2012年01月06日

リストランテ ラ・ヴィータ・エ・ベッラ@川奈

 オーツたちが湯河原に泊まったときに、翌日わざわざ川奈まで出かけたイタリアンレストランです。
http://lavita-ebella.com/kawana/
 なぜ、ここを選んだか。妻がたまたまテレビを見ていて、このレストランが紹介されたので、行ってみたいと言い出したのでした。
http://www.gnavi.co.jp/tv/pr/476/bl/8581857/
 湯河原から川奈までクルマで1時間くらいかと思っていましたが、伊豆スカイライン経由でも1時間40分ほどかかってしまいました。けっこう遠いところにあるというわけです。
 行ったのが年末だったので、「特別ランチコース」¥4,300(税込)しかありませんでした。ランチバイキングは別の会場でやっていましたが、ちょっと落ち着かないので、コース料理にしました。
 ちょうど正午にオーツたちがお店に入ったときは、先客は1人だけでしたが、そのうち、だんだん客が入り始め、1時くらいには席がかなり埋まった状態になりました。
 ここはインテリアもなかなか凝っていて(実はステンドグラス美術館と一体化されているのです)、いい雰囲気のレストランでした。
 前菜は2種類が出ました。
lavita1.JPG
lavita2.JPG
いずれもおいしかったです。特に最初のものが絶品でした。基本は牡蠣なのですが、温かいチーズが乗っていました。2番目の前菜は、プリンの上にエビがのっていました。プリンといっても甘くはありません。
 パスタとしてスパゲッティが出ました。
lavita3.JPG
これはまあ普通の味のように思いました。
 メインは肉料理(鶏肉)と魚料理のどちらか一品ですが、夫婦でそれぞれを注文し、分け合ってそれぞれを食べてみました。
lavita4.JPG
lavita5.JPG
イタリアンですから、料理の量が多めなのです。いずれも少し塩分が強すぎる感じでした。
 鶏肉はナイフとフォークでは食べにくく、手づかみで食べる人が多いということで、フィンガーボウルが付いていました。
 デザートは2種類ありました。
lavita6.JPG
 いずれの料理も、大きな皿にのせて運ばれてきました。写真では、あまり実感がないように思いますが、そばにあるナイフやフォークと比べると、皿の大きさがわかるかもしれません。
 最後に、コーヒーを飲んで終わりました。
 12時にレストランに入って、出たら 13:50 でした。ずいぶんゆっくりと食べたことになります。それぞれの料理が出てくるまでに時間がかかったのでした。今までにオーツが経験した中でも特に時間がかかったランチでした。
 帰りがけには、石崎料理長から挨拶されました。妻がウェイター(イタリアンだからカメリエーレというべきでしょうか)にあれこれ話しかけたからでしょう、たぶん。

参考記事:
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22001387/
http://rp.gnavi.co.jp/3110548/
posted by オーツ at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする