2012年11月18日

とんがり爪の女性

 オーツが電車に乗ってロングシートに座っていたとき、向かい側の席に座った若い女性がカバンからケータイを取り出してメールを送っているようなしぐさをしていました。そのとき、気がつきました。その女性の爪が長いのです。いや、自分の爪ではなくて、つけ爪(ネイルチップ)ではないかと思います。まるで、ライオンや虎のような感じで、全部の指から白くとがった爪が 1cm 以上も突き出ていました。もちろん、ケータイの操作には邪魔な存在です。見ていても、それはわかります。
 さて、この女性、ファッションはばっちりで、茶髪で、大きなサングラスをしていました。そういう女性だから、こんな爪をしているのでしょう。爪もファッションなのです。
 オーツは、こういう女性には魅力を感じません。あんな爪を持っていて、何かのときに引っかかれたら痛そうです。
 こういう爪をしているということは、日常の家事などはしませんよといっているようなものです。まあ、そういう女性がいてもいいですが、普通に生活していくのに不便なのですから、つまりは、普通の生活をしない女性が、それを誇示するためにそんな爪をしているのでしょう。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする