2012年11月30日

和民 新江古田駅前店 で軽い夕食

 オーツは、夕食を軽く和民で済ませようと思い、ひとりで新江古田駅前店に出向きました。
 前にも行ったことのある店です。
2012.7.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/283837325.html
 寒い日だったので、温かいものでいこうと思いました。
 メニューを見ると、燗酒(大)499 円がありました。「大」とはどれくらいの量かと店員にたずねると、2合だとのこと。これくらいあれば十分です。
 食べるものも、温かいものを選びました。本当は「明太あんかけ豆腐」299 円を注文しようと思ったのですが、今切れているというので、「野菜たっぷりあんかけそば」499 円と、「旨辛さむにだハマるにだ 和民の地獄餃子」299 円を注文しました。
 会計してみると、燗酒 523 円、あんかけそば 523 円、三種の彩り前菜 367 円、地獄餃子 313 円で、合計 1,726 円となりました。レシートをくれましたので、それを見ながら書いています。メニューの複雑な命名は何なのかという感じの簡単なレシートです。
 メニューの 499 円と、レシートの 523 円は、消費税5%だけの違いですが、ずいぶん印象が違います。523 円は明らかに高いという印象です。
 こうして並べてみると、突き出しの 367 円が高いように感じます。「不要だ」とバカな主張をしてもしかたがないので、払っておきましたが、自分が注文していないものを払わせられるのは、特に明朗会計だと、イヤミな感じです。これがなければ、全般に安い感じになるのですが、……。
 あんかけそばは、細い焼きそばで、ピビンパを食べるときに使うような石の丼(ただし小さめ)に具が入ってグツグツ煮えたぎっていました。1人前ですから、小さい丼です。それを、大皿に乗った細い焼きそば(とはいえ、実際には揚げてあります)にかけて食べます。けっこういけます。
 地獄餃子は、メニューの写真では辛そうに見えましたが、実際に食べてみると、全然辛くなく、コチュジャンで赤くなった汁に入った餃子が温かくて、おいしく食べられました。
 このくらいで、十分な食事になりました。オーツは安上がりな人間になったということです。

 とはいえ、ふと気が付くと、ネットには10%オフのクーポンがあるではないですか。
http://www.hotpepper.jp/strJ000141581/map/?vos=cphppallyaho110623021
これを持参しなかったのは、痛恨のミスでした。(ま、そんな大げさな話ではないかな。)
タグ:和民
posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

星野リゾートでは喫煙者は採用いたしておりません

http://recruit.hoshinoresort.com/smoking-yes.html
に高らかに宣言してあります。「星野リゾートでは喫煙者は採用いたしておりません」ということです。
 なぜそういう方針をとるのか。そのための三つの理由が上記文書に明示されています。
 立派です。私企業は、こういうことが許されます。
 国会などはどうでしょうか。オーツは詳細を知りませんが、「喫煙者は国会議員になれません」ということは不可能で、選挙で選ばれれば国会議員になれるのだから、国会内には喫煙者が(ある程度は)いるはずです。まあ、本会議場内でタバコを吸っている人はいないのでしょうが、食堂などはどうなんでしょうか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1253770267
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1344681628
http://kenenman2006.jugem.jp/?day=20120507
2012年現在でやっと食堂を全面禁煙にするという話です。国会とは、何と遅れたところなんでしょうか。
 オーツの周りを観察すると、人が集まるところでは、喫煙を慎むことが常識として浸透してきたように思います。昔(数十年前)は、会議室などが喫煙ルームになっていたりしたものです(非喫煙者はさぞかしつらかったでしょう)が、最近の会議室は、禁煙が普通になりました。
 星野リゾートの関連施設に宿泊すると、とても快適です。そのようなことの裏には、会社のこんな理念があったのでしょう。「一事が万事」といえそうです。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

大学院に行くとアルバイトもできない?

 オーツがダイヤモンドオンラインで見かけた記事があります。「一度レールを外れるとバイトにすら就けない! 高学歴ワーキングプアの抜け出せない苦しい現実」
http://diamond.jp/articles/-/28112
というものです。
 大学院で博士課程修了とかいうことになると、仕組み上は最高学歴を得たということになるのですが、実態的にワーキングプア状態の人がいるという記事です。
 確かに、会社側からすると、数年間の無駄飯を食い、通常の大卒者よりも会社で働ける年数が短く、専門知識があることはいいけれど、かえってある種の考え方に固執するような面がある人は使いにくいともいえるでしょう。
 一般に、文系の大学院に進学するような人は、普通の意味で会社員になることを考えているわけではありません。理工系の一部では、当たり前のように修士課程に進学する風潮がありますが、ある程度の専門知識を身につけるには、学部卒では不足であると考えられているのでしょう。
 では、文系の大学院に進学する人は、大学院修了後、何を考えているのでしょうか。ここからは、個人差が大きいわけですが、研究職(大学の教員も含む)を目指す人がある程度います。それから、高校の教師(専修免許状を取得する)を目指す人がいます。それ以外の道を探す人は、少数派になってしまいます。
 ということは、大学院進学を考える場合、普通の意味での「就職」はできないものと考えたほうがいいということになります。
 かなり狭い世界で生きていくことになりそうです。それでいいのかどうか。大学院進学の前によく考えておくべきです。
 いうまでもありませんが、大学院に進学できたからといって、必ず研究者や高校の教師になれるとは限りません。本人の能力が大きく関係する世界です。そして、自分にそれだけの能力があるのかどうか、自分ではわからないというのが実態でしょう。教員の側から見てもわからないでしょう。修士論文を書くころになると、だいたいわかってくるものです。自分でもわかるでしょうし、教員の目から見ればかなり「向き不向き」はわかるものです。
 適性のない人が大学院に進学してしまうと、その先で苦労することになるでしょう。
 というわけで、大学院進学を考えるころには、前もって教員に相談するほうがいいと思います。

 今回の記事とやや関連するものとして「奨学金1,500万円の取り立てにあう高学歴ワーキングプア-高学費と就職難が大学院生の心身壊す」
http://blogos.com/article/50700/
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11408859560.html
も興味深いものでした。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

ホテル アーク ビジネス@水戸市

 水戸市で妻と泊まったホテルが「ホテル アーク ビジネス」です。
http://www.ark-business.com/
 ホテルの隣に数十台入る駐車場が付属しています。もちろん、無料で使えます。
 普通のビジネスホテルですが、オーツはとても気に入りました。
 チェックイン時にフロントでお茶が出されました。そばのテーブルにはちょっとしたお菓子があって、ゆっくりできます。うれしいサービスです。また、フロントでミネラルウォーターひとり1本が手渡されます。部屋には冷蔵庫がありますので、そこに入れて、これを冷やしておくと、快適、快適というわけです。もちろん、部屋にはお茶のセットと湯沸かしポットがありますが、オーツのように、(寒い季節でも)熱いお茶よりも冷たい水が好きという人間もいるのです。
 部屋は普通のビジネスホテルです。実質的で、何も不満はありませんでした。トイレはウォシュレット付きでした。薄型のテレビが付いていました。部屋には無線LANが通じていて、パソコンがインターネットに簡単につながります。もう、それだけで満足です。
 部屋のエアコンの効きもよかったです。部屋に入ったときは、少し寒かったですが、エアコンが切れていました。節電のためには当然でしょう。スイッチを入れたら、すぐに部屋が暖まりました。
 部屋には、加湿と脱臭とプラズマイオンの発生を行うプラズマイオンUV加湿脱臭機 DAS-303W がありました。オーツは特にありがたいとは思いませんでしたが、妻は、風邪気味だったので、乾燥した空気がイヤだといって加湿にしました。するとのどの痛みが緩和されたというのです。加湿器でそんなに効果があるのか、疑問に思いましたが、本人は納得していました。
 UV といえば、Ultra Violet で、紫外線です。加湿脱臭と紫外線の関係がわかりませんでしたが、殺菌のためのようです。
 部屋に風呂が付いていますが、ホテル内には大浴場がありません。しかし、近くの(といってもクルマで10分ほどかかりますが)スーパー銭湯の入場券が無料でもらえるようになっています。今回は時間の関係でスーパー銭湯は使わないことにしましたが、次回、泊まるときがあったら、早めにきて、スーパー銭湯でゆっくりするのもいいでしょう。バスタオル、フェイスタオル、シャンプーなどの「入浴セット」を無料で貸してくれるそうです。宿泊日あるいは翌日使えるという話です。
 このホテルには、いろいろなサービスがあります。中でもユニークなのは、靴みがきサービスでしょう。夜の内にロッカーに靴を入れて鍵をかけておくと、朝6時までに磨いてくれるのです。オーツは妻の分と一緒に試してみましたが、ホントにピカピカになっていました。
 駐車場の一角を利用して「ランドリーハウス」がありました。コインランドリーです。洗濯までできるのは快適です。連泊するときに、下着などをたくさん持たずに来ても大丈夫ということです。
 朝食は、2階のビヤレストランで食べることになります。和食の定食です。ご飯、味噌汁、漬物3種、納豆、味付け海苔、玉子焼きとハムとサラダ、焼きしゃけ、昆布の佃煮、イトコンニャクの煮物、というセットで、十分おなかいっぱいになります。それぞれおいしかったです。特におすすめは納豆です。水戸市で製造・販売されている普通の納豆ですが、ふだんオーツがスーパーで買ってくる納豆とは味が違いました。こちらのほうがおいしいです。
 食後はエスプレッソのコーヒーを飲みました。もちろん、紅茶、緑茶などの飲み物もあります。
 こうして快適に泊まれて、朝食が付いて、何と1泊 4,800 円という安さです。この金額には驚きました。じゃらんのポイントが使えたので、実際にはさらに安く泊まることができたのでした。
 ビジネスホテルとはいえ、とても快適でした。水戸で泊まるなら、このホテルで決まりです。それくらいのホテルでした。
 でも、ビジネスホテルですから、大浴場もないし、結婚式場もないし、立派なレストランもないし、室内には豪華なベッドや大型のソファもありません。でも、実用的には十分だと思います。
posted by オーツ at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

田吾作@水戸市

 オーツは妻と水戸市で1泊することにしました。
 夕食をどこで食べるか、考えて、「田吾作」という居酒屋にしました。
http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080101/8008633/
http://r.gnavi.co.jp/5471126/
 飲んだものは、生ビール(中)525 円×2、グレープフルーツジュース 367 円、さくら川大吟醸(日本酒)1合 700 円でした。このくらいで十分でした。
 食べた物は、お通し 420 円×2、豆腐サラダ 525 円、吾盛すし 1100 円、常陸牛ローストビーフ 980 円、三点盛刺身A(ほたて・かつお・かんぱち)1200 円、田吾作納豆 682 円、なすの田楽 420 円でした。
 ホテルで5%割引券をもらっていったので、-384 円となり、合計 7,660 円でした。
 この店はおすすめです。食べたものは全部おいしかったです。
 豆腐サラダはドレッシングがおいしく、それが豆腐にからんで、豆腐の甘さを引き立てます。
 ローストビーフには、にんにくが乗り、黒胡椒でしょうか、つぶつぶが乗っていました。しっかりした味でした。
 刺身は、1切れが大きめで、それぞれ4切れずつ盛り合わせてありました。居酒屋でこういうレベルのおいしい刺身が食べられるのは感激です。刺身がおいしいと満足感が高まります。
 田吾作納豆というのは、大きい丼にひき割り納豆が入り、それに、まぐろ、ながいも、たこ、はまちなどを小さく切ったものが盛りつけてあります。それをぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べることになります。これが一番おいしかったでしょうか。「たくあん」も入っていました。へえ、という感じで、実においしいです。取り皿を2個出してくれましたので、妻と取り分けながら食べました。これはぜひ食べてみる価値ありです。
 なすの田楽は温かくて、味噌の香りが豊かでした。食べやすくなるように、なすに切れ目が入っていました。
 寿司は5貫でしたが、量的にちょうどいい感じでした。田盛、吾盛、作盛の3種類があります。それぞれネタが違いますが、メニューにネタが書いてありますので、間違えることはありません。
 妻は、ピザも食べようなどと言っていましたが、これらを食べたら、もうおなかいっぱいで、ピザまでは注文する気になりませんでした。

 この店でちょっと気になったのは、注文してから料理が出てくるまでに時間がかかったことです。酒類はすぐに出てくるのですが、……。まあ、ゆっくり食事を楽しむ(あるいは酒を飲みながら話をする)という意味では、こんなペースでいいのでしょうが、もう少し早めに出してくれてもいいと感じました。
 隣にいたお客さんも、注文してから時間がかかるとぼやいていました。
 まあ、この日は団体さんが入っていたのかもしれません。
 オーツの感覚では、もう少し板前さんを多く配置するとかするといいような気がしました。
 もっとも、食べ終わって店を出るまでは2時間ちょっとでしたから、「遅すぎる」わけではありません。
タグ:田吾作 水戸
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

自作プログラムを紛失

 今回が初めてというわけではないのですが、オーツは、ずっと前に作ったプログラムをなくしてしまいました。
 作ったのは、たぶん、1988 年ころです。当時は BASIC でプログラムを書いていました。あるところで、その計算結果を使った話をしていますが、それが 1988 年だったので、そのころプログラムを作ったに違いありません。
 最近、ふと思いついて、当時のプログラムを探してみました。それをちょっと応用したい問題があったからです。話をしたときのハンドアウトは出てきたのですが、肝心のプログラムが出てきません。当時の BASIC プログラムの類が50本ほど出てきました。オーツが自分で圧縮ファイルにして保存しておいたのです。しかし、その中に、目的のプログラムはありませんでした。
 当時は、フロッピーが外部記憶の中心でしたから、不要と思えば、消してしまったのでしょうか。自分のメインの言語が BASIC から pascal に移行する時期だったので、BASIC などはもう使うことはあるまいと考えたのかもしれません。
 あるいは、今のパソコンのどこかに隠れているのかもしれません。念のため、パソコンのハードディスクの中を全部についてファイル検索をしてみましたが、やっぱり出てきません。
 pascal にせよ、何にせよ、ゼロからプログラムを作るのは大変です。BASIC で書いたものがあれば、それを pascal で書き直すことは簡単にできます。
 問題は、アルゴリズムなわけですから、こういうのは消さずに保存しておくべきでした。
 話をしたときのハンドアウトにはグラフが載っているのに、そのグラフを書いたプログラムがないのです。
 いやはや、いやはや。
 今ならば、大きな声で「作成したプログラムを消すことはない。全部保存しておくべきだ。」といえます。パソコンのハードディスクが満杯になることはないからです。しかし、14年前のオーツは、そんなことを考えていなかったようです。
 残念な、かつ反省するべき話でした。

 ついでに、今回発見した話ですが、BASIC のプログラムはテキストファイルで残してありましたが、一部はバイナリ形式になっていました。BASIC 処理系があれば、それで読めばいいのですが、今となっては、そんなのは動きません。オーツが油断したのでしょう、たぶん。
posted by オーツ at 05:00| Comment(3) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

鍵の交換

 家族の一人が、オーツの自宅の玄関のドアの鍵をなくしました。まったくバカな話です。
 運悪く、免許証も一緒になくしたという話です。ということは、住所がわかってしまうのです。悪意を持った人ならば、玄関の鍵を使ってオーツの自宅に侵入できてしまいます。
 というわけで、玄関の鍵を交換することにしました。
 大成建設で建てた家なので、大成建設に電話して、下請けの業者に来てもらいました。埼玉県の業者でした。新しい鍵に交換して 29,400 円かかりました。しかたがないとはいえ、まったく、ムダな出費になりました。
 今度の鍵は、ピッキング対策に優れた鍵だそうなので、以前のものよりは少しいいものかもしれません。
タグ:
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

最近の昼食パターン

 最近は、オーツの昼食パターン(ランチを食べる店)が変わってきたので、ちょっとまとめて書き記しておきましょう。
 以前のパターンは、
2011.2.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/185172890.html
に書きました。

・カレー
(1) 日本式・CoCo壱番屋@下高井戸(6辛〜7辛)
(2) インド式・ミラン@下高井戸(6辛)
(3) インド式・家帝 YETI@桜上水(level E)
・寿司
(1) 回転寿司スシロー@八幡山
(2) 満足ランチ・魚屋路@桜上水
・定食
(1) 鮪あら煮定食・まぐろ人@下高井戸
(2) 焼魚定食・ピエロ@桜上水
(3) 中華料理の定食・匯香苑@桜上水

 このうち、満足ランチ・魚屋路 は、まだ2回しか食べていないので、ここに書くのはちょっと気が引けます。
 もしも、中高年の人が桜上水〜下高井戸に来るのなら、こんなところをおすすめしようかなと思っています。どこも千円以下でランチが食べられます。

 おサイフに余裕がある人の場合は、以下のようなところでしょう。

・高級ランチ
(1) えざら@下高井戸 2300 円
(2) 眞太@下高井戸 1500 円以上
(3) 旭鮨総本店@下高井戸 あさひ御膳 1500 円、寿司御膳 1680 円
続きを読む
posted by オーツ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

夕食宅配

 オーツの自宅のポストに夕食宅配サービスのチラシが投げ込まれていて、ちょっとおもしろそうだと思いました。
 ネットで検索するとたくさんヒットします。
 どんなのがあるか、眺めてみました。

(1)コープデリの夕食宅配
http://yuusyokutakuhai.coopdeli.jp/
  舞菜御膳(おかず8種類)1人用で 698 円
  舞菜おかず(おかず6種類)1人用で 570 円
  舞菜弁当(おかず5種類とごはん)1人用で 530 円
 毎日宅配してこの値段というのは安いと思います。スーパーに行く手間がかからないわけですからねえ。

(2)ワタミの宅食
http://www.watami-takushoku.co.jp/
  まごころ万菜(おかず8種類)1人用で 670 円
  まごころおかず(おかず6種類)1人用で 570 円
  まごころ御膳(おかず4〜5種類とごはん)1人用で 540 円
 お料理キット(食材とレシピの配達)もあります。
http://www.watami-takushoku.co.jp/contents/rakuchef/
 自分で味付けをしたいとかいう場合はこういうのが便利でしょう。

(3)ヨシケイ
http://www.yoshikei-tokyo.co.jp/
 食材とレシピの配達が4コースあります。おかずだけになります。チラシから情報をコピーしておきましょう。
  プチママ 2人用で 980 円
  定番   2人用で 1040 円
  食彩   2人用で 1294 円
  Cook 15! 2人用で 1296 円

 他に、Y*デリという調理済みおかずを配達してくれるコースがあります。レンジでチンです。
  Y*デリ  1人用で 692 円
 冷凍のおかずを配達するコースもあります。
  楽らく味彩 3食セットで 990 円

(4)タイヘイのファミリーセット
 調理済みメニュー
  ヘルシー御膳(エネルギー調整食)http://www.familyset.jp/menu/healthy_g
  スマイル御膳(たんぱく質調整食)http://www.familyset.jp/menu/smile
  なでしこ御膳(女性向け)http://www.familyset.jp/menu/nadeshiko
  たのしみ御膳(冷凍おかず)http://www.familyset.jp/menu/tanoshimi
  ソフト御膳(噛めない人向き)http://www.familyset.jp/menu/soft
  いろどりおかず http://www.familyset.jp/menu/irodori
 レシピ付き食材メニュー
  【詳細は省略】

 ほんの少しだけ並べてみましたが、けっこう賑わっているようです。
 こういうのは、高齢者の利用に適しているように思います。オーツは、今のところ、自分でスーパーに行って、食材を買ってくるほうがいいように思っていますが、妻に先立たれた場合には、一人で食事作りをしていかなければなりません。けっこうめんどうな気がしています。ついつい、同じようなものを食べ続けることにもなりかねません。今でも若干その傾向があります。朝食などはいつも同じようなものを食べていますし……。
 昔ながらの3世代同居型の大家族であれば、そんな食事の心配もなかったのですが、今は核家族が普通ですから、高齢者は独居のケースも多いことと思います。だとすると、1人分の調理は、手間がかかる割りには、食材が残って腐ってしまったりして、後片づけがいよいよめんどうになったりします。オーツは、若いころにひとり暮らしをしていたので、まあ調理もそんなに苦ではないと思います。しかし、高齢になると、目が悪くなって、パッケージに書いてある説明が読めなくなったりしますから、調理も意外と大変かもしれません。手足がうまく動かなくなれば、いよいよ苦労しそうです。
 このような夕食の宅配は、いわば利用者全員が大鍋を囲んでいるようなものです。ただし個人ごとに食べているわけです。これからの時代、こんな生活スタイルが合っているのかもしれません。日本は高齢化社会になっていくわけですから、こういうサービスがますます盛んになるのでしょう。
 また、小さい子供がいる妊娠中の女性なども、利用する手がありそうです。子育てが大変であることに加えて、大きなおなかを抱えて家事もしにくいでしょう。そうです、このブログを読んでいるあなたのことです。家事の合理化の一手段として考えてみてはいかがでしょう。月曜〜金曜に宅配を利用して、土日は自分で作るようにしてもいいですし、旦那さんに作ってもらう手もあります。
タグ:夕食 宅配
posted by オーツ at 05:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

札幌の初雪と靴裏に貼る滑り止め

 18日(日曜)は、札幌で初雪を観測しました。朝から寒いとは思いましたが、午後になって雪になりました。そのため、積もった雪で道路がぐちゃぐちゃになりました。オーツのきらいなパターンです。
 ところが、このような事態を見越して、オーツの知り合いが宿に靴裏に貼る滑り止めを差し入れてくれていました。オーツがフロントでチェックインするときに、そんなのが渡されて、驚きました。しかし、これが役立ちました。確かに靴が滑りにくくなるようです。まあ、札幌の人は靴自体が滑らないようなものを履くのでしょうが。
 DAISO JAPAN で売っているようです。「Repair of SHOES 靴の修理屋さん 靴の滑り止めステッカー紳士用」と書いてあります。2個1組で、つま先から土踏まずにかけての靴底にぺたっと貼るようになっています。
 よく考えられているなあと思いました。
 もしかすると、かかと用も別に売られているかもしれません。いや、かかとは大きな衝撃がかかるところだから、すぐに破れたりすり減ったりするということで商品化されていないのかもしれません。
タグ: 滑り止め
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

乗客を飛行機に乗せるときに座席の前後で区分する

 オーツは、札幌に行ってきました。
 羽田空港から千歳空港まで ANA 便を利用することにしました。札幌行きの搭乗口のところで館内放送を聞いていると、隣の搭乗口から宮崎行きが出発するというアナウンスがありました。
 乗客を機内に案内するとき、(はじめに優先搭乗の案内がありましたが)座席の前後で区分し、機内の後ろの座席の乗客を先に乗せるようにしています。これは合理的な考え方です。
 しかし、オーツが気になったことがありました。まず、13列目から29列目の乗客を乗せ、次に、1列目から12列目の乗客を乗せたのです。ちょうど半分ずつがいいのではないか(14か15列目以降を先にする)と思ったのですが、そうではありませんでした。
 そこで、搭乗口の係員にたずねました。なぜ半分ずつにしないのかということです。すると、ANA の係員は、機体によって前半後半の区切りの座席番号が違っており、それは、非常口の位置によるのだという説明でした。非常口の付近には手荷物をおく場所が少なく、したがって、座席の上の棚に入れる場合もちょっと離れたところに入れたりするケースがあり、指定された座席に全乗客が座るまでに時間がかかるというわけです。
 なるほど、細かいところまで配慮されているものだと感心しました。
 いざ、オーツが乗る段になったら、札幌行きは大型の機体を使うということもあって、30−44列、15−29列、1−14列、という3グループに分けた上での搭乗となりました。
 非常口が2ヶ所(というか、左右を考えれば4ヶ所)にあるのだろうと推測しました。
タグ:座席 飛行機
posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

カーナビは純正品よりも社外品が安くて高機能

 オーツは、今のクルマに2003年5月から乗っていますから、もう9年半にもなります。そろそろ次のクルマのことを考えてもいいころになりました。
 今のクルマも、その前のクルマもトヨタ製でした。まったく不満はありませんので、次のクルマもトヨタにしようかと考えています。
 ディーラーからは、こんなクルマがありますよ、ということで、カタログや見積書などを送ってきます。
 そこで気がついたのですが、クルマに付けるカーナビの値段が、純正品はどうにも高いように思います。
 トヨタの場合、
http://toyota.jp/dop/navi/
http://toyota.jp/dop/navi/lineup/image/function2012.pdf
に情報があります。
 一番安いエントリーナビで 81,900 円、その上のマルチリンクナビで 131,250 円ですが、地図を格納しておくメモリは、エントリーナビで 4GB、マルチリンクナビで 8GB ということです。どれだけ詳しい地図が表示できるのか、不安です。
 20万円から30万円の機種(ハードディスクナビ)もありますが、いろいろ機能がありすぎる割りには、それがオーツのほしいものでないという感じです。たとえば、G-BOOK のような通信機能なんて不要です。
 一方、社外品では、売れ筋の Carrozzeria でいえば、楽ナビシリーズがありますが、
http://pioneer.jp/carrozzeria/rakunavi/
価格はオープン価格です。
 kakaku.com で最低価格を見てみると、AVIC-MRZ009 が 83,700 円です。
http://kakaku.com/item/K0000423996/
 機能は、パイオニアのサイトでわかりますが、
http://pioneer.jp/carrozzeria/rakunavi/avic-mrz009_avic-mrz007/spec/#tab_menu
メモリが 16GB(最大 32GB まで可能)というだけでなく、全般にトヨタのものよりもずっと高機能のように思います。
 トヨタの純正品は取り付け工事費込みの価格であり、社外品は別途取り付け工事費がかかりますが、工事費はオートバックスで 26,250 円ということですから、それを考慮しても、純正品は割高で、社外品が安いということになります。直感的には2倍くらい価格が違うということになりましょうか。
 純正品は、クルマを購入するときにつける場合が大半でしょう。その際、クルマ本体とカーナビ(さらにはその他のオプション品)の合計額から割引して販売することになるでしょう。つまり、純正品のカーナビの値段なんて、実はよくわからないものになっているのです。
 どうにも不透明感があります。
 クルマを買うときには、カーナビは純正品を買うことをやめて、社外品を後付けすることを考えてもいいように思いました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

とんがり爪の女性

 オーツが電車に乗ってロングシートに座っていたとき、向かい側の席に座った若い女性がカバンからケータイを取り出してメールを送っているようなしぐさをしていました。そのとき、気がつきました。その女性の爪が長いのです。いや、自分の爪ではなくて、つけ爪(ネイルチップ)ではないかと思います。まるで、ライオンや虎のような感じで、全部の指から白くとがった爪が 1cm 以上も突き出ていました。もちろん、ケータイの操作には邪魔な存在です。見ていても、それはわかります。
 さて、この女性、ファッションはばっちりで、茶髪で、大きなサングラスをしていました。そういう女性だから、こんな爪をしているのでしょう。爪もファッションなのです。
 オーツは、こういう女性には魅力を感じません。あんな爪を持っていて、何かのときに引っかかれたら痛そうです。
 こういう爪をしているということは、日常の家事などはしませんよといっているようなものです。まあ、そういう女性がいてもいいですが、普通に生活していくのに不便なのですから、つまりは、普通の生活をしない女性が、それを誇示するためにそんな爪をしているのでしょう。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

羽生市の「和楽」のうどんがおいしい

 オーツは、先日、羽生市に行きましたが、
2012.11.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/301874404.html
夕方から懇親会がありました。そこで出掛けた先が「和楽」という割烹です。
 市役所のちょっと東側にあって、こぎれいな店で、雰囲気がよく、楽しい会になりました。若い人が多かったため、にぎやかな感じでした。
 テーブルにはいろいろな料理が並べられました。刺身や海老フライなど、ちゃんとおいしく食べられ、よかったのですが、最後にお椀に入って出てきたうどんがびっくりするくらいおいしく感じました。コシが強くて、歯ごたえが何ともいえません。
 帰りがけに、この店のご主人に会うことができたので、うどんのことをほめました。
 実は、この店のご主人はオーツの小学校時代の同級生でした。当時(半世紀前)、5円貸したことを思い出しました。なぜ、そんなことを覚えているかというと、なかなか返してくれなくて、半年くらいだったでしょうか、オーツが「返せ、返せ」と会うたびに言っていたのです。50年間貸していたわけではなくて、半年くらいで返してもらったのですが、そんなこともあって、記憶に残ったのでした。
 和楽のご主人は、うどんは佐野市のほうから仕入れているという話をしてくれました。いろいろうどんのうんちくも話してくれたのですが、残念ながらオーツはよく覚えていません。それはともかく、お土産として、パックに入ったうどん(生麺)を2個持たせてくれました。
 翌日、1個の半分をゆでて食べてみました。4分ほどゆでたのですが、弾力性とともにシコシコ感があって、店で食べたあのおいしさがよみがえりました。ちょっと固めだったので、さらに翌日、ゆで時間を5分半にしてみました。これくらいがちょうどいいようです。再度、おいしさを堪能しました。
 このうどんは飽きません。何回でも食べたくなるおいしさです。
 この話は、オーツの小学校の同級生がやっている店だからというわけではありません。本当においしいのです。
 羽生市は昔からうどんをよく食べる地域でした。お隣の加須市は手打ちうどんで売り出しています。
http://kazo-udon.jpn.org/
http://www.city.kazo.lg.jp/hp/page000000300/hpg000000204.htm
 機会があったら、またぜひ和楽のうどんを食べてみたいと思います。
posted by オーツ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

机の上で迷子になった郵便物

 オーツは、いろいろなものをなくしますが、最近、ちょっと驚いたケースがありました。
 ある人からチケットを送ってもらうことになっていたのですが、なかなか来ないので、メールで聞いてみたところ、1ヶ月半ほど前に送ったというのです。
 別の人の名前で(つまり別の人が)チケットを送ってきていたのでした。
 いわれてから机の上を探すと、封筒が出てきました。
 やれやれ、一安心です。
 こんなことがしょっちゅうあるので、オーツあてに郵便で連絡するときは要注意です。いろいろな郵便物や書類が机の上に積まれているので、つい、他のものの下に入ってしまうと、そのままになってしまうことがあります。まあ、そのうち机の上を整理する時期がくれば、そのときにわかるのですけれども、……。
posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

羽生市立北小学校に行ってきました

 先日は、羽生市立北小学校に行ってきました。ここは、オーツが子供のころに実際に通った学校です。当時は羽生小学校と言っていましたが、その後、南小学校ができたために、北小学校と名前を変えたのでした。
 東武伊勢崎線の羽生駅に着きました。そもそも、この駅が大きく様変わりしていて、今は橋上駅になっています。案内板にはハングルや中国語が書かれており、外国人の利用がある程度あることをうかがわせます。オーツが高校生のころは、もっと汚い駅だったのですが、今や近代的な駅舎になっています。駅のすぐそばに駐車場があって、クルマでの送迎が楽にできるようになっています。オーツは浦島太郎状態になってしまって、ひとりで興奮していました。
 考えてみると、クルマに乗りだしてからは、実家に行くためには基本的にクルマで移動していましたから、電車で行ったのは20年ぶりくらいです。
 駅から北小学校までは、1km くらいでしょうか。クルマで迎えに来てもらったので、商店街の中の道を走っていきました。ところが、昔、いろいろなお店があった中央の通りが、かなりシャッター商店街になっていたのです。ちょっと離れたところにできたイオンモール
http://hanyu-aeonmall.com/index.jsp
にお客が流れていて、市内の商店街で買い物をする人が少なくなってしまったのだそうです。まあ、地方都市ではクルマが普及するとともに駅前の商店街がさびれてしまうというのはよくある話なのですが、羽生市も例外ではありませんでした。
 北小学校では、給食を食べることになりました。その昔、息子が通っていた小学校で給食の試食会があったことを思い出しました。それ以来です。
 オーツが小学生だったころは、脱脂粉乳で作ったミルクとコッペパン(とマーガリン)とおかず1品というのが普通のメニューでした。
 今回は、御飯と納豆、厚焼き玉子、けんちん汁、そして牛乳といったメニューで、栄養的にも十分だし、けっこうおいしいと感じました。給食の質は昔と大きく違っています。
 帰りに羽生駅からの上りの電車に乗るときに、時刻表を見て気がつきましたが、それぞれの電車の行き先は、通勤時間帯だけは浅草行きですが、それ以外は久喜駅が終点です。久喜では上りの電車が待ち合わせていて、乗り換えることになります。昔はほとんどの電車が浅草行きだったはずですが、この点でも大きく変わっていました。
 いろいろな新発見ができた1日でした。
posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ボールペン

 オーツはちょっと手書きで書くとき、ボールペンを愛用しています。1本 100 円の普通のボールペンです。
 一番普通に使っているのは、ZEBRA の SARASA です。
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa/index.html

 上着のポケットに赤・黒の2本のボールペンが刺してあります。何着かの上着があるので、それぞれにボールペンを入れています。ボールペンを1セットだけ用意して、毎朝着ていく上着にそれを刺すというやり方もあるでしょうが、オーツは、上着の数だけボールペンを用意しています。(ついでにいえば、ハンカチも同様にそれぞれの上着に入れています。ベルトもズボンの数だけあり、それぞれのズボンにつけたままです。)
 さて、ボールペンは、ポケットの内側を汚さないために、かつ、書き心地が悪くならないように、ボールの部分が乾燥しないように、芯をカバーするようになっています。その方式として、@本体とは別のキャップをかぶせるキャップ式、A後部を押すと芯が出入りするノック式、B本体を左右にひねると芯が出入りする回転式、という3方式があります。
 昔は@が多かったのですが、最近はだいぶ少なくなってきたようです。
 オーツはどれも使ってきましたが、だんだん@が使いにくいと感じるようになってきました。目が悪くなってきたのか、キャップに本体がさっと入らなくなってきたのです。ということは、ボールペンを使い終わって、しまうときに、0.何秒かのムダな時間がかかるということです。1本のボールペンの中身を使い切るまでには相当な回数がかかりますから、毎回0.何秒かの時間をムダにしていると、トータルでは相当に時間を浪費しているというわけです。
 あるときは、キャップに本体を挿入しようとして、自分の指先をボールペンでつついてしまったこともありました。これはかなり珍しいですが、こんなことがあると、ますますキャップをかぶせるのに慎重になります。
 Bの回転式は、少し指の力が必要なようです。ボールペン自体がツルツルしているからでしょうか。簡単に回るようでは、文字を書いている途中に軸が引っ込んでいくようなことにもなりかねません。
 というわけで、Aのノック式が一番使いやすいと感じています。
 @のキャップ式などは、もう捨ててもいいようにも思うのですが、まだ使えるものを捨てることに抵抗があり、そこで使い続けてしまうという状態です。ボールペンの中には10年近く使っているものもあります。安くて長持ちするものです。
タグ:ボールペン
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

絶食系男子

 草食系とか肉食系とかいうことばは聞いたことがありますが、「絶食系」の男子とは、聞いたことがありませんでした。
http://diamond.jp/articles/-/27706
女性に全く興味がない、結婚や恋愛をしようとも思わない男子のことです。女性と付き合おうとしないということで、だから絶食系というわけです。いやはやすごい命名があったものです。
 上述の記事では、最後にアンケートもありますが、自分のことを絶食系と思っている人が 1/3 ほどいるのです。これまた驚きでした。
 これでは日本の少子化がさらに進むはずです。
タグ:絶食系男子
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

匯香苑@桜上水(2回目)

 先日、行ったばかりの店ですが、
2012.11.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/301012447.html
また匯香苑に足が向いてしまいました。
 今回は、700 円の週替わりサービス定食(メニューには17種類が書いてありました)の中から「ナスの四川風炒め定食」を選びました。例によって、ライス、サラダ、漬物(ザーサイ)、デザート(杏仁豆腐)、スープがついていました。
 今回は、スープがちょっとぬるめでした。しかし、料理は熱くておいしかったです。「四川風」とあったので、辛いものを期待していましたが、そうではありませんでした。でも変わった味付けでおいしく食べられました。
 700 円でこういう定食が食べられたら、オーツ的には満足です。
 オーツの勤務先からやや遠いのが難点ですが、健康のために歩くと考えれば、さほどの距離ではありません。
 そのうち、夕方にも訪問してみたいと思いました。アルコールメニューも充実しています。
posted by オーツ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

テレビのリモコンの乾電池とバッテリーチェッカー

 テレビのリモコンを使っていて、何か、テレビの反応が悪いと感じました。
 そこで、こういう場合にはリモコンに入っている乾電池が弱っているのだろうと考えました。
 リモコンから乾電池を取り出して、バッテリーチェッカー
2008.1.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/81373270.html
で測ってみると、緑の領域まで針が振り切れて、乾電池は弱っていないことがわかりました。新品とまでは行かないけれど、まったく弱っていない状態です。
 それにしてもおかしい。
 念のため、新しい乾電池に入れ替えてみました。すると、リモコンの動作がスムーズになりました。
 やっぱり、乾電池が弱っていたのです。
 しかし、ここで気になったのは、バッテリーチェッカーです。針の動きを見る限りでは、まったく問題はないのです。しかし、実際は乾電池が弱っているのです。
 実に奇妙な気がしました。今までこんなことはなかったのです。リモコンの中に入っていた電池は(アルカリ電池ではなく)マンガン電池でしたので、特性が違うのかもしれないと思いました。
 不思議な事件でした。
 もしかすると、テレビのリモコンは、乾電池のごくわずかの電圧低下でも動作がおかしくなるのかもしれません。その反対に、かなり長時間使って、乾電池の電圧が大きく下がってもまだ使える電気製品もあります。典型的には掛け時計です。掛け時計が止まった場合、その乾電池をバッテリーチェッカーで調べると、針はぴくりとも動きません。だから、たとえば、リモコンで使って、もう使えなくなった電池は、掛け時計で使うといいということになります。乾電池を徹底的に使うということは、こういうことです。こういうことを行うためには、バッテリーチェッカーは必需品です。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

補助便座

 孫が、そろそろおむつを止めようかという時期になっています。
 そこで、子供用のトイレを考えました。
 おまるタイプのものでもいいかなとは思ったのですが(30年前はそうしました)、直接便器に流せるようなものがいいと思い、買ったのが以下のものです。



 これを大人用の便器に乗せて使えば、簡単です。
 と思ったのですが、届いたものを見ると、大人用の便器のO型便座にネジで留めるようになっていました。
 こどもが揺らしたりしても大丈夫ということで、こんなにしっかりしたものになったのでしょうが、小さい子供用には、大人がつきっきりですから、そんな心配はいりません。
 むしろ、これを付けてしまうと、大人が便器を使うときに困ります。いちいち外さなければなりません。
 オーツの自宅にはトイレが二つあるので、一つが子供用、一つが大人用ということになるのでしょうか。
 そうはいっても、孫がそんなにオーツの家に頻繁にくるわけでもないし、あまり効率的ではありません。
 というわけで、ちょっと買って失敗した感じがしました。
 簡単にはめ込む(だけの)タイプのものがほしかったのですが、写真を見るだけではわかりませんでした。
続きを読む
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

匯香苑@桜上水

 桜上水で、以前「玄品ふぐ」があったところですが、
2011.5.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/201597524.html
今は匯香苑(かいこうえん)という中国料理の店になっています。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13144139/
 さっそくランチに行ってきました。
 今回、注文したのは「大カキのオイスターソース炒め」で、ライス、漬物(ザーサイ)、サラダ、スープ、デザート(杏仁豆腐)がついて 980 円でした。
 注文してからあまり待たずに料理が出てきました。中国人の料理人が作る本格派の味付けの中国料理でした。最近はこういう店が多くなっていますね。
 おおつぶのカキがゴロゴロと入っています。おいしいです。タマネギ、ピーマン、赤ピーマンなどの炒め物もたくさんあります。とろとろした玉子スープもおいしかったです。(ただし、時間が経ってさめてから食べたら、そんなでもなかったですが、……。)全体に満足しました。
 ふと見ると、テーブルに灰皿が置いてありました。この店は禁煙ではないようです。喫煙者が入ってくると、オーツは逃げ出したくなります。とはいえ、12時前に行きましたから、あまり店は混んでおらず、たばこの煙を気にするほどのこともありません。
 メニューを見ると、700 円のサービス定食(週替わり)もいろいろあります。980 円の定食と、両方を交代で食べてみたいものです。
 この店はオーツの行きつけの店になるかもしれません。「お気に入りの店発見!」でした。

参考記事:
http://blog.goo.ne.jp/kazutokomo/e/7ad17e21751ed1e5a1dd376e0c338d2a
http://blog.goo.ne.jp/kazutokomo/e/ce7d3f402e0143124cf4eb3ff24a58f0
続きを読む
posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

傘かしげ

 先日、雨が降ったときのことです。オーツは、勤務先の近くの幅2メートルもない狭い道(というよりは通路)を傘をさしながら歩いていました。
 この道は、普段から2人が行き違うのがやっとで、2人が並んで歩くことはできません。ですから、傘をさしていると、お互いの傘がぶつかってしまいます。
 さて、反対側から一列になって若い人の集団(数人くらい)が行き違いました。
 そのとき、オーツはちょっと傘を外側に傾けて、お互いの傘がぶつからないようにしたのですが、向かってくる人の1人はケータイに夢中で(雨の日なのに!)、オーツの肩にその人の傘があたり、雨のしずくがふりかかってきました。
 「まったく、けしからん」などと思いつつ、今の若い人は「傘かしげ」などということばを知らないのだろうと思いました。
 「傘かしげ」ということばを知っているから、そういう行動があることに気がつくのかもしれません。ことばが「目」を広げるのです。
 ケータイに夢中では、そんなことを意識することはできません。
 もっとも、ケータイでつながっている先が恋人とかいうこともありますから、雨の中だからといってケータイを使わないのがいいと言い切ることもできません。
タグ:傘かしげ
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

Windows 8 の評判

 Windows 8 が発売になって、一部の人は熱狂的に受け入れているようです。
 しかし、オーツは、Windows 7 への移行ができないままに
2012.3.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/255275462.html
いまだに Xp をメインマシンに使っています。
 まあ、OSのバージョンアップは、なるべくしないで済ませたいと考えているほうです。
 Windows 8 の紹介の記事
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120907/1043062/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121105/1045196/
などを読むと、いよいよ使わなくてもいいような気分になります。タッチパネルなんて使いたくもない感じです。
 Xp があと20年持ってくれたら、(もしかしてオーツがすでに死んでいるかもしれないし、そうでなくとも)そのころは仕事に使うこともなくなるだろうと思うので、好都合なのですが、いくら何でも、それはなさそうです。
タグ:XP Windows 8
posted by オーツ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

インスタント味噌汁に具を追加する

 オーツは、勤務先に弁当を持参してインスタント味噌汁を食べることがあります。お椀に入れて、お湯を注ぐだけでできあがるタイプです。
 いろいろなインスタント味噌汁を試してみましたが、どうも具が若干不足するように思います。特に安いものを買うと具が貧弱になります。当たり前の経済原則です。
 オーツが普段食べているのは、1食あたり20円くらいのもの(10食入りで200円とか)ですが、そのくらいでは具は貧弱だと思います。30円から50円くらい出せばそれなりのものになります。100円レベルのカップ入りのインスタント味噌汁を食べたときは満足しました。でも、毎回100円ではややもったいないような気もします。
 さて、そこで考えたことは、具を補えばいいということです。
 自宅にある麩と乾燥カットわかめを適量持参しました。そして味噌汁に入れると、はい、具だくさんの味噌汁に変身です。
 インスタント味噌汁に追加する具としては、他にも、とろろこんぶや海苔などが考えられます。
 なお、フリーズドライで作った「味噌汁の具」もスーパーで売られています。200-300 円くらいでしょうか。オーツは試していませんが、これも一つの手かもしれないと思っています。
 ネギやミョウガ、キャベツなどの野菜を刻んで弁当と一緒に持参することも考えられます。近いうちに試してみようかなと思います。
 さらには、小さく切った豆腐をラップにくるんで持参する手もありそうです。豆腐は水が出るので持参が大変ですし、豆腐自体に重さがあるので、「お湯を注ぐだけ」では味噌汁の温度がぬるくなってしまうかもしれません。ちょっと加熱する必要がありそうです。こうなると、もうインスタント味噌汁の領域を越えてしまいます。
 ともあれ、こんなことを工夫して、おいしいインスタント味噌汁を食べることができます。
続きを読む
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

すし銚子丸 豊玉南店 で海鮮サラダを食べる

 オーツは、銚子丸がお気に入りで、けっこうよく行きます。
 先日、お昼に行ったときは、レーンに海鮮サラダが流れていました。寿司屋で海鮮サラダというのも乙なものです。オーツの場合、夕方に飲むときの酒のつまみに頼むことはあるのですが、
2012.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/299452920.html
昼に食べるのは、たいてい寿司だけにしていました。
 しかし、けっこう具だくさんなのがわかります。エビやイクラ、イカ、サーモンなどがのっているのが見えます。
 オーツは、エイヤっと(399 円なので、そんな気合いを入れるほどの金額ではありませんが)取ってみました。店員さんが気を利かせてさっとドレッシングを手渡してくれました。客をよく見ているのですねえ。
 さっそく、ドレッシングをかけて食べ始めたのですが、何かイマイチの感じがしました。そこで気がつきました。わさびが利いていないのです。当たり前ですが。オーツは、回転寿司ではいつもわさびをもらって、つけながら食べています。海鮮サラダでは、それがなかったのです。そこで、わさびを少し取りながら、具につけて食べてみました。すっきりして、おいしくなりました。
 寿司だとシャリが付いてくるので、けっこうな時間、おなかがふくれた感じになりますが、海鮮サラダには野菜はあってもシャリがないわけで、おなかいっぱいになる感じがあっても、長続きしません。
 寿司屋の海鮮サラダはけっこういい選択かもしれません。
 あとオーツが食べたのは、秋たけなわセット5貫 500 円
http://www.choushimaru.co.jp/information/2012_10/omote.jpg
と中おち軍艦2貫 157 円でした。
 あら汁を2杯も食べたら、もう満足でした。
 割引券を持参すると、これで千円もしないのですから、おサイフにもやさしいと思います。
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

子供用のイス

 孫が自宅に来たときに、食事をさせる場合があります。そんなとき、座るためのイスが必要です。
 本当は、ダイニング用テーブルで食べさせたいところですが、そうなるとかなり高い補助椅子が必要になります。大人用のイスだと、孫の座高がないので、テーブルが小さな子供の目の高さになってしまって使いにくいものになります。
 和室用の座卓だと高さがあまりなくてまあまあいいのですが、それでも少しだけ高さが必要です。今までは仮に木製の積み木の箱に座らせて食べさせたりしていました。しかし、これでは食べ物をこぼしたりするときに積み木の間に入ってしまったりして不便です。
 そんなこともあって、子供用のイスを買うことにしました。楽天市場で探して選んだのがこれです。

 注文したら、大きな段ボールに入って翌日には届きました。いやはや、早いものです。
 木製で、とてもいい感じです。これなら落ち着いて座ってもらえそうです。
 こういうイスは、実店舗で探すよりも、ネットで探すほうがいいように思いました。実店舗では子供用のイスを何種類も置いてある店などはなかなかないでしょう。ネットでは、探せばいろいろ揃っています。写真やことばによる説明、過去の購入者によるレビューなどが手がかりとなって、十分選択できます。実店舗よりネットショッピングのほうが快適な感じです。

 そういえば、30年前に息子たちのためにこんなイスを買ったことを思い出しました。スチール製だったですかね。さすがに、それを取っておいて孫にまた使うという発想はなかったですが。
タグ:イス 子供
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

じゃんけんの英語

 オーツは、クルマで移動している途中に、中学生向けの基礎英語3を聞くことがあります。
2011.11.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/237060197.html
 先日、番組の中でじゃんけんのことを Rock, Paper, Scissors と言っていました。耳で聞いただけなので、それぞれの単語間にカンマがあるのかどうか、単語の初めを大文字で書くべきかどうか、よくわかりませんでしたが。
 一度聞けば簡単に覚えられ、忘れることはないように思います。
 しかし、オーツはこんな英語を聞いたことがありませんでした。まったく知らなかったのです。
 日本で、中学生以来、普通に英語を学んでくると、子供でも知っているようなやさしい英単語を知らないということがあります。英語圏で生活すれば一発で知るのですけれどもね。子供の遊びのことばなどはその典型でしょう。非英語圏の出身者は、聖書やマザーグースに出てくるような、よく知られた言い回しなども知らないことが普通です。
 ちなみに、近くの大学生や社会人などにたずねてみると、じゃんけんの英語を知っている人も少しはいましたが、知らない人が圧倒的多数でした。
 そんなものでしょう。
 しばらく前に、オーツがアメリカで数週間暮らしたときに、コインランドリーに行って洗剤がないことに気づき、周りの人に聞くときに「洗剤」って英語で何というのか、わからなかったことを思い出しました。そのときに detergent というのを覚えました。ま、こんな単語も、英語圏で暮らせばすぐわかるのですが、(日本の)英語教育の中ではめったに出てきません。まさに生活のことばなんですね。
posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

旅客機が墜落すると

 アメリカの ABC News です。YouTube にアップロードされています。
http://www.youtube.com/watch?v=W--dC5kuQ8Q
 本物の旅客機(ボーイング 727)を砂漠に墜落させて、そのようすを記録するというびっくりする実験です。アメリカならではの話のように思います。何しろ、本物の旅客機ですからねえ。パイロットはパラシュートで逃げ出すわけですが、それはそれで大変です。
 旅客機自体にも、その周辺にも、相当な金がかかっているはずですから、なかなか簡単に何回も実験はできないでしょう。しかし、こういう実験の積み重ねが飛行機の安全性の向上に役立つのだと思います。
 ダミー人形は、まさにこういう実験のために存在するのですね。
 もっとも、墜落パターンはいろいろですから、この1例の墜落がいつも起こるように勘違いされても困ります。今回は、機首がもげてしまいましたが、これは機首が地面に引っかかったからこうなっただけで、墜落するときにパイロットがいれば、もう少し機首を上げるようにするのではないかと想像します。
 当然のことながら、旅客機は燃料がほぼ尽きた状態で墜落したのでしょうね。火災が発生すると、何も記録が残らなくなりますから。
 オーツが驚いた実験の話でした。
posted by オーツ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

藤や@江古田(4回目)

 先日、行ったばかりなのに、
2012.10.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/299577380.html
また「藤や」に行くことになりました。
 今回は、妻と息子夫婦と孫とで5人での食事会でした。
 お通しの他に頼んだ食べ物は、田舎風ピザ 1150 円、とり唐揚 700 円、コロッケ 450 円、餃子 380 円、さんま塩焼 600 円、おにぎり(昆布、鮭)250 円×2、カツオ刺 700 円、お新香 500 円といったところです。
 居酒屋では好きな料理が頼めますから、2歳の子供でもけっこう食べることができます。だいぶ子供を意識した料理選択になってしまいましたが、まあいいでしょう。
 おにぎりは孫用でしたので、オーツは食べませんでした。また、カツオ刺は先日食べたばかりだったので、他の人にまかせました。あとは一通り食べ、それぞれおいしくいただきました。コロッケは、揚げたてで、ほくほくでした。ピザが意外とおいしく、オーツは3切れも食べてしまいました。
 飲み物は、生ビール 550 円×4、あさ開(純米酒)480 円×3、赤霧島(焼酎)(価格は記録忘れ)、それにコーラ 250 円でした。あと、お冷やを何杯ももらいました。子供用にはお冷やが一番です。
 合計すると、10,220 円となりました。アルコールを飲んだのは2人だけだったので、金額的には大したことありませんでした。各種料理を一人前で頼んで、5人で分け合うと、1人あたりの量が少な目になりますが、いろいろ種類が頼めて、それはそれでいいと思います。たとえば、餃子は5個出てきました。1人1個ということになります。お店のご主人が、われわれが5人なのを見越して5個にしてくれたのかもしれません。
 ここのおかみさんは根っからの親切な人で、2歳の子供がいても、快く受け入れてもらえます。
 今回も心地良く食事会を楽しむことができました。
続きを読む
タグ:藤や 江古田
posted by オーツ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする