2012年11月15日

羽生市立北小学校に行ってきました

 先日は、羽生市立北小学校に行ってきました。ここは、オーツが子供のころに実際に通った学校です。当時は羽生小学校と言っていましたが、その後、南小学校ができたために、北小学校と名前を変えたのでした。
 東武伊勢崎線の羽生駅に着きました。そもそも、この駅が大きく様変わりしていて、今は橋上駅になっています。案内板にはハングルや中国語が書かれており、外国人の利用がある程度あることをうかがわせます。オーツが高校生のころは、もっと汚い駅だったのですが、今や近代的な駅舎になっています。駅のすぐそばに駐車場があって、クルマでの送迎が楽にできるようになっています。オーツは浦島太郎状態になってしまって、ひとりで興奮していました。
 考えてみると、クルマに乗りだしてからは、実家に行くためには基本的にクルマで移動していましたから、電車で行ったのは20年ぶりくらいです。
 駅から北小学校までは、1km くらいでしょうか。クルマで迎えに来てもらったので、商店街の中の道を走っていきました。ところが、昔、いろいろなお店があった中央の通りが、かなりシャッター商店街になっていたのです。ちょっと離れたところにできたイオンモール
http://hanyu-aeonmall.com/index.jsp
にお客が流れていて、市内の商店街で買い物をする人が少なくなってしまったのだそうです。まあ、地方都市ではクルマが普及するとともに駅前の商店街がさびれてしまうというのはよくある話なのですが、羽生市も例外ではありませんでした。
 北小学校では、給食を食べることになりました。その昔、息子が通っていた小学校で給食の試食会があったことを思い出しました。それ以来です。
 オーツが小学生だったころは、脱脂粉乳で作ったミルクとコッペパン(とマーガリン)とおかず1品というのが普通のメニューでした。
 今回は、御飯と納豆、厚焼き玉子、けんちん汁、そして牛乳といったメニューで、栄養的にも十分だし、けっこうおいしいと感じました。給食の質は昔と大きく違っています。
 帰りに羽生駅からの上りの電車に乗るときに、時刻表を見て気がつきましたが、それぞれの電車の行き先は、通勤時間帯だけは浅草行きですが、それ以外は久喜駅が終点です。久喜では上りの電車が待ち合わせていて、乗り換えることになります。昔はほとんどの電車が浅草行きだったはずですが、この点でも大きく変わっていました。
 いろいろな新発見ができた1日でした。
ラベル:羽生 商店街 給食
posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする