2010年06月21日

洋画は字幕よりも吹き替え?

 オーツが日経新聞6月19日PLUS1(プラスワン)で見かけた記事です。
 洋画の場合、現在は字幕が減って吹き替えが増えているというのです。
 オーツが奇妙に思ったのは、その理由です。10代などの若い人は、字幕の文字数が多すぎて読みきれないというのです。
 おやおや。
 オーツはまったく反対に、字幕の情報量を 1.5 倍くらいに増やしてもいいのではないかと感じていました。字幕は、サッと読み切ってしまって、次が待ち遠しい感じになります。
 字幕を見ながら英語を聞いていると、英語の情報量のほうがずっと多いことに気がつきます。字幕は「要約」でしかありません。韓国映画でも同様で、オーツは韓国語はよくわかりませんが、ときどき聞き取れるところがあり、それは字幕よりもずっと情報量が多いわけです。韓国語は、複雑な敬語があるので、その使い分けなどを聞くと、今の二人の人間関係がうかがえたりしてずっと楽しくなります。
 新聞記事では、字幕の情報量は吹き替えの3割程度と書いてありましたが、実際、そんな感じです。
 そういう体験を何回かすると、字幕の量を増やしてほしいと感じるようになります。そうすればもっと映画がおもしろくなるだろうにということです。
 それにしても、若い人の文字を読むスピードが遅いことが気になります。あの字幕が読み切れないのですか。う〜ん。読書経験の差なのでしょうか、それとも何でしょうか。
posted by オーツ at 04:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする