2012年07月01日

駐車場の壁に貼った浴室用マットがぼろぼろになった

 オーツの自宅の駐車場の後ろのブロック塀(隣地との境界でもあります)には、浴室マット(ぷよぷよしていて浴室の洗い場におくと足が滑りにくい)が貼ってあります。
 クルマがバックしたときに、もしかしてクルマの角がブロック塀に接触することがあるかもしれないと考えて、クッション代わりにオーツが貼ったものです。貼ってから13年も経っています。実際にクルマがマットに接触したことは1〜2回しかありません。クルマにコーナーセンサーがついているので、壁に近づくと警告音が鳴るのです。
 ふと気が付くと、このマットがボロボロになっています。上のほうの 2/3 くらいがボロボロですが、下の方はそうなっていません。

mat.JPG

 なぜ、こうなるか、疑問に思っていました。
 しかし、最近、わかりました。ネコが爪研ぎをするのにちょうどいいのです。だから、上のほうだけボロボロになり、下の方はならないのです。
 もちろん、ここを使うのは野良猫です。オーツの自宅の周りには、さまざまな野良猫がいるのです。
 雨が降ると、ご飯粒くらいの大きさのマットの破片があちこちに飛び散るので、かなりきたならしくなります。上の写真でもマットの破片が地面に落ちているのが見えます。
 このマット、あまりにきたならしいので、捨ててもいいと思っているのですが、野良猫の爪研ぎということでも、役に立っているなら、このままにしておいてもいいかと思います。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする