2012年08月05日

年賀状に見る長男の言葉の記録

 オーツは、子どもの話すことばの一部を記録していて、年賀状に書いたりしてきました。
 長男の場合は、以下のようなことです。

・1歳
 僕は1歳7ヶ月。アンヨもすっかり板について、朝はお父さんと歩いて保育園に行きます。途中にワンワンや小鳥がいたり、ガードレールや自動販売機など僕の気をひくものがいっぱいあるので、道草しながら40分もかかります。時々は路上で立ちションもします。
・2歳
 僕は電車が大好き。山手線も京浜東北線も常磐線もみんな知っているよ!それに保育園の近くにはチンチンゴーゴー(都電のこと)も走っているんだ。お休みの日には、赤い二階バスに乗って浅草にもいったよ。
・3歳
 楽しかったこと−小田急ロマンスカーの先頭の展望車に乗って箱根にいったこと。できるようになったこと−ひとりでマンションの3階の友達の家に遊びにいくこと。自慢できること−階段の3段分をゴーグルファイブのまねをしてとびおりること。好物−きゅうり、ガム、焼鳥。
・4歳
 みなさん、おげんきですか。まいあさ、げんきいっぱいおきてます。あかちゃん(次男のこと)も、すっかりおおきくなりました。
・5歳
 キン肉マンのまんがに夢中で、毎晩お父さんに読んでもらってます。寒い冬も袖なしシャツ一枚でがんばっています。
・6歳
 皆さんお元気ですか。○○(次男の名前)ちゃんとは毎日お家ごっこなどをして遊んでいます。友達とはファミコンで遊ぶことが多いです。お父さんとはオセロや神経衰弱や五目並べなどをやります。お母さんとは...エート何をやっているんだっけ?
・7歳(小学校1年)
 入学する前に台湾に行ってきました。最後の日に食べた野菜マンジュウがおいしかったです。
 放課後は毎日学童クラブに行っています。昨年の学童クラブ対抗ドッチボール大会では、ぼくのいた学童クラブが優勝しました。くやしかったことは、ぼくが一度もボールに触らなかったことです。
・8歳(小学校2年)
 (家でピアノを練習しているときに親のおだてに気づいて)「おとうさん、こういうことわざあるでしょう? 豚もおだてりゃ木に登る。」「うん、それで?」「僕はこうだな。豚もおだてりゃピアノひく。」「よくわかっているなあ。」
・9歳(小学校3年)
 このごろ塾が多過ぎて友達と遊ぶときが少ない。友達と全然遊べない週がたくさんあって、友達に貸した本もまだ返してもらってない。だから、今年はもっと遊ぶ時間を多くしてほしい。
・10歳(小学校4年)
 夏にはサイパンにいってスキンダイビングをした。ナマコが気持ち悪かったけど、おもしろいことがたくさんあって貴重な6日間だった。部屋にピアノがきた。関係ないけど、がんばれゴエモン外伝が早く出てほしい。
・11歳(小学校5年)
 夏休み、お父さんと青森まで 834.5km のサイクリングを楽しんだ。3回こけた思い出のきずあともなつかしい。しかし、やっぱりゴールしたときは気持ちよかった。今度の夏も行けるかな?
・12歳(小学校6年)
 急に木枯しが吹き始め、手袋がはめたくなる季節になりました。夜、せめて11時半には寝たいと思いつつも遅くなって、朝起きるのが辛い時期でもあります。毎日いろいろと忙しく、やりたいこともほぼできないです。早く中学生になりたいなあ。
・13歳(中学校1年)
 そろそろ中学生活も1年たとうとしています。「中学校に入ったら楽になる。」とんでもない。むしろ大変になった。嗚呼またテストだ〜っ。宿題だ〜っ。
・14歳(中学校2年)
 @なぜか昨年はあちこちに行った。やはり父の文明開化のせいだろうか。A母から何事についても言われる。たまには自由が欲しいな〜。B買った本が置ききれなくなってきた。マンガを捨ててそこに入れるかな〜。
・15歳は喪中欠礼
・16歳(高校1年)
 母の買ったパソコンにのめり込んでしまいました。一晩中、落ち葉を散らすプログラムを走らせて、朝起きて「おお、積もった、積もった」と感激しました。
・17歳(高校2年)
 仲間で企画して何かやろうというのが多くなりました。時々、計画倒れもあるけれど、かなり楽しい日々です。faxは、その連絡用の電話と化しています。周囲は受験体制へと着実に移行しているのですが、……。
・18歳(高校3年)
 今年、日本がはじめてワールドカップに出場します。ですが、その前に大学受験があります。もし、来年、上の(高校3年)が(予備校1年)だったら……。
・19歳(予備校1年)
 不本意ではあったものの、一方でさまざまな経験をした貴重な1年でした。これを人生の養分として、小さくともたくましい花を咲かせたいと思います。
・20歳(大学1年)
 大学に入り、毎日が波乱万丈です。時間が過ぎる速さに驚いています。株やビジネスの勉強をしており、去年の夏にはビジネスコンテストの実行委員をやり、株のバーチャル投資コンテストでは優勝、賞をもらってニューヨークに行けることになりました。

 20歳までの長男の成長が感じられます。たった20年でこんなにも変わるのですねえ。たったの20年です。
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする