2010年12月31日

喪中のお知らせ

 12月には、オーツも年賀状を用意しますが、「喪中」のお知らせが来たら年賀状を出さないようにしています。
 喪中欠礼の連絡は、12月に入るころにたくさん届きます。しかし、年賀状の受付は12月中旬から始まるので、すでに年賀状を投函したあとに喪中の連絡が来ても、どうしようもありません。
 今年、何日まで喪中欠礼のはがきが来るか、気にしていたら、12月22日が最終日でした。その後に届いた喪中欠礼のはがきはありませんでした。
 しかし、12月22日といえば、オーツはすでに年賀状を投函したあとでした。その方の関係者は、11月に亡くなられたわけではなく、ずっと前だったのです。
 世の中には、喪中欠礼のはがきを出すのが遅い人がいるものです。
タグ:年賀状 喪中
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

新年のカレンダー

 いつもの年は、何種類もカレンダーがもらえるのに、今年は三つだけでした。オーツは、先日、回転寿司・銚子丸のカレンダーを一つ買いました
2010.12.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/175308531.html
が、それでも四つです。
 オーツは、ここしばらく2ヵ月単位の6枚組のカレンダーを利用してきました。慣れるとこれが便利だと思います。1ヵ月経つと、カレンダーの半分を切り取って、翌々月のカレンダーが見えるようにします。こうして、いつでも2ヵ月先まで曜日や休日が確認できるというわけです。
 しかし、今年は一つも2ヵ月カレンダーがもらえなかったので、しかたなしに1ヵ月単位の12枚組のカレンダーを利用することになりました。
http://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/3348544a1a8802e1016e810026d91162
によれば、年明けまでカレンダーを待ってみるとのことですが、さて、年明けにカレンダーなんてもらえるのでしょうか。
タグ:カレンダー
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

八吉 有楽町マリオン前店

 宝塚で歌劇を鑑賞したあとは、ちょっと歩いて、銀座の個室接待居酒屋「八吉」(やきち)有楽町マリオン前店
http://www.ichirokudo.com/shop/yakichi.php
に行きました。
 ここのホームページから「銀座数寄屋橋店」をクリックするとぐるなびのサイト
http://r.gnavi.co.jp/g189420/
にジャンプします。こちらでは「銀座 個室接待居酒屋 八吉 有楽町マリオン前店」となっています。
 ここの店は株式会社「一六堂」が経営しているようです。
http://www.ichirokudo.com/company/company01.html
 しかし、最後にもらったレシートによれば、株式会社 エムアイフードシステム が運営しているとのことです。どうなっているのでしょうか。
http://eir.eol.co.jp/EIRNavi/View.aspx?cat=tdnet&sid=424712&code=3366
によれば、平成18年に一六堂がエムアイフードシステムを子会社化したとのことです。
 銀座といっても、線路脇の雑居ビルです。所在地は中央区八重洲1-8-9 九重会館 の7階です。
 公演の終了予定時刻を見込んで、2名で予約しておきました。
 お店に入ると、「個室」に案内されました。個室とはいっても、ついたてよりもややマシな仕切り壁で区切られているもので、天井に近いところと床に近いところにすきまがあり、隣の客の声が聞こえてくる程度のものです。しかし、個室ごとに照明やエアコンが付いており、ハンガーなどもあるので、落ち着けます。
 オーツたちが頼んだのは 3800 円コースでした。税込みで 3990 円です。以下のようなものが出てきました。
付 出  北陸の珍味
サラダ  五穀の健康サラダ
お造り  お造り四点盛り
揚 物  子持ち昆布の串揚げ
焼 物  焼き魚
 鍋   八吉の海鮮鍋
食 事  〆のうどん
デザート 黒糖わらび餅
 付き出しは、8種類くらいの小鉢の中から一つ選べます。二人で2種類を取り、それぞれを食べました。イカの塩辛と、甘エビの塩辛でした。甘エビの方がおいしかったですね。
 サラダはボウル一杯に出てきます。ボリューム感があります。
 刺身は4点盛りとはいいつつ、1人分はそれぞれが1切れずつということでした。ま、おいしかったからいいですが。刺身は大皿で出てきましたが、4点の刺身のそばに小さな札が置いてあり、「平政」などの魚の名前が書いてありました。お客さんからよく質問されるのでしょうか。
 子持ち昆布の串揚げはおかかがたっぷり乗って出てきます。一人1本ということです。揚げたてを食べると温かくておいしいです。
 海鮮鍋は、最初からテーブルにセットしてありました。ガスをつけて沸騰したら食べられます。汁は透明でしたが、やや塩分が強かったです。おいしいので汁まで全部平らげました。
 うどんは、係の人が鍋に汁を足してくれますので、それで温めて食べることになります。こちらもけっこうでした。
 食べ物はそれぞれにおいしく、オーツは満足しました。
 飲み物は、妻がグレープフルーツジュース 367 円だけで、オーツが 生ビール 556 円×2、久保田萬寿 1,050 円、黒龍 945 円ということでした。
 おもしろかったのは、日本酒2種類で、出てくるときの容器が違うのです。久保田萬寿のほうはちょっと小ぶりのコップで、受け皿が高さ 1cm くらいの小さなものです。黒龍は、ちょっと大きめのコップで、しっかりした升に入っています。コップからあふれさせるまで注ぐのが習慣ですが、黒龍の方がたくさん注がれるわけです。
 飲み物の合計金額は 3,474 円です。ここは飲み放題もあり、1,575 円と 2,100 円ですが、飲み放題の場合、妻がまったく飲まないのに、2人分の料金になりますから、お得ではありません。飲んべえ同士で来たら、飲み放題のほうがいいでしょうね。2,100 円の飲み放題には「久保田千寿」と「八海山」が入っているので、たいていは満足できそうです。
 会計すると、11,454 円ということで、そんなものでしょう。
 クチコミ類を見ても、割と評判はいいようです。

参考:
http://www.hotpepper.jp/strJ000635822/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13031413/
タグ:八吉 個室
posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

宝塚歌劇 愛と青春の旅だち

 オーツは妻と一緒に日比谷にある東京宝塚劇場で歌劇を見に行きました。宝塚歌劇ははじめての経験です。
http://kageki.hankyu.co.jp/theater/tt.html
によれば、この劇場は 1934 年誕生とのことで、ずいぶんと歴史があるものなんですね。オーツは知りませんでした。
 今回は星組公演です。演目は2部構成で、16:00-16:45 が「レビュー 宝塚 花の踊り絵巻――秋の踊り――」、そこで35分の休憩をはさんで、17:20-19:10 が「ミュージカル 愛と青春の旅だち」というものでした。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/193/index.shtml
 オーツが会場に入ろうとすると、入口付近でたくさんの女性を見かけました。皆さんが、A4サイズの紙に出演者の名前を書いたものを胸の前に掲げるようにしています。入場する出演者に会いたいということなんでしょうか。おもしろい習慣があるものです。3時半ころだと、出演者はすでに楽屋入りしているはずです。だとすると、この人たちは何なのでしょうか。
 さて、会場に入ってみると、観客の9割くらいが女性たちでした。このあたりは西洋式のオペラなどとはまるで雰囲気が違います。
 オーツは2階の前から4列目でしたが、案内図を見ると、1階中央の前の方にSS席が数十人分設けられていましたが、1階のすべてと2階の前半分がS席で、A席とB席は2階の後方だけです。S席が大部分なんですね。今や、こんなものでしょうか。
 2階席とはいえ、入るときは4階までエスカレータでのぼって行きます。劇場に入るとそこが2階席というわけです。
 座席は、前の座席との間隔が狭いので、列の中央に近い席だと、すでに座っている客の前を通って移動するのが大変でした。間隔があと数センチ広ければよかったのにといったところです。
 ステージの手前にオーケストラピットがあり、20人くらいの楽団が入っていました。クラシックとは違い、ドラムスなどが入っていて、弦楽器は少な目です。
 ピットの手前の通路は、足元に照明がある通路で、ここでもいろいろ演じられます。
 「レビュー 宝塚 花の踊り絵巻――秋の踊り――」は、数十人もの出演者が着物姿で歌って踊ります。次々と場面が変わります。派手なことこの上なしです。ストーリーはありませんが、楽しめます。回転式の大舞台ですが、舟をおいて回転させると、まるで舟が動いていくようで、おもしろかったです。
 休憩時間は、ロビーがごった返します。観客に女性が多いことから、トイレは長蛇の列になります。男性用トイレよりも女性用トイレのほうがはるかに大きいのですが、何といっても女性客が圧倒的に多いわけですから、トイレの混雑もしかたがないところです。ロビーでは、お弁当を食べる人やワインなどを飲む人までいて、大変です。休憩時間が35分と長めなので、トイレが混雑しても大丈夫なようです。カフェでゆっくりする人もいました。
 「ミュージカル 愛と青春の旅だち」は、士官学校に入ったザックたちが鬼軍曹のしごきに耐え、卒業するまでを描きます。町娘との恋愛もあり、わかりやすくてよかったです。
 オペラはイタリア語やドイツ語で演じられるので、聞いていてもちんぷんかんぷんです。日本語訳で上演されることもありますが、それでもわかりにくいです。PAを使わないので、子音が聞き取りにくいのです。
 しかし、宝塚は、全部日本語ですし、PAがきちんとしていて、歌の歌詞もセリフも全部聞き取れます。
 出演者たちは、マイクをどこに付けているのでしょうか。タイピン型なのでしょうが、抱き合ったりする演技もあるので、ノイズが入りやすいと思いますが、まったくそんなことはありませんでした。うまくできているものです。
 途中で何回か出てくるビンタのシーンでは、演技と同期させてパチーンと音が入り、ちょっとびっくりしました。
 最後にはラインダンスなどもあって、それはそれはピッタリと息が揃った見事なものでした。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/10/star_takarazuka_tabidachi/index.html
によれば、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で先に演じられ、それが東京でも上演されるということのようです。よほどのファンでもなければ、大劇場まで行かなくても東京で十分楽しめるようになっているわけです。
 とにかくすごい数の観客でした。帰りは、いっせいに帰ることになるので、階段が混雑します。
 劇場の外に出ると、そこにもファンが溜まっていました。出演者の帰りを待っているのでしょうかね。そんなに都合よく出会えるとも思えないのですが、これまたそういう習慣なのでしょう。
 ネットで見ると、
http://allabout.co.jp/gm/gc/199712/file/60.htm
http://www.moon-light.ne.jp/termi-nology/meaning/demachi.htm
などに説明があります。
 S席ということで 8,500 円でしたが、内容的には十分満足できるものでした。

参考:
http://tumu.at.webry.info/201011/article_1.html
posted by オーツ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

歳末大売り出し

 近所のスーパーの歳末大売り出しのチラシ歳末大売り出しを見ました。
 かまぼこは、紅白2本セットで 1,450 円とか、1,550 円とかです。チラシによれば、メーカー標準小売価格は、1本で 1,200 円とのことです。
 伊達巻きは、安いもので 720 円、高いものは 1,420 円です。メーカー標準小売価格は、それぞれ 1,150 円、2,000 円とのことですから、これでも安いということでしょう。
 それにしても、正月用品はなぜこんなに高いのでしょうか。
 かまぼこなどは、普段、100 円ショップでも売っています(105 円ですが)。正月用品は10倍以上もの値段がついていますが、そんなに中味が違うものでしょうか。かまぼこはかまぼこでしょうに、……。
 お正月らしいもの(おせち料理)などを食べるとコストがかさみます。何だか、普段通りの生活をするのが一番いいような気がしてきました。

参考記事:
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1021685020
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1421691374
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/question/detail/1052625040/
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

Windows 7 で使うメールソフト

 オーツは、自分のパソコンを Windows Xp から Windows 7 に移行しようと悪戦苦闘しています。
2010.10.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/164871566.html
2010.10.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/164825012.html
2010.10.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/164713778.html
2010.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/164606569.html
2010.10.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/164489511.html
2010.10.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/164384047.html
2010.10.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/164287378.html
2010.9.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/164190074.html
2010.9.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/164087971.html
 まだ全部解決できていないので、Windows 7 に移行できていません。まもなく、パソコンを買ってから1年経ってしまいます。
 移行問題の中では、メールソフトが一番大きな問題でした。
 オーツが Xp で愛用している Becky! ver.1 が Windows 7 で動かないのです。
 オーツの場合、メールの送信はエディタから(CMAIL WRITER というフリーウェアを利用して)行っています。
2010.10.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/165420044.html
2007.12.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/75411721.html
ですから、必要なのはメールの受信だけなのですが、受信したメールをエディタにスムーズに移動できなければなりません。メールのヘッダを全部そのままエディタに移動することが絶対条件です。なぜなら、メールに「返信」するとき、受信したメールのヘッダを読み取って、加工して、送信用のメールを生成するからです。
 さて、Windows 7 で動作するメールソフトで、ヘッダ付きでメールをファイルに書き出すことができるソフトは何か、ちょっと自力で探してみました。
 まず、よく使われているメールソフトの中から、評判のいいものを WWW で検索してみました。すると、Shuriken, Becky! Ver.2, Thunderbird あたりが候補になりました。
 合わせて、Microsoft Office に入っている Outlook 2007 もチェック対象にしました。
 それぞれのメールソフトをインストールし、メールを受信し、そのメールをファイルに書き出してみました。その結果、次のようなことがわかりました。

(1)SHURIKEN 2010
[1] メールボックスを直接参照する
 C:\Users\(ユーザ名)\Appdata\Roaming\Justsystem\Shuriken\(ユーザ名)\Mailbox\Account0\mbx
に inbox.mbx がある。
 しかし、JIS形式で、本文が mime エンコーディングされており、事実上読めないに等しい。

[2] メール→名前を付けて保存 で1通保存できる。
[2-1] 単純に保存すると、本文だけが取り出される。
[2-2] eml 形式で保存 にすると、ヘッダが付いて保存されるが、eml 形式では Subject が mime エンコーディングされており、うまく読めない。たとえば、
Subject: =?ISO-2022-JP?B?GyRCJUYlOSVIGyhK?=
のようになってしまう。
[2-3] メール本文にヘッダをつけて保存 にすると、テキストファイルになり、本文がシフトJISで、Subject や From なども読めて、これでエディタでメールが扱える。

[3] フォルダ→エクスポート だと、いくつかの形式が選べて受信箱全部が保存できる。
 shuriken 形式、Mailbox 形式、1ファイルに複数メール の3種類がある。
 いずれも、JIS コードで、添付ファイルが base64 で付属するのがめんどう。ヘッダは eml 形式になる。

(2)Becky! Ver. 2.56
[1] メールボックスを直接参照する
 C:\Users\(ユーザ名)\Documents\Becky\ 以下、 !!!Inbox の中にファイルがある。
 eml 形式になっている。本文はJISコードなので、読める。

[2] ファイル→名前を付けて保存 で1通保存できる。
[2-1] eml 形式 直接参照と同じ形式
[2-2] テキストファイル形式 Subject や From などが日本語(シフトJIS)で表示される。本文もシフトJIS形式である。これでエディタでメールが扱える。

[3] ファイル→エクスポート だと、いくつかの形式が選べて受信箱全部が保存できる。
 「.」で区切る形にしてみたが、eml 形式で出力される。

(3)Thunderbird 3.1.7
「ツール」の中に「設定とデータのインポート」はあるが、エクスポートはない。
[1] ファイル→名前を付けて保存 で1通保存できる。
[1-1] ファイル デフォルトは「すべてのファイル」で拡張子は「.eml」
 「ファイルの種類」は、そのフォルダの中の表示するファイルの種類を選ぶもののようだ。
 eml 形式 eml 形式になる。
 txt 形式 シフトJISだが、Subject, From, Date, To だけの簡略なヘッダになってしまう。

[1-2] テンプレート:意味不明(メールの形式か何かを保存するのかもしれない)

(4)Outlook 2007
[1] ファイル→名前を付けて保存 で1通保存できる。
 しかし、ヘッダそのものは付いておらず、簡略なヘッダらしきまがいものが付いているだけで、使い物にならない。

[2] ファイル→インポートとエクスポート→ファイルにエクスポート で受信トレイ全部が保存できる。
 しかし、ヘッダそのものは付いておらず、簡略なヘッダらしきまがいものが付いているだけで、使い物にならない。

 以上のことから、オーツの環境では、Outlook と Thunderbird は使い物にならず、結局、Shuriken 2010 か、Becky! Ver.2 かということになりそうです。
 今後、utf-8 メールがどうなるのか、あるいは添付ファイル付きのメールはどんな表示になるのかなど、もう少し両者を比較して試しつつ、使うべきメールソフトを決めたいと思います。
続きを読む
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

回転寿司・銚子丸で寿司を食べ、ついでにカレンダーを買う

 オーツはよく回転寿司・銚子丸に行きます。
 このブログを検索すると、以下のような記事があります。
2010.10.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/167655583.html
2010.10.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/165858078.html
2010.4.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/145464855.html
2010.3.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/142710418.html
2010.2.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/140449725.html
2010.1.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/137873775.html
2009.12.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/136083993.html
2009.12.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/134385113.html
2009.9.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/127845343.html
2009.8.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/126348048.html
2009.2.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/114149240.html
 オーツが住んでいる地域でいうと、銚子丸はたぶん一番おいしいと思います。
 さて、先日、銚子丸に行くと、劇団セット・感謝
http://www.choushimaru.co.jp/information/2010_12/omote.jpg
がありました。エビが大きくておいしかったです。おいしくて安ければいうことなしです。
 帰りがけに、レジで気がつきました。来年のカレンダーを売っていたのです。1部 1,000 円でした。
http://www.choushimaru.co.jp/calender/index.html
 12枚の月めくりカレンダーですが、次の月に使える特別割引券 300 円分が付いています。1月のカレンダーには2月分(2月1日〜2月28日有効)が付いているという趣向です。
 12枚ですから、3,600 円分の価値があります。とはいえ、これはインターネット割引
http://www.choushimaru.co.jp/coupon/index.html
と併用できませんから、実質的には 1,800 円分の価値しかありません。しかも、毎月1回、定期的に銚子丸に行くという習慣がないといけません。
 さて、このカレンダーを 1,000 円で買うかどうか。
 オーツは買いました。
 来年も、少なくとも12回は銚子丸に行くという決心をしたことになります。実はもっとたくさんいくだろうと予想していますが。多ければ週1回行く可能性もあります。
posted by オーツ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ゴミ集積場にベッドが……(その後)

 オーツの近所にあるゴミ集積場に非常識にもベッドが置かれたことをブログに書きました。
2010.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/167541311.html
2ヵ月ほどして、ふと気がつきましたが、ベッドがなくなっていました。
 誰かが処分費用を負担したのか、清掃局が無料で引き取ったのか、やっぱりわかりませんでした。
 こういう話は大っぴらにするべきものでもないのでしょう。
 いや、そもそもこんなブログに書くこと自体もよくないことかもしれません。
 ま、とりあえずの事実報告ということで、それ以上の意味はありません。
posted by オーツ at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

自分の母乳で小ザルを育てる

 オーツが驚いたニュースです。
 中国の話ですが、人間が母乳を与えて小ザルを育てているという話があります。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1220&f=national_1220_099.shtml
 動物園で飼育されている猿が育児放棄したので、かわりに獣医の妻が母乳を与えているというわけです。
 この女性は、実の赤ちゃんもいるので、両方に母乳を与えることになります。そうすると、母乳が不足することもあるわけで、「母乳が足りない場合には、「実の子」に粉ミルクを与えることにした。」と書いてあります。
 オーツはここがよくわかりませんでした。
 小ザルに粉ミルクを与えて、自分の子どもに母乳を与えるほうがいいのではないでしょうか。なぜ反対の行動を取るのでしょうか。
 現在は粉ミルクも改良に改良が加わって、母乳とあまり変わらなくなっているように思います。厳密にいえば、病気に対する抗体などは母乳に含まれていて粉ミルクには含まれていないので、まったく同じというわけではqありませんが、栄養的な面ではかなりのところまで粉ミルクで代替できるようになっています。
 どちらにどちらを与えてもいいですが、この記事では、どうも小ザルを優先しているように読めて、オーツは引っかかりを感じました。
posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

白鳥の湖

 先日、オーツが息子のところにいたときの話です。
2010.12.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/174051016.html
 あまりに赤ちゃんが泣くので、CDの音楽を流すことにしました。
 大人だけでもゆったりした気分になりたいと思ったからです。これも赤ちゃんに間接的にいい影響があると思います。
 クラシックをポップス風にアレンジした曲が流れてきました。こういうアレンジもいいものです。親しみのある曲で、ええと、ええと、これなんだっけ? 曲名が思い出せませんでした。
 しばらくすると、CD数枚分の再生が終わり、(オートチェンジャーが付いているので)また1枚目から再生が始まりました。そのとき、あ、「白鳥の湖」だと気がつきました。
 何ということでしょう。何十年も聴いてきた音楽なのに、題名を忘れているのです。
 ぼけるということはこういうことなのだと気づきました。
 しかし、これはこれで、新しい気持で、新しい音楽を聴いているようなものかもしれません。名曲を新鮮な気持ちで聴けるというのはすばらしいことです。
 ぼけることはそれなりに意味があることなのかもしれません。

 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。
続きを読む
posted by オーツ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

年賀状の送り先

 オーツは、こちらから年賀状を出している相手で、過去2年間年賀状が来ない人には以降の年賀状を出さないことにしています。
2008.1.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/77514368.html
 毎年、今の時期は年賀状を出す相手を確定するために、そういうチェックをしています。
 先日は、そういうチェックをし忘れて、タックシールを印刷してしまいました。
 あとから気づいて、オーツの分と妻の分とをチェックして、タックシールに×を書きました。
 気がついたのが年賀状に貼る前でよかったです。
 それにしても、20年以上にわたって毎年続けていることを忘れるのですね。

 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。

 それに、もう一つ。年賀状関連で失敗しそうになったことがありました。送り先の人が今年死亡しているのに、うっかり年賀状を出しそうになったのです。
 投函する前に、一通りチェックするのですが、そのときに気がつきました。
 本人が死亡した場合は、こちらにわざわざ連絡してこないケースが多いので、これも要注意です。
タグ:年賀状
posted by オーツ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

辛味の効いたお菓子

 オーツの誕生日に、知り合いからお菓子をもらいました。誕生日にこういうプレゼントをもらうとは思ってもみなかったので、文字通り surprise でした。
 あとで袋から出してみたら、いずれも辛そうなものでした。

okasi.JPG

 写真の左から3種類の袋です。(ストロボが反射して一部見えにくくなってしまいました。恐縮です。)
 それぞれの関連サイトを示しておきましょう。
チョウンマッ
 http://www.chounma.com/
のり天 キムチ味
 http://www.maruesu-web.co.jp/product/tabekiri/norikimu.html
自称!? 日本で2番目に辛い柿の種
 http://image.store-mix.com/products/images/i_1/788912?filetype=.jpg
 http://www.dvd-r.jpn.org/arare/

 それぞれいかにも辛そうですね。
 こういうのを見ると、オーツは食べてみたくなります。

 チョウンマッ=唐辛子の唐揚げです。見た目はいかにも辛そうです。しかし、袋の表に書いてあるように「微辛」です。さほど辛くありません。不思議な味で、次々と食べたくなります。あとを引くおいしさといったところでしょうか。
 のり天 キムチ味=スナック菓子です。まったく辛くありません。まさに「海苔の天ぷら」です。オーツは、あまり好きではありません。
 自称!? 日本で2番目に辛い柿の種=意外と辛いです。食べ始めはさほど気にならないのですが、食べ続けていると、辛くて舌がしびれてきて、痛い感じになります。オーツは1袋を一気に食べられませんでした。しばらく、口の中がヒリヒリしていました。

 自分ではなかなか買おうとしないお菓子でした。プレゼントは、そういう意味でもありがたいものです。
posted by オーツ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

孫はかわいいけれど大変だ

 昨日は、孫のところにようすを見に行ってみました。
 実のところ、嫁が外出したので、息子のようすを見に行ったというのが真相です。息子は赤ちゃんをずっとだっこしていて大変だとぼやいていました。母親の苦労を実感しているようでした。
 いやはや、けっこう気むずかしい孫です。生まれてから1ヵ月半でだいぶ世間のことがわかってきた感じです。
 オーツが赤ちゃんをだっこして、室内を歩き回っていると、赤ちゃんは機嫌がいいのですが、だっこしたままイスに座ったりすると、だんだん顔を赤らめてきて、最後は泣き出します。オーツが立ち上がって歩き始めるとピタリと泣きやみます。
 結局、4時間ほど、ほぼだっこし続けました。オーツは腕がおかしくなり、首筋がこりました。赤ちゃんはけっこう頭が重いのですね。自分の子どものときもそうだったのでしょうが、あまり覚えていません。
 孫は、体重が 4kg くらいだということですが、とてもそんなふうには思えません。ちょっとうとうとしたときなど、体重がいっそう重く感じられます。
 孫にミルクも飲ませてみました。うごうごと口を動かし、一生懸命哺乳瓶からミルクを飲む姿はかわいいものです。
 飲み終わったあと、眼を細めたりして、気持ちよさそうでした。あ、これは眠るかなと思って、しばらく背中をトントンやったり歩き回ったりしていると、おとなしくなってきます。そこで、そっとベッドにおいたのですが、……10分くらいで目をさましてしまいました。
 あとは、母音アの発音練習をずっとやっていました。いやいや、発音練習はもっと先でいいから、今は静かな環境を整えたいなあと思っても、容赦はありません。
 しゃっくりもすごいものです。全身でしゃっくりしています。体全体がびくんとします。体が痙攣でもしているかのようです。
 オーツが息子のところにいた4時間ほどの間、赤ちゃんはほとんど眠りませんでした。息子はオーツが行くまで3時間ほどだっこしたりしていたとのことですから、7時間の間に睡眠時間は10分くらいということです。これでいいのでしょうか。いいのでしょうね。睡眠時間は赤ちゃん自身が決めるもので、大人はコントロールできません。

 経験上、実感します。子育てには体力が必要です。だから、若いうちに出産した方がいいに決まっています。
タグ:
posted by オーツ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

旬菜料理 GENKI屋@下高井戸

 オーツたちが3人で飲みにいった店です。
 下高井戸の駅の近くのビルの地下1階にあります。
 事前に予約して、行ってみました。というのも、ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g718500/menu6.html
で見たら、「お誕生日特典※前々日迄に要予約/お誕生日のお客様に手作りチーズケーキとグラスブーケをプレゼント♪/お誕生日が証明出来る物をお持ちの上、来店時にお申し付け下さい。/なお、お誕生日の前後10日を有効といたします。」と書いてあったからです。
 予約時には、オーツの誕生日だとは言わなかったのですが、お店に着いてから、申し出てみました。
 すると、予約時に言わないと、チーズケーキもグラスブーケももらえないという話でした。ちょっと失敗しました。ま、しかし、実は、ボージョレ・ヌーボー(赤ワイン)を1杯無料にしてもらいました。
 店の中には大広間のようなところもありますが、ちょっと壁で区切られた個室風のところもあります。5人入りのところですが、3人でそこに座りました。落ち着いて飲める感じでよかったです。ただし、天井を見上げると太いパイプが見えるところはややダサイですが、まあしかたがありません。
 さて、当日飲み食いしたものをレシートに基づいて記録しておきましょう。
 中生グラスビール 450 円×2、生グレープフルーツ割り 480 円、パイナップル割り 480 円、大信州(日本酒・純米吟醸)780 円×2、梅酒ソーダ割り 400 円、獺祭(日本酒・純米吟醸)680 円×2、刺身盛り合わせ3人前 1,800 円、シーザーサラダ 600 円、あぶり〆サバ半身 750 円、板場おすすめ 300 円×4 ということで、合計 10,730 円でした。
 「板場おすすめ」というのは、まあ、前菜みたいなものです。4種類あるということだったので、それぞれもってきてもらいました。
 刺身はなかなかよかったです。1,800 円は安いと思いました。
 あぶり〆サバ半身は、お皿に乗ったサバ(細長く切ってある)が出てきて、テーブルの上で店員さんがバーナーを使ってあぶるのです。ちょっと油が飛びますが、あぶりたては香りもよく、お得な感じでした。
 肉類・揚げ物類を避けたのは、3人とも中高年だったからです。この年になると、魚と野菜中心になるのですね。

 オーツは、ビールがグラス2杯と日本酒がグラス2杯を飲んでけっこういい気分でした。
 この店は学生なども使う店で、安く楽しめます。それにしてはおいしいです。値段以上の価値があります。
タグ:GENKI屋
posted by オーツ at 05:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

格安車・ナノが売れていない。

 オーツは、インドの格安車・ナノは要注目と思っていました。
2009.2.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/114264756.html
しかし、最近、ナノが売れていないということを知りました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5024
この記事によれば、さまざまな原因が考えられるというわけですが、いやはや、むずかしいものですね。オーツの感覚では、安全面の問題が一番大きいような気がしています。
 その昔、オーツが見かけたことですが、あわや事故というシーンがありました。軽自動車が走っていたら、前方に右折車があったか何かで、ぶつかりそうになったため、軽自動車が急ブレーキを踏んだのです。キキーという音が鳴り響き、タイヤから白い煙が上がりました。まあ軽自動車は無事に止まれたので、事故にはならなかったのですが、オーツは、そのとき、事故にあったら、軽自動車の方が普通車よりもずっと危ないような気がしました。どうみても作りがきゃしゃだからです。
 ナノは、低コストにするために、軽自動車より、さらにきゃしゃに作られているようです。
 ムダに大きい図体のクルマはかっこ悪いと思いますが、きゃしゃなクルマも、安全性から考えてどうなんだろうと思いました。万が一のときは、自分の命がかかっているのですから、30万円高くても、安全な方に乗るという選択もありだと思います。
 そんなことを考えると、ナノは、思想的に中途半端な面があったのかもしれません。
タグ:ナノ
posted by オーツ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

海水からウランが取れる?

 オーツが驚いたニュースがあります。
 海水からウランが取れるというのです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101208/217470/
海水には何でも溶け込んでいるのですね。これを低コストで回収することができれば、エネルギー問題も、レアアース問題も、CO2による地球温暖化問題も、全部解決できてしまいます。とはいえ、もちろん、そこが一番の問題なんですけれど、……。
 日本は、割と技術立国的な面があります。この方面でも、何か大きな進歩があるかもしれません。期待したいところです。
 何だか、気分がよくなる壮大な話でした。
タグ:海水 ウラン
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

缶ビールはそのまま飲むのでなく、グラスで飲む?

 だいぶ前ですが、オーツがふと気になった記事がありました。
http://blog.dandoweb.com/?eid=101350
団藤保晴氏による執筆です。
 この記事によると、缶ビールは、缶から直接飲むのでなく、一度グラスに注いでから飲むべきだというのです。
 まあ、その主張もわからないではありませんが、どうにもある種の価値観を押し付けているような気がします。
 グラスに注いで飲むべきだと考える人がいて、実際そうしていても、オーツは別にその人に意見する気はありません。まったく同様に、缶ビールを缶から直接飲む人がいても、それはそれでいいではないですか。作り手がどう考えようと、飲む側は飲む側で自由に飲めばいいと思います。
 缶ビールで手を洗うとさっぱりするという人に対して、ビールは飲むために作ったのだから、そんなことをしてはいけないといったってしかたがないのです。他人の迷惑にならない限り、消費する側の自由ということです。(しかし、実際そうすると手がべとべとになりますから、やらないほうがいいです。)
 オーツは、電車やバスの中で缶ビールを飲むことがあります。ちょっとした旅行のときなどです。缶ビールはうまいものです。旅行気分を盛り上げます。団藤氏は、たぶん、そういう楽しみ方をしないのでしょう。あるいは、そういう旅行にもグラス持参で出かけるタイプなのかもしれません。グラスが割れないよう、お気を付けください。
 オーツは、もっと気楽にビールを楽しむ方がいいと思いますが、基本は人それぞれということで、勝手な楽しみ方が一番です。
 大昔からビールは冷やさずに飲んできたのであって、それがビールの伝統的な飲み方だ、冷やして飲むのはビールの本質を知らないのだ、邪道だなどと主張しても無意味です。オーツは、ビールは冷えている方がおいしいと思います。長年の伝統なんてどうでもいい話です。ビールを冷やすことで新しい楽しみ方を発見したわけです。缶ビールを缶から直接飲むことも同じで、それもまた新しい楽しみ方を発見したことになるわけです。
 缶ビールを直接飲むと、泡があまり出ないことになりますが、それはいいことかもしれません。それだけ炭酸を強く感じることにつながります。
 ただし、こういう飲み方だと、マイペースになってしまうので、互いに注ぎ合う習慣はなくなってしまいます。つまり、缶ビール直接飲みは、個人飲みにつながっているわけです。
 酒は友人と互いに注ぎ交わしながら味わうべきだ。はいはい、その通りです。しかし、一人飲みでもそれはそれで別の楽しみであり、別の味わい方だと思います。
 いろいろな飲み方があっていいのではないでしょうか。
 ビールバンザイ。
タグ:缶ビール
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

ガンジス 東京オペラシティ店

 昨日の話
2010.12.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/173098482.html
の続きです。
 コンサートのあとでは、ちょっと遅めの昼ご飯を食べました。東京オペラシティの地下1階にある「ガンジス」という店です。
http://www.tokyooperacity.co.jp/commerce/rest_4.htm#ganges
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13004254/
http://www.ganges.jp/index.html
 「魔法にかかったインド王宮料理」といううたい文句です。まあインドカレーの店というふうに考えておけばいいと思います。
 お店に入る前に気がついたのですが、丸い地下広場のところに、大きなクリスマスツリーが置いてあって、そばの掲示板を見ると、ケータイあるいはデジカメで写真を撮って、それをお店に持参するとソフトドリンクが1杯サービスになると書いてありました。
 そこで、オーツはケータイで写真を撮ってお店に入ったときに見せたのですが、ソフトドリンクのサービスはディナータイムのときに限られるとのことです。だったら、掲示板にそのように明記しておくべきでしょう。
 日曜日だったので、11:00-16:00 は日祭日ランチということで、テーブルにはそのメニューがおいてありました。
 妻は 1,000 円のカレーセットを頼みました。カレー1種類と、サラダ、ソフトドリンク、ナンかライス(ナンを選びました)という組み合わせでした。オーツは、1,700 円のビールセットにしました。こちらはカレー2種類と、サラダ、タンドリーチキン、シシカバブー、ナン&ライス、それに生ビール(大ジョッキ)です。カレーが2種類といっても、単品の量が半分になったものが二つということですから多すぎることはありません。カレーは辛口にしましたが、さほど辛くはありませんでした。(店員さんによれば激辛もあるとのことです。)
 全部おいしくいただきましたが、お店に入るときも、お店から出るときも、店員さんがレジのところにいるわけではなく、またすぐに用を聞きに来るわけではなく、こちらから声をかけないと来てくれませんでした。こんなことでいいのでしょうか。
 レジのところにはクレジットカードのマークも書いてあったので、カードで支払おうとすると、クレジットはディナータイムだけ有効とのことです。だったら、カードのマークのところにそのように明記しておくべきでしょう。
 せっかくのおいしい料理も、ちょっとしたサービスの手違いで、かなり興ざめでした。残念でした。
posted by オーツ at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

サンクトペテルブルグ室内合奏団コンサート

 オーツは12月12日(日)12:00- のサンクトペテルブルグ室内合奏団コンサート(東京オペラシティ コンサートホール)
http://www.koransha.com/orch_chamber/st_avemaria2010/index.html
を聴きに行きました。妻と一緒でした。
 ロビーには、クリスマスツリーを模した大きなオブジェが置いてありました。
objet.jpg
 ステージにもクリスマスツリーが飾ってあって、年末らしさを感じさせます。客席内は開演前でも撮影禁止だそうです。
 演奏された曲目は、
J.S.バッハ(グノー編曲)、シューベルト、カッチーニ 三大アヴェ・マリア
パッヘルベル カノン
J.S.バッハ G線上のアリア、主よ、人の望みの喜びよ
マスネ タイスの瞑想曲
コレルリ 「クリスマス・コンチェルト」より
ヘンデル オンブラ・マイ・フ
ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲「四季」より“冬”
マスカーニ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“間奏曲”
ヴォルフ=フェラーリ 「マドンナの宝石」より
モーツァルト ハレルヤ
といった曲で、よく知られた曲ばかりです。
 オーツは、「ヘンデル オンブラ・マイ・フ」というのが何なのか、わからなかったのですが、オペラ『セルセ』の中のアリア「ラルゴ」のことでした。
 アヴェ・マリアは3曲ありましたが、それぞれソプラノが歌い上げました。
 迫力ある大規模オーケストラもいいですが、こういう室内オーケストラもいいものです。楽器が少ない分、それぞれの楽器が際だつ感じで、しかも弦楽器だけですので、音に透明感があります。
 アンコールは4曲も演奏されました。モーツァルトのディベルティメント K136、ヨハン・シュトラウスのピチカート・ポルカは定番とも言えますが、驚いたのは、「赤とんぼ」と「もみじ」でした。ソプラノが日本語で歌いました。「赤とんぼ」の「ん」がうまく発音できなくて「あかとうぼ」になっていましたが、歌詞は周知のものですから、それなりに聞こえます。
 ピチカート・ポルカでは、聴衆の手拍子を誘い、しかも、途中でわざと演奏を間違えたり、中断したりで聴衆を笑わせてくれます。
 サービス精神がたっぷりでした。
 久しぶりの休日になりました。クリスマス気分ですね。
posted by オーツ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ちょっと早起きしすぎたか

 オーツの生活パターンは、だんだん朝型になってきました。年を取るとればとるほど、早寝早起き型になるもののようです。
 昨夜は、それにしてもちょっと早く寝すぎました。夜9時半ころに寝てしまったのです。
 1時半ころに目が覚めて、トイレに行きました。
 トイレから出たときに、息子が帰宅してきました。まだ「前日感覚」なんですね。
 その後、再度寝ようと思ったのですが、寝付かれないので、2時過ぎには起き出してしまいました。
 たっぷり時間があります。
 たまった仕事を片付けようと思います。
 朝ご飯は何時ころ食べるべきか、迷います。
 今、3時過ぎですが、そろそろおなかが空いてきました。
 今食べると、おなかがお昼までもちそうにありません。
 あまり早く起きるのも生活パターンとしてはよくないかもしれません。まあ、いつもそのパターンであれば問題ないのですが、……。
 そういえば、1年ほど前にも似たようなことがありましたっけ。
2009.12.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/136084572.html
 あ、何だ、この記事のタイトルも「ちょっと早起きしすぎ」です。日常生活は同じことの繰り返しなんですね。
タグ:早起き
posted by オーツ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

辛口カレー

 オーツは、CoCo壱番屋で普段6辛のカレーを食べています。
2009.11.27 CoCo壱番屋で「カリカリじゃこと大根サラダ」を食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/134022220.html
2009.10.6 CoCo壱番屋のキーマカレー
    http://o-tsu.seesaa.net/article/129596231.html
2008.7.20 CoCo壱番屋のシーザーサラダ
    http://o-tsu.seesaa.net/article/103220623.html
2007.9.19 CoCo壱番屋
    http://o-tsu.seesaa.net/article/56048777.html
2007.6.19 普段食べることが多いカレー──CoCo壱番屋
    http://o-tsu.seesaa.net/article/52563964.html
このくらい辛いとカレーを食べた気になります。
 ココイチでは、どうやって辛さを調整しているのか、ネットで検索してみると、
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091118802048.html
という記事があり、そこに、次のように書かれていました。
 「注文の際に辛さを指定していただきますと、1辛から10辛に合わせ、辛さを調整するスパイス『とび辛スパイス』を練った『とび辛半ねり』をとび辛計量スプーンで量り、カレーソースに混ぜてご提供しております」(広報担当者)
 その『とび辛スパイス』は店舗のテーブル上に置いてあり、自由に振りかけ好きな辛さで食べることもできるが、辛さを指定すると、練ってあるぶんスパイスを振りかけるよりもカレーソース全体に辛さが混じり、マイルドな辛さになるのだそうだ。

 何と、辛さを調整しているのは、テーブルの上に置いてある「とび辛スパイス」(オーツが行く店では「とび辛粉」と書いてありますが)と同じものだったんですね。オーツはこのスパイスを適宜振りかけて食べたこともあるのですが、6辛や7辛を注文した場合とちょっと味が違うような気がしていました。
 同じだったら、普通の辛さのカレーを頼んで、「とび辛スパイス」をたくさん振りかければ、100 円節約できます。(辛さの調整がむずかしいでしょうが、何回かやれば適当量もわかるでしょう。)

 ついでの話ですが、ネットで検索していたら、辛さ無限大のカレー屋さんの記事(チャレンジ記録)を見つけました。
http://picup.omocoro.jp/?eid=416
6,000 倍の辛さとは、どんなものなのでしょうか。
 さらには、再度のチャレンジ
http://picup.omocoro.jp/?eid=705
もあって、こちらは 9,000 倍とのこと。一体どんな味かと思いましたが、とにかく、この記事を読んでひとりで笑ってしまいました。
 ま、オーツはここまでのチャレンジ精神はないです、はい。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ネコとベランダ

 オーツの自宅ではネコを飼っています。
 ネコはいつも室内にいて、玄関を開けても(靴の置き場までは来るのですが)外に飛び出すことはありません。外が危険一杯なことを本能的に感じているのでしょう。
 最近、2階の東側のベランダの出入り口の窓を開けると、ネコが外に飛び出すようになりました。ベランダには、捨てるための段ボールを一時的に置いていたりします。だから、たまに窓を開けて、人間が出入りすることがあります。そのときに、室内のどこかにいたはずのネコが駆け寄ってきて、外に出てしまうのです。
 外に出て、ネコが何をするかというと、にゃーにゃー鳴きながら、ベランダの床に体をこすりつけるのです。まるで、マタタビを与えたときのようです。そう、「もだえて」いるのです。
 窓を閉めて、しばらくネコをベランダに置き去りにしてみようかなどと考えるときもあります。寒いし、エサも水もないし、排泄するための砂もないので、ネコがベランダにいても何もすることがありません。まあ、他のネコなどが近づいてくることもないので、安全な場所ではあるのですが、きっと手持ちぶさたでしょうねえ。
 ネコは、もしかして、手すりを飛び越えて隣の家の方に行ってしまうのでしょうか。いや、きっとそんなことはしないでしょう。
 一度、厳しい環境に身を置けば、今後はベランダに出たいとは思わなくなるでしょう。いや、ネコはバカだから「反省」はしないものでしょうか。

 なお、自宅の2階では、北側にもベランダがあるのですが、そちらは、ネコが関心を示さない場所です。人間が出入りするときに、ネコがちょっと出ることがあっても、すぐに自分から室内に戻ってしまいますし、「もだえる」ことはしません。東側のベランダと何が違うのか、さっぱりわかりません。

 ネコは、玄関でも(ドアの内側ですが)相変わらず「もだえて」います。
2008.1.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/75412776.html
 ベランダでのネコの行動は、これとそっくりです。
posted by オーツ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

最近の昼食パターン

 以前、オーツが勤務先付近で昼食を取るとき、どんな店に行くかについて述べました。
2009.7.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/123929840.html
 最近は、ちょっと変わってきたので、改めてメモしておきます。
 よく行く店は四つで、いずれも下高井戸駅の近くです。
(1) カレーライス・CoCo壱番屋
(2) 回転寿司・スシロー
(3) 中華料理・皇庭餃子房
(4) インドカレー・ミラン
 2010.10.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/166805653.html
 2010.7.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/156959718.html
 2010.7.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/156011218.html

 その中にカレーの店が二つ入っています。そこで、(1)(2)(3)(4)(2)(3) を1クールと考えて、順番に行くことも考えました。しかし、先日は、中華料理・皇庭餃子房のメニューが以前食べたものと同じだったので、店の前で予定を変更し、(1)(4)と連日カレーになってしまったこともありました。
 オーツはそれぞれの店が気に入っていますので、当面、満足しています。これらの店の中で一つが撤退しても、あと三つありますからOKです。
 あえてオーツが好きな(何回食べても飽きない)順番を付けるとすれば、(2)(1)(4)(3) の順でしょうか。
 新しいお店を開拓してもいいのですが、下高井戸や桜上水は学生街なので、若い人向けの店はいろいろあるけれど、中高年向けの店はなかなかないのです。
 麺類を避け、肉類と揚げ物(天ぷら・フライ)を除外し、1000 円以下で食べられるものを探すと、あと何が残るでしょうか。
 焼き魚や煮魚(もちろん刺身もOK)の定食があるといいのですが、なかなかいい店が見つからないのです。以前は下高井戸駅の近くに大戸屋があったのでありがたかったのですが、……。
続きを読む
posted by オーツ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ラジオ体操を聞いて(2)

 先日の記事
2010.12.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/171887441.html
の続きです。
 オーツが、朝クルマで走っていたら、某公園のそばを通りがかりました。すると、公園内で30人くらいの人が体操をしていました。年配の人が多かったように思いましたが、手袋などをして、皆さん、元気に体操をしていました。
 そばの信号機が赤信号だったので、ちょっと止まっていると、「あれっ、この体操、見たことあるな」と思いました。そう、ラジオ体操だったのです。クルマの時計を見ると、6時33分でした。NHK第1に合わせてみると、ラジオ体操の音楽が流れてきました。クルマの中に響く音楽に合わせて、隣の公園の人が体操をしているみたいで、不思議な感じがしました。
 もちろん、公園内にラジオを持ち込んでいる人がいるわけなんですが……。
 毎日、こうやって体操をしている人たちもいるのですね。全国では相当な数になるのでしょう。NHKとしても、こうなるとラジオ体操の放送をやめられないでしょう。
 あ、オーツがクルマに乗っているとき、ラジオを聞いていないことがばれてしまいましたね。
 はい、ラジオ体操の時間だけはFMでバロック音楽を聴いています。(カーナビがない今だけの話ですが。)10分だけ聴いても、あまりおもしろくないのですが、他に聴くものもないし、……。
タグ:ラジオ体操
posted by オーツ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

和み亭 新江古田駅前店

 和み亭は、新江古田の駅の出たところにある店で、ワタミ系列です。
 夜に二人で飲みに行きました。
 例によって、レシートを見ながら、当日の飲み食いを記録しましょう。
 オーツの飲んだもの=中プレミアムビール 502 円、南部美人(日本酒)733 円×2、醸し人九平次(日本酒)733 円
 相方が飲んだもの=中プレミアムビール 502 円×2、プレミアムハイボール 576 円
 二人で食べたもの=前菜(突き出し)346 円×2、ゴボウ・クワイチップ 313 円、塩ちゃんこ 838 円×2、刺身盛り合わせ 1,363 円、チーズチジミ 418 円
 以上合計 8,743 円でした。
 前菜は少量ながらも3種盛りでした。ゴボウ・クワイチップは、油で揚げてあるのですが、スナック菓子みたいで、ビールにとてもよく合います。ボロボロと崩れやすいので、どうしてもこぼしてしまいます。塩ちゃんこは、今の季節、体が温まってとてもありがたいものですが、1人前が 838 円というのは安いと思います。2人で2人前でちょうどよかったです。そして刺身がとてもよかったです。6点盛りでしたかね。それぞれ3切れずつありましたが、全部おいしくて、けっこうでした。特にカツオがおいしかったですね。チーズチジミは、ひとくちだけ食べましたが、若者向けの味です。しかし、これまたおいしかったし、ビールによく合いそうです。
 というわけで、全体として楽しめました。このくらいの費用でこのくらい楽しめれば十分なのではないでしょうか。

 以前行った話は
2008.10.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/108804088.html
2008.7.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/102846687.html
にあります。
 その間にも何回か行っています。毎回、さほど高くなくておいしいと思います。
続きを読む
タグ:和み亭
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

孫はかわいい(2)

 孫が生まれて1ヵ月経ちました。
2010.11.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/170591928.html
2010.11.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/168210965.html
早いものです。
 日曜日には、長男夫婦のところにちょっと届けるべきものがあったので、持参するとともに、しばらく孫をだっこしてみました。
 孫は、生まれたばかりとはだいぶようすが違ってきました。髪の毛が黒々としてきています。
 ずっと眠っている感じでしたが、だっこしていると、目が覚めました。でも、特に泣き出すわけでもなく、オーツの腕の中で体を反らせたり、力んだりして(たぶんオシッコかウンチをしているのではないかと思いますが)活発に動いています。
 両方のほほを触ると、ときおりニコッとするような笑顔を浮かべます。もちろん、知能が発達しているわけではないので、笑っているのではないのですが、どうみても笑っているようにしか見えません。いわゆる「天使のほほえみ」です。
 孫はかわいいものです。
 口をしきりに動かします。母音オを発音しようとしているかのようなかまえを見せたりします。あくびをしながら母音アの練習もしています。じっと見ていても飽きません。
 あちこちキョロキョロ見るようなこともします。そろそろ目が見えているのでしょう。オーツの腕の中で体を動かしながら、あちこちを眺めようとしています。そのしぐさがまたかわいいと思います。
 ずっとだっこしていると、頭が重く感じられるようになってきました。体重はそんなでもないのに、頭だけがいやに重いのです。そんなものなんですね。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ラジオ体操を聞いて

 オーツは、クルマで走るときに、AMラジオを聞くことになりました。
 理由は昨日のブログ記事
2010.12.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/171729618.html
で書きました。
 AMラジオとはいいつつ、たいていNHKニュースなどを聞いています。チャンネルはほぼNHK第1 (594MHz) 固定です。FMの音楽でもいいのだけれど、新しい情報を聞く方が楽しい気がしています。
 さて、平日の 6:30-6:40 の時間帯ではラジオ体操をやっています。ちょうどオーツがクルマの運転中にラジオ体操が始まりました。
 まさか、クルマの運転をしながら体操はできませんが、赤信号で止まっているときに、首を回す運動だけをしました。
 ラジオ体操第一を聞いていると、ああこういう動作をするのだったなあなどと頭の中で運動を思い出すことができます。小学生のときにやっていましたが、体が覚えているのでしょうね。
 しばらくして、ラジオ体操第二が始まりました。こちらもやった記憶があるのですが、中学生のときだったか、高校生のときだったか、思い出せません。記憶なんて頼りないものです。
 さらに、音楽が進んでいくと、「あれっ、どういう動作だったっけ?」ということになってきました。どうにも動作が思い出せないのです。「忘れる」ことを実感しました。大学に入ったときからは、ラジオ体操なんてとんと縁がなかったですからねえ。子供が夏休みのラジオ体操に参加するのだって、多くの親は参加しませんし、……。
 ラジオ体操第一は覚えているのに、ラジオ体操第二は覚えていないのです。新しく覚えたものから先に忘れるということです。
 それはともかく、ラジオ体操を聞いているだけで、何だか元気が出てくるような気分になりました。(ホントです。)でも、毎日聞き続けたら飽きてしまいそうです。申し訳ないけれど、この10分間だけ他の局を聴いても良さそうです。
 それにしても、ラジオ体操は、何十年も同じスタイルで続いている長寿番組です。驚きですねえ。

参考記事:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E4%BD%93%E6%93%8D
続きを読む
タグ:ラジオ体操
posted by オーツ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

カーナビのハードディスクを再度セットしてみると

 先日の記事
2010.12.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/171344008.html
の続きです。
 しばらくして、ディーラーから電話があって、ハードディスク内の地図の更新が終わったとのことでした。(しかし、その後の状況などを総合すると、そうではなく、ディーラーで新しいデータを入手してコピーするようでした。)ハードディスクの取りつけに30分ほどかかるとのことです。
 さっそく、ハードディスクをカーナビにセットするためにディーラーまでクルマを走らせてみると、更新に手間取りました。ハードディスクへの書き込みがうまくいかないとのことです。1時間半ほどかかってしまいました。しかし、持参した書類などに目を通していたので、時間がムダになったということはありません。
 さて、地図の更新が済んで、カーナビが使えるようになりました。
 さっそく、オーツが自宅に向かってクルマを走らせると、まもなく、カーナビ画面が真っ黒になってしまって、スピーカーからノイズが出るようになりました。
 これはダメだということで、ディーラーに戻り、状況を説明して、カーナビ自体を取り外して修理に回してもらい、代わりに、FM/AMのラジオを搭載してもらいました。
 いやはや、カーナビの修理にはさらに2週間ばかりかかるとのことです。カーナビのない状態で3週間も過ごすのですね。
 前のクルマにはカーナビが付いていなかったし、そういうのに何年も乗っていたので、地図だけでも十分とは思うものの、一方では、カーナビに慣れて、当然のように使うようになってしまった自分自身がいます。なくなってはじめて便利さが痛感されます。
 カーナビがないことで気がついたことがあります。オーツのクルマにはバックモニターが付いていて、クルマがバックするとき、車体の後ろに付けてあるカメラの画像がカーナビ画面に映し出されます。そんなに使っている気はしませんでしたが、カーナビがなくなってみると、不便です。車止めがない駐車場でバックするとき、どこまでバックしたらいいか、よくわからないのです。文明の利器に慣れてしまうと、それが使えないときにすごく不便に感じるものです。
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

健康保険の保険証に臓器提供の意思表示欄が

 オーツの健康保険の保険証の更新時期がきて、旧保険証を職場に持参しました。そして、代わりに新しい保険証をもらいました。
 今度は、裏面に「臓器提供に関する意思表示」の欄がありました。脳死あるいは心停止後に、移植のために臓器を提供する意思があることを表示する欄です。
 オーツが死んだ後は、その臓器は朽ち果てていくだけです。臓器を提供できて、誰かが使ってくれるならば、ただ捨ててしまうよりはよさそうです。
 オーツは、提供OKということで、さっそくサインしました。家族にもサインしてもらいました。
 まあ、実際にはなかなか死ぬことはないと思っていますが、それにしても、保険証にこんな欄が設けられたのだなあと、いささか感慨深く思いました。
 オーツは、もっと臓器提供が普通に行われるようにならないといけないと思っています。
 日本人が外国に行って移植手術を受けるようなことをしていると、その国の人から見ると、日本人が臓器を買いに来たという形になります。それは相手国に不信感を募らせることにもなります。そういうことをやってもいいですが、並行して、国内で臓器がまかなえるようにする努力もおこたってはいけません。
 そういう努力は、国として行うべき部分もありますが、個人としてもできることがあります。その小さな一歩がこの欄に署名することだと思います。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

自宅宛て郵便物に「肩書き」が……

 某社からオーツの自宅宛てに大きな封筒が届きました。ダイレクトメールでした。
 その宛名を見て驚きました。自宅の住所と名前の間にオーツの勤務先の名称とそこでの肩書きが入っているのです。こんな情報は郵便物の送付には何も関係ないでしょう。郵便物が間違って近所の家に誤配になる場合だってあるのです。自宅宛に送るなら、勤務先の名称と肩書きは削除してほしいものです。
 社内的にデータベースに記録しておいて、しかじかの条件に当てはまる人を抜き出すという処理をすることはあってもかまいません。しかし、そのことと、そういう情報を封筒に印刷するということは別物だと思います。
 いうまでもありませんが、勤務先のほうに郵便物を送ってくるなら、それには勤務先の名称や肩書きがあってもいいと思います。
 さっそく、某社に電話して、オーツの希望を伝えたところ、次回から対応してくれるとのことです。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

カーナビのハードディスクを取り外したら

 オーツは普段クルマで走っているときにニュースを聞いたり音楽を聴いたりしています。
 最近、ハードディスクに入っているカーナビの地図を更新するために、取り外しました。1週間ほど、カーナビ無しの生活になったわけです。この期間は、普段、よく知っている道を走っているだけなので、あまりカーナビ無しの不便も感じなかったのですが、ずっと何も聞けないというのは案外さみしいものでした。
 ポケット型のラジオでも買おうかと思ったのですが、それにしては1週間ほどでカーナビが戻ってくるので、もったいないように思います。
 結局、静かなドライブになってしまいました。

 その後、息子にいわれて気がつきました。カーナビ用のハードディスクを取り外したので、カーナビが使えないし、ハードディスクに録音しておいたCDも聞こえないのですが、テレビやラジオは聞こえるのです。うっかりしていました。
 そういえば、思い出しましたが、4年前に地図を更新したときも、テレビの音声を聞きながら走っていたように思います。いやはや、いやはや。
続きを読む
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする