2013年04月05日

2歳の孫が作ったクッキーを食べる

 オーツが息子の家に行ったときのことです。2歳の孫が一人で遊んでいました。乳飲み子の孫のほうもおとなしくしていました。
 ほどなくして、オーツが帰ろうとしたとき、嫁がクッキーを3枚くれました。

cookies.JPG

 手作り感いっぱいのクッキーです。
 先日、2歳の孫が家の中でままごと遊びをしたいと思ったとき、適当なオモチャがなかったので、嫁が一緒にクッキーを焼くことにしたのだそうです。そして、2歳の孫がクッキー作りを手伝ったという話でした。
 孫が何をしたのか、わかりませんが、形を作る(生地を切り出す)ところ and/or 適当なトッピングを乗せるところでしょうか。
 ともあれ、女の子だとこういうことに興味を示すのでしょうね。
 オーツは、ありがたく感じつつ3枚とも食べてしまいました。
 食べた後で、「あ、妻にも1枚残しておけばよかった」と思いました。
 まあ、この話を黙っていれば、妻にはわからないままでしょうが。
posted by オーツ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする