2011年03月17日

建屋

 今回の福島(第1/第2)原子力発電所での事故に関連して、「建屋」(たてや)ということばが使われます。
 オーツは、今回の事故以前に「たてや」という言い方を知りませんでした。
 手近の国語辞典でも、この見出しを載せているのは、比較的大きいもので、小型国語辞典の類では見出しがありません。カナ漢字変換でも、優先順位がかなり低いものになっていました。
 建屋と建物は意味がちがうようです。
http://doboku.ezwords.net/yougo/%E5%BB%BA%E5%B1%8B.html
によれば、「建屋」は土木用語で「ポンプ場のうち、ポンプなどの諸設備を収容し運転管理するための建築物。」と書いてあります。
 建物が人の住むところとすれば、建屋は人が住むのでなく、設備などを入れておく建築物のことを指すようです。
 なるほど、そう考えれば「建屋」が一番ピッタリした言い方なんですね。
ラベル:建屋
posted by オーツ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする