2012年10月29日

旭鮨総本店@下高井戸

 夕方、2人でちょっと飲もうということになり、寿司屋に行くことにしました。
 旭鮨総本店は、下高井戸の駅前にあり、オーツはけっこう気に入っています。
http://asahizushi.com/
http://r.gnavi.co.jp/g264826/
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13011771/
 オーツは何回か行っているのですが、このブログではしばらく前に書いたきりでした。
2007.6.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563955.html
 テーブルに着くと、店員さんがおしぼりを持ってきて、お通しが2種類あり、どちらかを選べるということを言いました。一方が中トロだったので、2人ともそちらを選びました。(最後にもらったレシートによると、お通しは 315 円でした。)
 飲んだものは、生ビール(中)630 円×4、奥播磨(山廃純米)1合 950 円×2でした。奥播磨は、日本酒として、味も香りもなかなかだったと思います。
 食べたものは、海鮮サラダ(半人前)630 円、カマ焼き 840 円、真鯛刺身 1,470 円、煮穴子つまみ 980 円、そして最後に寿司のセット・入江 1,470 円×2で、合計 11,910 円となりました。お店にいたのは2時間半ほどでしたが、気持ちよく飲めました。量的にもけっこう飲んだ感じになりました。
 海鮮サラダは、メニューには一人前しか書いてありませんでしたが、それを注文しようとすると、店員さんが半人前というのもあり、2人ではそれで十分ですよと言ってくれました。親切な話です。半人前とは言うけれど、確かに2人で十分な量が出てきました。
 真鯛の刺身は5切れでしたから、ちと高かったかもしれません。入江というセットは寿司5貫とお椀と野菜の煮物のセットでしたが、それぞれおいしかったです。最後に食べるにはちょうどいい感じです。オーツは、ウニが特においしいと思いました。
 寿司屋なので、肉がなく、胃への負担が少ないという点がありがたいです。オーツのような歳になると、こういう店が好みになってくるのですね。
 最後に明細入りのレシートをくれました。ちょっと酔ってくると、何を食べたか、記憶もあいまいになってしまうのですが、レシートがあると翌日になってからでも確認できて安心です。明朗会計ですね。
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする