2012年03月22日

映画とドラマの違いは

 オーツは、テレビで「テラノバ」を見ていて、どうにもおもしろくないように感じました。
 第1話くらいは新鮮な感じがしたのですが、回が進むにつれて、どうにもイマイチな感じがしてきました。
 なぜかと思って、ちょっと考えてみると、「テラノバ」が(テレビ)ドラマであることが影響しているように思えてきました。
 もっとも、映画とドラマの違いが何であるのかというのは、けっこうむずかしい問題です。
 ネットを探すと、いろいろな記事がヒットします。いくつかあげておきましょう。
http://okwave.jp/qa/q1013328.html
http://okwave.jp/qa/q2489313.html
http://okwave.jp/qa/q4888610.html
http://okwave.jp/qa/q5675707.html
http://okwave.jp/qa/q5811969.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1113792911
 そういえば、最近、オーツは映画館から足が遠のきました。自宅の大画面のテレビで WOWOW の映画の放送を見ていると、それで十分な気がしています。
 そういう見方をしているわけですが、WOWOW で流されるもの(のうちオーツが見ているもの)は「映画」で、ドラマよりは手が込んでいます。
 「テラノバ」を見ていると、何だか作り方が安易なように思えてしまうのです。「映画」よりは手を抜いています。製作費の違いでしょうか。ドラマはやっぱりドラマなのかもしれません。全13回を見る意欲はなくなってしまいました。
 そういえば、スター・トレックなど、テレビドラマが映画になったようなものを見ると、ドラマ版はいかにも安易ですが、映画版は手が込んでいて、品質が高いと感じます。並行例ですね。
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする