2010年06月13日

冷蔵庫(冷凍庫)の中の整理

 ある朝、ゴミ捨ての日のことでした。妻が、ゴミ捨てをするようにオーツに言い置いて、出かけていきました。オーツは、自宅の各部屋のゴミ箱の中身をゴミ袋に移し替えて、捨てる準備をしました。
 そこで、はたと思いました。冷蔵庫の中にものがぎっしり詰まっていて、じゃまなことこの上なしなので、この機会に、不要品を捨ててやろうということです。
 徹底してやり始めると、時間がかかるので、ごく一部にとどめようと思いました。
 さっそく、冷蔵庫を開けて、食品類のストックを調べてみると、あるわあるわ、賞味期限を数年も過ぎたものがしこたま入っていました。それらをどんどんゴミ袋に入れました。
 冷凍庫も同様でした。家庭の冷凍庫で保存している食品類は、せいぜい1〜2年ももてばいい方で、時間が経つと、味が落ちるとか、さまざまな問題が出てくるものです。特に、一度開封したものは、空気中の水分が中に入ってしまうので、それが凍ったりして、悪さをします。
 冷凍庫内にも数年間以上開けていなかったようなものが入っていました。後入れ先出し方式で使っているので、下の方に古いものがたまっていくのです。それらを買った人(妻)は「いつか使うだろう」と考えて、なかなか捨てられないものですが、しがらみがない人間(オーツ)は、そんなことはまったく気になりません。5分ほどの作業で、だいぶすっきりしました。
 もう少し時間に余裕があれば、全部チェックして、徹底して処分するのですが、今回は、ほんの一部しかしませんでした。それでも、空きスペースができて、庫内を冷気が回っていくようになりました。
 特に冷凍庫は、普段からぎっしりすぎて、冷気が循環しないような状態だったので、(しかも妻がさらに冷凍食品を買ったりするので、入りきれない感じで)大変な状態でした。これで少しはすっきりしました。

 次回はいつになるか、わかりませんが、またオーツがゴミ出し担当になったときに、冷蔵庫の別の場所をチェックしてみるつもりです。
 ゴミ捨て後には、新たに(?)「発見」した賞味期限内のゼリーを食べました。もしかしたら(妻ではなくて)オーツの方が人様からもらったものだったかもしれません。何だかトクをしたような気分でした。
続きを読む
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする