたから、吹き渡る風がさわやかでした。ベンチに座っていると、水仙の香りがプーンとただよってきます。
 いいところです。営業期間が短いので、その間に来た人だけが見ることができます。
 ゆっくり水仙を楽しんで、11:28 に出発しました。1時間40分もいたことになります。いい運動になりました。
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

金盛館せゝらぎ@水上温泉(谷川温泉)(2)

 夕食は部屋出しでした。どんな料理か、食べログの写真
http://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10001536/dtlphotolst/1/
でも見てください。
http://www.seseragi.co.jp/cuisine.php
に献立表がありますが、実際はこれとはちょっと違っていました。
 テーブルの上に献立表があったので、それを以下に書き写しておきましょう。
皐月(5月)のお献立
食前酒
前 菜 黒米唐揚げうどん
    こごみ
    ひこよ豆スープ
    筍の木の芽田楽
    里芋雲丹焼き
肉料理 和牛フィレ肉・独活(うど)
    人参・ブロッコリー
    ズッキーニ
お造り 奥利根鱒・鯛・甘海老
煮 物 人参・高野豆腐
    ホタテ・絹サヤ・蕪
椀 物 若菜豆腐・菜花
温の物 一口餃子と舞茸の豆乳グラタン
焼き物 岩魚の塩焼き
揚げ物 串湯葉・海老五色揚げ・青み
蒸し物 蟹飯の茶わん蒸し
酢の物 細切り若芽・胡瓜・ホタルイカ
ご飯のおかず 赤城鶏のぴり辛トマト煮
    青み
ご 飯 ご飯・味噌汁・香の物
デザート メロン・アイスクリーム

 料理は順次部屋に運ばれてきました。部屋出しもいいものですねえ。こんなにあると、出したり片付けたりが大変でしょうが。
 最初は、重箱がドンと置いてあって、前菜が見えます。

minakami3.JPG

 しかし、実は重箱が3段重ねになっていて、上の段から外していくと、肉の入ったお重と、刺身が入ったお重が現れるというものでした。

minakami4.JPG

おもしろい仕掛けでした。
 どれもおいしかったですが、特に和牛フィレ肉がよかったですね。卓上コンロを使って固形燃料で焼くのですが、肉のうまみがとても心地よかったです。そんなに火力が強くないので、焼きすぎることもなさそうです。
 オーツは、生ビール(中)と今宵一献(特別純米酒)300ml を飲んで、いい気分でした。
 最後のご飯は、二重の蓋付きの変わった入れ物(釜?)に入ってきて、その場で卓上ガスコンロで炊くのですが、時間が7分半しかかからないという優れものです。蒸し時間として10分くらいとりますが、それでも炊きあがるまでが早いものです。
 この旅館では、1部屋ずつ、料理を出すタイミングを計っているようです。途中まではちょっと早めだったのですが、お運びさんから聞かれたので、その旨を言うと、そこからは少しゆっくり出してくれるようになりました。こういうところも一手間を惜しまない姿勢がいいですね。
 食事後には、夜食(ないし朝食前のつなぎ)用に、いなり寿司2個をもらいました。とても行き届いたサービスです。
 朝、早く目が覚めるので、7:30 からの朝食前に、ちょっとおなかがすくのです。いなり寿司はそういうときにぴったりです。

 朝は、再度温泉につかり、ちょっとしてから「混浴露天風呂 せせらぎ」に入りました。
 こちらの露天風呂は 7:00-10:00 は女性専用になるそうなので、その前に入りました。女性は「混浴」だと入りにくいとのことで、こういう仕組みを設けているようです。
 うるさいくらいの「せせらぎ」の音を聞きながら、川岸に作られた露天風呂につかるというのはぜいたくな話です。
 昨夜降った雨が木の葉に付いていて、オーツが風呂に入っていたら頭に1滴落ちてきました。オーツは、頭を直撃されたので、驚きました。

 朝食もおいしい和食でした。これまた部屋に持ってきてくれました。

minakami5.JPG

 鮎の塩焼きが特においしかったですねえ。頭から尻尾まで全部食べられました。
 食後は4階のロビーに行って、コーヒーを飲みました。自動の機械ですが、ボタンを押すとコーヒー豆をひいてくれて、挽き立てのコーヒーが飲めます。香りがとてもいいです。
 何はともあれ、ゆっくりくつろげて、食事がおいしい宿でした。
 宿の人によると、GWの連休を外せば、部屋は比較的すいているそうです。
 値段のほうは、一人1泊2食で 24,000 円(消費税別)でした。それに見合ったサービスだと思いました。
 また泊まりに行きたいものです。
posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

金盛館せゝらぎ@水上温泉(谷川温泉)(1)

 オーツは、土曜日に妻と1泊旅行に行ってきました。水上温泉(谷川温泉)の一角にある「金盛館せゝらぎ」
http://www.seseragi.co.jp/
です。
 宿自体は、一見するとさほど大きく見えません。

minakami1.JPG

 しかし、この旅館は谷川沿いに立地し、入り口(フロント)が4階になっていて、建物が下に伸び、1階までの4階建てになっています。
 フロントの近くから仲居さんがいろいろと案内してくれました。
 まず、枕が6種類あり、一人ずつ自分の希望のものを選びます。オーツは、柔らかいそばがらにしました。そのほかに、羽毛や絹などがありました。
 2階までエレベータで降りていって、部屋に入ると、窓から外の景色が見渡せました。

minakami2.JPG

 じつにいい眺めです。大きなガラス越しに緑がいっぱい見えます。左の方にあずまやが見えますが、これが混浴の露天風呂です。
 聞くところでは、すべての部屋が川に面しているとのことです。川からは「せせらぎ」が聞こえてきます。これまた気持ちが安らぎます。
 部屋は10畳+3畳で、3畳の小さい部屋にはこたつ風のテーブルが置いてありました。寒いときは実際にこたつになるようです。
 床の間にある花の生け方もきちんとしていました。
 部屋には浴衣が4枚も置いてありました。男性用がLとMの2枚、女性用がMとSの2枚です。
 バスタオルも4枚置いてあり、黄色、白、ピンクなどの色違いとなっていました。続けて温泉に入っても、乾いたバスタオルが使えるようにというサービスです。
 部屋の鍵は一人1個方式でした。カード式のキーだとよくこういう方式のホテルがありますが、ギザギザの付いた回転式の鍵で、10cm くらいの木がキーホルダーとして付いているものでは、ちょっと珍しいサービスです。
 仲居さんがいろいろ説明しながら、お茶をいれてくれました。いやはや、きちんとしています。
 お茶請けにはせんべいと大福がありました。それとフキの煮物もありました。爪楊枝が近くに置いてありました。
 一休みしてから、温泉に行きました。男女別の大浴場で、露天風呂も付いています。オーツが入っている間は、誰も来ませんでした。すいているようです。
 普通ならば、夕食時までは宿の周りを散歩するのですが、今回は天気が悪かったので、省略し、部屋でテレビを見たりして、食事の時間になるまで待っていました。
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

自転車を買う

 妻が乗っている自転車が古くなったので、買い換えることになりました。
 前の自転車は20年以上も乗っていました。もう十分でしょう。あちこちにさびが目立ちます。
 で、オーツが新しい自転車を自転車屋に取りに行きました。
 帰り道に、その自転車に乗ってみたところ、ペダルがいやに重いと感じました。
 オーツは、最近、自分用に電動アシスト自転車を愛用しているのですが、
2010.4.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/146291448.html
その結果、いつも「軽い自転車」に乗っているかっこうになりました。すると、普通の自転車に乗ったとき、それが「重い」と感じるようです。足の筋肉が退化しているのかもしれません。まあ普通に歩けるので、筋肉が落ちたというよりは、電動アシスト自転車に乗るようになって「ペダルの重さの感覚」が変わってしまったというべきでしょう。
 自転車は 9,800 円でしたが、後ろの荷台につける小さな子供用の補助イスが同じく 9,800 円しました。両方が同じ金額というのが、不思議でした。複雑さは、自転車のほうがはるかに複雑です。
 考えてみれば、自転車のほうがずっとたくさん売れるのに対して、補助イスなどは、さほど売れるわけでもないので、こんなことになるのでしょう。
ラベル:補助イス 自転車
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

クールエアーカーシート

 オーツは、クルマの座席で使う涼風シートを買うことにしました。
 実は、前に使っていたもの
2008.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/102047039.html
が壊れたものと勘違いしてしまったのでした。
 昨年、他人から一つもらったのですが、それがうまく動かず、捨ててしまったことがありました。そのことと、オーツのクルマで使っていたシートとを混同してしまったのでした。
 注文してから、保管場所を見てみると、以前のものがあったので、「しまった」と思いました。まあ、年をとってくると忘れやすくなり、間違いも増えるのでしょう。
 買ったのは、クールエアーカーシート
http://item.rakuten.co.jp/auc-gus-shop/504-coolaircar/

というものでした。例によって、楽天市場を探して、2880 円ということを知り、注文したのでした。
 届いたものは、現在、オーツがクルマで使っているものと似た形をしていました。まあ、座席において使うのですから、当然ですね。「MADE IN CHINA」と書いてありました。今だから、そんなものでしょう。(でも、ちょっと不安がよぎりました。)
 今使っているものの他に、こういうシートがもう一つあっても、クルマの助手席用に使ってもいいし、オーツが書斎で使ってもいいと思いました。
 とりあえず、書斎用にセットしてみようということで、100Vの家庭用電源で使うためのアダプタを電気屋さんで買ってきました。(このシートは、当然ながら、12V のクルマのシガーライタ用なのです。)
 で、さっそくセットしてみると、風の通気量がずいぶんと少ないように思われました。つまみを MAX にしても、少し風が通るだけです。すこしは涼しいと感じますし、これはこれでいいのかもしれませんが、もう少し通風量が多くてもいいと思います。オーツがクルマで使っているものは、MAX までつまみを回すと、かなりの風が出てきます。まるで扇風機です。こうでないと、夏に車内がムッとするようなときにすぐに冷やすようなことができません。風が強すぎるならば、つまみで調整して弱くすればいいわけです。
 たぶん、この製品は、クルマで使うには力不足です。助手席用では、使う人に申し訳ない気がします。
 安かろう、悪かろうを経験してしまいました。
 オーツの場合、これを書斎で使うことにしますので、まあ力不足でも何とか使えると思います。少し空気が通るだけでずいぶん違った感じになります。
posted by オーツ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

バリューブックスに不要な本を売る

 オーツの手元に、不要な本がたまってきました。
 処分するために、古本屋に持ち込みたいところですが、これがなかなか大変です。
 近所の BOOK OFF に本を持参する手もあるのですが、段ボール1箱くらいになると、運ぶのが大変です。クルマで運ぶしかなくなります。査定に時間もかかります。その割にたいした金額にならないのです。
 ところが、しばらく前に、バリューブックスという会社
http://www.value-books.jp/
があることに気がつきました。
 これだと、荷造りをすると、あとは電話で申し込むだけで、ヤマト運輸が取りに来てくれます。実際に頼んでみると、宅配便を出すのと同じなので、当日夜の回収が可能だということになり、それで頼みました。
 けっこう幅をとっていた本でしたが、いざ詰めてみると、段ボール1箱になってしまいました。しかし、こうすることで書斎まわりが広くなり、だいぶスペースができました。書斎がすっきりしました。
 タダで本が処分できるような感覚です。
 ヤマト運輸が取りに来たあと、引取サービスの伝票をくれましたが、740 円と書いてありました。
 買い取り価格の合計が 740 円を超えればいいですが、下回ったりしたら、会社側は持ち出しになってしまいますね。他人事ながら気になりました。
 ちなみに、オーツが送った本は、全部で1万円強になりました。銀行振り込みを確認しました。
 よかった、よかった。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

SNS やケータイを使いこなせなければ、社長はやっていられない?

 ちょっと古いですが、3月にヤフーの井上社長が退任するというニュースがありました。
 YOMIURI ONLINE では、その経緯をニュースとして配信しています。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120301-OYT1T00998.htm
 井上社長は記者会見で、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使ったことがなく、携帯電話もカバンに入れたまま。いつも引け目に感じていた」と述べ、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及などネット環境の変化を退任の理由に挙げた。

 オーツが自分自身を考えてみても、井上社長と似たようなものです。ケータイはカバンに入れたままです。(自宅に置きっ放しではないので、まったく使っていないわけではないということです。)ケータイを持ち歩くことはあまりありません。スマホにする必要性も感じられず、ガラケーのままです。思い立ったときに自分から電話がかけられれば、それだけで十分です。
 オーツは、こうやってブログは書いていますが、これが SNS と言っていいでしょうか。もしも、そうでないとすれば、facebook も、アカウントだけ持っていて、一切の「友達申請」などを無視していますから、使っているとはいえません。(アカウントを削除したいところですが、やりかたがわかりません。)twitter はまったくの無縁です。
 オーツも会社の社長は務まらないということです。そろそろ頭が固くなってきたということでしょうか。
 オーツが井上社長と違うところは「いつも引け目に感じている」ことはないというところです。オーツに連絡を取りたかったら、ケータイに電話するなどということを考えず、SNS 経由なんてことも考えず、郵便で手紙を送ってくればいいというスタンスです。当然でしょう。オーツは会社なんか経営していないから、それで十分なのです。
 あ、封書は開封が面倒なので、しばしば開封しないままに机に積み上がってしまいますが、……。(いったい、どうやって連絡すればいいんだ(笑)?→ハガキですよ、ハガキ。)
posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

NHK−BSプレミアムで将棋名人戦を見る

 オーツは、テレビでは将棋をあまり見ないできました。
 オーツの好みとして、雑誌や新聞の紙メディアで読むほうが何となく自分に向いているように感じていたからでした。
 しかし、昨年から新聞を定期購読しなくなったので、その分、将棋情報に接することが少なくなり、NHKの教育テレビで日曜日の午前中にやっているNHK杯戦の将棋トーナメントを見るようにしました。早指し将棋ですが、かなり迫力があって楽しめます。1時間半があっという間に過ぎ去ります。30秒という早指しでありながら、プロはさすがという手を指すのです。感心します。
 そして、オーツの場合、最近は将棋名人戦の解説を見るようになりました。
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/titlematch/
NHKのBSプレミアムで放送しています。第1局、第2局とも録画して、帰宅後に見ました。当日の進行が(録画ですから生中継ではありませんが)手に取るようにわかります。プロ棋士による指し手の解説がついていますので、わかりやすくてとてもありがたいと思います。
 実際、対局室のようすを生で中継しても、たいていは対局者が無言で盤面を見ている場合が多いですから、あまり意味がありません。それよりも、1日分をまとめて見せてくれる番組のほうがいいと思います。
 第3局は5月9日と10日です。昨日と今日です。昨日は帰宅後に1日目の放送を録画で見ました。今夜も(2日目を)見るつもりです。深夜には10分間の枠があって、勝ち負けを速報してくれます。
 将棋名人戦はオーツのひそかな楽しみです。
 ありがたい時代になりました。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

手打ちそば こいけ@秩父市

 このブログは、飲食店に関してはオーツが実際に行って食べてみて、よかったと思うものを書くことにしているのですが、ちょっと例外的に、イマイチの話を書いておきましょう。
 秩父市内でお昼にそばを食べようと思いました。秩父はそばが特産品です。
 食べログで秩父のそばの「ランキング」を見てみると、「手打ちそば こいけ」が第1位です。
http://tabelog.com/soba/saitama/A1107/A110701/0/COND-0-0-2-0-0-0-0-0/D/
というわけで、ここに行くことにしました。
http://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11000165/
 5月4日のことでしたから、GWの真っ最中で、観光客も多いと予想しました。そこで、ちょっと早めに 11:00 の開店時刻をねらって行きました。
 オーツがお店の駐車場(隣のレストランと共同利用)に着いたのが 11:09 でした。見ると、いろいろな客が小走りに店に向かって行きます。
 店の前には、木のベンチやストゥールが置いてあって、それに並んで腰掛けて順番を待ちます。しかし、列の最後尾は立って待つしかありません。順番待ちの列は、あっという間に30人ほどになっていました。
 店の前で待ちながら通りを見ていると、次々と来客があることがわかります。また、クルマで来て、列の長さにひるんで、そのまま行き去ってしまう人もかなりいました。
 店前で待っていると、お店からはたまにごま油の香りが漂ってきます。天ぷら用でしょうね。
 オーツが入店したのは 12:09 でした。1時間待ちはちょっと長すぎます。(とはいえ、このお店を出たあと、あちこちの他の店の前を見てみると、客が並んでいる場合が多く、GWはやっぱりGWなんだと実感しました。)
 もっとも、1時間待ちの間に、おなかがちょっとすいてきましたから、並んでいることにもそれなりの意味はあります。日焼けに注意が必要ですが(笑)。
 さて、お店に入ってオーツが注文したのが「天せいろ」1700 円でした。天ぷらと手打ちそばのセットです。これを注文する人がたくさんいました。
 天ぷらは、揚げたてで、確かにおいしかったのですが、オーツにとってはそばが満足できませんでした。この店は十割そばで、しかも手打ちだということです。オーツの好みでは、もう少しそばの香りがするくらいであってほしいと感じます。ゆで方としても、ちょっとゆですぎではないでしょうか。
 そばつゆもイマイチで、醤油が強いと感じました。もう少しだしの風味が強いものがオーツの好みです。
 このあたりは個人の感覚ですから、意見が分かれる場合も多いでしょう。オーツは、特にそば通というわけでもないので、偏った一個人の意見として受け止める必要があります。
 というわけで、1700 円はちょっと高いように思います。強気の値付けといったところでしょう。
 オーツがお店を出たあとも、店の外にある列の長さは変わりませんでした。30人ほどですが、1時間くらいは待つということですね。大変な人気店です。
 オーツは、12:32 にはこの店を出発しました。正味、お店にいたのは 23 分間しかなかったわけです。
posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

秩父ミューズパーク・花の回廊

 オーツたちが秩父で宿泊したのは、秩父ミューズパーク
http://www.muse-park.com/
の中にある「スポーツの森コテージ」
http://www.sports-no-mori.jp/
https://www.yoyakunavi.jp/navi/a003.do
というところでした。
 2人で泊まって、1泊2食でひとりあたり 13,500 円でした。GW のまっただ中ですから、ピーク時の料金と考えれば、そんなものでしょう。
 風呂は、コテージからちょっと歩いたところの「樹音(ジュネ)の湯」を利用します。また、朝食・夕食ともに、これまた少し離れた森のレストランで食べます。夕食・朝食ともバイキング形式でしたが、普通に食べられました。夕食時は、ちょっと肉系が多かったように思いました。子供連れの客が多く、レストラン側としても若者向けを意識しているのでしょう。
 コテージは4人まで泊まれるようになっています。独立した1戸建てという感じです。そういうのが、広い敷地になんと100棟もあるのです。たくさんの人が一度に泊まれるようになっているわけです。
 その割には、レストランはすいていました。なぜか。翌日の朝になって、コテージ周りを歩いて一周して気がつきました。コテージで、バーベキューを楽しむプランもあるのです。そういう人たちはレストランに来ないわけですから、レストランがすいた感じになるというわけです。
 朝になってからは、天気がよかったこともあって、緑が目に映え、とてもいい気分でした。コテージの窓からの眺めもいいですが、散歩してもとても気持ちよく感じました。

titibu4.JPG

 秩父ミューズパークというのは、さまざまな施設の複合体です。
 今回は、朝方に「癒しの森 花の回廊」
http://www.hana.la/
を見に行きました。シーズンではないということで、入場料はひとり 200 円でした。通常は 400 円ということです。
 ヒメキンギョソウはきれいに咲いていました。

titibu5.JPG

バックの山々もきれいです。いかにも秩父が山々に囲まれた盆地であることをうかがわせます。
 ヤマブキもたくさん咲いていました。

titibu6.JPG

 シャーレーポピー(虞美人草)は、5月中旬からが見頃という話ですが、5月4日段階で全く咲いていないわけでもなく、ごくわずかに咲いていました。

titibu7.JPG

 これが満開になるころは、それはそれできれいなんでしょうが……。
posted by オーツ at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

GWに秩父の羊山公園の芝桜を見に(3)

 せっかくなので、オーツが行った羊山公園の芝桜の写真を登録しておきましょう。

titibu1.JPG

 芝桜の見える範囲はかなり広く、とても全体を写真に収めることはできませんでした。
 しかし、まあ、こんな感じということはわかると思いいます。
 芝桜のところまで歩いていくと、だんだん芝桜の香りがしてきます。そして、芝桜の中の通路に至るとその香りが最も強くなります。いかにも自然を感じる香りでけっこうでした。

titibu2.JPG

 とはいえ、実際には、かなりの人出で、その混雑ぶりは大変なものでした。オーツは、混雑のピークのときに見に行ったことになります。

titibu3.JPG

 クローズアップで写真を撮ると、こんな感じになります。こういうのが一面に咲いているわけですから、それは見事です。
 北海道・富良野の芝桜もよかったですが、東京の近くでこんな場所があるというのは知りませんでした。
posted by オーツ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

GWに秩父の羊山公園の芝桜を見に(2)

 昨日の話
2013.5.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/358881687.html
の続きです。
 実際にオーツが5月3日に行動したときの話を書きます。
 オーツは、ネットで高速道路の渋滞状況
http://www.jartic.or.jp/
をリアルタイムで見ていましたが、関越道は、朝から渋滞がひどく、大泉ICから花園ICまで、ずっと真っ赤っかでした。渋滞しています。10時くらいからは、少し渋滞でないところも出てきましたが、それでもすごい混雑でした。
 そこで、関越道ではなく、国道254号線を走って行くことにしました。川越市内で少し渋滞しましたが、基本的には大した渋滞ではなく、まあ一般道の普通のこみ方だったように思います。
 「道の駅おがわ」で休憩しました。和太鼓の保存会の皆さんが和太鼓の演奏をしていました。
 その後は、定峰峠を通って秩父に入りました。渋滞はゼロでした。GWの混雑時に秩父に行くには定峰峠経由がいいと思います。
 オーツが経験した時刻表をメモしておきましょう。14:32 道の駅おがわ発→15:13-15:26(12.3km) 定峰峠で休憩→16:01(37.7km) 羊山公園着でした。

 さて、翌日、5月4日の帰路に国道140号線を通り、花園ICから関越道で都内に戻ってきました。
 お昼ころに国道140号線の羊山公園方面に行く方向を見てみると、秩父市内はすごい混雑で、ちょっとこの中を行きたくはないなあという感じの渋滞でした。寄居皆野有料道路は、普段だと混むことはないのですがゴールデンウィーク中はまるで別で、出口の大塚交差点に向けてトンネルの中が渋滞していました。反対側の車線を走りながら、こんな渋滞に捕まったらまいるなあなどと思いました。たぶん、インターチェンジの出口から秩父市内まで国道140号線が渋滞していて、したがってここまで全部クルマがつながっているものと想像します。オーツはカーナビに従って、秩父市内から国道299号線を通って寄居皆野有料道路に出たので、国道140号線が全部つながっているのかどうかはよくわかりませんでした。
 ということで、この時期に秩父まで行く場合は、花園ICまでの高速道路も渋滞しているけれど、その先の国道140号線も渋滞しているということがよくわかりました。昨日のブログ記事で書きましたが、この時期の国道140号線は麻痺してしまいます。
 もしもGWに花園ICから秩父に行く場合は、(皆野寄居有料道路を使わずに)「はぐれ駅前交差点から県道82号線を進むルート」を通るべきだと思います。
 道路の選び方はむずかしいものですね。
 オーツの経験をこんなブログに書いておいて、来年以降の移動に役立てる人が出るのでしょうか。
 まあ、地元の人は、みんなすでに知っていることなのでしょうが、……。
posted by オーツ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

GWに秩父の羊山公園の芝桜を見に

 オーツは、5月3日に秩父の羊山公園の芝桜を見に行くことにしました。
 この時期、当然ながら、道路は渋滞します。
 関越道の渋滞予測
http://www.jartic.or.jp/guide/yosoku/index1.php
で見たら、次のような予測でした。
5月3日(金)
道路名=関越自動車道
方向=下り
ボトルネック箇所=花園IC付近
KP(キロポスト)=56.1
混雑する時間帯=5:00〜17:00
ピーク時刻=7時
ピーク時の渋滞長=50km
渋滞発生区間(ピーク時) 末尾=大泉JCT 先頭=花園IC
所要時間 通常=0:30 渋滞=1:40 増加=1:10
時間別推移:
6時台=25km
7〜9時台=50km
10時台=44km
11時台=38km
12時台=31km
13時台=25km
14時台=19km

 いやはや、すごいものです。キロポストで 56.1km のところを先頭に 50km の渋滞ということは、関越道はほぼすべて渋滞しているということではないですか。これでは、高速道路が単なる拘束道路になってしまいます。
 ピークが7時ということは、5時台に出発して8時前には秩父に到着するような時間帯でないと、いずれにせよ渋滞に巻き込まれます。
 当初は、午前中の出発で、お昼ご飯を秩父で食べようと思っていましたが、これは無理です。(一人で行くなら、5時ころの出発もありだとは思いますが。)自宅でお昼を食べてからの出発でもいいかと思いました。
 どれくらいの渋滞か、経験談をネットで見てみると、
http://4travel.jp/domestic/area/kanto/saitama/chichibu/chichibu/travelogue/10566677/
によれば、「関越道 花園から長瀞を通り、秩父羊山公園入り。新宿から秩父までなんと6時間以上かかりました...」だそうです。6時間! これはひどいです。関越道もひどい渋滞ですが、花園ICからの国道140号線もこの時期は渋滞するという話です。
 秩父に行くには、国道299号線を走っていく手もあります。こちらの渋滞はどうでしょうか。ちょっとネットで調べてみました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1386224528
http://plaza.rakuten.co.jp/aitonkinomama/diary/201205060000/
などによると、ゴールデンウィークは国道299号線もすごい渋滞のようです。国道140号線との交差点を先頭に正丸トンネルまでつながってしまうとのことです。
 いやはや、まいりました。高速道路も国道299号線もダメです。秩父に行くには、いずれにせよ、渋滞は覚悟しなければならないでしょう。
 オーツが調べた限りで、一番よさそうなのは
http://okwave.jp/qa/q4913973.html
にありますが、「関越道を嵐山小川ICで降りて、県道11号線で定峰峠を越えるルート」でしょう。
 「関越道を東松山ICで降りて、県道172号線で白石峠を経由して定峰峠に向かうルート」もあります。
 どちらにするかは、関越道の渋滞状況によります。
 二番目によさそうなのは、
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-1141.html
にありますが、「関越道を花園ICで降りて、(皆野寄居有料道路を使わずに)はぐれ駅前交差点から県道82号線を進むルート」だろうと思います。

 ネットで調べるとこんなことまでわかってしまうのですね。

 ちなみに、「渋滞」の定義は高速道路と一般道路で違っています。
http://news.livedoor.com/article/detail/7631187/
要注意ですね。
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

クルマで横断歩道の歩行者とぶつかりそうになる

 オーツがクルマを運転していて、大きな交差点を右折するときのことでした。
 横断歩道の中央付近に歩行者がいて、オーツのクルマの前を右から左に横切る形になりました。ちょうどクルマと接触しそうなタイミングで歩いていたので、オーツは減速して、歩行者を先に通すようにしました。
 歩行者が行きすぎてからクルマをゆっくり発進させました。そのときです。道路の歩道部分から中央部分に向かって横断歩道を渡ってくる歩行者がいたのです。クルマの前を左から右に横切る形でした。オーツは先ほどの右からの歩行者に気をとられていたので、こちらの歩行者にまったく気がついていませんでした。Aピラー(フロントウィンドウとサイドウィンドウの間の柱)の陰に入り、そのために歩行者が見えなかったということもありました。
 その歩行者はケータイを見ながら歩いていました。オーツのクルマにはまったく無頓着なようでした。
 オーツは、歩行者がクルマの前に飛び出してくる形になったため、あわててブレーキを踏みました。
 一人で勝手にびっくりした形でした。ひやっとしました。
 歩行者は、まったくクルマを気にせず、いわば無視するように歩いていましたから、実際は、クルマと接触するほどの距離でもなく、かなり間隔があったのだろうと思います。クルマの側から見ると、接触しそうに見えるのですね。
 スピードが出ていなかったので、事故になるほどのことではありませんでしたが、実際に歩行者が見えないという事態を初めて経験しました。
 こういうこともあるのですね。歩行者の確認は、何度やってもやり過ぎにはならないと思います。
 ふう。
ラベル:横断歩道 歩行者
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

コピーペーパーが 5,000 枚で 2,299 円

 ふと気がつくと、オーツが自宅で使っているパソコン用プリンタの紙が切れてしまいました。
 普通のA4のコピーペーパーをセットしているのですが、うっかりしてしまいました。
 別のプリンタにセットしている紙を20枚ほど抜き取ってセットし直しました。
 裏紙(表にいろいろプリントしてある裏が白い紙)もあるので、それを使ってもいいかもしれません。
 しかし、普通の紙がないと不便です。
 で、文房具屋さんに行こうと思ったのですが、ふと考え直し、ネットで買ってもいいのではないかと思いました。
 楽天市場で探してみると、5,000 枚セットで 2,299 円で売っていました。



 安いものですね。これで送料込みです。
 逆に言うと、文房具屋さんで売っている 100 枚くらいの袋入りの紙ってどうしてあんなに高いのだろうと思いました。
 5,000 枚ですから、運搬も簡単ではありませんが、ネットショッピングなら当然配達になります。送料がかかるところもありますが、この店は送料無料ということです。
 ということで、プリンタ用の紙は、もう、ここで買うことに決まりです。これからたぶん一生の間、文房具屋さんで紙を買うことはなくなりました。
 こういう個人の判断が積み重なると、町の文房具屋さんが営業していけなくなるわけです。
 町の本屋さんが次第に消えて行っていますが、amazon などのネット販売が理由の一つだといわれています。文房具屋さんも同様でしょう。
 紙一箱を買うことで文房具屋さんのことを心配してもしかたがありませんが、日本社会が変わりつつあることを感じています。
 ネットショッピングが普通になると、いろいろなお店が集中している商店街(やショッピングセンター)のそばに住むのが便利だということではなくなります。つまり、都会に住むことが便利とは限らないということであり、どんなへんぴな場所でも、都会と同じレベルの生活ができるということです。もちろん、生活は買い物だけで成り立っているわけではありませんが、たとえば、英語を習うにしても、国内の英語学校に通うよりも、ネット経由でフィリピンの教師から長時間の個人レッスンを受けるほうが効果的かもしれません。
posted by オーツ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

ケンボー先生と山田先生 2人の国語辞書学者

 オーツは、NHKのBSプレミアムで4月29日 23:15-0:15 に放送された「ケンボー先生と山田先生 2人の国語辞書学者」を見ました。録画してからタイムシフトして見たので、ブログで感想を書くのがちょっと遅くなりました。
 この番組はきわめて興味深い内容でした。
 三省堂国語辞典の編集主幹・見坊豪紀氏と、新明解国語辞典の編集主幹・山田忠雄氏にスポットをあて、二つの辞書がどう違うのか、編集方針にまで言及しながらきちんと解説していました。
 特に、二人が仲違いをしてしまうところは重要なところですが、番組では、両者のいずれかの肩を持つわけでもなく、公平に客観的に扱い、どちらも傷つけないように慎重に配慮してありました。
 内容面でも、とてもよく取材してあり、柴田武氏や金田一春彦氏の生の声が出てくるあたり、オーツはとても感慨深く聞きました。特に、新明解国語辞典が金田一京助編となっていることに対して、金田一春彦氏が「京助は1行も書いていない」と発言していたのが印象的でした。これは昔から知られている事実ですが、なかなか発言できないものです。父親のことを息子が発言する文脈でしかきちんとはいえないでしょう。春彦氏ならではの発言でした。

 ちなみに、4月11日 18:00〜19:55 には、BSジャパンで「知られざる国語辞書の世界」という番組がありました。これは3月23日の分の再放送のようです。
http://www.bs-j.co.jp/official/kokugojisho/
http://39tatsuo.jugem.jp/?eid=1228
 ちょっとネットを検索してみると、なかなか評判はいいようです。
http://blog.livedoor.jp/satsueispot-blog/archives/25999761.html
http://naombiz.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
http://odagirist.livedoor.biz/archives/52311422.html
 オーツは、こちらも見てみましたが、「ことばサミット」として、代表的な国語辞典の編集者を一通りスタジオに並べていろいろなエピソードを紹介していましたが、2時間もかけた割には、扱い方が浅く、番組の質としてはイマイチだと感じました。
 こういう教養ものとなると、やはりNHKが一歩進んでいるようです。
posted by オーツ at 03:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

Windows Xp から Windows 7 への移行

 オーツは、Windows 7 のパソコンを買ってから、3年も移行をためらっていました。
 Windows Xp のパソコンでも特に不便はなかったので、積極的に移行する必要もなかったのでした。
 特に大きな問題は、Windows 7 では、DOS 時代から使ってきた Turbo Pascal が文字化けのために使えなくなるということでした。
2010.10.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/164287378.html
 しかし、これについては、最近、Free Pascal を使うことで何とかなりそうだという感触を得ました。
2013.4.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/356945881.html
 新しいパソコンに乗り換えるときには、メールをどうするかという問題もありました。新旧それぞれで使うメールソフトが違うことはたいした問題ではありません。一番の問題は、毎日届くメールが、何十通も、何百通もメールボックスにたまっていて、旧パソコンに入っているそれら大量のメールを整理しないと、新パソコンに移行できそうにないということもありました。
 オーツは、メールを読むのも遅れがちなのです。とにかく膨大な数のメールがやってきます。そして、過去2年ほど、仕事が忙しくて、メールが読み切れない事態になっていました。どうしても積み残しが出てしまうのでした。
 しかし、4月からオーツの仕事の質が変わり、メールを順次整理する時間的余裕ができました。先日、ようやくたまったメールの整理が終わりました。
 Windows Xp のメンテナンスが、2014 年4月で終了する
2013.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/354715211.html
という話は、いよいよオーツの背中を押しました。旧パソコンをそのまま使っていると、Xp がサポートされなくなった時点でトラブルが起きる可能性が高くなります。
 そこで、意を決して、連休の合間を縫って、旧パソコンから新パソコン(とはいえ3年前の機種!)への移行を行いました。
 まず、旧パソコンの c: ドライブの全部のファイルを外付けのハードディスク(2TB)にコピーしました。これは、10日ごとに行っている全体バックアップで済むので、たいした手間ではありません。差分だけがコピーされます。
 一番の手間は、外付けのハードディスクから各種のファイルを新パソコンのハードディスクにコピーすることでした。
 オーツが各種データ(文書も含む)を入れているフォルダをコピーするだけでも、ファイル数が10万個、容量は 29.1GB ありました。さらに、CD-ROM や DVD-ROM をそのままコピーしているフォルダは、ファイル数が16万個、容量は 49.2GB ありました。(これでもだいぶ整理したあとなのですが、……。)
 これらをコピーするだけでも数時間以上かかりました。
 アプリケーションソフトや各種辞書などの新パソコンへのインストールにも時間がかかりました。
 こうして、全部の移行が終わり、新パソコンが使えるようになりました。
 そして、さらに、新パソコンのハードディスク(c:)の全体を(バックアップとして)外付けハードディスクに書き出しました。こちらも数時間以上かかりました。ここまで行って、移行は完全に終了しました。バックアップが外付けハードディスクにある状態になりましたから、新パソコンに万が一のことがあっても、外付けハードディスクからほぼ復旧できます。
 あとは旧パソコンのデータ(文書)フォルダを削除することですが、これはまああまり急ぎません。1〜2週間は今のままにしておきましょう。どんなトラブルに遭遇するか、わからないからです。
 オーツにとっては、ほんとに久しぶりのパソコンの移行でした。
 オーツのメインマシンの変遷を見てみると、以下のようです。これは、デスクトップパソコンの使用をやめて、ノートパソコンになってからの記録です。
  1995 NEC PC-9801 NX/C DOS 5.0
  1995 NEC PC-9821 Np/810W Windows 3.1
  1997 NEC PC-9821 Nr166/X30F Windows 95
  1999 Gateway Solo 9100 XL Windows 98
  2000 SONY VAIO 機種不明 Windows 98
  2005 DELL Latitude D810 Windows Xp
  2010 DELL Latitude E6500 Windows 7
 以前は、1〜2年程度でパソコンを買い換えていたのに、最近はそうでもなくなっており、Xp は8年も使っていたことになります。3年間も移行をためらっていたなんて、いやはや、いやはや。
posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする