2012年01月24日

お金を数え間違える

 オーツは、勤務先では、小銭入れ(コイン入れ)を用意しておいて、お札で払っておつりをもらったときなど、ここに貯めるようにしています。そして、ときおり、コインがたっぷり入った小銭入れを持っていって、ピッタリの金額で払って、小銭入れを軽くしています。当然ながら、なるべく小さい金額のコインを使うようにしています。
 さて、先日、750 円のお昼を食べて、コインで払うことにしました。
 オーツは、500 円玉1個、50 円玉1個、10 円玉8個、5 円玉2個、1 円玉10個をレジの人に渡し、「ちょうどあります」といいました。そのとき、1円玉が3枚ほど、下に落ちて、お店の人が拾いました。
 その後、オーツがコートを着て、レジのところに行くと、お店の人が2人で相談しています。イスをどかしたりして、丁寧にお金を探しています。1円玉にしては、ずいぶん大変なことをしているなあと思って、オーツは追加の1円を出そうとしました。1円多く払っても特にどうということはありません。
 そのとき、お店の人が言いました。「100 円足りません。」
 オーツはあわてて 100 円玉を渡して、謝りました。
 何と、オーツがお金を数え間違えたのです。
 この数十年、記憶にない事態です。
 歳ですかねえ。
 こんなことをするようでは、だんだん自分自身に自信が持てなくなってきます。
ラベル:コイン
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする