2011年06月30日

インド料理 ムンバイ 本郷店

 本郷でお昼を食べることになりました。そこで本郷通りを歩きながら、どこに入ろうかと店を探しました。ふと気が付くと、最近は本郷にもインド料理の店がいくつかできました。そこで、インドカレーを食べようと思いました。
 入ったのが「ムンバイ」の本郷店です。
http://www.mumbai.co.jp/hongo/
http://mumbai.sblo.jp/
 ランチタイムはカレーセットが 890 円です。
 オーツは野菜カレーを選びました。カレーの他にターメリックライスとサラダとラッシーがついてこの値段です。
 さて、肝心の辛さについては hot, medium, mild の3段階で、唐辛子の絵が 3, 2, 1 個書いてありました。しかし、メニュー
http://www.mumbai.co.jp/hongo/menu_lunch.html
には「辛さの調整もできます。辛さの調整はお気軽にスタッフまで」とあります。そこで、オーツは hot よりも2段階辛くしてほしいと伝えました。5辛というわけです。
 出てきたものは、かなり辛かったのですが、今一つパンチがありません。まあこんなものかと思って食べ始めたら、店の人が辛さはどうかと尋ねてきました。オーツがもっと辛いほうがいいと答えると、辛味調味料を小皿に入れて出してくれました。かなりたっぷりあり、これはありがたいサービスでした。さっそく全部をカレーに入れてかき混ぜて食べてみました。これでちょうどいい感じでした。すっきりしています。
 ただし、カレーのルーがさらりとしており、まるでスープです。オーツはどろりとしたポタージュみたいなルーが好きなので、この点はイマイチでした。
 食べ終わると、唇の回りが少しヒリヒリしました。これくらい辛いと、まあ辛さは十分といえましょう。

参考記事
http://r.gnavi.co.jp/a486402/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13035335/
posted by オーツ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

検食

 オーツは、小学校の校長先生を経験した人とおしゃべりをする機会がありました。
 そのとき、「検食」(けんしょく)という言い方を聞きました。
 小学校の校長先生は、児童に提供される「給食」を、児童たちよりも先に食べているのです。これが「検食」です。普通の言い方では毒味です。
 オーツが驚いたのは、この検食にともなって、校長先生も給食費を払っているということです。1食300円弱だそうですが、変な話です。強制的に食べさせられているわけですから、それは無料で当然のように思います。ましてや、毒味なのですから、万が一食中毒でも発生すれば、まず校長先生が先にやられてしまいます。これは、給食費を払うのではなくて、むしろ「検食手当て」を出すべきではないでしょうか。
 検食については文部科学省が細かく定めています。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/07/08071616/001/010.htm
いやはや、現場は大変ですね。
ラベル:検食
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

甲府まで中央本線の特急電車に乗って

 オーツは、ちょっとした用事があり、新宿から甲府まで中央本線の特急電車「あずさ」に乗って出かけました。
 車窓からの景色がよかったですねえ。緑が映えます。
 そこで、ふと気がつきました。中央線の特急電車なんて、乗るのは何年ぶりだろうということです。
 最近は、クルマで移動することが多く、電車の利用が少なくなってきました。甲府や松本あたりは、クルマでも「すぐそこ」感覚です。すると、ドライバーとしての景色を見ることになります。だいたいは前方を注視していますから、見える景色は道路のそれです。高速道路は特にそうで、他を見る余裕はほとんどありません。一般道は、信号待ちで止まったときなど、ちょっと周りを見る余裕があります。
 特急電車の中から見える景色は、オーツにとって、本当に久しぶりだったのです。
 山梨県内は、クルマで一般道も高速もずいぶん通りましたから、何となく見慣れた面もあるのですが、それをはるか上のほうから見下ろす感覚は、まるで別世界を見るようでした。
posted by オーツ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

地上デジタル放送で「マトリックス」を見て

 地上デジタル放送で、たまに映画を放送します。
 6月24日(金)21:00- には、日本テレビで「マトリックス」をやっていました。
 しかし、いろいろ不満が残りました。
 吹き替えの問題やCMが入ることについては、以前のブログ記事
2009.6.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/120862778.html
でも書いたことがあります。映画が一部カットされてしまうことも以前から知られている事実です。
 もう一つ、地デジには欠点があります。放送の途中で臨時ニュースが入り、画面の上のほうに字幕が重なってしまうのです。今回は、小笠原諸島が世界遺産に登録されることに決まったというニュースでした。まあ、こういうニュースにどのくらい価値があるのか、放送中のものに重ねて(ある意味でその番組を壊して)までも流す意味があるのかというのは、なかなか判断がむずかしい問題です。
 オーツは、いつもの通り、この映画をハードディスクに録画していて、後日見たので、ニュースはまったく意味がないものでした。こういうことがあるから、民放の放送する映画は見る気が起こらないのです。NHKでも、事情は大同小異です。せっかくのBSプレミアムでも、字幕でどんどんニュースが入ります。
 WOWOW は、そんなことがないので、一番気に入っています。
 地デジにはあまり期待しないことです。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

美空ひばり23回忌に思う

 美空ひばりの23回忌が行われたというニュースがありました。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110619/ent11061908020005-n1.htm
23回忌ということは死亡から22年経ったということです。
 オーツは「おや、そんなに経ったか」と思いました。
 自分の感覚では、美空ひばりが死亡してから、まだ数年くらいしか経っていないような気分でした。
 いえいえ、決してひばりファンでも何でもありません。そもそも歌謡曲のたぐいはここのところ何十年も聞くことがありませんでした。それでも、子供のころは美空ひばりの歌をよく聞いていたし、死亡のニュースが流れたときは、一つの時代を区切るかのような印象を持ったものでした。
 それから22年。
 あっという間でした。
 こんなふうに、ずいぶんと昔に起こったことが、最近起こったものであるような感覚になるのも老化の影響かもしれません。オーツの場合、歳をとると、いろいろな記憶が時間差なしに並立して存在するような感覚になりました。自分が小学生のときの記憶と中学生のときの記憶と、さらには大学生のときや結婚したころの記憶が、頭の中に同居しているのです。息子に関する記憶でも、赤ん坊だったころと、一緒に酒を飲むようになったころが同居しています。考えれば、そんなことはありえないし、時間的に大差があるのですが、でも、感覚としてはそんななのです。不思議な感覚です。
 今の大学生は、美空ひばりが死んだ後に生まれてきた人たちなのですね。オーツとは世代差があるのは当たり前です。
ラベル:美空ひばり 老化
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

新開省二(2011.3)『50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!』草思社

 オーツが読んだ本です。「「低栄養」が老化を早める」という副題が付いています。
 5000人もの人を対象にした疫学的調査の結果、どんな人が長生きするかというと、常識とは逆の結果になったということです。たとえば、以下のようなことです。
・やせている人よりも太めの人のほうが長生き
・総コレステロールは高めでもいい
・肉と魚は1対1で食べよう
・ときにはてんぷらや揚げ物を
 というわけで、「豊かに食べて豊かに老いよう」(第6章)が結論になるわけです。
 「50歳を過ぎたら、メタボ対策から老化対策へ」などの言い方もズバリ本質を突いています。
 一読して、大変おもしろいと思いました。肉食老人がむしろ元気なのですね。
 一つだけ気になったのは、p.49 で65歳以上の追跡調査の対象者を千人以上集めて、その人たちがその後8年間にどれだけ死んだかを調べています。たとえば、BMI の数値で対象者を太った人からやせた人まで4グループに分け、それぞれのグループの生存率を追いかけるわけです。明らかに、やせている人が早死にします。その調査では、対象者は同年齢集団ではありません。何歳までの人を調べたのか、明記してありませんが、80歳とかの人も混じっていると、そういう人はやせていたりすることが多く、「やせている人は早死に」ではなく、単に「超高齢者にやせ形が多い」だけかもしれません。
 本書では、あちこちで年齢や性別の影響を除外して分析したことが書かれています。たとえば重回帰分析などをしたのでしょう。そんなことは本書中には書かれていませんが。
 というわけで、データに間違いはないものと思いますが、オーツは気になりました。

 p.46 では、健康長寿のさまざまな要因が書いてあります。「飲酒(適量)」はプラスで、「喫煙(吸う)」はマイナスです。「睡眠時間(長い)」もマイナスです。眠りすぎるとよくないというのもおもしろいです。オーツは、酒を飲み、煙草を吸わず、睡眠時間は短めですから、これを継続すれば長生きできるかもしれません。(いや、そんなに簡単な話ではありませんが。)

 とにかく、豆腐や納豆(大豆タンパク)だけに頼らず、肉も(食べ過ぎないように)食べ、油も取り、あちこちに外出し、さっさと歩き、豊かな老後を迎えたいものです。「栄養、体力、社会参加」の三つが重要とのことです。


ラベル:新開省二
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

書類の書式をうるさくいわれる

 オーツの勤務先はお役所ではないのですが、国から補助金をもらっていることもあって、何かとお役所的な習慣も残っています。
 先日、オーツが所属するセクションとは別の部署にちょっと部屋を貸してほしいと依頼することがありました。担当者からは、理由を書いた書類を出すようにいわれました。書式自由とのことでした。
 必要事項を書いて、次のようにしました。
---------------
○○長殿
                                    所属部署・肩書き
                                     オーツ (印)
                                    2011年○月○日

○○○○についてのお願い

 以下、本文。
---------------
 書式自由という話なので、これで問題ないと思ったのですが、書類を出そうとしたら、担当者から書き直すようにいわれました。
 日付を右上1行目に書くこと、表題は(左揃えでなく)中央揃えにすること、といったことでした。
 オーツは、上に示した書式が好きで、書類は、重要な順に、誰に対する書類か、誰が書いた書類か、いつ書いた書類かの順だと思います。(英文の手紙もこの順に書くものです。)
 ところが、公文書は、日付、受取人、差出人の順になっています。
 細かいところですが、特に指定されなければ、オーツの好みで書いてかまわないと思っていました。書式自由とはそういうものではないでしょうか。
 ところが、担当者は、直せと要求するわけです。オーツはちょっとむっとしましたが、ここで事を荒立ててもいいことは何もなく、結局、部屋が借りられなくなるだけですので、いわれたとおりに直しましたが、ずいぶんとお役所的対応だと思いました。
 まあ、好意的に解釈すれば、担当者はオーツに公文書の書き方を伝授しようということだったのでしょう。
 しかし、書式自由の書類を出すのに、こんな細かいことをいわれるとは思いもよりませんでした。
 これは普通のことなんでしょうか。
 お役所が全部そうだとしたら、ずいぶんとムダなことをしていると思います。
ラベル:書式 書類
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

ロッカーの鍵の開け方を忘れる

 オーツの勤務先では、重要書類が入っているロッカー(厳密にいえば、そのうちの棚1個)があり、その鍵は持ち回りで管理することになっています。オーツは4月から2年間を担当し、前任者から鍵を引き継ぎました。
 4月ころに、一体どんなものが入っているのか、中身を確認しておこうと思って、一度開けたことがあるのですが、まあ普段開け閉めするような場所ではないので、ずっとそのままにしていました。
 先日、用事があって、再度開けようとしたところ、鍵を入れて回しても「カチッ」という音がせず、これでは開かないと判断しました。このロッカーの全体を管理している人に「開かない」と言って、見てもらいました。すると、実は開いていたのでした。このロッカーのドアの鍵は音を立てずにかけたり外したりができるタイプなのでした。2ヵ月前に自分自身で経験していることなのに、もう忘れているのですね。
 何でも忘れるし、忘れるのが早くなっているようです。

 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。
ラベル:
posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

下高井戸スタンプでランチ

 下高井戸駅付近のお店で買い物をすると、下高井戸スタンプというのをくれます。100円の買い物で1枚という計算です。
 スタンプを台紙に貼っていき、500枚たまると、500円分の買い物ができます。あるいは、下高井戸・デ・ランチと称して、加盟店のいくつかで使えるランチ券と交換できます。
 オーツがよくお昼を食べに行く「皇庭餃子房」も加盟店の一つで、790円で食べると7枚のスタンプをくれるのですが、(しばしば8枚くれますが)ここでランチを食べることにしました。すると、台帳1冊が790円分の価値があることになります。
 何だか、ふだんよりおいしく感じました。
 無料というのは気分がいいものです。
 とはいえ、実は、5万円以上の買い物をしたということになるわけです。知らず知らずのうちにスタンプがたまるものです。
 500枚のスタンプを台紙に貼る時間と手間(それに接着剤の値段)などを考えると、あまりお得ではないのかもしれませんが、オーツはこういうのを放っておくことが嫌いなタイプなのです。集め始めると、何としても1冊分は集めたいと思うようになります。だからといって下高井戸で無理な買い物をするというわけでもないのですが。
posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

開かずの踏切

 オーツがよく通る一方通行の道路なのですが、朝8時過ぎに通りかかったところ、前にいろいろなクルマが並んでいました。京王線の踏切の手前だったので、電車の通過を待っている状態です。
 しばらく待てば踏切が上がると思いましたが、それから40分待ちました。ずっと踏切が上がりません。クルマが前後に詰まっていましたから、身動きができません。
 事故でもあったのかと思って、クルマから降りてずっと前を見てみると、特に変わったこともなく、単に踏切が上がらないというだけでした。
 それにしても、あまりにも長い時間が経ったので、ちょっと前後のクルマのドライバーに聞いてみました。すると、この踏切は、朝8時過ぎにはしばしばこうなるのだそうです。オーツは何年も通っていて、気がつきませんでした。いつも7時前には通過してしまうためです。周りの人の意見では、9時ころには開くのではないかなどということでした。ドライバーの方々は、こういう事情をよく知っているのですね。
 京王線の電車は、通勤時間帯には間隔(時間的にも距離的にも)を詰めていることに加え、(前方が混雑しているためでしょうが)ゆっくりと走っていることが多く、これでは「開かずの踏切」になることは避けられません。
 こういう事態は月曜日に発生することが多いのだそうです。
 オーツは、後ろのクルマに依頼してバックしてもらい、自分もバックして、少し先にある高架下をくぐることにしました。
 知識が一つ増えました。
 時間帯によっては、開かずの踏切になるから、場合によっては、高架下を通ったほうがよいということです。いい勉強になりました。
posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ハチが室内に飛び込んでくる

 オーツのオフィスは4階にありますが、最近は暑くなってきたので、窓をずっと開けています。
 先日、その状態で電話に出て話をしていたら、大きなハチが室内に飛び込んできました。体長は 2cm くらいありました。ハチの種類はわかりませんでしたが、大きかったので、驚きました。電話で話している内容を忘れるくらいでした。オーツは、イスから立ち上がって、受話器を持ったまま室内をうろうろしました。
 ハチをたたきつぶしてもいいのだけれど、失敗すると、反撃されそうです。
 オーツは思わずハチのようすを電話で実況中継してしまいましたから、通話の相手もニヤッとしたことでしょう。
 ハチは1分くらい室内を飛び回り、何も興味を引くものがないとわかると、また窓から外に出て行ってしまいました。
 オーツはホッとしてまた電話の話に戻りました。
 このオフィスを使うようになって初めての経験でした。
 4階まで上がってきたハチはなかなかの努力家です。
ラベル:ハチ
posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

プログラムの暴走

 オーツは、普段からよく使うエディタに、さまざまな自作のマクロコマンドを組み込んでいます。
 その一つが、ファイル内に記述された URL を全部ブラウザで開く処理をするマクロです。
 同時に30個くらいのホームページにアクセスしたいときがあります。Google Chrome をはじめ、多くのブラウザが現在はタブブラウザになっていますから、そういう多くのページをいっせいに開いても十分操作できます。
 ところが、先日、キーボードをミスタッチして、別のファイルを編集中に間違ってこのマクロを起動してしまいました。編集中のファイルは、ある人から来たメールを保存したものだったため、URL が大量に(1千個くらい?)書いてあったわけです。
 エディタのマクロが次々とウェブにアクセスして、各種のページを開いていくのを見て、オーツはあわてました。
 最後の最後はパソコンの電源を強制的に切れば止まるとは思いましたが、そうすると、編集中のファイル(の修正した部分)が失われてしまいます。
 そこで、まずは、次々に開いていくブラウザを片っ端から閉じることにしました。0.3 秒くらいずつの間隔でブラウザのウィンドウが開いていくのですが、それを手動で閉じていくのです。パソコンとの競争みたいな感覚になってしまいました。モグラたたきのようです。
 どんどん消しても、Google Chrome がどんどん起動されていきます。慣れてくると、右上の「×」をクリックするのは早くなりますが、なかなか追いつけません。もしも追いついて、最初に開いていた通常のブラウザを閉じてしまうと、それはそれで問題になります。
 一つのブラウザのウィンドウに複数個のタブが開いて、それぞれが何かを読んでいる場合もたくさんありましたが、いちいち確認せずに、ひたすら消し続けたわけです。
 5分くらい格闘するうち、Google Chrome がたくさん起動されすぎて、これ以上起動できないということになってしまいました。このとき「Google Chrome はこれ以上起動できません」とか何とかいうエラーメッセージが出てきて閉じていいかどうか聞かれますので、今度は「はい」ボタンを押すことになります。次々とエラーメッセージが書き出され、パソコン画面がエラーメッセージで埋め尽くされていきます。
 しばらくして、ファイルの最後までカーソルが動き、エディタからブラウザを呼び出すことが止まりましたので、やっと終了しました。そのときには、Google Chrome はまったく動かなくなっていました。
 制御が戻ったので、各種ファイルを保存して、パソコンを再起動して、何とか事態は収束しました。
 いやはや、飛んでもない経験をしました。
 マクロでは、一気に全部のファイルをオープンするべきではなく、たとえば、40個オープンしたら、さらに継続するかどうか、尋ねるようにすればよかったのです。マクロを作るとき、そんなことまで気が回らずに、とりあえず動くものを作った段階でエディタに登録してしまいました。
 ずっと前に(オーツが学生だったころ)経験した「プログラムの暴走」と同じ感覚でした。そのときは、ラインプリンタに次々と数値がプリントされていくのですが、止めることができず、見守るだけでした。しばらくしてプリントは終わりましたが、回りのユーザーがラインプリンタの出力(いかにも無意味な数値の羅列)を見ていたので、恥ずかしい思いをしたことを覚えています。
 さっそく、エディタのマクロを書き直すことにしました。
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

インドカレーの店のランキング

 ここのところ、インドカレーの店の話ばかりを続けて書きました。
2011.6.17 家帝 YETI@桜上水(4回目)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/210252501.html
2011.6.16 エベレスト@桜上水(2回目)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/210065567.html
2011.6.15 Green Valley@桜上水(2回目)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/209856640.html
 なぜかといえば、オーツがお昼に食べに行く店をちょっとしぼろうと考えたからです。
 オーツの勤務先の近くにある五つのインドカレーの店のうち、下高井戸のテイスト・オブ・インディア
2011.5.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/202166417.html
は枠外として考えます。あとの四つはどこがおいしいでしょうか。
 こういう味のランキングは、たくさんの人に聞いて、それらを総合して確認するべきものではありません。あくまで自分の舌で味わって、自分の中でのランキングを考えればそれで十分で、他人の意見がどうであっても、それはオーツには無関係です。
 ということで、一人で個人内ランキングを作ろうと思いました。
 そこで、連日、それぞれの店にいって、味を比較することにしました。飲み物は毎回ラッシーにし、ライスではなくナンを食べることにしました。
 昨日までで一通り確認調査を終えました。ミラン
2011.4.1 インド料理ミラン(MILAN)@下高井戸(5回目)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/193548114.html
は、改めてブログ記事にはしませんでしたが、三つの店に続けて行きましたし、先週も行ったばかりでした。
 それぞれの店で集中的に食べた結果、オーツの感覚では以下のようなランキングになりました。
第1位:家帝 YETI (Level-E)
第2位:ミラン(7辛)
第3位:Green Valley
第4位:エベレスト
枠外:テイスト・オブ・インディア

 味わって一番おいしいと感じるのは、家帝 YETI でした。ここは推薦できます。辛さの中にコクというか旨さがあります。ミランもなかなかおいしいですが、家帝 YETI の直後に食べた感じでは、旨さがほんの少しだけかけている気がしました。それらに比べると Green Valley は今一つ何かが不足気味です。エベレストはぐっと離れた第4位です。とはいえ、けっして「まずい」わけではありません。それなりに食べられます。しかし、他の店と比べると、オーツの舌では少し評価が下がるように感じるのです。
 というわけで、インドカレーを食べるとき、これからはミランと家帝 YETI の二つの店に交互に行くことにしました。
 これがオーツの結論です。
 というようなことを書いてきて、テイスト・オブ・インディアのような店にも存在価値があることに気がつきました。それは、他の店のおいしさを実感できるようになるということです。ひとことでいえば「引き立て役」です。比較対照することを考えると、そういう店もあってしかるべきだということになります。みんなおいしい店ばかりだったら、比較対照が無意味になります。
posted by オーツ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

家帝 YETI@桜上水(4回目)

 この店も、以前からよく行く店です。
2011.4.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/194795482.html
 今回は、野菜カレー 750 円、ナンとラッシーのセットにしました。
 辛さは「E」にしました。「F」にチャレンジしてもいいのですが、だいたいこのくらいの辛さでいい感じです。
 ラッシーは、ちょっととろみがあり、いわば濃度が他の店より濃いようです。
 ナンは、見た目以上にけっこう量があります。
 カレーは、適当な辛さで、具がしっかりしており、しかも、何ともいえないコク(旨み)があります。量も十分です。Green Valley やエベレストよりもおいしいと感じます。
 ナンの量があるので、食べているうちに、最初は熱々だったものが、しだいに冷めてしまうという問題点があるようです。ま、しかし、ナンは冷めてもおいしいと思うので、そんなに大きな問題点ではありません。
 オーツは満足して帰ってきました。
ラベル:家帝 YETI 桜上水
posted by オーツ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

エベレスト@桜上水(2回目)

 エベレストは、以前にも行ったインドカレーの店ですが、
2011.4.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/197261087.html
最近、また行ったので、感想を書いておきます。
 オーツは、野菜カレー 700 円を注文しました。
 以前は、辛さを「超激辛」で頼むと、裏メニューでけっこう辛いものを出してくれたのですが、今回は、あまり辛くありませんでした。オーツにとっては明らかにパンチ不足でした。
 カレーの量は多めだし、具もしっかりと味わえるし、なかなかお得なのですが、「辛さ」とともに、今回は「旨さ」も今一つのように思いました。
 昨日食べた Green Valley よりは味が落ちる感じです。ナンは熱くておいしかったのですが、何といってもカレーの味が一番重要なところでしょう。
 というわけで、決して悪い店ではないものの、他の店を優先することにして、今後は行かないことにしようかと思います。
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

Green Valley@桜上水(2回目)

 Green Valley は、以前にも一度行った店ですが、
2011.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/198463858.html
また行ってみることにしました。
 入口には、12:00 開店と明記してありました。
 前とちょっとランチメニューが変わっていて、750 円でカレー2種類というのは変わらないのですが、650 円でカレー1種類というコースがあります。また、880 円でカレー2種類に加えてナンとライスが食べ放題というコースもあります。880 円コースは、体育会系の人には適しているでしょうが、普通にはそんなにたくさん食べられないでしょう。
 さて、今回も、750 円コースということで、シーフードカレーとポテトカレーを頼みました。オーツは、前回の注文を覚えていたわけではないのですが、結果的に似たようなものを注文するということです。飲み物はラッシーです。
 辛さは「甘口」〜「超激辛」から選ぶのですが、オーツは「超激辛」よりも辛くしてほしいといいました。ちょっと珍しいようでしたが、お店が応じてくれました。
 この店のカレーは、やや量が少な目のように思います。2種類でちょうどいいでしょう。1種類だと、オーツには明らかに少なすぎますが、少食の人にはこれで十分かもしれません。2種類でも、トータルでは少な目かもしれないと感じました。でも、2種類の味が楽しめますし、それぞれの味もまあまあいけます。具はしっかりしていて、それなりに楽しめますから、おすすめの店なのかもしれません。
 ただし、注文してから料理が出てくるまでに時間が少しかかりすぎのように思います。ちょっと待ちくたびれます。
 オーツがカレーを食べていた間には、他の客は入ってきませんでした。2階というのは、入りにくいですかね。こんなことで長続きしますかね。
ラベル:Green Valley 桜上水
posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

FORTRAN で文字列処理ができない

 オーツの手元にあるコンパイラは、pascal と FORTRAN だけです。
 C なども、ずっとずっと昔、DOS 時代に買ってみて、ちょこっとだけ使いましたが、それ以来触れていません。
 さて、昨日ブログに書いたようなわけで、
2011.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/209435676.html
pascal で書いてあったデータチェックのプログラムを FORTRAN で書き直しました。ところが、FORTRAN では、文字列処理がうまく行かないことがわかりました。(こんなことはもっと早く気がつくべきでした。)
 ファイルから文字列を読み込んだときに、その読み込んだ文字列(レコード)の長さがわからないのです。
 'ABC' と 'ABC ' が区別できないということです。
 FORTRAN は、固定長の文字列しか扱えず、可変長の文字列は扱えないとのことです。最新版の FORTRAN では、可変長の文字列が扱えるように規格が拡張されるとのことですが、オーツが使っている FORTRAN 処理系は古いものなので、そんなのを待っていられません。
 これでは、データチェックができません。行の最後に空白があるかどうかが重要なのに、……。
 こうして2日ほどかけたプロジェクトはあえなく中断しました。
 FORTRAN が使えないとなると、他の言語処理系を購入し、それでプログラムを書くことになりそうですが、新言語の習得は、この歳になると厳しいものがあります。時間がなくてそんなことやってられないのです。
 う〜ん。困った。困った。
 わざわざ他人に頼んで作ってもらうようなプログラムではないし、……。
posted by オーツ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

他人にプログラムを配布する問題

 20人以上のチームで分担して、とあるデータを入力することになりました。
 オーツがとりまとめ役となりました。
 そこで、データの形式をチェックするプログラムを書き、メールで送られてきたデータをそのプログラムに通すことにしました。
 エラーがなければそのまま全体のデータに取り込みます。
 エラーがあれば、送ってきた人にメールで連絡して修正してもらいます。
 これで何とかなったのですが、メールのやりとりが負担になりました。20人以上の人と個別にメールすると、なかなか大変です。なかなか返事をくれない人もいます。
 そこで、オーツの手元のエラーチェックプログラムをそれぞれの入力者に配布し、各自のパソコンでプログラムを実行した上で、エラーがないことを確認して、オーツに送るように指示しました。
 これで何とかなると思ったら、大問題が発生しました。オーツの作成したプログラムが動かないという問題です。
 あっ! しまった!
 普段からオーツは Xp のパソコンを使っていて、プログラムをちょいと書くときには DOS の pascal を使っています。慣れた言語で書くのが一番好都合ですから。
 ところが、こういうプログラムは Xp までは普通に動くのですが、Windows Vista、Windows 7 になると、うまく動きません。
2010.10.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/164287378.html
Windows 7 の 64 ビットOSを使っている人もいて、プログラム自体が動かないと言ってきました。
 やれやれ。
 こうして、自分のパソコン環境も社会の流れに応じて変えていかなければならないのですね。
 とりあえず、pascal で書いてあったプログラムを FORTRAN で書き換えることにしました。これまた一仕事です。
 やれやれ、やれやれ。
posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

お菓子として麩菓子はどうか

 昨日の記事
2011.6.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/209083809.html
の続きです。
 カロリーのことを考えたら、麩菓子(ふがし)はどうでしょうか。
 かりんとうなどと味は似ていますが、そもそもが「麩」なので、カロリーはさほどでもなさそうです。
http://www.eatsmart.jp/do/caloriecheck/detail/param/foodCode/9999030000531/rowNum/0
を見ると、1本 25g で、92kcal です。
 やっぱり、かなりカロリーがあるように感じます。
http://yaplog.jp/rei211/archive/1541
のように、ダイエットにいいかもしれませんが、たくさん食べると太るでしょうね。
ラベル:麩菓子 カロリー
posted by オーツ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

せんべいのカロリーは意外と高い

 オーツは、人間ドックで肥満気味といわれて
2011.5.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/202855445.html
少し、カロリーに気を付けようかと思いました。
 先日、自宅の近くの 100 円ショップに行って、加工食品をいろいろ買ってきたのですが、よく見ると、それぞれの加工食品の裏にカロリーなどが表示されています。これがおもしろかったですね。
 ギョーザは、18個入り(216g)のものを買ってきましたが、100g あたり 207kcal だそうです。1個あたりに換算すると 24.84kcal です。オーツはいつも4個食べますが、100kcal くらい食べていることになります。
 チーズかまぼこ1本 18kcal とか、ソーセージ1本 52kcal と聞くと、けっこうカロリーが低いことがわかります。ふりかけも1食あたり 10kcal と書いてありました。
 一方、それに比べて高いものはお菓子類です。
 かりんとう1袋 651kcal と聞くと、けっこうなものです。まあ1回で食べるわけではありませんが、仮に6回に分けて食べるとしても、1回あたりで 100kcal を越えてしまうわけです。
 店にはおいしそうな揚げ塩せんべいが置いてありました。90g 入りで、買いたい気持ちになりましたが、裏に 504kcal と書いてあるのを見て止めました。こういうおいしそうなものは、小分けにして少しずつ食べることがむずかしく、たぶん2〜3回くらいで食べてしまいそうです。すると、1回あたり 200kcal くらいになってしまうわけです。
 もしかして、テレビの前に座って、適当な番組を見ながら、水かお茶でも飲みつつポリポリ食べていると、こういうせんべいは1袋くらい一気に食べてしまうことだってあるかもしれません。そうしたら 504kcal にもなって、1日に必要なカロリーの 1/3 を取ってしまうことになります。
 ではどうするか。
 1袋の中に2枚組の小袋に入ったせんべいを売っていました。2枚組×10袋が包装されています。小袋(2枚組)で 50kcal だそうです。大袋だと 100g ほどで 491kcal になります。こういうのを買って、2枚だけ食べるのです。小袋に入っていれば、それで一区切りになりそうです。もしかして、1袋(2枚)だけでは物足りなく感じ、2袋目を食べたいと思うことがあるかもしれません。しかし、そのたびに、50kcal ソーセージ1本分と考えれば、食べなくてもすみそうです。
 まあとにかく、お菓子やせんべいが意外と高カロリーであることを実感しました。ここを控えないと、肥満からは脱却できないように思います。
続きを読む
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

スシロー 烏山店

 オーツは、毎週のようにスシロー 烏山店に行っています。
 最近、そこの注文のしかたが変わりました。マイク方式でなく、タッチパネル式になったのです。
 ここのところ、あちこちの回転寿司でタッチパネルを見かけます。
 マイクを通しての注文だと、聞き間違えなどが発生するのでしょうね。
 味気ないという気もしますが、1皿を 105 円で提供するためには、合理的な提供法を工夫しなければいけません。人件費をかけないこんな方法はありだと思います。
 寿司は、いつものようにおいしくいただきました。
posted by オーツ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

なんで・や@下高井戸

 店の前を通りかかったら、焼魚定食 500 円と書いてあったので、どんなものかと思って食べてみました。
 「なんで・や」は立呑み屋だそうです。昼だけ食堂として営業しているというわけです。
 店に入ろうとすると、「食券を購入してください」と言われました。500 円で食券を買いました。
 オーツはカウンターで食べました。ちゃんとイスがあります。
 ごはんと味噌汁は自分で盛りつける仕組みです。そばには漬物も2種類置いてあります。これらが食べ放題ということです。
 焼き魚は2種類で、サーモンとサバでしたが、500 円とは思えないほどおいしかったです。ちゃんと大根おろしもついてきます。
 とはいえ、事前調理済みで、注文を受けてからは温めるだけのようです。そんな皿がカウンターの向こうにラップにくるまれて(一部はプラスチックの蓋をかぶせられて)ずらりと並んでいました。
 味噌汁は、魚のアラが入っており、これまたおいしかったです。2杯も食べてしまいました。
 お冷やも自分で持ってきます。プラスチックのコップでした。
 まあ 500 円は 500 円で、高級感はまったくありません。学生食堂で食べている感じです。しかし、500 円でこれだけのものを出すというのはなかなかできることではありません。
 オーツはもう行かないと思いますが、学生諸君は(特に体育会系の人は)ぜひ行ってみるべきではないかと思います。
 お店の感じは「立ち飲み屋」そのものです。金属製の銀色のカウンターというのも温かみがありません。その上に水がこぼれていて、(いや、オーツがこぼしたのかもしれませんが)それがススーッと動いて下にしたたり落ちて、ズボンを濡らしてしまいました。単なる水でよかったです。

参考記事
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13059623/
http://symons.ivory.ne.jp/blog/hizakurige/2007/03/post_13.html
http://blog.livedoor.jp/saito1972329/archives/51194155.html
http://www.shimotaka.or.jp/nande-ya/
http://30min.jp/place/187022
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

1ヵ月の気温予報は無意味

 オーツは、ふとしたことで、今後の1ヵ月の気温予報を見てみました。
http://tenki.jp/long/
 2011年6月3日更新だそうですが、これは無意味です。
 平年より低い確率が 30%、平年並みの確率が 40%、平年より高い確率が 30% という数字は、何も見なくとも、何も調べなくとも、鉛筆なめなめ出せる数字です。つまり、何も言っていないのです。
 あきれました。
 これが日本気象協会が提供する天気予報なのですね。
 まったく役に立たない情報を提供しているものです。ゴミ情報です。
 1ヵ月先のことがわからないなら「わからない」と書くとか、そもそも1ヵ月予報などはしなければいいのです。
ラベル:気温予報 1ヵ月
posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

コンビニでビニール傘が 399 円だった

 ちょっと出かけたところ、途中で雨が降ってきました。
 近くのコンビニによってビニール傘を買いました。399 円でした。
 普通のビニール傘です。こんなにするのですね。
 オーツは普段 100 円の傘を使っているので、399 円でも高いと感じました。
 100 円ショップを利用していると、価格感覚が狂ってきます。

参考記事:
2010.10.26 コンビニで傘を買う
    http://o-tsu.seesaa.net/article/167198950.html
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

ファミリーネームは行動力に影響する??

 オーツがたまたま見かけた記事です。
http://f.blogos.livedoor.com/opinion/article/5607028/
 結論からいうと、Z に近い名前を持つ人は決断や行動が早く、A に近い人はのんびりしているというのです。小学校などでは、名前のアルファベット順に並んで何かをすることが多いので、後ろの人ほどさっさと決断や行動が早くなるというのです。
 こんなこともありそうですが、ホントかなあと疑問に感じる面もありそうです。
 この記事の元記事
http://consumerist.com/2011/06/the-closer-your-last-name-is-to-z-the-faster-you-buy.html
を見ると、コメントが67もついており、多くの人が興味を示していることがわかります。
 さらに
http://www.slate.com/id/2279935/pagenum/all/#p2
でも「いいね!」が 1,361 人、コメントが53個ついています。
 一番のオリジナル論文は、The Journal of Consumer Research という雑誌に掲載された Kurt A. Carlson and Jacqueline M. Conard による研究で、The Last Name Effect: How Last Name Influences Acquisition Timing というもののようです。
http://www.jstor.org/pss/10.1086/658470
どんな調査に基づいてこの結論を出しているのか、気になります。
 References だけはオンラインで見ることができます。
http://www.jcr-admin.org/files/references/011711140952references-carlson-aug2011.pdf
 他にも、プレスリリースということで、要旨だけだろうと思いますが、以下のようなサイトで類似のことが述べられています。
http://www.sciencedaily.com/releases/2011/01/110118123509.htm
http://www.jcr-admin.org/files/pressreleases/011711135142_Carlsonrelease.pdf
http://www.jstor.org/doi/story/10.2307/PR.2011.01.18.16072
http://www.physorg.com/news/2011-01-abbotts-zimmermans.html
http://www.neurosciencemarketing.com/blog/articles/last-name-effect.htm
http://www.science20.com/science_20/surname_determinism_first_letter_your_name_decides_when_you_buy-75454
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-01/uocp-wdt011811.php
 オーツの直観では、名字の影響がないとはいえないけれど、それ以上に影響力が強そうなことがたくさんあるように思います。その人の性格、育った家庭環境(裕福かどうか)、兄弟の人数、などなど、思い当たる要因がいくつもあります。そのような中で、名字の影響力が検出できるでしょうか。相当に大量の人々について調べなければいけないように思います。そんな調査がおこなわれたのでしょうか。その調査がどれくらいきちんとしていたのでしょうか。
 機会があったら、原論文を入手して読んでみたいものです。
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

植木の剪定(再度)

 先日、植木の剪定をしたばかりだというのに、
2011.5.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/201321862.html
山椒の木がまた生い茂ってきて、宅配ボックスからの荷物の取り出しに不便を感じるようになりました。
 そこで、再度、剪定を実行しました。
 剪定前と剪定後の写真を示します。
 以下が剪定前です。
ueki5.JPG
 こちらが剪定後です。
ueki6.JPG
 剪定後の写真には、下の方にレジ袋に入った枝が見えます。こんなふうに、1袋一杯になるものです。
 山椒は、枝にトゲがあって、さわると痛いのです。それにさわらないように枝を切っていくのはなかなか面倒です。しかし、葉はいい匂いがするので、剪定作業をしていても、山椒の匂いに包まれます。
 剪定後のハサミを玄関に置いておいたら、ネコがやってきて、刃の部分をぺろぺろなめていました。山椒の葉の匂いが好きなのでしょう。
ラベル:植木 剪定 山椒
posted by オーツ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

銚子丸・豊玉南店

 オーツはよく銚子丸・豊玉南店に行きます。
2011.3.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/192375465.html
 銚子丸のカレンダーも買った
2010.12.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/175308531.html
ので、毎月1回以上行くことに決めています。
 さて、今は、5月25日からのキャンペーンをやっています。
http://www.choushimaru.co.jp/information/2011_05/omote.jpg
 劇団セット・元気百倍(8貫)790 円、うに軍艦 299 円などがあります。
 さっそく、これを食べにいってきました。
 上記の10貫に加えて、無料のアラ汁もあったので、おなかいっぱいになりました。
 寿司を堪能した感じです。どれもネタが大きく、食べがいがあります。
 カレンダー割引 300 円を活用しましたので、会計すると、790+299-300=789 円ということになります。こんな値段でおなかいっぱい、幸せ一杯といったところです。安くて手軽なお昼ごはんになりました。
 気のせいか、お店では元気百倍のセットを注文する客が多かったように感じました。
ラベル:銚子丸
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

名曲の名前を忘れる

 オーツは、クルマで走っている途中、音楽CDを聞いているときもありますが、NHKテレビのニュースを音声だけ聞いているときもあります。
 以前は、音楽CD(クラシック)をもっぱら聞いていたのですが、最近は、ニュースが多くなりました。
 先日、いつもの時間帯と違う時間帯に走っていたときのことです。ニュースをやっていないので、CDに切り替えました。カーナビ用のハードディスクにCD 100 枚分が記録されています。それを適宜再生しているわけです。
 すると、とても心地良い音楽が流れてきました。何回も聴いてきた曲ですので、次にどうなるのか、わかっています。「これが終わると金管がなるんだよなあ」と思うと、ジャーンといった感じです。
 そのとき、ふと、「この曲は何だっけ?」と思いました。曲名が思い出せないのです。
 クルマに積んであったCDのタイトル一覧のメモを見てわかりました。チャイコフスキーの交響曲「悲愴」だったのです。いやはや、何回も聞いた曲なのに、このありさまです。
 だいぶぼけてきたということでしょうか。
 別名、老人力がついてきたということです。
 もしかすると、忘れることはいいことかもしれません。新しい(つもりの)発見が毎日たくさんあることになります。新鮮な生活が送れるわけです。
 そうしたら、似たようなことを先日ブログに書いたことを思い出しました。
2010.12.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/174447217.html
 日常生活はそんなに変わらないものですね。

 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。
ラベル:CD
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

まぐろ人(びと)@下高井戸

 まぐろ人(びと)は下高井戸にある回転寿司の店です。このあたりでは、回転寿司の店は珍しく、たぶん、下高井戸付近で唯一の店ではないかと思います。
 オーツは6年ほど前にこの店に1度入っただけです。というのも、ここは、寿司1皿(2貫)が数百円程度のものが多く(最低は 94 円ですが、食べたくなるようなものはありません)、何皿か食べると、1000 円以下では、まず収まらないからです。オーツの基準では、ランチは 1000 円以下に抑えたいのです。
 別の回転寿司で 1000 円以下で寿司が食べられるときに、ここで食べようとは思いません。

 さて、先日、店の前を通りかかったら、平日のランチとして「焼魚定食 800 円」と書いてあります。他に、ちらし寿司 900 円などもあります。これなら 1000 円以下だということで、さっそく食べに行ってみました。
 寿司皿が回るレーンを囲むようにしてカウンターがたくさんあります。その一つに座ると、店員さんがおしぼりを持ってきました。オーツは「焼魚定食」を注文しました。すると、店員さんは「お飲み物は何にしますか」と聞いてきました。800 円のランチを食べる客は、酒なんか飲まないのは常識でしょうに、……。
 もちろん、オーツは飲み物を注文せず、お茶だけにしました。
 やがて、小鉢(きんぴらごぼう)とミニサラダが出てきました。さらに茶碗蒸しも出てきました。オーツは茶碗蒸しを食事の最後に食べるのが好きですが、まあ、こういう場合は最初に食べるべきでしょう。せっかく温かいのに、さめてから食べるのも変です。
 茶碗蒸しは量が多く、ちょっとやけどしそうなくらいに熱くて、全体においしく、けっこうでした。
 それから、味噌汁と焼き魚とごはんが出てきました。店員が、ごはんを右側に、味噌汁を左側に置いたのは意外でした。回転寿司では、ごはんや汁の左右は無関係ですから、そんなことはお店から指示すらもらっていないのでしょう。ということは、店主の問題なのかもしれません。
 焼き魚は、サバ1切れとサケ2切れでした。どちらも寿司ネタの余り物なのでしょう。小さめでしたが、どちらもしっかりした味で、これはお得な一品です。
 これで漬物がついていればベストなのですが、それは省略されていました。
 ふと気になってみてみると、寿司が回転するレーンに、あまり寿司皿が流れていません。お客さんが注文するものも(店員さんが復唱するので聞こえてしまいますが)、焼魚定食やちらし寿司が多いようで、普通の寿司があまり売れません。以前はかなり流れていたように思いますが、……。
 この店では、ランチサービスを始めることによって、客数は増えたのですが、客の質が変わってしまったのかもしれません。
 何はともあれ、下高井戸でも焼魚定食を食べることができるというのは、ありがたい話です。オーツとしては、機会があればまた行ってもいいと思います。
 食べ終わって会計を済ませたら「★その他フード 800 円」というレシートをくれました。いかにも間に合わせ的でした。

関連サイト
http://www.magurobito.com/shop.html
http://rp.gnavi.co.jp/5628561/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13023363/
続きを読む
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

トンコンティン空港

 世界で一番危険な空港はトンコンティン空港だそうです。
 以下、三つほどサイトを紹介しますが、飛行機が着陸する時の動画を見ると、こういう空港が現実にあることが信じられません。
http://labaq.com/archives/51586593.html
http://gigazine.net/news/20090628_honduras_landing/
http://jtki2004.blog90.fc2.com/blog-entry-87.html
 世の中には、いろいろと知らないことがあります。
 それを知ることは、楽しみの一つです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする