2011年04月15日

お口から汁をこぼして老いを知る

 数日前、オーツが一人で食事をしているときに、口の端のところから少し味噌汁をこぼしてしまったことがありました。
 量は大したことでもなかったので、ティッシュで拭いて、どうということもなかったのですが、口に入れたものをこぼすなんて、とんと記憶にないことです。口の筋肉がゆるんだのか、コントロールがうまくいかなかったのかということです。
 オーツも老化が始まったのかもしれません。年をとるというのは、こういうさまざまな小さな失敗が少しずつ積み重なりながら起こってくることなのでしょう。
 オーツは、まだまだ本格的な「老化」を経験しているわけではありませんが、……。
posted by オーツ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする