2012年03月07日

やっぱり左側の歯で噛んでいる

 オーツは、しばらく前に右下の前歯が折れてしまい、
2012.2.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/250303298.html
歯医者に通って、代用の歯をつけました。
 治療が終わるまで、一時的なカバーのようなものをつけていたため、ずっと左側の歯でものを食べるようにしていたのですが、何か違和感がありました。
2012.2.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/252479563.html
 さて、右側でもものが噛めるようになって、その後、どうなったか。
 先日、気がついたのですが、何と、左側の歯で噛んでいることが多いのです。右側の歯でも普通に噛めるのに、そして、歯が折れるまでは圧倒的に多く右側で噛んでいたのに、今は逆になっています。
 習慣でしょうか。
 それにしても、こんなにも変わるものなんですね。何年も続けていて習慣になったと思ったことでも、たった3週間ばかりの間に、がらりと変わってしまうのです。人間のフレキシビリティなのでしょう。
 ある意味で恐いものです。
 もっとも、こういうフレキシビリティがあるからこそ、人間はさまざまな変化に適応してきたわけですから、まあ、望ましいこと、ありがたいことなのかもしれません。
 歳をとると、フレキシビリティがなくなってくると思いますが、オーツは、こういうフレキシビリティがある限り「まだ歳ではない」という気持ちになりました。ま、年齢とは関係ないかもしれませんが。
ラベル:
posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする