2011年02月25日

孫に絵本のプレゼント

 妻が物置の中から引っぱり出してきた絵本がありました。30年前のもので、息子たちに読んでやったものです。よくまあこんなものを取っておいたものです。
 これを孫にプレゼントするというのです。妻曰く、「赤ちゃんに読んで聞かせるのに古いも新しいもないから。」
 それはそうかもしれませんが、こんな古いものでなくても、本屋さんに行けばたくさんの新品絵本があるのに、……。
 それに対して、さらに妻曰く、「いい絵本は何回も再版されて店頭に並ぶのだから、今買っても、昔買ったものと変わりはないんだから。」
 ま、物持ちがいいと好意的に見ておきましょう。
 それにしても、こういうことがあることからわかるように、オーツの自宅はすべてが物置のようです。まるで数十年前のレトロなものに囲まれて生活しているといえばいいでしょうか。
 できたらシンプルライフを楽しみたいものです。
ラベル:絵本
posted by オーツ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする