2011年11月03日

倉部史記(2011.3)『文学部がなくなる日』(主婦の友新書)主婦の友社

 オーツが読んだ本です。「誰も書かなかった大学の「いま」」という副題が付いています。
 タイトルに引かれて読んでしまいました。
 オーツは文学部を卒業した純粋に文科系の人間なのです。
 しかし、単純に文学部がなくなるということを主張(あるいは予測)しているわけではありません。中身は、大学のあり方を問う1冊となっています。その意味では、このタイトルは変です。誤解して本書を買ってしまう人がかなりの数いるのではないかと思います。
 さて、文学部は、現在、人気がなくて、大変な状況にあります。そこで、次の1手をどうするか。
 文学部は、いますぐに社会の役に立つような成果を求めてはいけません。しかし、今までのようなやり方では限界があるのも事実です。
 本書は、p.76 から「残された道はシニア層への展開」だと喝破しています。これは、文字通りそう考えるべきでしょう。退職した人などに、再度大学に来てもらって、実学とは別の学問を学んでもらおうということです。もっとも、こんなことで、教員の給料がまかなえるほどの授業料収入があるのかどうか、心配ではあります。
 p.142 では、AO入試や推薦入試を受けたくても受けられない高校生がいるという、おもしろい話が載っていました。進学クラスなどで、非常に成績がいい生徒です。こういう生徒には、一般入試をたくさん受けてもらって、その高校の「合格実績」を伸ばしてもらおうということです。したがって、AO 入試や推薦入試は受けられないのだそうです。推薦書を書いてもらえなければ、AO 入試も推薦入試も通ることは不可能ですから、高校側のいうとおりにしなければならなくなります。変な事態です。今の入試が病んでいることを端的に物語っています。
 個人的には、第6章「「大学選び」を変える」がおもしろいと思いました。大学選び(さらには学科選び)を間違えると、その人は不幸になります。そうならないためにどうしたらいいかが論じられます。大学教員の高校への出張授業などが意味があるとのことでした。まあ、そうかもしれません。高校生の立場で、大学の各学科がどんなことをやっているのか、わかるはずもありませんからねえ。オーツ自身も、大学に入るときは各学科の中身なんてまったく知りませんでした。
 オーツは、自分の進むべき大学や学部・学科を選ぶときに、いい加減に選んでしまいましたが、入学後、専門に進むときにいろいろと選べるような仕組みになっていたので、助かりました。大学入学時点で、将来自分のやりたいことなんてわかるはずがないと思っています。


ラベル:倉部史記 文学部
posted by オーツ at 04:18| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする