2011年08月08日

ブルーレイディスクからアナログ出力ができない

 2011年1月から、変な規制が実施されています。ブルーレイディスクからのアナログ出力(D 端子)では、ハイビジョン出力ができないとのことです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/177244/blog/21371255/
http://minkara.carview.co.jp/userid/622131/blog/23204262/
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090609_280859.html
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20110204_424700.html
 いやはや、大変なことに。
 オーツが自宅で使っているプラズマテレビは、古いために、デジタル入力(HDMI 端子)がなく、D 端子だけがたよりなのです。
 しかし、気がつくと、変な規制がかかっており、今からブルーレイディスクレコーダを買っても、もう HDMI 端子が標準になっているようです。D 端子は高精細度の出力ができないようになっているわけです。
 まいりました。
 もうこうなると、テレビを買い換えるしかなくなるかもしれません。何という壮大なムダでしょう。いやまあ、今使っているブルーレイレコーダは、2008 年の購入ですから、この規制がかかる前のもので、何ら問題はないのですが、ブルーレイレコーダが故障して買い換えることになったら、テレビを買い換えなければならないわけです。
 先日、オーツが嘆いた端子類の問題
2011.7.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/216551860.html
も、このような問題の一環なのでしょうね。
posted by オーツ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする