2012年09月30日

花のれん@松山

 オーツは、夕方、一人で食事をしようと思い、宿泊した東京第一ホテル松山の日本料理店「花のれん」
http://www.hankyu-hotel.com/hotel/tdhmatsuyama/restaurant/320/index.html
に行きました。ここは、和服の女性が仲居さんを勤めるような店で、雰囲気は大変いいと思います。
 頼んだのは、椿すし御膳
http://www.hankyu-hotel.com/hotel/tdhmatsuyama/restaurant/320/menu/list.html
で、2,300 円でした。メニューに書いてあるとおり、点心彩々/茶碗蒸し/揚物/一口素麺/握り7かん/お椀 というセットでした。オーツは、これに加えてアサヒの生ビール2杯を注文しました。1杯ではすぐに飲み終わってしまって、ちと不足のため、お代わりしたしだいです、はい。
 どんなものが出てくるか、写真を見てみてください。
http://www.hankyu-hotel.com/hhd-group/39tdhmatsuyama/upimg/rest/320/grandmenu/20120513-36.jpg
 まず出てくるのが点心彩々で、この写真のとおり、4種類の容器に入り、それぞれ違った味の料理が出てきました。これが結構楽しめました。これをつまみにビールを飲んだら、2杯くらいいけそうです。
 次に、茶碗蒸しと素麺と揚物(てんぷら)で、てんぷらには抹茶塩が付いていました。
 てんぷらはおいしかったです。揚げたての温かい状態で、しめじ、オクラ、さつまいも、いか、などが出てきました。生ビールにとてもよく合います。
 素麺は、オーツが食べるまでに若干時間がたってしまったため、少し伸びた感じになりました。
 そして、最後に、寿司と味噌汁が出てきました。寿司には、ヨコワ(本マグロの子供)も入っていました。ホントは、味噌汁ではなくて、澄まし汁がほしいところですが、まあいいでしょう。
 最後に会計すると、3,400円とのこと。生ビールは 550円/杯だったんですね。けっこうでした。こういう店としては安いと思います。
 オーツは、ぜひまた来たいと思いました。
 ちょっと気になったことといえば、オーツが一人で食事を楽しんでいる間、ほかの客は一人しかいなかったことです。平日とはいえ、いや、だからこそ、ビジネス街の一角にあるホテルならば、もっと客の入りがよくてもいいのではないかと思うのです。なぜ、客の入りが少ないのでしょうか。
 他の客が少ないのは、このレストランが「穴場」であることを意味します。まあ、個人的には、オーツが一人で楽しめればそれでいいのですが、もしかしてこのレストランがつぶれたり、ホテルが撤退したりする羽目になると困るのです。
ラベル:花のれん 松山
posted by オーツ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする