2011年10月29日

WOWOW で K-POP DREAM CONCERT の少女時代を見て

 10月24日から27日まで、WOWOW で K-POP DREAM CONCERT というのをやっていました。2007, 2008, 2009, 2010 の4年分でした。韓国内で毎年1回、このようなコンサートが行われているようです。それを WOWOW が1日に1年分ずつ放送したわけです。
 オーツは K-POP に特に興味があるわけでもなかったのですが、ちょっと「少女時代」だけ見てもいいかと思いました。オーツは少女時代のプチファンなのです。
2011.3.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/188642487.html
2011.2.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/187156841.html
(いや、そこまでいうのは言い過ぎかもしれません。)
 さて、2007 年には、少女時代は登場しませんでした。そんなにも前だったのですね。
 2008 年、衝撃的でした。少女時代のメンバーは今と変わりませんが、まさに「少女」(はっきりいえば子供)だったのです。白くて長いソックスとミニスカート、それにスニーカーを履いて踊る姿はまるで中学生といった雰囲気でした。ヘアスタイルも子供のそれでした。歌っていた曲は「少女時代」(グループ名と同じ曲があるとは知りませんでした)と「また巡り逢えた世界」でした。歌がへたっぴーです。
 2009 年、もう「少女」ではありません。グッと成長して、若い女性に変身していました。歌った曲は「願いを言ってみて(Genie)」と「Gee」でした。
 2010 年、まだまだ若い女性といっていいですが、大人っぽさを感じます。歌った曲は「Run Devil Run」と「Oh!」でした。
 たった4年間(いや3年間)で、少女時代はものすごく大きく変わっていたのです。その変化の大きさに驚きました。
 よくいえば「成長している」ということになるでしょうが、別の面からいえば「老けている」ともいえます。若い女性タレントの旬は短いのでしょう。
 今は人気絶頂でも、今から5年後、少女時代はたぶん解散していることでしょう。

 花の命は短いものですが、短いからこそいいのかもしれません。桜の花も、すぐに散るからこそ、咲いているときが一層引き立つというわけです。
ラベル:WOWOW K-POP 少女時代
posted by オーツ at 05:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする