2012年02月26日

ATOK 2012 を使ってみて

 オーツは、カナ漢字変換システムとして ATOK を愛用しています。
 MS-IME や Google 日本語入力よりは賢いと思っています。(ちょっと前に比較しながら使った時期もありました。)
 最近、2012 というバージョンがリリースされたので、これにアップデートしました。
 その後、気がついたのですが、いつのバージョンからか、ローマ字入力のミスを修正してくれるのです。
 「グラフ」と入れようとして「gyrahu」と入れてしまったことがありました。「u」を隣のキー「y」にしてしまったのです。ところが、これで「グラフ」に変換できました。思わず「頭いい!」と思いました。
ラベル:ATOK
posted by オーツ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする