2011年12月29日

舘山寺

 今回の旅行は、舘山寺温泉
http://www.kanzanji.gr.jp/
に宿泊することが目的だったのですが、せっかくここまで来たのだからということで、地名の元になった舘山寺に行ってみました。
http://hamamatsu-daisuki.net/search/area/are-west/st051.html
 ここの案内は、駐車場について「隣接のレストラン駐車場を利用(有料)」と書いてありますが、舘山寺の入口右側に有料の駐車場があるので、そこを利用するのが便利です。もしかすると、この場所のことを言っているのかもしれません。オーツは、この駐車場は舘山寺のものかと思っていましたが、レストランのものだったのかもしれません。
 実は、うなぎ料理店「志ぶき」の向かい側に町営の公共駐車場があるので、そこにクルマをとめておけば無料で済みます。オーツはこちらにしました。舘山寺まで徒歩3分です。
 舘山寺は小高い丘の中腹にあります。そこまでは階段を登っていかなければなりません。オーツは、ちょっと膝が痛いので、
2011.12.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/241608871.html
少しだけ気になりました。
 歩いていくと、かなり寒く、風も吹いていたので、ダウンジャケットのフードを広げて首から上の保温に心がけました。
 舘山寺は弘法大師が開いたという曹洞宗のお寺ですが、すぐ隣に神社(愛宕神社)があります。両方が接しているような感じで、少し違和感があります。
 舘山寺は「檀家」がないそうで、寺の維持費用をまかなうために、千円の寄付を募っていました。オーツはこういう趣旨に賛成ですので、喜んで寄付しました。
 お寺の右側に大梵鐘がありました。
kane.JPG
 鐘を見るためには、コンクリート製の建物の階段を登っていきます。屋上まで登ると大きな釣鐘があります。静岡県下最大級だそうです。鐘の本体には、昭和54年の製造と書いてありました。
 この鐘は 100 円払って、1回鳴らすことができます。オーツは、力一杯打ちました。けっこう大きな音がしました。打ってからしばらく(数分)しても、さわると、鐘がビリビリと振動しているのがわかりました。
 舘山寺からは、さらに裏手の山に登っていくことができます。
 山頂には大きな観音像があります。オーツたちはそばまで行かずに遠くから眺めて終わりにしました。
 山の中腹に穴大師という場所がありました。眼病に御利益があるそうです。オーツは腰をかがめて穴の中に入ってみました。ローソクがたくさん並んで燃えていました。皆さんが寄進したものでしょう。穴の中が暖かく感じられました。
 浜名湖側に突き出た形で展望台もありました。ここから浜名湖が一望できます。いい景色ですが、今の時期は風が直接当たって寒く感じます。
 さらに富士見岩もありました。ここからは富士山が見えるというわけですが、岩の付近はちょっとすべるし、岩がゴツゴツととがっているし、靴が傷むので、あまりおすすめではありません。どうせ富士山を見るなら、遊覧船で浜名湖から見るほうがいいです。視界がじゃまされないのですから。
posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする