2011年02月28日

台湾人もおいしいと感じる回転寿司

 だいぶ古い記事ですが、台湾人が投稿したブログ記事があります。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0524&f=national_0524_004.shtml
日本人の夫(NORIさん)と一緒にかっぱ寿司に行った妻(vivianさん)の投稿ですが、「2009日本之秋◎ 迴轉壽司初體驗」という記事
http://tw.myblog.yahoo.com/nori-vivian/article?mid=7138&prev=7164&l=f&fid=95
のほうが迫力があります。
 中国語が読める人だと、そのはしゃぎぶりがよくわかると思います。
 あ、いや、最近はブログ記事などをそのまま全文翻訳することが可能だから、機械翻訳で日本語にしてもいいでしょう。
 それにしても、よく食べたものですね。2人で20皿とは、かなりの量です。妻のほうがたくさん食べたようですが、一人で10皿以上というと、なかなか食べきれるものではありません。よほどおいしいと感じたのでしょう。
 またそれぞれを写真に収めたところもすごいです。vivian さんはマメな人なのだということがわかります。
 オーツも以前はよくかっぱ寿司に行っていましたので、このブログでも何回か記事を書いてきました。
2010.7.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/155923940.html
2010.5.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/150349422.html
2009.9.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/128500359.html
2009.6.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/122319826.html
2009.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/115597928.html
2008.8.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/105031364.html
2008.7.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/103906270.html
2008.7.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/102480016.html
2008.5.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/98115735.html
2008.5.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/95471110.html
2007.9.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/53986655.html
2007.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563948.html
 最近は、やや行く回数が減りましたが、それでも行くことがあります。
 けっこうな満足感があると思います。
 かっぱ寿司も、以前よりおいしくなってきていると感じます。
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

ブログのアクセスの大きな変化

 先日は、「ポンパレ」の美人モデルの記事でブログのアクセス傾向が変わったことを書きました。
2011.2.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/186975506.html
 その後、再度(というか、さらなる)大波がオーツのブログに押し寄せました。
 アクセス統計を見てみましょう。以下に2月20日以降を示しておきます。
日付訪問者数ページビュー
2011.2.26
531
1043
2011.2.25
834
1574
2011.2.24
918
1869
2011.2.23
12500
18653
2011.2.22
4479
7570
2011.2.21
402
777
2011.2.20
413
905

 オーツのブログでは、だいたい、日ごとに訪問者 400 前後、ページビュー 900 前後のアクセスがあります。アクセス数が変わらないということは、たいていは固定読者がアクセスしてくるということのようです。ところが2月22日からアクセスが急増しました。
 どこからアクセスがあるのかを調べてみると、オーツの書いたブログ記事が
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/news_business/pf9334e5f65d456bfd22fa68f110e2ec4
に掲載されていました。オーツの書いたものは特に動画とは関係なく、単なるブログ記事なのですが、こんな場所に紹介されるだけでアクセスがまったく変わってしまうのですね。
 今回の大波は、2月23日がピークでした。
 その後は元に戻りつつあります。
 みんながアクセスするページに掲載されても、その影響は数日しか持たないということです。
続きを読む
posted by オーツ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

左上の奥歯が抜ける

 オーツは、しばらく前から左上の奥歯が気になっていました。
2009.8.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/124728142.html
 最近は、舌で触ると歯がグラグラしているのがわかるようになってきました。歯医者さんも、いつかは抜けると言って、積極的に固定するようなこともしませんでした。
 先日、舌で触っていると、いよいよ歯が浮かび上がっているような感じになってきました。どれくらいグラグラしているのか、手でつまむように触ってみたら、あ、歯が抜けてしまいました。痛みはまったくありませんでした。寿命だったのでしょう。抜けてみると、歯はけっこう大きいもので、一部は茶色になっており、異臭もあります。虫歯治療の結果として金属がかぶせてあるのもわかります。身近にありながら、じっくり眺めることもありませんでした。
 長年お世話になりました。半世紀以上使ってきたわけですから、ずいぶんと長持ちしたことになります。
 一方、口の中は、たった1本とはいえ、歯が抜けたあとがいやに大きく感じられます。舌で触ると、大きな穴があいている感じがするとともに、その隣の歯が少し持ち上がってきているような気がします。何だか、ほほの肉を噛んでしまいそうです。
 こんなことで、年齢とともに食事がだんだん不自由になっていくのでしょう。老いることの一端を感じました。
タグ:奥歯
posted by オーツ at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

孫に絵本のプレゼント

 妻が物置の中から引っぱり出してきた絵本がありました。30年前のもので、息子たちに読んでやったものです。よくまあこんなものを取っておいたものです。
 これを孫にプレゼントするというのです。妻曰く、「赤ちゃんに読んで聞かせるのに古いも新しいもないから。」
 それはそうかもしれませんが、こんな古いものでなくても、本屋さんに行けばたくさんの新品絵本があるのに、……。
 それに対して、さらに妻曰く、「いい絵本は何回も再版されて店頭に並ぶのだから、今買っても、昔買ったものと変わりはないんだから。」
 ま、物持ちがいいと好意的に見ておきましょう。
 それにしても、こういうことがあることからわかるように、オーツの自宅はすべてが物置のようです。まるで数十年前のレトロなものに囲まれて生活しているといえばいいでしょうか。
 できたらシンプルライフを楽しみたいものです。
タグ:絵本
posted by オーツ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

学歴はMARCH以上?

 オーツがふと目にしたツイート記事ですが、池田信夫氏が次のように述べています。
http://twitter.com/ikedanob/statuses/38972878690975744
企業の学歴フィルタリングはMARCH以上とよくいわれるが、答案を読むとそれは正しいと思う。MARCH以上の答案は、内容の正否は別にして文章になっているが、それ以下の大学はほとんどの答案が日本語になっていない。

 ご本人は「上武大学大学院経営管理研究科教授」ですから、自分の大学の学生が書いたものはとても読めないということなのでしょう。
 さて、MARCH の偏差値はどれくらいなのでしょうか。
http://2chreport.net/rank_hensati.htm
を見ると、明治大学(M 60.6) 青山学院大学(A 58.4) 立教大学(R 61.3) 中央大学(C 58.3) 法政大学(H 55.9) ということになります。
http://2chreport.net/hs_03_2_1.htm
を見ると、経済学部関係ですが、明治大学(M 60.8) 青山学院大学(A 61.3) 立教大学(R 60.2) 中央大学(C 56.5) 法政大学(H 55.8) となっています。
 上武大学にはビジネス情報学部、経営情報学部があります
http://www.jobu.ac.jp/gakubu/index.html
が、これらの資料には入っていません。偏差値不明なのでしょう。もしかして「底抜け」なのかもしれません。
http://daigakujyuken.boy.jp/zennkokukeizaigakubu.html
には「経済・経営・商学部・偏差値ランキング2011」があります。こちらでは、明治大学(M 62) 青山学院大学(A 62) 立教大学(R 63) 中央大学(C 61) 法政大学(H 59) ということです。
 池田氏は、いくつの(何種類の)大学で教えたことがあるのか、知りたいものです。教員の立場であちこちを比較しようと思っても、なかなかむずかしいもので、非常勤講師などで他大学の学生と接触することはあっても、そんなに何十種類もの大学を経験することは普通はできないでしょう。
 ちなみに、オーツは MARCH よりも下の大学の学生が書いたものを読んだ経験がありますが、それによれば、「日本語になっていない」ということはないと思います。実態は、上下の幅が大きいといったところでしょうか。変な学生もいる一方、とんでもなくできる学生もいるといった印象です。東大や早稲田慶應レベルだと、変な学生がおらず、全員がそこそこの段階以上であると感じます。
 シューカツに関して、企業側の手間を考えると、たくさんの面接ができないということで、絞り込む方針もありうると思います。しかし、企業側が MARCH 以上というフィルタリングをしているとすれば、そういうやり方は失敗しないけれど、他に現実にいる優秀な学生を取り逃がしていると思います。
タグ:学歴 MARCH
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

韓国からオーツのブログ記事へのアクセス

 オーツのブログに韓国からのアクセスがありました。
 アクセス統計を見ていると、
http://translate.google.com/translate?hl=ko&ie=UTF-8&sl=ja&tl=ko&u=http://o-tsu.seesaa.net/article/187156841.html&prev=_t&rurl=translate.google.co.kr
からやってくる人が数人いました。
 これは、オーツのブログ記事「少女時代「Gee」」
2011.2.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/187156841.html
を韓国語に翻訳して読んでいるということです。
 少女時代は、今、旬のアイドルグループで、韓国でもファンが多いと聞きますから、そんな人が検索エンジンで探して日本のサイトにあるオーツの記事を読みにやって来るというわけです。
 機械翻訳ですから、その精度は大したことないと思いますが、それはともかく、今や日本語でブログ記事を書いていても、世界中から(翻訳した上で)読まれることがあるということです。技術の進歩はすごいものだと思います。
 韓国は日本語を学んでいる人が多いわけですが、それでも、日本語で書かれたブログ記事などをすらすら読める人はそんなに多くないでしょう。ましてや、少女時代のファンであれば、若い人でしょうから、日本語能力がない人も多数含まれるはずです。そんな人にとっては、機械翻訳は世界をのぞく窓になります。不完全な翻訳でも、だいたいどんなことが書かれているかがわかればそれなりに意味があると思います。韓国語と日本語は文法構造が似ているので、逐語訳のようなことでも、まあまあそれなりに読めてしまうものです。
 もしかすると、これからはブログ記事が機械翻訳で読まれることがあるかもしれないと意識して、翻訳されやすいような文法構造を考えつつ記事を書くべきなのかもしれません。そういう発想が世界人に通じるものなのでしょう。オーツはまだそこまでは意識していませんが。
 母語の場合は、書くことと考えることが一体化していますから、文法構造を意識しつつ書くことは不可能です。一度記事を書いた後で、翻訳されやすいように推敲することになるのでしょう。
posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

少女時代「Gee」

 あるとき、息子たちがオーツに「少女時代や KARA を知っているか」と質問してきました。
 子供の立場で、こういう親を試すようなことを言ってはいけませんが、オーツは一応知っていました。以前、ブログ記事に書いたように、
2008.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/100344609.html
NHK の教育テレビでハングル講座を定期的に見ているのですが、その中で少女時代をちょっとだけ紹介したことがあったのです。韓国で人気を集めている女性アイドルグループだということだったと思います。
 KARA については、実はどんな歌を歌っているのかを知らなかったのですが、最近、韓国の所属事務所ともめている(メンバーが訴訟を起こした)という話を聞いており、こういうグループもあるのかと思ったような次第です。
 ホントはテレビの歌番組などで見ていなければ「知っている」とはいえないのかもしれませんが、ここ数十年、テレビで歌番組を意識的に見ることはなかったので、そんなことはあり得ません。紅白歌合戦もばかばかしくて、見る気が起きません。家族がチャンネルを合わせていることがあるので、何となく見ることがある程度でした。
 そもそも、今、テレビで歌番組などがあるのでしょうか。

 さて、その後、YouTube で「少女時代」と入れて検索し、いくつか見てみました。その感想を書いておきましょう。
 ひとことで言えば、「かわいい、いかにも女の子らしい」ということです。
 日本人の女性グループで、こんなにも見応えのあるグループがあるでしょうか。最近は見比べるべきものを知らないので、何ともいえませんが、AKB48 あたりでも追いつけなそうです。オーツは、ずっと前から、テレビに出てくるタレント系の歌手の歌が下手で、聞いていられないし、ダンスも平凡で、見ているのがつらい感じがしていました。そんなのと比べると、少女時代はとにかくレベルが高いと思わせます。

 とりあえず、以下では Gee を取り上げましょう。韓国語で歌ってダンスしているものとしては、2種類あるようです。ダンスバージョン1(色違いの長いパンツルック)(3:17)
http://www.youtube.com/watch?v=1GA6-ls-1XI
およびダンスバージョン2(ホットパンツ)(3:19)
http://www.youtube.com/watch?v=LfUrnMCLXAc
です。
 それに両者を組み合わせて別のシーンを追加した PV(プロモーションビデオ)(3:56)
http://www.youtube.com/watch?v=U7mPqycQ0tQ
があります。
 YouTube では、いくつか違うバージョンがアップロードされていますが、基本的にソースは同じでしょう。
 日本語版の Gee としては、PV (7:22)
http://www.youtube.com/watch?v=URXynz9LAe0
があります。これには余計なシーンが多すぎるので、主要部分を抜き出した短縮バージョン(3:36)
http://www.youtube.com/watch?v=PCsz5fqvOCk
のほうがいいかもしれません。

 オーツが見た感じでは、ダンスがすばらしいと思います。ぴたっと息が合っていて、たぶん何回も練習して完璧に動けるようになっているのでしょう。9人ともかわいく、スタイル抜群であることに加えて、ダンスが若い女性のかわいさを強調するようにできている点がすばらしいと思います。
 とまあ通り一遍の感想を書いてしまいましたが、実は、少女時代の9人組は、作られた歌とダンスをマスターして歌って踊っているだけで、本当にすばらしいのは、歌とダンスを作っている人です。オリジナリティのあるセンスが抜群です。歌は、まあ平凡かもしれないと思うので、特にダンスのほうに注目したいと思います。
 ネットを探すと、少女時代の振り付け師は日本人の仲宗根梨乃さんだという話が見つかります。
http://aquariuselder.blog105.fc2.com/blog-entry-172.html
http://ameblo.jp/hellagirl/entry-10648723905.html
 この Gee というのが該当するのかどうか、わかりませんが、Genie という曲は明らかに中曽根さんの振り付けです。この人が実はすばらしいということであり、中曽根さんの創作力がすごいというわけです。
 少女時代の9人組も、ダンスはなかなかのものです。日本語版で、何と無伴奏版(3:20)
http://www.youtube.com/watch?v=7txUYaXprDc
があります。これは大変おもしろいです。1回のダンスの時間が通常と変わらないのです。いかに完璧にダンスをマスターしているかがよくわかります。(よくまあこんなのを記録したと思いますが。)

 YouTube では、閲覧数が少ないのですが、韓国語版でミニスカートの制服を着てダンスをしているもの(制服Ver)
http://www.youtube.com/watch?v=OXg6SbSvZp8
があります。左上に「KBS2」とあるので、テレビ放送の録画でしょう。どんな服装でも、そつなくダンスをこなしているところは(当然ですが)さすがにプロです。
 また、サッカー場での録画(3:27)
http://www.youtube.com/watch?v=dMDAmYnlJt8
もあります。
 こうして、現場でライブでやっているところを視聴すると、歌が失敗しているところが目立ちます。しかし、ダンスは破綻していません。
 さて、制服Ver とサッカー場では、ライブだということもあって、それまでのダンスバージョンや PV と違っているところがあります。一つは「片手でマイクを持って歌っている」ことですし、もう一つは(ハイヒールでなく)「運動靴を履いている」ことです。
 「片手でマイク」にしても、左右のどちらの手でマイクを持つか、どのタイミングでどうマイクを持ち変えるか、全部決まっています。一番見栄えがよくなるように振り付けが「設計」してあるのです。(当たり前ですが。)つまり、9人組としては、歌の韓国語版、日本語版に加えて、ダンスでもマイクあり版、マイクなし版をマスターしなければなりません。実際には、メドレー用などで短縮版などもあることでしょう。これらを見てくると、破綻なくステージ上で歌って踊るだけでも大変です。
 もう一つ、運動靴もおもしろいと思いました。サッカー場では、芝生のグラウンドですから、ハイヒールではダンスができません(足を痛めます)。制服ver では、制服に合わせて運動靴になっているのでしょう。さて、運動靴バージョンを見ると、9人組の足がすらりと長いはずが、そうでもないように見えます。つまり、美脚に見せるために、ハイヒールも重要だということです。ダンスバージョン1(色違いの長いパンツルック)でもハイヒールです。考えてみれば、ハイヒールを履いてこういうダンスをすることだけでも驚きです。
 ついでにいうと、9人とも細い体形ですが、これを維持することも大変でしょう。もともとやせ形で手足が細い女性を集めてきたのでしょうが、その後は、栄養管理がきわめて重要です。二十歳前後の女の子では、ほっといたら太るかもしれないし、一人でもそうなったらグループ全体の商品価値がなくなるので、回りが迷惑です。ということは、食事の管理も(誰がやっているのか知りませんが)重要な仕事になります。たぶん9人組は食事の面でもかなり「我慢」を強いられているのではないでしょうか。また、食事を減らしても貧血にならないように、健康管理の面も無視できません。
 こうして女性アイドルを売り出すとしても、賞味期限があり、まさか10年も持つことはありえないでしょう。「少女」時代という命名からして数年がいいところでしょうか。その間にどれだけ稼げるかという話であり、メンバーの我慢もその間だけと考えれば、問題は小さいのかもしれません。
 こんなことで、少女時代そのものがすばらしいということよりも、その周辺についていろいろ感じるところがあり、それについて述べてきました。
 人生の後半期に入ってくると、歌とダンスにしても、単純に楽しむだけでは済まないのかもしれません。
続きを読む
タグ:少女時代 gee
posted by オーツ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

「ポンパレ」の美人モデルの記事でブログのアクセス傾向が変わった

 突然ですが、オーツのブログのアクセス傾向が変わりました。
 2月13日までは普通のアクセス状況だったのですが、14日にブログ記事「クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル」
2011.2.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/185802099.html
を掲載したところ、まったくようすが変わりました。この数日のページ別のアクセス数トップ5を挙げておきます。
ページ比率訪問者数ページビュー
13日 合計
390
784
1./index.rdf
 6.4%
32
50
2.トップページ
 4.7%
34
37
3./index20.rdf
 4.3%
11
34
4./pages/user/m/comments/regist/input
 4.0%
26
31
5./pages/user/m/article
 3.4%
24
27
14日 合計
457
984
1.クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル
 9.0%
81
89
2./index.rdf
 5.6%
39
55
3.トップページ
 4.1%
35
40
4./index20.rdf
 3.4%
11
33
5./pages/user/m/article
 3.3%
22
32
15日 合計
507
957
1.クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル
 10.8%
98
103
2./index.rdf
 5.1%
33
49
3./pages/user/m/article
 4.7%
30
45
4.トップページ
 4.2%
36
40
5./index20.rdf
 3.7%
10
35
16日 合計
594
1134
1.クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル
 15.3%
169
174
2./index.rdf
 6.4%
51
73
3./pages/user/m/article
 3.0%
27
34
4./index20.rdf
 2.9%
11
33
5.トップページ
 2.7%
29
31
17日 合計
562
1092
1.クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル
 8.1%
86
88
2./index.rdf
 6.8%
52
74
3./pages/user/m/article
 3.6%
29
39
4.トップページ
 3.1%
29
34
5./index20.rdf
 3.0%
8
33
18日 合計
442
977
1./index.rdf
 7.6%
41
74
2./pages/user/m/article
 3.8%
32
37
3.クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル
 3.7%
31
36
4.トップページ
 3.3%
31
32
5./pages/user/m/comments/regist/input
 3.2%
25
31

 13日が普通の典型的な例で、「/index.rdf」と「/index20.rdf」は RSS リーダからのアクセスです。前者がパソコン、後者がケータイです。「トップぺージ」は、
http://o-tsu.seesaa.net/
へのアクセスです。普通はそういうところへのアクセスが多いわけです。
 ところが、14日からは「クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル」という個別記事へのアクセスがダントツに多くなります。個別記事への新しい訪問者ということになります。そのアクセスの分だけ、訪問者数が増えていることがわかります。
 18日の段階で、ゆっくりと平常に戻りつつあります。
 この傾向は、「検索ワード」でも明らかです。こちらも13日以降のトップ5を掲載します。
13日 合計
176
1グリーン車
 2.3%
4
2新幹線
 2.3%
4
3違い
 2.3%
4
4windows7
 1.7%
3
5スシロー
 1.7%
3
14日 合計
263
1ポンパレ
 15.2%
40
2モデル
 14.8%
39
3名前
 4.2%
11
4ポンパレ モデル
 3.8%
10
5
 3.0%
8
15日 合計
336
1ポンパレ
 14.9%
50
2モデル
 14.0%
47
3ポンパレ モデル
 4.5%
15
4
 3.3%
11
5名前
 1.5%
5
16日 合計
450
1ポンパレ
 22.2%
100
2モデル
 20.7%
93
3ポンパレ モデル
 5.1%
23
4名前
 2.4%
11
5
 1.8%
8
17日 合計
348
1ポンパレ
 13.5%
47
2モデル
 10.9%
38
3スシロー
 5.2%
18
4ポンパレ モデル
 2.9%
10
5
 2.0%
7
18日 合計
188
1ポンパレ
 5.3%
10
2スシロー
 4.8%
9
3モデル
 4.8%
9
4持ち帰り
 3.2%
6
5名前
 2.1%
4

 いやはや、すごいものです。検索エンジンで「ポンパレ、モデル、誰、名前」あたりが指定されて、オーツの記事が見つかり、検索エンジンからジャンプしてやってこられたというわけです。
 みんなが興味を持っていることをブログにちょっと書くだけで、ブログへのアクセスがまったく違ってしまうのですね。(まあ、オーツのブログの場合は、普段からアクセスが少ないからこういう「事件」が大きく見えるということです。)
 ブログの性質(の一部)がわかりました。
 おもしろい経験でした。
 しかし、このような「祭り」も数日でさめてしまうのですね。ま、しかたがありません。人の噂も75日ですから。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ベトナム・ハロン湾で観光船沈没

 ベトナム・ハロン湾で観光船が沈没し、日本人観光客が1人死亡するというニュースがありました。
 ネットにはいろいろ記事があがっています。
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2785916/6829333
が比較的くわしく事故を説明しています。
http://www.viet-jo.com/news/sanmen/110217061027.html
によれば「生存者の証言によると、事故発生から沈没までは僅か30秒から1分だったという。」とのことで、これでは助かるのはむずかしそうです。
 とはいえ、
http://jp.ibtimes.com/articles/14765/20110217/300801.htm
に観光船の写真がありますが、このサイズの観光船であれば、1分程度で沈没というのは変です。もっと長時間かかったはずですが、関係者が気がつくのが遅れたということでしょう。
 ハロン湾観光のその後ですが、
http://www.viet-jo.com/news/social/110218060842.html
によれば、海上夜泊観光は一時中止だそうです。

 なぜこんなことを気にするかというと、実は、オーツは妻と一緒に今年の5月の連休にまさにここにいく旅行に申し込んでいるからです。
http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour_tmp.aspx?p_baitai=915&p_company_cd=1002000&p_course_no2=14384
 妻は、今回の事故にかなりビビっているようで、保険に入ろうと言い出しました。しかし、オーツは、そんなに気にする必要はないと思います。保険に入ったって、事故が起きて死んでしまったら無意味です。普通に事故にあって損害を被ったら、それは旅行会社なり現地の観光船の運航会社なりが補償するべきものであって、保険に入っていなくても特に問題はないと思います。
 観光船の沈没の確率は、事故前と事故後で変わりません。いや、むしろ、下がると思います。こんなことをいうとなくなった方および遺族の方々に申し訳ありませんが、今回沈没したのは観光船の中でも特に問題がある船だったのではないかと思います。ホントは事故原因が究明されないと何ともいえませんが……。もしもそうだとすると、事故後は観光船の平均レベルが上がったことになるわけで、つまりは沈没の確率が下がるというわけです。不謹慎な話で恐縮でした。
 オーツたちの旅行予定では、観光船で1泊するわけではなく、明るい日中の観光なので、いざとなっても泳げばいいような気もしますが、まあそういう問題ではないということで、……。
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

わたみん家 江古田駅前店

 オーツはたまに江古田駅のそばにある「わたみん家」
http://r.gnavi.co.jp/p920245/
に行きます。前回行った記録は
2010.6.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/153725986.html
に書きました。
 今回も二人で飲みに行きました。
 例によってレシートで飲み食いしたものを確認しておきましょう。
 飲んだものは、中生ビール 418 円×4、白ハイ 418 円×2、天狗舞(日本酒)733 円でした。
 白ハイは、単なるウィスキーのハイボールです。黒ハイ(コークハイボール)と対比した命名ということでしょう。
 食べたものは、お通し 313 円×2、刺身四品盛 943 円、テンジャンチゲ 523 円×2、ねぎま(焼き鳥)208 円、豚明太春巻 418 円、穴子七輪焼 418 円でした。
 この季節、鍋物はいいものです。オーツたちはテンジャンチゲにしましたが、ここは一人前ずつ頼めるので、グループの人数によって頼めばいいというのは便利です。
 穴子七輪焼は、一人用の小さな七輪が運ばれてきて、テーブルで焼いて食べるものでした。これもいけます。
 合計金額 6,900 円というのは、財布にやさしいです。江古田は、学生街ということもあって、比較的安い値段で飲み食いできるようです。
タグ:わたみん家
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

黒い学生服と傘で道の真ん中を歩く歩行者

 先日、東京都内で雪が降ったときのことです。
 オーツが仕事帰りにいつものようにクルマを運転していたときのことでした。時間帯は7時過ぎだったでしょうか。もうあたりは真っ暗になっていて、降ってくる雪が視界をじゃましています。まだ道路に雪が積もるほどにはなっていませんでした。
 視界が悪いときは、スピードを落として走るしかないので、時速 20-30 km くらいで走っていたと思います。
 そのときの雪は、ぼた雪みたいなもので、それが降っているとクルマのヘッドライトの光がそこに反射して、その先がかなり見えにくくなります。
 突然、目の前に歩行者がいることに気がつき、オーツは急ブレーキを踏みました。ホントにひやっとしました。
 道路はセンターラインのある往復2車線の幅がありました。歩行者がいた位置は、左側の路側帯を区切る白線とセンターラインの真ん中あたりでした。その歩行者は左側の友達と並んでおしゃべりをしていました。それぞれに傘をさしながら二人で並んで歩くとこんな位置になるのでしょう。
 歩行者は男子高校生で、黒い学生服の上下を着ていました。黒い傘もさしていました。道路の左側を歩いていたので、クルマに対して背中を見せる形でした。ですから顔も見えず、頭部も髪のために真っ黒でした。雪の夜にこの姿ではクルマからはほとんど見えません。
 オーツは、こんな歩行者がいるとはまったく思いもよらなかったので、驚きました。
 このときは、スピードを落として走っていたので、事故にはならずに済んだのですが、歩く側も、車道の真ん中をクルマ並みに歩くのではなく、もう少し端を歩いてほしいものです。自分を守るためです。高校生でもそういう安全意識は持っていないのでしょうか。持っていないのですよね。だからこんな服装でこんな場所を歩いているわけです。道路の左側を歩いていては、後ろから来るクルマに気がつかず、引かれてしまいそうです。
 ちなみに、こういう状況でクルマが歩行者をはねれば、クルマの責任が 100% ということになるでしょう。前方不注意ということです。
 くれぐれもスピードを出さないようにしなければ、……。
posted by オーツ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

自宅のテレビでCS放送が見られる?

 オーツの自宅では、テレビ放送の受信がやや複雑です。
 ケーブルテレビで地上アナログ放送と地上デジタル放送を受信しています。
2009.3.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/115214834.html
 それとは別に、BS放送用にアンテナを設置して、BS放送の各チャンネル(WOWOW を含む)を受信しています。
2008.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/100344609.html
 今は、ブルーレイレコーダ
2008.6.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/99568198.html
で、番組を録画しておき、それを見るのが普通になっています。そのため、このブルーレイレコーダには、ケーブルテレビからのアンテナ入力とBSアンテナからの入力と二つがつながる形になっています。
 さて、先日、たまたま気がついたのですが、ブルーレイレコーダの設定でCS放送を選ぶと、CS放送が見えるのです。
 一体なぜ見えるのか、疑問に思いました。
 ケーブルテレビの会社に電話して確認すると、受信できるのは地上アナログと地上デジタルだけで、TOKYO MXとか、テレビ神奈川、テレビ埼玉なども見られるけれど、そこまでしか送っていないという話です。
 BSアンテナでCS放送が受信できるなんて、聞いたことがありません。
 さっそく、オーツなりに調べてみました。
 まずは、ブルーレイレコーダのアンテナの接続を見てみました。BSアンテナの入力端子を外すとCSも見られなくなりました。これでBSアンテナでCS放送を受信していることがはっきりしました。
 次に、アンテナのマニュアルを探して見てみました。すると、DSA-456 というアンテナで、BSデジタルハイビジョンと110°CSデジタル放送に対応していると明記してありました。
 これで問題は解決です。
 オーツはBSだけ見ようと思って現在のシステムにしたのですが、そのままで110°CS放送も見ることができたのです。ただし、CS放送の大部分は有料チャンネルなので、実際に見ることができるチャンネルは、ショップチャンネルなどごくわずかです。
 とりあえず、謎が解けたことで満足しました。

 なぜCSでショップチャンネルなどを見る気になったか。それは嫁が出演しているためです。息子がバッチリ録画設定をしました。何本分かたまったら、BD-R に焼くことになるでしょう。
posted by オーツ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

孫は3ヵ月で表情が出てくる

 オーツの孫が生まれて約3ヵ月。
 生まれたては、まるで肉の塊で、ただ泣くだけの存在だったのに、いつの間にか、赤ちゃんらしくなってきました。
 2ヵ月くらいのときもブログに記事を書いていますが、
2011.1.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/178020602.html
この1ヵ月で、またようすが変わってきて、いよいよ赤ちゃんらしくなってきました。
 最近は、目がしきりに何かを追っているようです。こちらがじっと見つめると、見つめ返します。自分が注目されていると安心しているのか、やたらに泣くことはしません。そうして、あれこれをキョロキョロと見回しています。
 以前は、首が据わっていないので、横に抱くしかなかったのですが、今は縦に抱くことができます。すると、抱く側と抱かれる側の胸から腹にかけてが重なる形になります。これが赤ちゃんに安心感を与えるのでしょう。縦だっこすると、横に並んだ二つの目で周りを見ることができ、大人と同じ見方ができるようになるわけです。また首を回して自分の見たい方向を見ることができます。横だっこだとこうはいきません。
 3ヵ月にして、孫には表情が出てきて、ときおり、笑顔を見せます。こういう小さい子からの何よりのプレゼントです。ホントにかわいいと思います。
 もう少し暖かくなってきたら、あちこち外出もできるようになるだろうし、それはそれでいろいろ経験させてやりたいものです。

 あ、そういえば、先日息子夫婦とスシローに行ったときも、
2011.2.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/185962414.html
孫が一緒でした。そのときは、嫁の胸に抱かれて、ほとんどの時間、眠ったままでしたが。
 もしも起きていても、以前と違って、やたらに泣くことはなかったでしょう。
続きを読む
タグ: 赤ちゃん
posted by オーツ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

スシローの持ち帰り寿司がおいしい

 オーツはよくスシローに行きます。毎週1回くらいは食べている感じです。
 このブログでも、何回かスシローについて言及しました。目次中に「スシロー」を含むものをピックアップするだけでも以下のようなものがあります。

2010.6.23 スシロー 烏山店 のネタ
    http://o-tsu.seesaa.net/article/154152446.html
2009.11.24 スシローの本鮪まつり
    http://o-tsu.seesaa.net/article/133750586.html
2009.9.11 スシローの客数が減っている?
    http://o-tsu.seesaa.net/article/127775530.html
2009.9.2 スシローの 200 円割引券
    http://o-tsu.seesaa.net/article/127016644.html
2009.8.5 スシローのお昼の込み具合
    http://o-tsu.seesaa.net/article/125025622.html
2009.7.29 スシローのまぐろ祭
    http://o-tsu.seesaa.net/article/124495661.html
2009.7.22 スシローの夏 まぐろ祭
    http://o-tsu.seesaa.net/article/123996364.html
2009.7.12 スシローで息子と食べると
    http://o-tsu.seesaa.net/article/123312394.html
2009.7.1 スシローで10皿を食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/122567651.html
2009.6.10 スシローの「でかネタ祭り」
    http://o-tsu.seesaa.net/article/121192760.html
2009.3.7 またまたスシローに行ってきました。
    http://o-tsu.seesaa.net/article/115259932.html
2009.3.1 スシローの 90 円均一セール
    http://o-tsu.seesaa.net/article/114967336.html
2009.2.17 スシロー 90 円キャンペーン
    http://o-tsu.seesaa.net/article/114369584.html
2009.2.14 スシローの評判のよさと原価率
    http://o-tsu.seesaa.net/article/114205308.html
2008.12.17 スシロー 光が丘店
    http://o-tsu.seesaa.net/article/111322203.html

 さて、先日、お昼の時間帯に息子夫婦と一緒にスシローに食べに行ったのですが、妻が都合で行かないことになり、寿司を1人前買ってきてほしいといわれました。
 そこで、店員さんにいうと、帰りがけの時刻を見計らって、そのころ用意しておいてくれるということになりました。
 1人前というと8貫なのですが、
http://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/takeout.php
にあるように、極上セット 680 円、まぐろづくしセット 525 円、波セット 420 円、にぎわいセット 400 円などがあります。今回は極上セットにしました。「極上」とはいえ、たった 680 円です。中とろ、はまち、ボイル本ずわい蟹、生サーモン、活〆大えび、赤えび、あなご、いくらが入っています。
 自宅に持ち帰った寿司を妻が食べて、「おいしい」と言ってました。「1,200 円くらい?」と聞くので、値段を教えてあげると、再度びっくりしていました。
 妻は小柄な体格なので、8貫でちょうどいい量だと言っていました。オーツだったら不足気味に感じたことでしょう。
 スシローは、全部が1皿 105 円ですが、多くは2貫セットで、一部の高級ネタは1貫で提供されます。
 波セットは、2貫セットのネタを1貫ずつ揃えたものですし、極上セットは1貫ものをいくつかまぜたものです。お店で食べるのと値段は変わらないというべきでしょう。
 妻にこんなに喜んでもらえるとは意外でした。

 なぜスシローはおいしいか。
2009.2.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/114205308.html
では原価率が高いことを挙げていますが、もう一つ理由があります。
http://www.akindo-sushiro.co.jp/_data/pdf/kodawari-WKxYjjx49a39ffd205a2_1.pdf
に説明されていますが、寿司皿の裏側に IC チップを取り付け、レーン上を350メートル流れると、その寿司皿が自動的に取り除かれるとのことです。もったいないような気もしますが、客としてはおいしい寿司が食べられればそれだけ満足感があがります。
 IC チップについては、
http://blogs.dion.ne.jp/nao_yoshi/archives/9357871.html
に写真があります。
 導入の経緯については、
http://www.sbbit.jp/article/cont1/11555
で説明されています。
 なるほど。スシローはこうして商品の廃棄率を下げ、最適な流し方を追求しているのですね。
 持ち帰り寿司にしても、店を出る頃合いを見計らって、その時間ころに用意するという鮮度へのこだわりがあるのです。こうなると、スーパーなどで並んでいる寿司は負けてしまいます。

 ともあれ、回転寿司がだんだんおいしくなっていくようで、食べる側としては単純に喜んでいます。それにしても、回転寿司でこんなにおいしく安いものが提供されてくると、普通の「立ちの寿司屋」はやっていくのが大変でしょうねえ。
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

クーポンサイトの「ポンパレ」の美人モデル

 オーツが最近気になったことがありました。
 ネットの記事を見ていると、クーポンサイトの「ポンパレ」の広告が目につきます。そこに映っている女性モデルが美人なので、つい目がそちらに行ってしまって、じゃまに感じます。
 それにしても、この女性、誰なのでしょう。
 ネットで検索すると、同様の疑問を持っている人がいます。このあたりから解決できそうです。
http://poochore-village.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-063b.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1452177444
 ここでトッコさんの名前が出てきますが、そのサイトを見ると、似ているとは言え、全然イメージが違います。写真のほうは修正してあるのでしょうかね。
http://knews.jugem.jp/?eid=163
http://knews.jugem.jp/?eid=171
では、直接ポンパレにメールで尋ねています。「広告用の素材集」とだけあって、詳細は不明だそうです。
http://imagenavi.jp/search/detail-i.asp?id=16900863
に実際掲載されています。
 写真に関して「素材集」なんてことはあるのでしょうか。複数企業で同じ素材を利用してバッティングしたらどうするのでしょうか。いや、売れっ子タレントなどは同時に何本かのテレビのCMに出ているから、特に問題はないのですかね。

 それにしても、ネットでこんなことまで調べられるのですね。すごい世の中になったものです。
posted by オーツ at 06:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

靴下の中に入っていたもの

 先日、タンスの中から靴下をとりだして履こうとしたときです。靴下の中に異物があることに気がつきました。手触りが変なのです。さっそく靴下に手を突っ込んで、探ってみると、数ミリ角の魚の鱗のようなものが入っていました。色はこげ茶色の部分と黒い部分があります。食べ残しの魚の頭のような感じです。
 なぜこんなものが靴下の中に入っているのでしょうか。しかも洗濯して干した後です。
 そのとき、はたと気が付きました。
 オーツは、昨年末に足をケガしたことがありましたが、
2011.1.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/178046802.html
そのときに、ずるりとむけた皮なのです。
 その後、何日もキズバンを貼っていましたが、次第に痛みが取れてくると、無関心になるものです。だんだんキズバンすら貼らなくなりました。
 そのうち、皮膚が再生し、いらなくなった皮がはがれたのでしょう。それが靴下の中に入ったままだったというわけです。
 足を見ると、確かにきれいになっていました。
 ヒトの自然治癒力の不思議さを感じました。
タグ:靴下 皮膚
posted by オーツ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ビールのロング缶

 オーツはほぼ毎日夕食時にビールを飲んでいます。
 たいてい、ロング缶(500cc)1本です。たまに、もう1本普通缶(350cc)を飲むこともありますが、おなかが一杯になるので、あまりやりません。これくらいのビールでは、ほろ酔いにもならず、その後でも仕事ができます。
 先日、夕食時にいつものようにロング缶1本を飲んだのですが、飲んでいる途中で満腹感があり、1本を飲みきるのが大変な気分になってきました。普通サイズ(350cc)にしておけばよかったと思いました。
 残すのはもったいないので、結局、ちょっと無理気味に飲んでしまったのですが、その後、何と、吐き気を催したのです。500cc だけで??? 珍しい経験でした。実際に吐くことはなかったのですが、おえっとするだけで意外な感じでした。
 単に酒が弱くなったのか、もしかして風邪気味とかで調子がよくなかったのか、あるいは他が原因か、よくわかりませんでした。変なことがあるものです。
続きを読む
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

足し算を間違える

 先日、オーツがある書類に記入していたときのことです。8+6を暗算で計算して「15」と書いていました。
 提出前に何気なく見ると、間違っているではありませんか。
 気がついたので、直しましたが、気がつかなかったら、……。
 こういうレベルの間違いは、めったにやらないし、今までもやらなかったと思うのですが、何だか、自分で自分が信じられなくなりました。でも自分の書いた字であることは筆跡から明らかです。
 これからは、簡単な計算でも2回計算して確認しないといけないことになります。
 こういうことも、加齢による能力低下の一種なのでしょうか。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

最近の昼食パターン

 2ヵ月前くらいに「最近の昼食パターン」について書いたのですが、
2010.12.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/172462562.html
最近、桜上水でいくつか「行ってもいい店」を見つけましたので、オーツの昼食パターンが変わってきました。
 自分用の情報整理という意味もあるので、書いておきます。
 大きく分けると、カレー系と非カレー系で二分できます。

・カレー系
(1) 日本式・CoCo壱番屋@下高井戸
(2) インド式・ミラン@下高井戸
(3) インド式・家帝 YETI@桜上水

・非カレー系
(1) 回転寿司・スシロー
(2) 中華料理・皇庭餃子房@下高井戸
(3) 焼魚定食・ピエロ@桜上水
(4) 焼魚定食・お食事処「幸」@桜上水

 ただし、非カレー系の (3) と (4) は、リストに挙げるべきか、今の段階では微妙です。
 カレー系は相互に味が似ているので、毎週1回カレーを食べるとすると、それぞれの店に行くのは3週間に1回ということになります。
 これくらいお店があれば、昼食に困ることはなさそうです。
 とはいえ、オーツはまだまだ食に関する好奇心があります。
 下高井戸・桜上水あたりで、麺類を避け、肉類と揚げ物(天ぷら・フライ系統)を除外し、1000 円以下で昼食が食べられる店をご存じの方は、オーツまで教えてください。メールでもコメント欄でもけっこうです。
続きを読む
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ローソンストア100で、105 円でない商品を売っている

 オーツはしばしば自宅の近くのローソンストア100で買い物をします。せんべいなどは、1袋 105 円で、いろいろな味が楽しめます。ギョウザやシュウマイも 105 円なので、よく買います。サラダとか玉子などもよく買う方でしょう。ローソンストア100では、並んでいるものはほぼすべて 105 円なので、それこそ値段を気にせずに買い物ができます。
 先日、100 円玉を10枚財布に入れて行き、9種類のせんべいを買い物カゴに入れて、レジで会計してもらったところ、支払う金額は 945 円のはずでしたが、店員さんが「1,131 円です」というので、オーツは驚いてしまいました。
 確認してみると、198 円のものが二つほど入っていました。レシートによれば、以下の二つでした。
  亀田製菓 ぽたぽた焼き 22 枚
  三幸製菓 新潟仕込み 30 枚
 店員さんが事情を説明してくれましたので、納得しましたが、これで、客としては買い物の手間がぐっと増えることになりました。一つ一つの品物について、105 円か、それ以上か、確認しなければならなくなったのです。まあ 198 円だからといって買わないということではありませんが、他の店と比べて高いか安いかを判断するときに慎重にならざるを得ません。
 ぽたぽた焼きであれば、198 円は高いと思います。
http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=61181493&ec=YPS
では 177 円で売っています。
http://review.kakaku.com/review/S0000405704/
を見ると、最安価格は 166 円です。
 後日、店内に張り紙があることに気がつきました。「お客様のご要望により、105 円を越える商品を扱っています」とか何とかいう張り紙でした。
 まあ、そういう要望もあるのでしょうが、一方では、そういうのが多くなってきたら、お店の名前(ローソンストア100)が実態を表さなくなるわけで、客に迷惑をかけることもありそうに思います。
 買い物をしている大多数の人は、無言で買い物をしているもので、いちいち「要望」などは出しませんが、その状態で満足しているからこそ、次回も買い物に来るものです。
 ローソンストア100は、自分の主張(シングルプライス・ストア)
http://www.99plus.co.jp/store100/about/store100.html
を変えたのでしょうか。
 さて、ローソンストア100のこの経営方針は客に支持されるのでしょうか、支持されないのでしょうか。数ヶ月後(あるいは数年後)にははっきりするでしょう。
 とにかく、オーツは店がつぶれないことを願っています。
posted by オーツ at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

茜どき@早稲田(2回目)

 以前にも飲みにいった「茜どき」
2010.8.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/158084263.html
ですが、半年ぶりにまた行くことになりました。オーツ以外は女性4人でした。
 当日のレシートをもとに、飲み食いの記録を書いておきましょう。
 飲んだものは、生ビール中 540 円×7、日本酒(黒龍一合)700 円×4、梅原酒 白加賀 530 円、焙煎樽仕込梅酒 470 円です。女性が多かったので、飲む量は少な目でしょうか。
 食べたものは、お通し 320 円×5、お薦めお造り五品 1,380円×2、ごぼうチップ 450 円、自家製ポテトサラダ 420 円、ちゃんこ鍋 1,980 円、雄ししゃも 680 円×2、〆鯖の炙り箱寿司 680 円、熱々出来立て豆腐 530 円、茄子一本漬け 400 円、親子箱寿司 580 円ということでした。結果的には見事に肉を避けています。
 お造りは5品盛りとはいえ、3切れずつだったので、もう1皿追加しました。ごぼうチップは、以前も食べましたが、ビールによく合います。ちゃんこ鍋は5人で食べるにはやや量が少な目だったですかね。まあ女性は少な目でもいいでしょうか。熱々出来立て豆腐は、テーブルに出てきた段階ではゆるいものの、そこで加熱されると固まってくるという趣向です。味もなかなかです。親子箱寿司は、サケとイクラが乗っていました。食べたものはそれぞれみんなおいしかったと思います。
 会計してみると、全部で 19,040 円ということで、一人4千円も行かず、まあ安い方でしょう。
 8時ころ店にいったのですが、出るときは11時を回っていました。3時間もいたのですね。楽しかったのでつい長居しました。オーツとしては遅い時間帯の飲み会でした。
タグ:茜どき
posted by オーツ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

ピエロでの経験

 オーツは、最近、桜上水のピエロでお昼を食べることがあります。
2011.1.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/182959937.html
 ピエロは小さな店で、カウンター7席と4人掛けのテーブルが4個という配置です。
 あるとき、いつものようにオーツは一人でランチに行きました。11:40 ころに店に入って、テーブルの方に座ろうとすると、お店の人が「お一人の方はカウンターでお願いします」といいました。
 そんなこともあるのですね。まあ、たくさんお客を入れるためにはそういうルールで運用するのも納得できます。
 もっとも、その時点ではお店の中はお客が誰もいなかったのですが、……。
 オーツはカウンターに移動しました。
 で、太刀魚のしょうゆ焼き定食を注文して、しばらく待っていました。
 すると、お店に若い女性客が一人で入ってきました。その女性は、そのままさっさと一番奥のテーブルに行き、そこに座ったのです。店の人は何ともいいません。オーツは不愉快な気分になりました。「一人客はカウンター」とするなら、お客には誰でもそう伝えるべきです。
 オーツは、注文したものが出てきたので、食べました。おいしかったです。でも、どうにも納得できない気分でした。
 そういえば、前回、オーツがここに来たとき、帰りがけに店内を見てみると、テーブルに一人客が座っていました。だから、それでもいいのだと思って、今回テーブルに座ろうとしたのでした。
 さらに5分くらいすると、もう一人の客が入ってきて、先ほどの女性と一緒のテーブルに座りました。二人客だったわけです。二人は、たぶんこの店の常連で、店の人も事情がわかっていたのでしょう。
 オーツは、12時過ぎには食べ終わって、会計を済ませて外に出ました。その時点では、カウンターに一人の客がいて、テーブルは三つが空で、一つに先ほどの二人組が座っていました。
 お昼にピエロの四つのテーブルが全部埋まることがあるのでしょうか。あるのでしょうね。
 さて、どうしましょう。
 ピエロは安くておいしい店だと思います。オーツは、ピエロを行きつけの店にしてもいいかなと思っていたのですが、急に行く気がなくなってきました。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

家帝 YETI@桜上水(2回目)

 先日、オーツが行ってみたインドカレーの店「家帝 YETI」ですが、
2011.2.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/183488445.html
メニューにない辛口が可能ということだったので、再度ランチに行ってみました。
 お昼なので満席に近くなっていましたが、やっぱり一つのテーブルで女の子が遊んでいました。
 今回は、野菜カレーとアイスコーヒーとライスにしました。
 辛さは「C ベリーホットよりも辛くして」と頼みました。すると、途中で味見をさせてくれました。小皿にカレーを少量入れて、スプーン付きで持ってきてくれました。食べてみると、まだ辛さ不足だと思いましたので、「もっと辛く」といいました。
 最終的に出てきたものは、十分辛く、したがっておいしいものでした。食べている途中で涙が出るほどではなく、すっきりした辛さでちょうどいい感じです。これで 750 円というのは満足です。これなら、毎週食べてもいいように思いました。
 でも、この辛さをお店の人に伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。オーツはお店の人に「D ベリーベリーホット」とか「E エキストリームリーホット」などのランクを付けるといいと提案しましたが、まあ、そういうのを注文する人は多くないでしょうから、お店が対応するかどうか、わかりません。
タグ:辛口 YETI 家帝
posted by オーツ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

「日本紳士録」は無期休刊になっていた

 2007年4月29日の記事ですが、
http://book.asahi.com/news/OSK200704290022.html
「日本紳士録」は、2007 年の第80版で無期休刊になっています。
 これは、たいていの図書館に置いてあり(11万円もしたら個人で買うのはちょっと負担大!)、著名人に連絡するときは便利で、住所録代わりにも使えました。オーツもこれで連絡したことがありました。それがなくなるわけで、ネット時代とはいえ、さみしい限りです。
 紳士録などでは、掲載を拒否する人が増えてしまい(これも個人情報保護法の影響でしょう)、それ自体が休刊になってしまうのは残念です。こういう個人情報満載の資料集はネットには確実に乗らないでしょうし、……。
 それにしても、こういう名簿が詐欺事件に利用されたりしたら、掲載拒否も当然かもしれませんねえ。

 数年前のニュースに今頃気がつくなんて……。
 まあ「なくなる」ことはなかなかニュースにならないから、気がつくのが遅れるのも当然かもしれません。
タグ:日本紳士録
posted by オーツ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

なぜブログを書くか

 オーツはある人から質問されました。「なぜブログを書くか」という質問でした。
 これに正面から答えるのはむずかしそうですが、オーツの個人的な回答を書いてみましょう。
 いくつか理由があるように思います。
 第1に、ブログに書くことで自分の知識・経験が整理できるということです。書かないでいると、そのまま忘れてしまいそうです。日常生活は同じことの繰り返しが多いわけですが、そんな中でも、新しい経験をすることがあります。それを書いておこう(そして記憶の代わりに記録しよう)というわけです。ブログは手帳代わりであり、やっぱり日記なのです。
 第2に、ウェブで情報を入手するありがたみを知ってしまったので、今度は提供する側になろうということです。今や何でも検索エンジンを使って調べる時代になっています。日常生活でも、そういうパターンが普通です。ウェブはありがたいものです。しかし、それはそれとして、他人の書いたものが参考になるわけだから、今度はオーツが書く側に回るならば、なにがしかの恩返しができるのではないかと思います。こんな小さなブログにいろいろ書いても読む人は限定されているから無意味ですって? そんなことはありません。検索エンジンが発達していますので、小さなブログにひとこと書いておくだけで、それを読みに来てくれる人がけっこういるものです。アクセスログを見ていると、そんなこともわかります。ごくわずかの知識・経験でも、ネットでは集合知が働きます。一見くだらないことでも、検索エンジンなどが整理してくれることで、意味のある情報になり、他人に役立つというわけです。この点、mixi の日記では、(内部で完結し閉じられた世界なので)外部からの訪問者が少ないと思います。ブログは全世界に開かれており、こちらのほうがオーツには向いています。
 第3に、読者からコメントその他の反応があり、ブログ経由で人の輪が広がります。このブログでは、それを実感するほどではありませんが、もう一つ、匿名で書いているブログでは、けっこうな数の個人と知り合うことができました。オフ会なども興味深いものがあります。
 第4に、ブログでは新しい感覚でおもしろい経験ができます。このブログでは、オーツの知り合いが読んでくれるケースが多いようですが、そうでないケースもありそうです。言い替えれば、このブログだけを読み、オーツのリアルな存在を知らない人がいるでしょう。このブログでは、オーツの実名を出さずに記事を書いています。ある意味でオーツの分身ができることになります。もう一つのブログは完全匿名なので、その傾向はますます強くなります。こうして、実はオーツは三つの名前を持っていることになります。いわば三重人格者のようなものです。リアルな存在とオーツのブログはある程度リンクしています(リアルな存在でオーツのブログを紹介しています)ので、それを考慮すると二重人格者ということになります。今までの自分を脱ぎ捨てて、新しい世界に飛び込んでいく感覚があります。これは大変おもしろい感覚です。名前が違うことはもちろん、新しいメールアドレスを用意し、郵便物の送り先を用意し、それなりの名刺を作ると、別世界の住人になります。
 第5に、ボケ防止に役立ちます。これについては、昨日のブログ記事
2011.2.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/183876287.html
に書きました。御参照ください。

 というわけで、オーツが健康なうちは、これからもブログの執筆を継続しようと思っています。
タグ:ブログ 匿名
posted by オーツ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ブログとボケの自覚

 オーツはしばしば失敗をやらかします。50代後半になって、そういうのが増えてきた気がします。それと比べると、以前の失敗はごくわずかだったように思います。
 このブログでも、しばしば失敗談を書いてきました。
 年を取ってくると、日常生活はボケとの戦いになるのかもしれません。
 それはともかく、ブログを書いていると、自分のボケが意識できます。たとえば、同じ話を2回ブログに書くことがあります。以前に書いたことを忘れているわけです。オーツの場合、すでにいくつか前例があります。

2009.1.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/113022350.html
2008.6.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/101627597.html

2009.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/136084780.html
2009.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/113436555.html

2009.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/129451193.html
2008.10.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/108713319.html

 もっとも、記事数が増えていくと、内容を全部覚えているわけにはいきませんから、記事の重なりが起こることは当たり前のことなのかもしれません。このブログ記事でも、1,300 本以上の記事を書いてきました。全部はとても覚えていられません。

 ブログ記事の重なりによって、自分のボケが進行中なのを自分で意識することができます。ブログは自分のボケの程度を計るのに適しています。
 そもそも、今回の話もすでにブログに書いているのですね。
2009.10.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/131376372.html
 ボケがさらに進行すると、ブログを書いていることを忘れて更新しなくなるのではないでしょうか。
 そんなことを考えると、ブログを書き続けることは、少しはボケ防止に役立っているのかもしれません。書き続けている間は、少なくとも、完全にぼけてはいないということです。
 オーツの老後の生きがいの一つが見つかったように思いました。
タグ:ブログ ボケ
posted by オーツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

夢のある乗り物=エアロトレイン

 オーツは日経ビジネスオンラインの記事で知りました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110126/218156/
 リニア新幹線よりもエネルギー使用量が 1/9 で、浮き上がって走行し、時速 500 キロで走る乗り物があるという話です。
 これは夢があります。
 JR東海などのすすめているリニア新幹線は、実験線を使った長年の研究成果があるので、まずはそちらを実用化するのが先でしょうが、こんなアイディアがあるなんて、日本はまだまだ捨てたものではないですね。
 リニア新幹線よりもこちらのほうがいいのかもしれません。
 オーツが死ぬまでには一度乗ってみたいものです。
 ネットを検索すると、たくさんの記事にヒットします。
 知らぬはオーツばかりなりでした。
posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

家帝 YETI@桜上水

 最近できた店ですが、桜上水駅の南側に家帝 YETI というインドカレーの店があります。ご主人はネパールの人のようです。
 オーツはさっそくランチに行ってきました。
 4人掛けのテーブルが四つという小さな店です。一つのテーブルではこの店のご主人のお子さん(4歳くらい?)が遊びながら御飯を食べていました。
 この店のランチは、11種類のカレーから一つ選んで、ナンかライスを選んで、飲み物をラッシーとかアイスコーヒーとかチャイなどから選ぶというものです。オーツは、シーフードカレー、ナン、ラッシーを選びました。
 シーフードカレーはエビ、イカ、あさりが入っています。カレーの選択では、エビ、豆、野菜などのカレーもありました。肉以外で何種類かあるのはありがたいです。
 辛さは3段階で選択可能で、A ミディアム、B ホット、C ベリーホット です。当然「C」を選びました。
 さて出てきたカレーは、適度な辛さでおいしいと思います。
 ナンは、やけどするくらいに熱く、大きなものが出てきました。
 これで 750 円というのは満足です。
 帰りがけに聞いたところ、「C ベリーホット」よりも辛くすることができるということなので、次回はそれを試してみます。
 インドカレーの店としては、ミラン
2011.1.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/181525674.html
とどちらがいいか、微妙です。
 とにかく、おいしい店がいくつもあることは、お昼の選択の幅があるということで、うれしいものです。

参考記事:
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13111758/dtlrvwlst/
http://blogs.yahoo.co.jp/yo_i_chi101/52529731.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sj2006/diary/201008080000/
http://curry401.blog94.fc2.com/blog-entry-608.html
続きを読む
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする