2011年03月19日

ギョーザ2パックを購入


 オーツは最近朝食にギョーザを食べることが普通です。
2011.1.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/181405927.html
 ここのところ、コンビニやスーパーで加工食品の品切れが続き、我が家の冷蔵庫の中のギョーザもなくなってしまいました。となれば、それ以外を食べるしかありません。まあ、冷蔵庫の中にいろいろ食べるものはあるので、特に問題はないのですが、ギョーザが食べられないと、何となく、口寂しいものがあります。
 先日、100 円ショップに行ったら、ギョーザを売っていました。いつもは10パックか、それ以上あるのですが、2パックだけがありました。さっそく2パックとも買いました。ギリギリセーフといった感じでした。
 オーツが買った後は、また空っぽの棚になってしまいました。
 こういうとき、1パックだけ買って、あとの1パックを次の客のために残しておくべきか。ちょっと迷いました。しかし、我が家ですぐにも食べるものですので、2パック買うことにしました。市場経済ですから、早い者勝ちなのです。
 その晩は、息子がギョーザを食べたいというので、さっそく、焼きギョーザで1パックを食べてしまいました。
 そして、翌日の朝からギョーザ入りの通常の朝食を食べています。2パック目を食べているわけです。
 やっぱり2パックとも買ってよかったと思いました。

 どうしてもギョーザが食べたい次の客のために1パックを残すという考え方も理解できますが、でも、1パック残したからといってそのようになるとは限りません。次にやってきた客がそんなにギョーザを食べたくない人でも、たまたま店内を見たら他に選択肢がないので、しかたがないから好きでもないギョーザを買うかということになるかもしれません。つまり、オーツが1パックだけで買うのを遠慮したからといって、もう1パックのギョーザが切実に食べたいと思っている人に渡るとは限らないのです。それよりは、数日間で確実に消費するのであれば、2パックとも買っても何も問題はないと考えました。
 こういうのを「買いだめ」とはいわないでしょう。「買いだめ」とは、当面消費する予定もないのに、品切れになることに備えて事前に買っておくことです。

 たかが 105 円のギョーザを1パック買うか2パック買うかを考えるなんて変でしょうか。そんなことをブログに書くのはもっと変かもしれませんが。
posted by オーツ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする