2010年10月15日

LED 電球

 オーツの自宅で使っている20ワットの白熱電球が切れたので、近所のコジマ電気に買いに行きました。
 いつも自宅に電球のストックがあるので、切れた電球の分は、それで間に合いましたが、結果としてストックがゼロになったので、新しいものを買いに行ったというわけです。
 すると、もう電球を売っていませんでした。
 電球型蛍光灯
2009.1.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/112031889.html
2008.11.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/109210728.html
2008.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/109156395.html
はありましたが、こちらも20ワット型はありませんでした。
 そして、今、一番力を入れているのが LED 電球ということでした。東芝と Panasonic の LED 電球各種が置いてありました。だいたい1個 3,000 円くらいします。この金額では、ちょいと買うものではなくなっています。電球ならば1個 100 円です。「切れたら買う」で間に合いました。
 これからは LED 電球の時代かもしれないなあなどと思いつつ、買い置きの電球は買っておかなくてもいいかなと思いました。(以前から、オーツは2個セットの電球を買って、自宅にストックしておいたのです。)これから時間とともに LED 電球も安くなっていくでしょう。だとすると、白熱電球が切れたタイミングで(数ヶ月〜1年先に?) LED 電球を買えば、そのほうがトクということになります。
 とはいえ、夜寝るときもしばしばつけっぱなしにする電球があるので、それなどは、早めに LED に交換してもいいように思います。
 LED 電球は4万時間持つそうです。とすると、1日3時間使うならば、1年で 1,000 時間、つまり40年持つことになります。こうなると、オーツは死んでいますから、もう十分です。つまり、これからは、電球を交換するという作業はなくなるのです。当然、電球の買い置きも不必要になります。
 家中の白熱電球を LED 電球に交換してもいいのですが、ちょっとためらいもあります。
 まだ使える白熱電球を捨ててしまうのはもったいないけれど、すぐにでも白熱電球を捨てて LED 電球を使うことで、電力を節約してお金を切り詰め、結果的にトクすることを目指すこともあり得ます。悩ましい問題です。
 そういえば、オーツの自宅には、使っていない 100 ワットの電球が何個かあります。100 ワットも使うとなると、電力浪費型のように思えて、使う気になりません。これは使わないままに、そのうち捨てることになりそうです。
 ということは、今使っている白熱電球も、捨ててしまっていいということです。
 まあ、もう少し待って、LED 電球が安くなってから実行に移してもいいでしょうが、……。この先、日本の各家庭の白熱電球がすべて LED 電球に置き換わると、寿命が長いですから、買い替えはめったに起こらなくなります。照明業界には大打撃でしょう。いや、そうなる前に大いに稼いでおこうという思惑があるのでしょうか。LED 電球はもっと安くてもいいと思います。製品の複雑さはわかりませんが、こんなもので数千円もするなんて、直感的に高いと思います。そのうち、中国あたりで作られた安い物が出回ってくるかもしれません。あまりあわてて買わなくてもよさそうです。
 あ、いつ買うかをめぐって、やっぱり悩ましい問題になってしまいました。
 結論としては、自宅にストックを置かずに、白熱電球が切れたら、その分だけを LED 電球に置き換えるというのが現実的なようです。
続きを読む
ラベル:LED電球 白熱電球
posted by オーツ at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする