2012年11月19日

カーナビは純正品よりも社外品が安くて高機能

 オーツは、今のクルマに2003年5月から乗っていますから、もう9年半にもなります。そろそろ次のクルマのことを考えてもいいころになりました。
 今のクルマも、その前のクルマもトヨタ製でした。まったく不満はありませんので、次のクルマもトヨタにしようかと考えています。
 ディーラーからは、こんなクルマがありますよ、ということで、カタログや見積書などを送ってきます。
 そこで気がついたのですが、クルマに付けるカーナビの値段が、純正品はどうにも高いように思います。
 トヨタの場合、
http://toyota.jp/dop/navi/
http://toyota.jp/dop/navi/lineup/image/function2012.pdf
に情報があります。
 一番安いエントリーナビで 81,900 円、その上のマルチリンクナビで 131,250 円ですが、地図を格納しておくメモリは、エントリーナビで 4GB、マルチリンクナビで 8GB ということです。どれだけ詳しい地図が表示できるのか、不安です。
 20万円から30万円の機種(ハードディスクナビ)もありますが、いろいろ機能がありすぎる割りには、それがオーツのほしいものでないという感じです。たとえば、G-BOOK のような通信機能なんて不要です。
 一方、社外品では、売れ筋の Carrozzeria でいえば、楽ナビシリーズがありますが、
http://pioneer.jp/carrozzeria/rakunavi/
価格はオープン価格です。
 kakaku.com で最低価格を見てみると、AVIC-MRZ009 が 83,700 円です。
http://kakaku.com/item/K0000423996/
 機能は、パイオニアのサイトでわかりますが、
http://pioneer.jp/carrozzeria/rakunavi/avic-mrz009_avic-mrz007/spec/#tab_menu
メモリが 16GB(最大 32GB まで可能)というだけでなく、全般にトヨタのものよりもずっと高機能のように思います。
 トヨタの純正品は取り付け工事費込みの価格であり、社外品は別途取り付け工事費がかかりますが、工事費はオートバックスで 26,250 円ということですから、それを考慮しても、純正品は割高で、社外品が安いということになります。直感的には2倍くらい価格が違うということになりましょうか。
 純正品は、クルマを購入するときにつける場合が大半でしょう。その際、クルマ本体とカーナビ(さらにはその他のオプション品)の合計額から割引して販売することになるでしょう。つまり、純正品のカーナビの値段なんて、実はよくわからないものになっているのです。
 どうにも不透明感があります。
 クルマを買うときには、カーナビは純正品を買うことをやめて、社外品を後付けすることを考えてもいいように思いました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする